フランス理解講座:参加者募集! French seminar: Looking for participants!

京都府国際センターのアリスです。11月にフランス理解講座を開催します!今度は私の出身地域であるジロンド県(フランスの南西部にある)を紹介します。内容は以下の通りです。ぜひ興味があれば参加して下さい!

Alice from Kyoto Prefectural International Center here! I will be doing a French seminar in November about the area where I was born, the Gironde department (located in the South West of France). The seminar will be held in Japanese, and entrance is free.

Gironde

  • 第1回目: 11月17日(日) 14:00-16:00
    歴史的な風景と豊富な自然に囲まれるジロンド県。歴史的な観光地、海岸、田舎町、国立公園に誘われて~
  • 第2回目: 11月24日(日) 14:00-16:00
    ジロンド県があなたを待っている!楽しめるアクティビティ、伝統的な文化とイベント、名物を紹介します。

講座は日本語で行われます。参加は無料です!詳細と申し込みは:

http://www.kpic.or.jp/fumin/france.html

 

Advertisements

4th International Education Lecture 国際交流サロン第4回

Steven from Seika here. Once again, I’ll be talking about my lectures on America. The fourth talk in the series was on Thursday, October 3rd at the Seika Town Office. This lecture’s theme was on America’s congressional election system. Coincidentally, the lecture took place just a few days after gridlock in Congress caused a partial shutdown of the United States government, providing a convenient way to incorporate the discussion into the framework of current events.

精華町のスティーブンです。今回も米国についての講座がテーマです。シリーズの第4回は10月3日(木)に精華町役場で開催しました。今回の話題は米国議会の選挙制度でした。偶然にも講座の数日前、米国の議会における食い違いが米国政府の機能の一部停止をもたらし、講演の話とニュースをつなげる機会になりました。

America’s current legislative system was established in 1787 during the drafting of the country’s constitution. The American Congress is divided into the Senate, in which each state gets equal representation, and the House of Representatives, in which states are allotted representatives based on population. This split came about due to a compromise between small states and large states; the Senate appeased the small states by giving them the same power as the large states, and the House of Representatives satisfied the large states by giving them an advantage. Senate terms last six years, while House terms are two. Senators are elected from states, while representatives are elected from districts within states; unlike Japan, there is no system of proportional representation.

米国の現在の議会制度は1787年に国の憲法の制定のときに採用されました。米国の議会は各州の議席数が均一になっている上院と州の人口によって議席数が割り当てられる下院に分かれています。この二院制度は、人口少数州と人口多数州の妥協によって生み出されたものです。上院は人口が少ない州にも、人口が多い州と同じ権限を与え、下院は人口が多い州に有利となっており、双方を満足させました。上院の任期は6年で、下院の任期は2年です。上院議員は州から選任され、下院議員は州内の選挙区から選任され、日本と異なり比例はありません。

All elections for Congress take place in even-numbered years. The 100 seats of the Senate (two for each of the 50 states) are divided into three classes. The classes are staggered so that one year there will be 33 seats up for election, then two years later 33 more seats, then finally the remaining 34 seats two years after that. For instance, Senate seats designated as Class I were up for election in 2000, 2006, and 2012, while Class II seats were up in 2002 and 2008 and will be up again next year. With the exception of special elections (which take place when a senator leaves office due to death, resignation, or other reason), no state ever has both of its Senate seats up for election at the same time.

議会の選挙は、全て偶数年にあります。上院の100席(2席×50州)は、3部に分かれています。選挙は重複しないよう、最初の選挙に33席、その2年後にさらに33席、そして最後の34席の選挙があります。例えば、第1部の上院席は2000年・2006年・2012年などに選挙があり、第2部は2002年・2008年・2014年などに選挙があります。死亡や辞職などによる補欠選挙は別とし、各州の2席の選挙が重ならないように設定されています。

The House of Representatives is made up of 435 legislators. Each state is assigned a number of districts based on its population as of the most recent census, and each district elects one representative. Currently, California has the greatest number of seats at 53, while seven states have the minimum of one seat (i.e. representatives are elected statewide). The census is taken every ten years; states that have grown faster than the nation at large may gain seats, while states that have grown more slowly or lost people may lose them. After the census, each state draws its own districts so that they have an equal number of people.

