Cooking Class in Oyamazaki and Nantan Kids Carnival 大山崎での料理教室と南丹のキッズカーニバル

京都府国際センターのアリスです。1月末に京都府で色々なイベントに参加する機会がありました。
Hi! This is Alice, the CIR at Kyoto Prefectural International Center.
At the end of January, I was lucky to participate in 2 very different events in Kyoto Prefecture.

~ Cooking class in Oyamazaki ~

~ 大山崎町での料理教室 ~

1月23日に京都市から15分のところにある大山崎町でフランス料理教室を開きました。実は去年も同じイベントを開催して、「ビーフ・ブルギニョン」というワインシチューと「リ・オ・レ」という甘い米のデザートを作りました。日本の食料はフランスより甘くて、よく使うフレッシュクリームをはじめ、手に入らない材料も多く、日本の家庭でなかなかないオーブンもよく利用しますので、日本でフランス料理を作るのは結構大変です。

The first event on January 23rd was a French cooking class organized in Oyamazaki Town, a 15min train ride from Kyoto. I already went there last year to cook some “Boeuf Bourguignon”, a beef stew braised in red wine, and “Riz au Lait”, a dessert made from rice, milk and sugar. Cooking French food in Japan is very challenging, because the taste of the ingredients is really different (everything is sweeter in Japan!), some ingredients do not exist (such as what we call “crème fraiche”, or fresh cream), and most of the dishes require an oven, which is really rare to find in Japanese homes.

Lecture about French cuisine and eating habitsフランスの食文化について発表

Lecture about French cuisine and eating habits
フランスの食文化について発表

まず、フランスの食文化について発表し、歴史による変化や2011年に無形文化遺産になったことについて説明しました。フランスの美食や特別な料理より、食に対するフランス人の考え方と習慣が登録の対象となっています。実は、現在の早いライフスタイルにもかかわらず、フランス人のほとんどがまだ2時間の昼休憩を取って、食事を三つのステップでします。それは「前菜」、「メイン」、「デザート」と言う順番です。「デザート」はチーズ、ヨーグルト、果物やケーキのどちらかです。日本ではご飯を食べてからデザートを食べないことはとても不自然に感じます!

I first started with a presentation about French cuisine and eating habits, explaining how they changed through history, and how it was listed as an “Intangible Cultural Heritage” in 2011. What was classified is more French people attitudes and relationships to food rather than a dish in particular or the famous “French gastronomy”. Indeed, in spite of today’s stressful and busy life, most of the French still take a 2hour-lunch break, and still maintain 3 steps in their meal: starter, main dish and dessert. Dessert can be either cheese, yoghurt, fruit or a pastry. It feels strange to me if I do not eat something after finishing my main dish!

それから、フランスの家庭料理を紹介しました。「ネギタルト」、「カスレ」、「タルト・タタン」はご存じですか?家庭料理以外、食に関する行事も紹介しました。それは例えば1月6日の「ガレット・デ・ロワ」、2月2日のクレープの日、庭で卵を探しに行くイースターなどです。

I also introduced the most common French family dishes. Do you know la “tarte aux poireaux”, le “cassoulet“ or la “tarte tatin“? Lastly, one cannot introduce French food culture without speaking about its many related events, such as La Galette des Rois (king cake) on January 6th, the Crepe Day on February 2nd, Easter and its egg hunt etc…

発表の後、参加者がフランス料理を作りました。5歳の子供でも作れる「ヨーグルトケーキ」と言うとても簡単なレシピを選びました。ヨーグルトを使って、その箱を再利用して、材料を測りますので、道具と料理の経験は要りません!世界で一番簡単なケーキですね。とても簡単なケーキなので、りんごとチョコレートでレシピをアレンジしました。

Gateau au Yaourtヨーグルトケーキ

Gateau au Yaourt
ヨーグルトケーキ

It was then time for the participants to try their hand at French cuisine. I had chosen a very simple cake recipe, the famous “gateau au yaourt (yoghurt cake)” that even 5 year old children can make. Basically, you just have to use one yoghurt, and then reuse the package to measure the other ingredients. No need of scales or particular cooking experience! The easiest cake in the world! This cake being really basic, we made an apple and a chocolate version.

