異文化体験スタンプラリー – Multicultural Stamp Rally

Alice from KPIC here! I am writing from France where I am spending my summer holidays with my family after 2 years! I missed my family and friends!
京都府国際センターのアリスです! 2年ぶりにフランスに帰って、家族と一緒に夏休みを過ごしています。この記事はフランスから書いています!

On July 25th, I participated in an event organized by the Kansai branch of Campus France for Japanese high school students. Campus France is a French government agency which encourages those in higher education to study abroad in France. They have offices all over the world, and two are located in Japan, one in Tokyo and one in Kyoto.

7月25日に「キャンパスフランス関西オフィス」主催の日本人の高校生向けのイベントに参加しました。「キャンパスフランス」と言うのはフランス政府留学局であり、フランスへの留学を推進する公式機関です。世界中にオフィスがあり、その内二つが日本にあります(東京と京都)。

Presenting France! フランスを紹介する!

Presenting France!
フランスを紹介する!

During this event, students visited various stands run by different countries, collecting stamps and listening to explanations about local life and study abroad. Five countries were represented: America, England, Australia, Canada and France, the only non English speaking country on the list. The French event was held at the French Institute in Kyoto, a French government organization in charge of promoting France and organizing various cultural events and language classes.

イベントに参加した高校生は様々な国ごとに開かれていたブースを回ったり、スタンプを集めたり、現地での生活と勉強について説明を聞いたりしました。参加国はアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダとフランスの5カ国でした。非英語圏国はフランスだけでした。フランス関連のイベントはフランスをPRし、文化的なイベントやフランス語コースを行う「アンスティチュ・フランセ京都」で開催されました。

First group of France lovers フランスが好きな第1グループ

First group of France lovers
フランスが好きな第1グループ

Around 130 high school students participated in the event, and 60 of them chose to visit the French booth. Together with the Campus France staff, I introduced France and its importance on the world stage. Indeed, France ranks first in agriculture within the European Union and is also the first country in the luxury industry worldwide. More than 250 million people in 32 countries on five continents speak French, and with French being one of the official languages of both UNO and UNESCO, speaking it is truly a strength in our increasingly globalized world.

イベントに参加した高校生は130名、その中で60名がフランスのブースを訪ねました。「キャンパスフランス」のスタッフと共に、フランスと世界における立場を紹介しました。実は、フランスは欧州第1位を誇る農業大国であり、またはラグジュアリー産業で世界第1位になります。フランス語は世界で2億2千人に話されている言葉であり、それは32カ国、5大陸にわたります。また、フランス語は国連やユネスコなどの国際機関における6つの公用語のひとつでもあり、グローバル化された現代の世界でフランス語が話せるのは利点となります。

Fun quiz!  楽しいクイズをチャレンジ!さあ、答えは?

Fun quiz!
楽しいクイズをチャレンジ!さあ、答えは?

France also ranks first among the non-English speaking countries in the number of foreign students, 4th on the world level. Moreover, with the recent visit of the French president Francois Hollande to Japan in June, it has become easier for Japanese students to get a visa and study in France. A great opportunity!

また、留学生の多い国の中で、フランスは4位であり、非英語圏国で1位となります。
それに、6月にフランス大統領フランソワ・オランドが日本を訪問した際、教育分野で日仏間の交流を深めようとし、日本人はフランスへの留学ビザが取りやすくなりました。留学するための良いきっかけですね!

Three Japanese university students who had spent the previous year in France then talked about their experience, what was hard, what was rewarding, why they chose France, and how this experience has changed them. We also put quizzes in the presentation so high school students could win some goods, and at the end we all ate croissants together and chatted about France, what they liked from there, their current studies, and their future plans.