下院には435人の議員がいます。各州には最近の国勢調査に基づき選挙区が割り当てられ、一つの選挙区から一人の議員が選任されます。現在は、最多の議席数はカリフォルニア州(53席)で、最少は7州(最低限の1席、すなわち下院議員は州から選任される)です。国勢調査は10年ごとに実施されます。その結果、人口が国より増加率が高い州は議席数が増加することがあり、その分人口が国より増加率が低いもしくは人口が減った州は議席数が減少することがあります。国勢調査後、全ての人口が均一になるように、各州において区割りが施行されます。

One of the main issues with the House of Representatives is a practice called gerrymandering. In most states, districts are drawn by the state legislature and then

Michigan's congressional districts ミシガン州の選挙区

Michigan’s congressional districts ミシガン州の選挙区

approved by the governor. If one party controls both the legislature and the governorship of a given state, it will often produce congressional district maps that are skewed towards that party. Many times, these districts will be drawn in odd shapes. In the 18th century, one such odd district in Massachusetts was said to look like a salamander; hence, the word “gerrymander” is a portmanteau of “Gerry” (the name of the Massachusetts governor at the time) and “salamander.”

現在、下院では「ジェリマンダー」というのが大きな課題なのです。ほとんどの州では、区割りは州議会により可決され、州知事により認定されます。もし州議会与党と州知事の政党が同一な場合は、その政党の利益を目的とした下院選挙区を作ることが多いです。ほとんどの場合では、こういう選挙区は奇妙な形になっています。18世紀には、マサチューセッツ州の選挙区がサラマンダー(サンショウウオ)に類似しているといわれたので、当時の同州知事のジェリー氏の名前とあわせ「ジェリマンダー」という用語が生み出されました。

Pennsylvania's congressional districts ペンシルベニア州の選挙区

Pennsylvania’s congressional districts ペンシルベニア州の選挙区

The reason why gerrymandering is an issue right now is that, according to its detractors, it distorts the ability of elections to accurately reflect democratic will. For instance, last year in the state of Pennsylvania, the Democratic Party won a majority of the overall popular vote for the House of Representatives in the state. However, the Republican Party, the other major party in American politics, won 13 of the state’s 18 seats. Democrats alleged that this discrepancy occurred due to gerrymandering by Pennsylvania’s Republican-led state government.

なぜ現在ジェリマンダーが課題になっているのかというと、反対者によると、選挙が国民の意志を反映するものではなくなるからです。例えば、昨年には、ペンシルベニア州の下院選挙では民主党が投票の過半数を獲得したのにもかかわらず、米国政治におけるもう一つの大政党、共和党が州内18席のうち、13席を獲得しました。民主党は共和党が与党であるペンシルベニア州行政によるジェリマンダーのせいだと訴えています。

Although I felt that the subject matter was very complicated and difficult even for Americans, lecture participants followed along very well. It was quite impressive how quickly they understood, given the numerous differences between the American and Japanese systems. I am looking forward to the next lecture, which will be held on Thursday, December 5th. That lecture will focus on interesting facts about all 50 states in the U.S. See you there!

講演の内容は複雑で、米国人にとってもわかりにくいのではないかと感じましたが、参加者はよくついていけました。米国・日本の制度の違いは少なくないものの、参加者がスムーズに理解したことに感心しました。次回の12月5日にある講演も楽しみにしています。そちらで、米国の50州を紹介します。ぜひご参加ください!

An afternoon of Bingo game about France – フランスについてのビンゴゲーム

Alice from Kyoto Prefectural International Center here!
京都府国際センター 国際交流員のアリスです!