参加者はフランスのケーキをそんなに簡単で楽しく作れることにびっくりしました。大山崎町の住民の熱心と優しさに感動して、交流できてとても良かったと思います。また来年!

Participants were really happy to find out that French cakes can be really easy and fun to do, and I am glad I had the chance to go out and meet the very enthusiastic and sweet people of Oyamazaki. I hope we can meet again next year!

~ Nantan Kids Carnival ~

~ なんたにあんキッズカーニバル

England boothイギリスのブース

England booth
イギリスのブース

次のイベントは1月27日に京都から1時間のところにある南丹市で開催されました。毎年開かれて、参加者100人、色々な国から講師もたくさん来ると言う大型イベントです。
今年はブータン、フィリピン、インド、イギリスとドイツの人と一緒に参加しました。みんなはブースを出して、国の小物、雑貨、衣装、楽器などを展示しました。フランスの場合は、出身地ボルドーの地図と写真、「BD」と呼ばれているフランスの漫画(日本の漫画より倍ぐらい大きくて、フルカラーです)、ユーロとフランス語で書いてある日本の漫画を持ってきました。子供達はヨーロッパで同じお金を使いますが、国別によって裏のデザインが違うということを知って、びっくりしました。

France boothフランスのブース

France booth
フランスのブース

The second event was held on January 27th in Nantan City, approximately one hour from Kyoto. Held every year, it is quite a large scale event with a hundred participants and booths from many countries in the world.
I had the chance to participate this year, together with people from Bhutan, the Philippines, India, England and Germany. Everybody had prepared a small booth with various objects, clothes and sometimes even music instruments from their country. For France, I had brought some maps and postal cards of Bordeaux, my hometown, French manga called “BD” in French, twice the size of Japanese manga and in full color, euro coins and Japanese manga… in French! Children were especially surprised to learn that we all use the same currency in Europe, but that the heads side of the coins are different from each country.

Explaining about the Euroユーロについて説明する

Explaining about the Euro
ユーロについて説明する

Learning Dzongkhaゾンガ語を習う

Learning Dzongkha
ゾンガ語を習う

イベントはまずブータンの言葉、ゾンガ語の挨拶を習う練習から始まりました。それから、インドの数学を勉強しました。その計算のやり方をもっと早めに知っておけば、学校でもっと良い成績が取れたかもしれませんね。数学が本当に簡単になりました。
そして、王女、有名な橋などの写真を見て、クイズで答えながらイギリスについての知識を深めました。ヨーロッパ人であるのに、日本人の子供と同じぐらいしか分からないことに気が付いて、もっと出身地であるヨーロッパについて学びたいな。。。
フィリピンのゲームで体を動かしました。特に、子供が紙でできているボールでたくさん遊びました。目的は足の内側でボールをけることですが、大きいサッカー試合みたいな雰囲気になって、楽しかったです。

Indian mathematicsインドの計算

Indian mathematics
インドの計算

The event started with Bhutan, introducing their language, Dzongkha, and teaching children the basic greetings. We then learned how to multiply the Indian way, and I wished I had known this earlier in school to get better grades! Mathematics became so much easier.
After that, it was time to test our cultural knowledge about England, by looking at pictures of the queen, famous bridges etc., and answering quizzes about them. I discovered my knowledge as a European was almost the same as Japanese children! I need to learn more about my home area…
We got to move our bodies afterwards, thanks to games from the Philippines. The kids especially enjoyed playing with a ball made from a sort of paper. You have to make the ball bounce on the inside of your legs as many times as you can, but it almost turned out into a giant soccer party, which was really fun as well.

Londo Bridge is falling down!ロンドン橋が落ちている!

Londo Bridge is falling down!
ロンドン橋が落ちている!

Stilt race: run for the pogs!メンコのために竹馬レース頑張れ!

Stilt race: run for the pogs!
メンコのために竹馬レース頑張れ!