Japanese exchange students spoke about their experience 留学生がフランスについて語る

Japanese exchange students spoke about their experience
留学生がフランスについて語る

それから、去年フランスで留学した日本人の大学生3人が自分の経験について発表し、辛い時、楽しい時、フランスを選んだ理由、どのように成長したかについて話しました。発表の中でクイズもたくさんあったので、高校生達は素敵なグッズを持って帰ることができました。発表が終わってから、みんなでクロワッサンを食べながらフランスの好きなところ、今の勉強、将来の計画について楽しく交流できました。

I was really glad to have this chance to promote my country to high school students, an audience with which I don’t have a lot of occasions to interact. I was touched by how much they loved France and really wanted to go there one day, and by their enthusiasm as well. It was really a rewarding experience to be able to help with this event, and I hope I will have other chances in the future to participate again and promote France as a wonderful study abroad opportunity!

普段なかなか会う機会のない日本人の高校生向けにフランスのことを紹介することが出来てとても嬉しかったです。高校生のフランスに対する熱心さ、行きたい気持ち、やる気などに感動しました。自分にとっても、このイベントに参加できて、とても有意義な経験になりました。今後も同じようなイベントに参加し、フランスとフランスへの留学をもっと推進できたら嬉しいです!

Stamp5

See you in France! フランスで会いましょう!

See you in France!
フランスで会いましょう!

Advertisements

Providence’s Summer Event: WaterFire プロビデンス市のサマーイベント「ウォーターファイアー」

Hi, everyone! Steven from Seika here. For this article, I’d like to do something different and tell everyone about a famous event that goes on in my hometown of Providence, Rhode Island every summer.

みなさんこんにちは!精華町のスティーブンです。今回はいつもの記事と異なり、私のふるさとのロードアイランド州プロビデンス市で毎年夏季に行われるイベントについて紹介します。

Image

Photo by James Turner

The event, WaterFire, dates back to the mid-90s, when artist Barnaby Evans placed braziers on the three rivers that run through downtown Providence and lit them, creating a beautiful nighttime view. His project was so popular that the people who saw it convinced him to make it a regular event and started a non-profit organization to that end. Ever since, the number of braziers has increased, and millions of visitors, both domestic and international, come every year to see the flames dance upon the river at night.

このイベントは「ウォーターファイヤー」といい、90年代中頃にバーナビー・エヴァンズという美術家が町の中心を流れる3つの川に松明を設置して点火し、素晴らしい夜景となったことが由来です。エヴァンズ氏の作品は好評を得、それを見た人がNPO法人を作り、毎年行うように促しました。そのときから、松明の数がどんどん増えて、国内外から何百万人もが夜に水面上に舞っている炎を見にきます。

Image

Photo by James Turner

WaterFire is one of the most famous tourist attractions in Providence, and is valued by the local community for its role in helping revitalize downtown Providence. The average attendance on a given night is 40,000, but it can range from anywhere between 10,000 and 100,000. Despite its large scale (the annual budget is approximately 1.6 million dollars), WaterFire only receives approximately 10% of its funds from the government, with the rest coming from private citizens and businesses.

Image

Photo by Jon Waugh

ウォーターファイアーは、プロビデンス市で最も有名な観光地の一つであり、都心の活性における役割で地元の人に大切にされています。一回の平均参加人数は約4万人ですが、1万人から10万人まで及ぶときもあります。こんな大規模なイベント(例年の予算は約1億6千万円)なのにもかかわらず、行政により支給される経費は1割にしかあたらず、残りは国民や企業などが募金しているそうです。

WaterFire also features other attractions besides the beauty of the flames. Examples from this year include a capoeira demonstration and a Bolivian music performance. Also, of course, with the sheer number of people attending, the atmosphere is very festive.

火の魅力のほか、色々なみどころがあります。例えば、今年はブラジルの伝統的格闘技、カポエイラの演芸会やボリビア音楽の演奏会などがあります。また、参加人数が多く、雰囲気はとても賑やかです。

Image

Photo by David Amadio

The WaterFire is a really cool event, so please be sure to visit Providence sometime in the summer and check it out!

ウォーターファイアーはオススメなので、ぜひプロビデンス市に訪れて、行ってみてください!