5th International Understanding Festival 第5回国際理解フェスティバル

Hello! Steven from Seika here. This article will be about the 5th International Understanding Festival, sponsored jointly by the Town of Seika and Seika Global Network. The Festival was held on Sunday, April 21st in Seika Hall at the Seika Town Office.

こんにちは!精華町の国際交流員、スティーブンです。今回紹介するイベントは、精華町とせいかグローバルネットの共催で開催した「第5回国際理解フェスティバル」です。精華町役場の精華町交流ホールで4月21日(日)に行われました。

Image

Nara Accordion Club 奈良アコーディオン愛好会

The event began with a performance by the Nara Accordion Club. Staying true to the theme of the event, the club played a variety of different songs from France, Germany, Greece, Indonesia, Mexico, Peru, Russia, and of course, Japan. The only songs I recognized were the Mexican Hat Dance, which is fairly well-known back home in America, and the opening theme song from My Neighbor Totoro, which I hear a lot in Japan. It was great getting to hear new songs from all over the world.

イベントは、奈良アコーディオン愛好会による演奏で開始しました。イベントのテーマに関連し、フランス、ドイツ、ギリシャ、インドネシア、メキシコ、ペルー、ロシア、そして日本の曲を聞かせてくださいました。私は米国では知名度がやや高い「メキシカンハットダンス」と日本でよく耳にする「となりのトトロ」の曲「さんぽ」しか知りませんでしたが、世界各国の曲を聴き面白かったです。

Tsubasa Nakayama 中山翼さん

Tsubasa Nakayama 中山翼さん

Following the accordion performance, Tsubasa Nakayama, a student at Ritsumeikan University, gave a presentation about his time abroad at the University of Washington in Seattle, Washington, United States of America. He talked about the famous aspects of Seattle, such as the frequent rain and heavy concentration of coffee shops, as well as his homestay. It sounded as if he had a good time.

続いて立命館大学学生の中山翼さんが米国ワシントン州シアトル市にあるワシントン大学における留学について発表しました。雨の頻度や喫茶店の密度等、シアトルの有名なところ、またホームステイについて話しました。留学体験を十分楽しんだようでした。

Next was a presentation about one of Seika’s public schools, Kawanishi Elementary School. Hideki Ikubo, the vice principal, talked about international education activities at the school. Kawanishi students in the 5th and 6th grades study English in school, with 35 hours of class in an academic year. Also, Kawanishi students in all grades have special international education classes that do not necessarily include English language instruction but rather an introduction to American culture and games. After Mr. Ikubo’s presentation, the students of Seika Minami Junior High School’s English and International Exchange Club recited various poems and stories entirely in English. Despite only being in middle school, their presentations boasted high-level words and impressive fluency.

Hideki Ikubo 井久保教頭

Hideki Ikubo 井久保教頭

次は精華町立川西小学校による発表でした。井久保教頭が外国語教育活動や国際理解活動について紹介しました。川西小学校の生徒は、5年生と6年生のときに英語を、学年度に35時間勉強するそうです。なお、全学年においては、英語教育ではなくとも、米国の文化やゲームなどへの紹介を盛り込んだ国際理解教育があります。次の発表は、精華南中学校の英語国際交流クラブの部員が、英語で詩や短い話を暗唱しました。レベルの高い語彙を使いながら流暢に発表しました。

The final part of the event involved a description of Seika Global Network’s activities. Nobuo Kawabata, the vice chairman of Seika Global Network, used a Powerpoint slideshow to describe Seika Global Network’s assistance for international residents regarding disaster awareness and preparation. For instance, Seika Global Network set up an International Resident Support Center at last year’s disaster preparedness training in Seika and recently published disaster awareness maps in English, Chinese, Korean, and Vietnamese.

最後に、せいかグローバルネットの活動について紹介されました。せいかグローバルネットの副会長、川端信夫さんがパワーポイントを通してせいかグローバルネットの外国籍住民に対する災害時支援活動を報告しました。昨年の精華町防災訓練での災害時外国人支援センターの設置、英語・中国語・韓国語・ベトナム語の4カ国語での防災マップの発行など、様々な取り組みについて

Nobuo Kawabata 川端信夫副会長

Nobuo Kawabata 川端信夫副会長

話しました。

Other Seika Global Network activities presented at the event included a Japanese class for international residents, an English conversation class, a separate English class with a theme of Japanese culture, an agriculture group, a sister city exchange group, and a web design group.