その後、フランスの番になりました。竹馬のレースと「ポッグ」と言うフランスのメンコを賞品として用意しました。子供と両親はレースに参加し、チームを作りました。それから、フランスのポップミュージックでポッグをたくさんもらうためにレースに熱心に参加していただきました。びっくりしたことに、大人のチームではなく、子供のチームが勝ちました!
レースの後、メンコでたくさん遊びました。実はフランスでポッグが90年代ぐらいに流行りましたが、2000年代に入ってから段々なくなりましたから、今のフランス人の子供はポッグを知らないかもしれません。。。 子供の時にポッグを集めて、遊ぶのはとても楽しかったので、南丹の子供も楽しめたら嬉しいですね。

Giving out French pogsフランスのメンコを配る

Giving out French pogs
フランスのメンコを配る

France’s turn was after that. I had prepared a stilt race with Pogs to win. The children and their parents both participated in the race and were divided into teams. Encouraged by French pop music, they rushed through the room to finish the race as quick as possible and win a lot of Pogs. Surprisingly, the children’s team won against the adult team!
After the race, everybody was busy trying to win other children’s Pogs and play together. Actually, the Pog fad in France soared in the 90s before fading out again, so maybe nowadays French children don’t know about them… I had a lot of fun collecting and playing with them when I was a child, so I hope Nantan children will enjoy them too!

French pogsフランスのメンコ

French pogs
フランスのメンコ

最後に、ドイツの伝統歌を何か国語で歌ってから、終わりの時間になりました。
このような大型イベントの準備はとても大変ですが、南丹市国際交流協会とボランティアの皆さんのご協力のおかげで無事に終わることができました。子供と遊んで、他の国について知ることができて、とても興味深いイベントでした。来年も参加できたら嬉しいです!

We then sang a German popular song in many languages before it was time to go back home for the children.
Despite the amount of preparation needed for such a big scale event, everything went smoothly thanks to the experience of the Nantan International Association and the volunteers who participated. I had a great day playing with the children and learning about other countries in the world! I also hope to participate again next year!

Advertisements

9th Cross-Cultural Forum 第9回クロスカルチュラル・フォーラム

Hello! This is Steven, the CIR from Seika. I’d like to tell everyone about the 9th Cross-Cultural Forum, held in Seika Hall in the Seika Town Office on Sunday, January 27th.

こんにちは!精華町の国際交流員、スティーブンです。1月27日(日)に、精華町役場の精華町交流ホールで開催された「第9回クロスカルチュラル・フォーラム」について紹介したいと思います。

This year’s Cross-Cultural Forum was sponsored jointly by the Town of Seika, Seika Global Network, and the Cross-Cultural Project (XCP). The theme was “Family Across Cultures and Generations.” The event featured three guest speakers, as well as a presentation by students from Seika Nishi Junior High School.

今年のクロスカルチュラル・フォーラムは精華町とせいかグローバルネット、クロスカルチュラル・プロジェクト(XCP)の共催により開催されました。テーマは「お国柄や世代に見る『家族』の形」でした。3名のゲストスピーカーの他に、精華西中学校の生徒にも発表していただきました。

The first presentation was by Lis Weiji Kanashiro Pereira. Ms. Pereira, a Brazilian of Japanese descent, started off her presentation by giving a basic introduction of both Brazil as a country and the status of ethnic Japanese people in Brazil. She also talked about the structure of families in Brazil, such as the prevalence of elderly people living with their children rather than entering nursing homes.

_DSC9770

Ms. Pereira ペレイラさん

最初の発表者は、カナシロ・ペレイラ・リス・ウェイジさんでした。日系ブラジル人であるペレイラさんは、ブラジルの紹介やブラジルにおける日系人の状況の話で発表を始めました。高齢者は施設に入るよりも子ども夫婦などと一緒に暮らすのが一般的であることなど、家族形成に関する話も聞かせてくださいました。

Next was the presentation by the International Exchange Club from Seika Nishi Junior High School. The students presented the results of a survey they had distributed to their school asking about family life. Some of the answers to the survey were quite illuminating. For instance, a majority of respondents identified their mother as the family member they talked to most often. To me, the fact that more students talked to their mothers more often than their siblings was surprising.

