Homestay and Field Trip in Kyotango 京丹後のホームステイとフィールドトリップ

Lunch at Sankaikan

On July 7th, 34 international students of Kyoto Prefecture boarded the bus for a 2 day field trip and homestay in Kyotango, in Northern Kyoto Prefecture. Having the opportunity to escape the heat and humidity of Kyoto City’s summer, everybody was really excited during the 3 hour-long trip, and participants became closer really quickly, forming friendships that I hope will last very long.
Many corners of the world were represented in this event; indeed people came from various countries and regions such as Djibouti, Tonga, China, Taiwan, Hong Kong, Korea, Indonesia, Malaysia, Thailand, Vietnam, Sweden, Australia, Germany and Egypt. 14 countries in total!
7月7日に34名の外国籍府民が京丹後の2日間フィールドトリップとホームステイに参加しました。京丹後まで3時間かかりましたが、京都市のとても蒸し暑い夏から逃げることができ、参加者はずっとワクワクして、すぐ仲良くなりました。そのようにできた友情は長く残ったら良いなと思います。このイベントは非常に国際的でした。14カ国・地域からの参加者がいました!ジブチ、トンガ、中国、台湾、香港、韓国、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、スウェーデン、オーストラリア、ドイツとエジプトです。素敵でしょう?

After having lunch at Sankaikan, we headed towards the Kinoshita Sake Brewery for a visit of their facilities and a sake tasting tour.
「さんかいかん」で昼食を済ましてから、「木下酒造」を見学しに行きました。

Kinoshita Sake Brewery

On top of being located in a beautiful environment, surrounded by mountains and nature, Kinoshita Sake Brewery has another particularity: they have Japan’s only foreign-born Toji (master brewer and managing director), Philip Harper, born in Britain. As he is a very busy man, we weren’t able to meet him during the tour, but we got the CEO of the brewery to show us around and explain the brewing process of sake. At the end of the tour, we got to taste 2 different sakes. The second one was brewed by Philip Harper and was really refined and sweet; no wonder it has even won prizes!
Some of the participants were adventurous enough to taste the sake ice cream made at the factory, some of them not even knowing it was made from alcohol. But apparently it was good and had a very special flavor, so I guess it was a nice experience for them.

Kinoshita Sake Brewery

木下酒造は綺麗な山や自然に囲まれるだけではなく、日本唯一の外国人の杜氏、Philip Harper氏がそこで勤めています。彼はとても忙しかったので残念ながら会うことができませんでした。木下酒造の社長に見学させてもらい、日本酒の作り方を説明していただきました。見学後、日本酒の二つの種類を試飲できました。二番目はPhilip Harper氏が作られて、受賞したこともある日本酒でしたので、とても上品で甘いお酒でした。
参加者の何人かは日本酒味のアイスクリームも食べてみました!日本酒を使っていることは知らなかった人もいたようですが、特別な味で面白い経験だったそうです。

After the Sake Brewery tour, we went to meet the host families where everybody introduced themselves, before going home with them for the rest of the day. When we asked later, we found out that some of them went all the way to Amano Hashidate, one of Japan’s three most scenic views. I wished I could have gone too! Some had cooking or BBQ parties, tea ceremony experience etc… Overall, everybody had a very nice time experiencing life with a Japanese family and playing with the kids.
酒造見学の後にホストファミリーの皆さんと集合しました。簡単な自己紹介の後、参加者は自分の新しい家族とそれぞれの家に帰りました。次の日に聞いてみたら、何人かが天橋立まで行ったそうです。うらやましいですね。クッキングやBBQパーティ、茶道などを楽しんだ人もいました。日本人の家族と生活したり、子供と遊んだりすることができて、大変良かったと参加者の全てが感じました。

Pounding rice

We gathered again on the second day for a “mochi-making (rice cake) exchange party”. Participants first had to pound the rice with wooden mallets (kine) in a traditional mortar (usu). They had to work in pairs to alternate the work, one pounding and the other turning and wetting the rice cake, being careful to keep a steady rhythm or they might accidentally injure one another with the heavy kine.
They then formed round shapes with the sticky mass of pounded rice and made their own rice cakes, chose the flavor they wanted to eat, between soy sauce, soybean flour (kinako) and red bean paste (anko).
For many, it was their first time making mochi and they really seemed to enjoy the party.

Shaping the rice cake

次の日のお昼過ぎにまた集合して、餅つき交流会を開きました。まず杵でもち米をつきました。重い杵で米を回す人をけがさせないように、リズムをしっかり守るのが大事でした。それから、ついたもち米から丸いお餅を作って、醤油、きなこ、あんこの中で好きな味を選んでお餅を楽しみました。お餅つきは初めての方が多かったので、その「お餅つき交流会」を満喫した人も多かったでしょう。

It was then time for goodbye…. After a lot of pictures, tears, smiles, hugs and promises to meet again, we got back on the bus to return to Kyoto City.
それから、お別れの時間がきてしまいました。。。写真、涙、笑顔、また会おう!という約束の後で、京都市に帰るバスに乗って、この2日間の素敵なフィールドトリップとホームステイが終わりました。

Participants’ voices:
“Having the opportunity to share a Japanese family’s everyday life was a great experience. Even if it was short, I made lifelong memories. It was the best!”
“Everything was so much fun, especially the time spent with my host family. Visiting the sake brewery and making mochi were very Japanese-like experiences and great fun!”
参加者の声:
「日本人の家族と一緒に日常生活を過ごして、とても良い体験でした。短かったですが、一生忘れられない思い出になりました。最高でした!」
「全部楽しかったです。特にホストファミリーと一緒に過ごした時間が良かったです。酒造を見学したり、お餅を作ったりしてとても日本的な経験でした。本当に楽しかったです!」

Advertisements

Sister Cities Art Connection 姉妹都市アートコネクション

Kameoka and Stillwater, Oklahoma became sister cities on November 3, 1985. Since then, the two cities have developed strong bonds of friendship through the exchange of student and citizen delegations and other joint events.