他に、日本語教室、英会話、日本文化をテーマとした英語講座、農場部会、姉妹都市交流部会、PC部会というせいかグローバルネットの活動の報告や紹介がありました。

Next year will be the 6th International Understanding Festival. Hope to see you all there!

来年は第6回国際理解フェスティバルが開催されますので、ぜひご参加ください!

Advertisements

国際理解講座 「多文化社会 ~フランスとイギリス~」 募集 Seminar “Multicultural Society: France and England”

Rikai Kouza

京都府国際センターの国際交流員アリスです。今度の国際理解講座の募集が始まりましたので、お知らせ致します!

フランスとイギリスは世界中で多文化社会として知られている国です。移民の割合、社会的地位、現状はどうでしょうか?また、その利点と欠点は何でしょうか? 各国での移民に対する世論はどのようなものでしょうか?
講座ではフランスとイギリスの移住の歴史、入国制度、現代の課題などの知識を深め、多文化社会について学びましょう!

※ 1回目の講座は日本語、2回目の講座は英語で行われます。
※ 1回目と2回目の講座は曜日が違いますのでご注意ください。

日程:
1回目: 多文化フランス  5月12日(日)  14時~16時
講師:京都府国際交流員 アリス ボナミ (フランス出身)

2回目: 多文化イギリス  5月18日(土)  14時~16時
講師:京都府国際交流員 マーク ガラット (スコットランド出身)

問合せ・申込:
http://www.kpic.or.jp/fumin/society.html

たくさんのご参加をお待ちしております!

Hi! Alice here, the CIR at the Kyoto Prefectural International Center. I would like to inform you about our next seminar, “Multicultural Society in France and England”.

France and England are well known for being multicultural countries. But what is the current state of immigration, how do immigrants actually fare in society? What are the pros and cons of immigration? What are the current problems and general opinion about it?
In this seminar, we will discuss about these topics and how a multicultural society could be achieved.

The 1st seminar about France will be in Japanese, the 2nd seminar about England will be in English.

1st seminar:   Multicultural France   May 12th (Sun), 14:00-16:00.
Speaker: Kyoto Prefectural International Center CIR Alice (France)
2nd seminar:   Multicultural England  May 18th (Sat), 14:00-16:00.
Speaker: Kyoto Prefectural Office CIR Mark (Scotland)

For more information and application:
http://www.kpic.or.jp/fumin/society.html

We hope to see you during the seminars!

French sweets cooking class in Kyotango – フランスのお菓子 料理教室in京丹後

KyotangoHi! This is Alice from KPIC. The cherry blossoms have ended and spring is finally here!
On March 16th, I did a French cooking class in Kyotango City. This time, it was a dessert cooking class in the afternoon where we cooked 3 sweets: chocolate mousse, yoghurt cake and crepes.

京都府国際センターのアリスです!桜が散ってしまいましたが、春がやっと来ましたね。3月16日に京丹後市でフランス料理教室を開きました。今回、午後の時間でデザートを三つ作りました:チョコレートムース、ヨーグルトケーキとクレープです。

Egg whites are ready! 白身を泡立てました!

Egg whites are ready!
白身を泡立てました!

We first started with the mousse as it needs to be refrigerated 3 hours or more before actually turning into a mousse. The sweet smell of chocolate started to float around the room as participants melted the chocolate and got started. The hardest part when doing a mousse is to get the right consistency. To do so, you have to beat the egg whites until they get thicker and they shouldn’t fall even if you turn the bowl over. It was funny to watch everybody do so and be excited when the whites stayed at the bottom!

Once the mousse was ready, we put it into cups and in the refrigerator.