次は精華西中学校の国際交流部の発表でした。生徒たちは、全校生徒に実施した家族生活に関するアンケートの結果について発表しました。その回答の中で、そうとう勉強になることがいくつか出てきました。例えば、回答者の半分過ぎが「家族の中で一番よく会話する人は誰か」という質問に対して「母」と答えました。私にとって、「母」が「兄弟」より多いことは驚くことでした。

The students 中学生たち

The students 中学生たち

After the middle schoolers’ presentation came a talk by Yasuhiro Minami, a researcher at NTT Communications, about infants’ language acquisition. Mr. Minami’s presentation stood out for its hard scientific data and technical subject matter. He mentioned, for instance, that children have a “vocabulary explosion” at some point where the number of words they know experiences a sudden, dramatic increase. As someone who interacts with small children a lot, I found Mr. Minami’s talk to be quite interesting.

中学生の発表に続いて、NTTコミュニケーションの研究員・南泰浩さんが幼児の言語獲得について発表しました。南さんの発表では、科学的なデータや専門的な内容がまざって、興味深いものでした。例えば、子供の語彙量が急増する「語彙の爆発」などの話をしました。小さい子供とよく触れ合う私にとって、とても興味深い講演でした。

Mr. Minami 南さん

Mr. Minami 南さん

The final talk came from Yingying Sun. Ms. Sun discussed the status of marriage in her home country of China. My impression from her presentation was that, unlike the West and its premium on finding “true love,” China emphasizes financial stability in its marriages. One commonality according to Ms. Sun’s speech, however, was the interaction between the wife and the mother-in-law. In the West, women are often thought to dislike their mothers-in-law; it seems as though this relationship is often a fraught one in China as well.

Ms. Sun 孫さん

Ms. Sun 孫さん

最後の講演は、孫英英さんの発表でした。孫さんは母国の中国における結婚の状態について語りました。発表によると、中国は結婚において西洋より、経済的な安定を重視しているのではないかという印象でした。孫さんの講演による西洋と中国の共通点は、姑と嫁の関係だそうです。西洋では、嫁は姑のことをいやがるというイメージです。中国でも、よく困った関係になるそうです。

The Cross-Cultural Forum provided a great opportunity to hear talks about different subjects by people from a variety of different backgrounds. If you get the chance to come in the future, make sure to check it out!

クロスカルチュラル・フォーラムでは、さまざまな背景の人からいろいろな話題について聞き、とてもいい機会でした。もし今度来る機会があれば、ぜひ参加してみてください。

二つの「お正月」 The second New Year

舞鶴市国際交流員の孫立娣です。
Hi! This is Sun Li Di, the CIR in Maizuru.
我是舞鹤市国际交流员孙立娣。

爆竹 - Firecrackers

爆竹 – Firecrackers

今年の中国のお正月は新暦でいう2月(旧暦の1月)なので、中国人である私にとって、日本のお正月は「新年」という感覚があまりありませんでした。とはいえ、今年は友人の誘いで楽しい日本のお正月を過ごすことができました。

New Year in China starts in February (January in the old calendar) this year. Therefore, as I am Chinese, the Japanese New Year didn’t feel like the start of a new year for me. However, thanks to my friends’ invitation, I spent a wonderful New Year in Japan.

今年中国的“新年”是阳历的2月份(阴历正月),所以日本的“元旦” 对于我这个中国人来说不太有“年”的感觉。尽管如此,在朋友的款待下我还是愉快的感受了一把日本新年的气氛。

日本には、新年を迎える準備としてすす払いや年の瀬市があり、これは中国でも同じですが、中国では除夜の鐘の代わりに、爆竹を鳴らして疫病などをはらいます。夜には、年越しそばの代わりに家族そろって「餃子」を食べます。これは、餃子に具をいっぱい入れると財産が増えると言われているからです。また、中国には門松や鏡餅の代わりに、おめでたい文字が対句で書かれた赤い紙と「福」と大きく書いた紙を縁起物として家に貼る風習があります。日本と中国のお正月の行事は習わしこそ違えど同じ発想に基づくものが多いと感じました。

お正月の文字 - New Year's auspicious characters

お正月の文字 – New Year’s auspicious characters

In China, we have similar New Year’s preparations such as major house cleanups and end of the year markets, but instead of Joya no Kane (ringing the temple’s bell at midnight), we light firecrackers to ward off illness. On New Year’s Eve, instead of eating New Year’s Eve soba (toshi koshi soba), the whole family gather to eat dumplings. Indeed, it is said that the quantity of ingredients into dumplings increases one’s wealth. Furthermore, instead of pine tree decorations (kadomatsu) and rice cakes (kagami mochi), in our homes we hang up red papers with auspicious characters written on them and one with the character for “happiness” written in big as good luck tokens. I often feel that Japanese and Chinese New Year celebrations are similar while being different at the same time.