On September 28th, I went to Kizugawa’s exchange hall to introduce France. This time, the audience was mainly composed of elderly people, so I prepared something fun to learn while playing. I created a Bingo game with a theme associated to each number.
Therefore, when a number came out, participants filled their bingo grid and listened to my explanations about the associated theme.

9月28日に木津川市へフランスを紹介しに行きました。今回の受講者は主にご年配の方だったので、遊びながら勉強できる講座を準備しました。ビンゴゲームを作って、各番号にテーマを合わせました。そして、番号が出たら、参加者がビンゴカードを記入し、テーマについて話しを聞きました。

Many numbers came out so I had time to explain about French speaking countries in the world, French dishes, desserts and cuisine culture, yearly events such as Christmas, world heritage sites in Bordeaux, education and medical systems, the particularities of French people (gesture, personality, ways of working), the state of marriage in France etc.

1時間半でたくさんの番号が出ましたので、色々なテーマについて説明できました。例えば、フランス語圏、代表的な料理と食文化、クリスマスのような年間イベント、ボルドーの世界遺産、教育と医療制度、フランス人の特徴(ジェスチュアー、性格、仕事への感覚)、結婚の現状等について話しました。

I like to call the image that Japanese people have of France a “VIP image”. Often, France is only associated with luxury brands (Vuitton, Chanel etc), Paris, high-end cuisine and haute couture. People do not know about the daily lives of French people, the events going on during the year, the food we eat at home or how our schools work for example.

私は日本人が持っているフランスのイメージを「VIPイメージ」とよく呼んでいます。どうしてかと言うと、日本人の持つフランスのイメージは主に贅沢とブランド(VuittonやChanel)、パリ、高級料理や高級ファッションに限られています。日本人はフランス人の日常生活、年間イベント、家庭料理、学校生活などについてよく知らないので残念だと思います。

For example, did you hear about “Chandeleur” or “la galette des rois”? The first one is a crepe day in February, when everybody is cooking crepes at home. The second one is celebrated in January, and people eat a special cake called a “galette”, hoping to find the lucky charm hidden in the cake to become the “king” or “queen” for the day.

例えば、「Chandeleur」や「ガレット・デ・ロワ」と言うイベントを知っていますか?「Chandeleur」は2月にあり、その日に家でみんなでクレープを作る日です。「ガレット」の日は1月上旬にあり、特別なケーキを食べて、ケーキの中で隠れている陶器の人形を見つけたら1日の王様や女王になるというイベントです。

Many people were also surprised to know that contrary to Japan, specialist schools are more valued than universities, and that public university costs “only” 300 euros a year. They were also startled to know that less people are getting married but still start a family under a special marriage contract called “PACS”, which is looser than actual marriage, and that people usually live together for years before getting married.

また、日本と違って、フランスでは専門学校(例えばマネジメントスクール)の方が大学より評価が高く、国立大学の年間学費は4万円であることを聞いたら参加者がとてもびっくりしました。結婚する人が段々減って、「PACS」という結婚よりゆるい契約のもとで家族を作る人が増えて、さらに必ず何年間か同棲してから結婚やPACSを結ぶということも知って、参加者がまたびっくりしました。

It was also really fun to teach them the gestures we use in everyday conversation and how French people like to complain about everything just for the sake of it (but it doesn’t always mean we are unhappy about everything!).

それから、毎日の会話で使うジェスチュアーを教えたり、フランス人が文句を言うのが好きなので、よく言いますが、実は文句を言うほどは嫌がっていないということを説明したりするのもとても面白かったです。

Participants sounded happy to learn a lot of casual and fun facts about France while playing Bingo, and I hope I will have the chance to introduce France to many other areas and people of Kyoto Prefecture.

参加者はビンゴをしながら、フランスの日常生活や楽しい事情をたくさん知ることができて、嬉しかったようです。京都府の各地域と住民の方々にフランスについてたくさん伝える機会があれば嬉しいです!

Bingo game about France フランスに関するビンゴゲーム

Bingo game about France
フランスに関するビンゴゲーム