Kyotangoまず、3~4時間ぐらいの冷蔵が必要なムースから始めました。参加者が料理し始めたらチョコレートの溶ける甘い匂いが部屋中に飛んできました。生地をムースにするのは一番大変です。それができるため、固まるまで白身を泡立てないといけません。ボウルをひっくりかえしても落ちなかったら、できあがりということです。ボウルをひっくりかえし、白身がそこに残ることで盛り上がった参加者の姿を見て面白かったです。

ムースが完成したらカップに移して冷蔵庫に入れました。

Chocolate mousse! チョコレートムース

Chocolate mousse!
チョコレートムース

Explaining the yoghurt cake ヨーグルトケーキの作り方を説明する

Explaining the yoghurt cake
ヨーグルトケーキの作り方を説明する

The yoghurt cake is a really popular and easy to do French cake. Basically, you use one yoghurt’s carton to measure all the other ingredients, put everything together, mix, add the flavor or fruits you like and bake. In France, even 3 year old children can bake this cake, so it’s really popular for picnics, parties and rainy Sundays.

ヨーグルトケーキは一番人気で簡単なフランスケーキだと思います。ヨーグルトの箱を使って、他の材料を量り、全て混ぜて、好きな味や果物を加えて、焼くだけです。フランスでは3歳の子供もよく作るので、ピクニック、パーティーや雨天の日曜日に完璧です。

Yoghurt cake! ヨーグルトケーキ出来上がり!

Yoghurt cake!
ヨーグルトケーキ出来上がり!

For the crepes, I always use my grandmother’s recipe which is… to put orange peel into the batter! It’s always a success even if it’s quite bothersome to grate a whole orange.

How to add the orange peel into the batter 生地にオレンジの皮を入れる

How to add the orange peel into the batter
生地にオレンジの皮を入れる

To make good crepes you have to make sure that everything is well blended without lumps, add a few drops of vanilla essence and sugar until you cannot feel the taste of flour anymore and the batter itself tastes sweet. Use only one ladleful of batter in a heated fry pan, spread it using round movements, cook until both sides are colored and you have a wonderful French crepe! As in Japan, we put fruits, whipped cream, jam, honey, chocolate inside the crepes but the most common way of eating them is with either sugar or Nutella.

Spread the batter in the fry pan フライパンで生地を広げる

Spread the batter in the fry pan
フライパンで生地を広げる

クレープはいつもお祖母さんのレシピが活躍します。秘密は。。。。生地にオレンジの皮を入れることです!オレンジの皮をすりおろすのは大変ですが、最後の結果はいつも大成功です。

美味しいクレープを作るには粉の固まりがなくなるまで生地をしっかり混ぜて、バニラエッセンスを加え、粉の味がなくなり、生地自体が甘くなるまで生地に砂糖を入れてください。それから、温かいフライパンに生地を一玉入れて、フライパンを回しながら生地を広げます。両面に色が付いたらできあがりです!食べる時に日本と同じように、果物、生クリーム、ジャム、はちみつ、チョコなどを乗せますが、フランスで一般的な食べ方は砂糖やヌテラというチョコクリームです。

Time to eat! 食事タイム!

Time to eat!
食事タイム!

It was quite tight to make 3 desserts in 2h30 but we managed to finish everything on time and eat all together, although the mousse was better after leaving it a whole night in the fridge!

I really like Kyotango with its pretty beach, delicious food, onsens and warm people! Especially their accent! I hope I will have other occasions in the future to take the Kyotango people to France for a few hours!

2時間半でデザートを三つ作るのは少し厳しかったですが、全て作り終えて、みんなで食べることができました。しかしムースは一晩冷蔵庫に置いた方が美味しいです。

京丹後のきれいなビーチ、美味しい食べ物、温泉、温かい人々が大好きですね。特に皆さんのなまりが好きです。これからもまた、京丹後の人たちを数時間のフランス旅行へ連れて行ける機会があれば嬉しいです!

Chocolate mousse, crepes and yoghurt cake. チョコレートムース、クレープとヨーグルトケーキ

Chocolate mousse, crepes and yoghurt cake.
チョコレートムース、クレープとヨーグルトケーキ

Let me know if you want the recipes!

レシピが欲しい場合、コメントで教えてください!

帰国前の挨拶 Greetings from the Maizuru CIR

Maizuru character舞鶴のキャラクター

Maizuru character
舞鶴のキャラクター

こんにちは。舞鶴市国際交流員のソン・リッティです。

Hi! This is Sun Li Di, the CIR in Maizuru.