在日本,新年来临之前有扫灰、赶年货大集的习俗,中国也是如此。此外,在中国,寄望于消除烦恼与病痛的不是除夕之钟,而是烟花爆竹;午夜子时迎接新年也不是吃荞麦面,而是“饺子”,因为大馅儿的饺子寓意多财多福。与日本的门松、镜饼等同样代表吉祥寓意的是写在红纸上的“对联”和“福”字。日本与中国过年的习俗虽然有所不同,但我感觉很多习俗都很相似。

お正月の料理 - New Year's food

お正月の料理 – New Year’s food

花火爆竹迎春会 - Dalian Firecracker Spring Festival

花火爆竹迎春会 – Dalian Firecracker Spring Festival

大連では、旧暦の1月2日~8日に、「花火爆竹迎春会」が開催されます。空に鳴り響くドラや太鼓の音、東北地域特有の田植え踊りや獅子・竜の舞や打ち上げ花火など、まち全体がにぎわいに包まれます。機会があれば、ぜひ大連で旧暦の年越しを経験していただきたいです。

From January 2nd to 8th in the old calendar, the “Dalian Firecracker Spring Festival” is held in Dalian city. During this time, the city is bursting with festivities, with the sound of drums echoing in the sky, with rice planting dances originating from the North East area, with dragon and lion dances and fireworks. If you have the opportunity, I sincerely hope you will be able to experience Dalian’s New Year.

在大连,每年农历正月初二到初八都会举行“烟花爆竹迎春会”。响彻夜空的锣鼓、东北特有的大秧歌、舞龙舞狮放烟花,整座城市都洋溢着热闹欢乐的气氛。希望各位朋友有机会的时候一定到大连来感受一下中国的农历新年!

花火爆竹迎春会 - Dalian Firecracker Spring Festival

花火爆竹迎春会 – Dalian Firecracker Spring Festival

Horikawa high school visit – 堀川高校の訪問

Hi! It’s Alice, the CIR at Kyoto Prefectural International Center.
Today I would like to write about a school visit I did in Horikawa Senior High School last  December.

京都府国際センターの国際交流員、アリスです。
今日は去年の12月の京都市立堀川高等学校への訪問を紹介したいと思います。

Horikawa Senior High School is really committed to raise awareness about other cultures and human right problems among their students. Indeed, all the first-year students have to study abroad for a few weeks in March and stay with a host family to increase their language skills and broaden their horizons. In order to prepare the students for this trip, I was asked to speak about my country and how French people view Japan and the Japanese.

堀川高校は異文化や人権問題に対する学生の関心を高めるために力を入れています。実は言語力と視野を広げるために、1年生は全員3月から数週間の海外研修をしなければなりません。海外研修の事前準備として、「フランスから見た日本」というテーマについて講演するように依頼を受けました。

Interview

Interview

This visit was divided into 2 different kinds of events. First, I visited the school on December 14th with 3 other CIRs: Kyoto Prefectural Office’s CIR Mark from Scotland, Kameoka’s CIR Margaret from America and Kyotanabe’s CIR Polly from England. There were also 2 exchange students with us, Jorge from the Philippines and Windu from Indonesia. I thought it would be interesting to have speakers from as many countries as possible so that students understand that we are not the same “foreigners” but French, American, Indonesian etc, each with its own differences. Everybody was really eager to participate when I spoke with them about this event.