1985年11月3日に、亀岡市とアメリカ・オクラホマ州スティルウォーター市が姉妹都市盟約を締結しました。それ以来、両市は、国際交流イベントや、学生や市民団体の交換プログラムなどを通して固い友情の絆を築いてきました。

This year, a group of citizens from Kameoka and Stillwater collaborated to put together a brand new exchange event.

今年は、両市の市民の協力により新しいイベントが企画されました。

It all began back in March when a private group of 6 Kameokans, led by Kiyomi Kojima, traveled to Stillwater. During their visit, they started to talk about some of the barriers to cross-cultural exchange. One of the Stillwater members mentioned how nice it would be to have an exchange event “where kids in both cities can communicate through art, where there are no linguistic barriers.” This led to the birth of the Sister Cities Art Connection. Each group would hold events for kids to create artwork in their respective cities, and would then send the artwork to the other city for display.

この新型交流イベントのきっかけは、今年の3月に、児島きよみさんが亀岡市民有志6人を連れてスティルウォーター市を訪問したことにあります。訪問の間、交流へのバリアについて話し合い、スティルウォーター市民から「言葉の要らないアートなどを通じた子供同士が交流ができたらいい」という提案があったそうです。この提案から「姉妹都市アートコネクションという名前で、スティルウォーター組と亀岡組は、自分の都市で子供のアート作りイベントを行い、できた作品を交換して展示するというアート交換イベントが誕生しました。

Ms. Kojima is the founder of Com Junto, a Kameoka-based organization, which, with the support of the city, planned “The Traveling Dragon Project” to fulfill Kameoka’s part of the exchange program. On July 31st and August 1st elementary and junior high students in Kameoka gathered at the Galleria Kameoka to learn how to draw dragons with instructor Makiko Berry, a local artist.

児島さんが代表を務めているCom Juntoという市民団体が、市の協力を得て、この姉妹都市アートコネクションの一部として、7月31日と8月1日にガレリアかめおかで「旅するドラゴンプロジェクト」を行いました。亀岡市の小・中学生が、講師を務めた地元の美術作家ベリー・マキコさんから「ドラゴン」の描き方を学びました。

I was invited to participate in the event and I began with a short indroduction about Stillwater and America. Rather than give an introduction about culture, however, I talked to the kids about how far away America really is, so they would undersatnd just how far their dragons will be traveling. Ms. Kojima and I also did a short discussion in English, which helped the kids think about the fact that the kids in America who will be enjoying the dragons do not speak Japanese, but a totally different language. Then Makiko showed the kids the basics of how to draw a dragon to help them visualize their own image of a dragon.

亀岡市の国際交流員として私も参加させていただきました。イベントはスティルウォーター市やアメリカの紹介で始まりました。しかし、文化の紹介ではなく、子供たちが自分のドラゴンは一体どれくらい遠いところに旅するかを理解できるように、アメリカはどこなのか、どれくらい広いのかなどを紹介しました。また、児島さんと英語で喋って、そして同じ会話を日本語ですることにより、亀岡市で描いたドラゴンをアメリカで楽しむ子供たちは日本語ではなく、全く違う言葉で喋ることを紹介しました。そしてベリーさんは、子供たちに自分にとってドラゴンはどんなものかを考えさせるように、俺の基本の描き方を紹介しました。  

Then they were set free to draw on their own. First the children worked only with traditional Japanese calligraphy paper, ink, and brushes to create the outline. Then they added colors to make their own unique dragon to send to their “brothers and sisters” in Stillwater. Some of the participants seemed a bit nervous to being, but once they dipped their brush in the ink, creativity won out. As the kids whisked their brushes across the paper, the room became filled with dragons. Some dragons were flying in the sky, while others were lying down or standing up tall.

指導を受けてから子供たちは自由に描き始めました。まずは習字紙、墨や筆など日本の伝統的な習字道具を利用してドラゴンの形を描きました。そして、子供たちは黒い墨で描いた「竜」に好きなように色付けして、スティルウォーター市にいる「お兄さんや弟さん、お姉さんや妹さん」に送るユニークなドラゴンを描くことに挑戦してみました。最初には迷っていた子供もいましたが、筆に墨をつけると緊張が解れて、全員が楽しく筆をシュッシュッと走らせ、部屋がドラゴンでいっぱいになりました。空を飛んでいるドラゴンも、横になっているドラゴンも、高く背伸びしているドラゴンもいました。

Later this month, the dragons will travel across the world to Stillwater, Oklahoma where they will be displayed at the Stillwater Multi-Arts Center. This Multi-Arts Center held a series of 4 summer camp events where kids in Stillwater created murals that will be sent to Kameoka and displayed at Kameoka City Hall and the Galleria Kameoka.

今月末、亀岡市の子供たちが描いたドラゴンは地球を渡って、オクラホマ州のスティルウォーター市に旅をし、現地のマルチ・アート・センター(Multi-Arts Center)で展示される予定です。当センターは今年の夏にサマーアートキャンプを4回行い、スティルウォーター市の子供たちが壁画に挑戦しました。この壁画は今後亀岡市役所とガレリアかめおかに展示する予定です。