大家好,我是舞鹤市的国际交流员孙立娣。

「光陰矢の如し」、舞鶴に来てあっという間に一年が過ぎ、二度目の桜の季節を迎えることとなり、帰国の日が近づいてきました。五老ヶ岳から見たまぶしい初日の出、日本の歴史文化を感じる神社・仏閣や近代化のシンボルである赤れんが倉庫群、紅葉が燃える金剛院などなど、舞鶴着任当時に感じた「新鮮な感動」は今や懐かしい「思い出」として胸にしっかり刻まれました。また、私にとって大きな試練となった夏の猛暑も今では懐かしく感じられます。

Li Di last article (4)As the saying goes, “time flies like an arrow”. One year has already passed, the cherry blossoms came back to Maizuru and time to go home is getting closer. The dazzling sunrise from Mount Gorogatake, temples and shrines full of Japanese culture and history, Maizuru’s modern red brick warehouses or the gorgeous maple trees in autumn at the Kongo-in temple, all these fresh experiences I made when I arrived are now engraved as nostalgic memories into my heart. Even the hot summer that was so hard to bear is now part of these memories.

“光阴似箭”,转眼间来到舞鹤已将近一年,同样是樱花盛开的季节,却即将面对离别。五老岳山顶耀眼的新年日出、洋溢着日本历史文化气息的神社、寺院以及作为日本近代化象征的红砖仓库群、红叶映衬下的金刚院等等,初到舞鹤时“耳目一新的感动”如今都化作难忘的“记忆”深深地记录在脑海里。甚至对于原本十分不适应的夏日酷暑竟也有几分怀念了。

Maizuru Red Brick Warehouses舞鶴赤れんが倉庫群

Maizuru Red Brick Warehouses
舞鶴赤れんが倉庫群

帰国するにあたり、初めて経験する日本式のワンフロアーの職場で熱心に指導していただいた諸先輩の皆さん、異国の地・舞鶴で家族同様に生活のサポートをしてくださった市民の皆さん、親切に日本の文化を体験させていただいた先生方、その他とても多くの方々からいただいたご厚情に、心からお礼を申し上げたいと思います。

Autumn in Kongo-in temple金剛院の紅葉

Autumn in Kongo-in temple
金剛院の紅葉

Before going back, I am very grateful to my coworkers for accepting me and helping me at work, the first time I experienced a Japanese office, the Maizuru citizens for welcoming me as family, my teachers for letting me experience Japanese culture and all those people that supported me. Thank you so much.

即将回国之际,我谨向在工作上给予我热心指导与帮助的各位领导与前辈、如同家人一般照顾于支持我的舞鹤市民、亲切地带我领略日本文化的老师、以及众多给予我关心与爱护的各界人士表示衷心的感谢!

大連に戻ってからも、舞鶴で過ごした一年間の思い出を胸に、両市そして両国の友好交流促進に少しでも役に立ちたいと思っています。また機会があればここ舞鶴に戻ってきて、友人である皆さんに再会したいと思っています。

I am going back to Dalian with the memories I made in Maizuru for one year, and I hope I can contribute to the friendship and cooperation between our two cities. I hope to come back to Maizuru one day and meet everybody again!

回到大连后,我将继续为了促进两市及两国的友好交流事业贡献自己的微薄力量。同时,也希望有机会能与各位朋友再聚舞鹤!

本当にお世話になりました。再見(ツァイ・チェン)!

Thank you so much!

朋友们,谢谢!再见!

World Festa 2013 in Kameoka

Hello everyone! This is Margaret, CIR from Kameoka. Today I’d like to tell you about the World Festa 2013 held at the Galleria Kameoka on Sunday, March 10th.

こんにちは!亀岡市の国際交流員のマーガレットです。今日は、3月10日(日曜日)にガレリアかめおかで開催しました「ワールドフェスタ2013」を紹介したいと思います。

The World Festa is an annual event sponsored by the Kameoka International Exchange Association. However, the event was expanded this year in commemoration of the 30th anniversary of the Kameoka International Exchange Association. More than 300 people participated in this event, which featured taste testing booths with snacks and simple dishes from 12 different countries, as well as games and other cultural experience booths.