事業は二つのイベントに分けられました。まず、他の国際交流員3人(京都府庁国際課の国際交流員スコットランド出身のマーク、亀岡の国際交流員アメリカ出身のマーガレット、京田辺の国際交流員イギリス出身のポリー)と、留学生二人もいました:フィリピン出身のジョージとインドネシア出身のウィンドゥでした。様々な国の人に参加してもらうことによって、私達はただの「外国人」ではなく、それぞれ自分の特徴を持つ「フランス人、アメリカ人、イギリス人、スコットランド人、フィリピン人、インドネシア人」でいることを学生に理解してもらいたかったです。

Interview

Interview

First, the students split into groups and interviewed us individually about our countries, our lives, our interest in Japan and why we choose to come live here. They also wanted to check if the image they had of each country was correct or not and what we thought about it. For example, French people are usually thought as elegant and stylish… it might be true when seeing the Haute Couture shows but not on an everyday basis! Actually Japanese youth are more fashionable than French ones.

まず学生達はグループに分かれて、講師一人一人にインタビューしました。国、生活、日本への興味、日本に住みたかった理由についてたくさん質問しました。また、出身国に対して持っているイメージが間違っているかどうか、それについての感想も聞かれました。
例えば、フランスはよく「おしゃれ」というイメージがありますが、ファッションショー以外の日常生活のフランス人の洋服は結構地味でつまらないと思います。実は、フランス人の若者より、日本人の若者の方がおしゃれだと思います。

Mark and I came back for the 2nd visit on December 21st, to speak in front of all the first-year students, which is to say almost 250 people!
Students first presented their conclusions and feelings about what they had learned during the interviews the week before. I was really surprised to hear that Japanese summer feels hotter than the Philippines, or that Japanese people walk and live too fast for Indonesian people. Indeed, in France, we do not get to know a lot about South East Asia in our education and I learned a lot myself from these presentations.

12月21日にマークと私がもう一度高校を訪問し、全1年生250人の前で講演しました。まず学生が前の週のインタビューで習ったこと、感じたことについて発表しました。例えば、フィリピンより日本の夏の方が暑い、またはインドネシア人にとって、日本人の生き方と歩き方が早すぎるそうです。フランスの教育では東南アジアの情報が少ないので、私にとっても勉強になりました。

Explaining about the CIR job国際交流員の仕事について説明する

Explaining about the CIR job
国際交流員の仕事について説明する

Then, it was time for Mark and I to climb on the stage under a warm of applause (which felt good but was kind of intimidating) to be interviewed again “live”. They asked us to speak about Christmas celebrations in France and Scotland, what were the famous places and food, what did we like about Kyoto etc. Then came the tricky questions such as “what makes you French / Scottish?” I would never have been able to answer should I have stayed in my country all my life, but living abroad really made me realize who I am, what it does mean to be French and rediscover my own culture and habits as well. In this way, I really hope you will get the chance to live one year or more in another country and culture, for it is a life-changing experience.

発表が終わってから、拍手のなか舞台に上がり、ライブインタビューを行いました。フランスとスコットランドのクリスマス、名物、名所、京都の好きなところなどを聞かれました。また、「フランス人とスコットランド人の特徴は?」という答えにくい質問もありました。もしずっとフランスにいたら、なかなか答えられない質問だと思いますが、海外に住むと、「フランス人でいる」というのはどんなことか、フランスと自分の文化、習慣について実感することができるようになります。この意味で、皆さんも1年間ぐらい海外に住んで、異文化を体験する機会があったらとても良いと思います。人生を大きく左右する経験になります。

Mark explains about his jobマークが仕事について説明する

Mark explains about his job
マークが仕事について説明する

Quickly speaking, French people like to take their time, enjoy their meals, put work and their private life (family and friends) on the same level of priority, complain a lot, go on strike and holidays and put all their heart in doing what they like. C’est la vie! Of course there is more much to that, but it would take more than a blog article to speak about it.

簡単に言えば、フランス人はゆっくりすること、食事をちゃんと楽しむこと、仕事とプライベート(家族と友達)を同等に大切にすること、文句をよく言うこと、ストライキと旅行をすること、好きなことを一生懸命やることなどが好きです。もちろん、これよりもっと説明が必要ですが、書こうとしたらこの記事が本になりますよね。

After the interviews, Mark and I gave a small presentation about our countries, how Scotland differs from the UK and how Bordeaux and the South of France are not like Paris. We then introduced our reasons for wanting to work as a CIR in Japan, mainly because we wanted to put into practice what we learned in college (languages, multicultural communication and marketing) and challenge ourselves. To end, we spoke about gender equality in Japan and how the gap is still wide, differences at the workplace and in working practices, and how foreigners are viewed in Japan. If Japanese are the best when it comes to help and welcome us, they should treat us less as guests and “foreigners” but more as “French” and “Scottish” and as citizens living in Japan just as they do.

