国際理解講座「多文化社会 ~フランスとイギリス」 Multicultural Seminar: France and England

IMG_6811The rainy season has started and summer is around the corner! Alice from KPIC and Mark from the Kyoto Prefectural Office here.

On May 12th and 18th, we held an international understanding lecture with the theme “Multicultural cultures: France and the U.K”.

梅雨に入って、もうすぐ夏ですね。京都府国際センターのアリスと京都府国際課のマークです。

5月12日と18日に「多文化社会 ~フランスとイギリス」というテーマで国際理解講座を開きました。

Alice – Multicultural France
アリス ー 多文化フランス

Algerian family in Paris in the 60s 60年代 パリのアルジェリアの家族

Algerian family in Paris in the 60s
60年代 パリのアルジェリアの家族

The first lecture was about France and was held in Japanese. I started by quickly introducing the history of immigration in France, especially immigration from Africa and the Maghreb area (Maghreb is the region of Northwest Africa that includes Algeria, Morocco and Tunisia especially). Indeed, this area used to be a French colony and has therefore deep ties with France and a long immigration history. Started in the 20th century, this relationship is now more than one century old! Despite many hardships, immigrants from ancient colonies (Maghreb, Africa) or neighbouring European countries (Spain, Portugal) are now well integrated into French society. Immigrants’ countries of origin have switched from Europe to other parts of Africa and the Middle East, especially Turkey and China recently.

1回目はフランスについて、日本語で行いました。まず、フランスにおける移住、特にアフリカとマグリブからの移住の歴史を簡単に紹介しました。マグリブというのはアフリカの北西部、モロッコ、チュニジア、アルジェリアを含むエリアを指します。マグリブはかつてフランスの植民地だったのでフランスとの関係が深く、移住の歴史が長いです。移住は20世紀から始まり、現在まで1世紀以上続いています!植民地やヨーロッパの隣国(スペイン、ポルトガル)などから来た移民は最初苦労しましたが、現在のフランス社会に溶け込みました。昔はヨーロッパ出身の移民が多かったですが、最近はアフリカ、中東、特にトルコと中国からの移民が増えています。

Contrat d'accueil et d'integration 「統合契約」

Contrat d’accueil et d’integration
「統合契約」

I then introduced the situation of immigrants in France. Representing 11% of the population, most of them live in Paris or in the Northeast area.

To help this population, the French government enacted a lot of policies and programs, such as the “Contrat d’Accueil et d’Integration” which allows immigrants to get free French language education and learn about basic living rules and their citizen rights. There is also a program called “Opening schools to parents to succeed integration” which allows parents of foreign origin to take French courses in the school their children are attending.

それから移民の現状も説明しました。移民は人口の11%を占め、パリや北東部に住んでいます。

移民を支援するためにフランス政府が様々な政策を実施しています。例えば、「Contrat d’accueil et d’integration(融合契約)」に基づき移民がフランス語教育、公民権と生活ルールについての説明会を無料で受けられます。また「融合を成功させるために、学校で両親を受け入れよう!」というプログラムもあります。移民の両親は子供が通っている学校でフランス語の授業を受けることができます。

As a conclusion, I showed some parts of a movie called “Entre les murs” (the class) so that participants could see what a multicultural classroom looks like, and what are the pros and cons of having students with so many different cultural backgrounds together in one group.

After the presentation, a lot of people said they wanted to live in France and that they learned a lot thanks to this presentation. I hope they will enjoy their new life in France and I’m glad to have been helpful!

最後に、「Entre les murs(パリ20区)」という映画の一部を見せました。多文化の中学校クラス、様々な異文化の背景を持つ子供が一つのグループになる雰囲気が参加者に伝わり、多文化社会の利点と欠点についてみんなで考えました。

講座の後、「フランスに移住しようと思うので、とても勉強になった」という声もありました。参加者に有意義な講座となったようで、とても嬉しいです。フランスでの生活が成功しますように!

Naturalization ceremony 帰化式

Naturalization ceremony
帰化式

Mark  – Multicultural England
マーク ー 多文化イギリス

A lot of people came たくさんの方が来ました

A lot of people came
たくさんの方が来ました

A week later, I did my presentation in English. The room was nearly full with about 40 participants, which made me excited for my first presentation of this kind. When speaking about multiculturalism in the UK, I feel that it is really important to understand the history of the British Isles to understand just how Britain became so mixed. So I opened with a brief introduction to the main points of history, such as the Roman, Viking, and Norman invasions which mixed so many types of people together, then the effect and influence of the British Empire on immigration.

次は僕(マーク)の順番になって、英語で発表しました。会場には40人以上の参加者がいて、ほぼ満席でした。初めての理解講座でしたからドキドキしていました!

英国の多文化社会について話すなら、必ずブリッティッシュ諸島の歴史について話さないといけないと思います。それで、最初にローマン、バイキングやノーマンの民族の侵略について簡単に紹介してから、ブリッティッシュ帝国が移住に与えた影響について説明しました。

After a short break, I talked about what the UK is actually like, introducing all the different ethnicities of people there that may look different, but are all actually British. This was the main point, and I think I hit home with getting my message across to people. Finally, I compared the UK and Japan, and brought up a few topics to consider about the future of both countries.

小休憩の後、英国の現状を紹介して、メインポイントを説明しました:多くの「外国人っぽい」人は、実は、イギリス人であるということです。長い移民や移住の歴史があって、皆がイギリス人であるということに多くの参加者がびっくりしたようでした。最後に、英国と日本を比較して、今後の課題について考えてもらいました。

IMG_6843

Explaining about the UK
イギリスについて説明するマークさん

I feel like my presentation surprised people with just how multicultural Britain can be, and with a great video made by T-Mobile of people arriving at Heathrow Airport, I think the audience’s image of the UK has changed a bit. Participants mentioned how they will think differently about multiculturalism, and want to learn more about the UK. I’m very glad people are taking more of an interest in the UK and its multicultural society, as it’s something I’m proud of!

発表した英国の多文化社会に驚いただけでなく、T-Mobileという会社が作った動画を見てから、皆の英国に対するイメージが変わったと思います。参加者から「多文化社会の考え方変わった」、「もっと英国のことを知りたい」という感想がありました。僕が誇りを持っている英国や多文化社会への興味が高まったようで、とても嬉しいです!

Advertisements
This entry was posted in International Lecture 国際理解講座, Kyoto Prefectural Center - 京都府国際センター, Multicultural Society 多文化共生 and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s