ワールドフェスタというのは、亀岡国市際交流協会が毎年行うイベントです。また、今年は亀岡市国際交流協会の設立30周年であり、記念事業とともにフェスタの規模も拡大して開催しました。約300人が世界12ヵ国の料理や世界の遊びで異文化交流を楽しみました。

全体風景   Event Hall

全体風景 Event Hall

We started off the event with an opening ceremony including an introduction of Kameoka’s sister cities and friendship city (Knittelfeld, Austria; Jandira, Brazil; Stillwater, Oklahoma, USA; and Suzhou, China). Each of these cities sent us a congratulatory video letter and photographs that we shared with the members of the audience. This was an exciting new way for us to use technology to bridge the distance between us and our friends in our sister cities and friendship city.

初めに、開会式で亀岡市の姉妹・友好交流都市(オーストリアのクニッテルフェルト市、ブラジルのジャンヂーラ市、アメリカオクラホマ州のスティルウォータ市と中国の蘇州市)を紹介し、その姉妹・友好交流都市からいただいた祝いのビデオメッセージを上映しました。写真の展示もありました。テクノロジーを利用して新たな形で遠い国にいる友達との絆を強化することができて、大変うれしいです。

姉妹都市の展示  Sister Cities Exhibit

姉妹都市の展示 Sister Cities Exhibit

Next we introduced the theme of this year’s event—“What is multiculturalism?”—through an original play of the same title written and produced by members of the International Exchange Association planning committee. “Multiculturalism” occurs when people of different ethnicity and nationalities accept one another’s cultural differences and live together on equal terms so that all people can contribute their own personal skills to society.

国際交流協会の事業部会メンバーにより「多文化共生とはどんなこと?」というタイトルの劇で、今年のテーマであった多文化共生のことを紹介しました。「多文化共生」というのは聞いたことありますか?多文化共生は「国籍や民族の異なる人々が互いの文化的違いを認め合い、対等な関係でそれぞれの能力を発揮しながら共に生きることです。」

オリジナル劇  Original Play

オリジナル劇 Original Play

Then we opened the food booths. International residents from 12 different countries, including Kyoto Prefecture CIRS Alice Bonamy and Mark Garratt, shared food from their home countries with the participants. Participants were able to try snacks and simple food from Japan, Korea (Unified Korea), France, Scotland, South Africa, the USA, Mexico, Brazil, China, Taiwan, Indonesia, and Vietnam.

そして、試食タイムに入りました。京都府のCIRのアリス・ボナミさんとマーク・ガラッとさんを含む12ヵ国からの関西在住の方に協力いただき、自分の国のおやつや軽食を用意していただきました。参加者は、日本、コリア、フランス、スコットランド、南アフリカ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、中国、台湾、インドネシアとベトナムの家庭料理を試食することができました。

飲食ブース  Food Booths

飲食ブース Food Booths

飲食ブース  Food Booths

飲食ブース Food Booths

After that we had free exchange time, where participants could learn to play games from all over the world, try on traditional clothing from other countries, join an English discussion group, and much more.

その後、参加者は世界の遊びを体験したり、世界の民族衣装を試着したり、英語のディスカッショングループに参加したりすることなどで交流タイムを楽しみました。

As a closing, one of our staff members from Brazil took the stage and taught us all how to Samba.

最後には、ブラジル人スタッフの一人が舞台に立ってサンバの踊りを教えてくれました。

サンバ  Samba

サンバ Samba

 At the World Festa, people can not only try foods from all over the world, but also meet people from different countries, and experience other cultures through food, games, and dancing. I believe it is a meaningful event that will help raise awareness about the necessity of creating a multicultural society. I hope that in the future Kameoka will continue this and other events and work to become a society where all people can live together as equal participants in the community.

ワールドフェスタは、他の国々の食べ物を実際に味わいながら、その国の人と話し、遊びを通して、その国の文化に触れられたことは、「多文化共生」に関心を持つきっかけとなる、意義のあるイベントであったと思います。亀岡市がこれからも、こういった国際交流を大切にし、多文化共生社会を目指していきたいと思います。