Answering questions質問に答える

Answering questions
質問に答える

インタビューの後に、イギリスとスコットランド、またはパリとボルドー(また南フランス)の違いについて発表しました。それから、国際交流員になりたかった理由についても話しました。それは主に大学で習得した知識と能力(言語力、異文化コミュニケーションとマーケティングなど)を生かして、自立して、挑戦したかったからです。最後に、日本でなかなか進まない男女平等、職場でのマナーとやり方の違い、外国人に対する態度について話しました。実は、外国人に対する日本人の歓迎の心、助けようとする気持ちは本当に素晴らしいと思います。しかし、「ゲスト」とか「外国人」ではなく、自分と同じように日本で生活している「フランス人の住民」、「スコットランド人の住民」として考えてもらえばとても嬉しいです。

After the presentation, we had a smaller gathering with the students who wished to participate, and were able to talk more casually with them about life in Scotland and France, our feelings about living in Kyoto, and give them advice on how best to communicate with their host families during their oversea internship to come. Japanese people usually tend to think of themselves as really bad at English and prefer not to talk at all rather than try and make mistakes. However, even with the worst pronunciations and mistakes, people will really appreciate if you make the effort to speak their language especially in their own country, and will help you as best as they can to improve. The best way to learn is by making mistakes!

講演の終わりに、教室に移動して、有志の学生と交流しました。フランスとスコットランドの生活、京都での日々、海外研修のホストファミリーとのコミュニケーションのとり方などについて、もっとカジュアルに親しく話すことができました。日本人はよく自分の英語が下手だと思い込む傾向がありますので、間違うより話さないようにする人が多くて、とても残念だと思います。発音が悪くても、間違っても、相手が自分の言葉で声をかけてくれるだけでとても喜ばれるし、上達に繋がります。間違うからこそ、言語力が上達しますよ!

It was my first visit to a Japanese high school, and I’m really glad I got this opportunity to exchange with the students, introduce new things about France and maybe change how they view foreign countries and cultures. I hope I will have more opportunities like this in the future!

日本の高校を訪問するのは初めてでした。学生と交流したり、フランスの新しい側面を紹介したりすることによって、外国と異文化に対する感想とイメージが少し変わったなら嬉しいです。これからもこのような素敵な機会があれば嬉しいです!

Receiving flowers was such a nice surprise!花をいただいて、びっくりしました!

Receiving flowers was such a nice surprise!
花をいただいて、びっくりしました!

Mark’s comment マークの感想

On the 21st December, myself and Alice gave a presentation to the students of Horikawa High School, on various topics such as internationalisation, social issues, and what it’s like living and working as a CIR in Japan. As it was my first school visit, I was quite nervous, but was glad that the students all seemed to learn something afterwards, especially about my home country. The planning that went into the whole day was very well organised by two of the students themselves, and our session the week before on the 14th allowed the students to interview some of the other participants, and prepare presentations on what they learnt, with some very interesting insight!
All in all, a great opportunity to meet some excellent students, and let them know a little more about ourselves, our jobs, and our cultures, as well as show off my traditional Scottish kilt to the people of Kyoto!

12月21日に、アリスと一緒に堀川高校で国際化、人権問題やCIRにとっての日本生活の感想などの様々なテーマについて発表しました。初めての学校訪問だったので、僕は少し緊張していましたが、学生の皆は何か学んだようで、嬉しかったです。学生の代表2人による計画で、前の週の14日に、他の外国籍の参加者へのインタービューの機会があって、当日、学生達はとても面白くて、興味深いことを発表しました。

最終的に、すばらしい学生達に出会って、僕たちのこと、仕事、母国の文化などを少し紹介して、スコットランドの伝統的なキルトを京都市民に見てもらういい機会と経験になりました!