Lantern Festival in Taiwan – 台湾の元宵節(ランタン祭り)

Hey it’s Brian from KizugawaCity again.

こんにちは!木津川市のリー・ブライアンです。

 Image

This time I would like to introduce the day that closes the Lunar New Year vacation in Taiwan – the Lantern Festival. Lantern Festival, or Yuanxiao Festival, is on the day of the first full moon after Lunar New Year. And just like its name, it is celebrated with many decorated lanterns. Cities put on exquisite lantern and light exhibitions and hold riddle contests. It is a fun night out with family and friends.

今回は旧正月のお祝いの終わり、元宵節(げんしょうせつ、ランタン祭り)を紹介したいと思います。元宵節は正月の最初の満月の日にあります。元宵節には、たくさんの提灯を見え、各地でイルミネーションやなぞなぞ大会などのイベントが行われます。家族や友達と祝うべき、楽しい日です。

 2271491171[1]

In Taiwan, there are many regional traditions and events, some exciting and some you may find odd. In NewTaipeiCity, many write their wishes on sky lanterns, which are hot air balloons made with paper, and release them into the sky. The night sky is filled with thousands of floating sky lanterns. It is a beautiful and peaceful sight to see.

台湾には元宵節の伝統行事がたくさんあります。その中には、面白いイベントもありますし、おかしく思われるのもあります。台北のとなりの新北市には、「天灯節」という紙で作られた熱気球に願を書いて、空に放つ祭事があります。数千個の天灯で飾られた夜空は、平和で美しいです。

 Hundreds-of-Taiwanese-release-sky-lanterns-on-Saturday-January-28-2012-in-New-Taipei-City-Taiwan.-AP-PhotoWally-Santana-960x639[1]

In the south, in the City of Tainan, the Lantern Festival celebration called “Yen Sui Feng Pao” paints quite a different picture. According to local legend, lighting fireworks on the night of Lantern Festival can take away bad fortune of the year. The fireworks fly in every direction like bees, that is why the event is called Feng Pao, “bee bombs”. Thousands of participants gear up and gather to be hit with the fireworks.

その落ち着いた景色に対して、南に位置する台南市の「鹽水蜂炮」という行事はずいぶん違います。言い伝えによると、ロケット花火は厄よけの効果があり、元宵節には何千発のロケット花火を放ちます。そのロケット花火は蜂のように、あらゆる方向に飛ぶので「蜂炮」と呼ばれます。たくさんの人は、その厄よけのロケット花火が当たるように集まります。

 250px-Yanshui,_Tainan_fireworks[1]

Similarly, in the city of Taitung in the east, there is “Bombing of Han Dan.” Locals believe that throwing firecrackers at a Han Dan, a local deity represented by half-naked men in red underpants, brings good fortune. Personally, I would not want to be chosen as a representative.

同じく厄よけに、東の台東市には「炮炸寒單爺」という伝統があります。人に半裸になって「寒單」という地元の神様を演じてもらい、参加者はその人に爆竹を投げつけ、いいお年を祈るというイベントです。私には報酬があってもその役をしたくないですが、、、

 the-Handan-ritual-as-part-of-the-Chinese-Lantern-Festival-celebrations-or-Yuan-Hsiao-Jie-in-Taitung-eastern-Taiwan-on-February-6-2012.-Accordin-650x458[1]

On the day of Lantern Festival, people eat yuanxiao (sometimes called tangyuan if with fillings). Yuanxiao are glutinous rice balls cooked in soup. They can be sweet with sugar or red bean paste, or salted with meat fillings. My personal favorite is tangyuan filled with sesame paste. They are eaten hot. I recommend a bowl of hot yuanxiao on cold winter nights like Lantern Festival.

そして、元宵節と言えば、元宵(ユァンシャウ)を食べます。元宵は、白玉に似ており、彩りの団子です。餡入りの元宵は「湯圓」(タンユァン)と呼ばれます。あずき餡などの甘いのもありますし、肉餡などの塩味のもあります。私のイチオシはごま餡の湯圓です。温かいので、元宵節のような寒い日におすすめです。

 tangyuan1[1]

There is just one month of the cold winter left. Hang in there, everyone!

春が来るまであと一カ月です。皆さん、残りの寒さに負けずに頑張ってください!

Advertisements

10th Cross-Cultural Forum クロスカルチュラルフォーラム第10回

Hello! This is Steven from Seika. I would like to talk about this year’s Cross-Cultural Forum, which I also wrote about last year. This year marked the 10th installment of the series, with a theme of “Women and Work.” This event took place in the Seika Town Office on Sunday, January 19th.

みなさん、こんにちは!精華町のスティーブンです。今年のクロスカルチュラルフォーラムについてご紹介します。今年は「女性と仕事」というテーマでシリーズの第10回を迎えました。イベントは1月19日(日)に精華町役場で開催されました。

Image

Ms. Zotti ゾッティさん

The first speaker was Ms. Patrizia Zotti of the Nara Institute for Science and Technology. Ms. Zotti cited some statistics regarding the status of working women in her native Italy. However, as a mother, she was also able to talk about her personal experience in Japan and hence offer a comparison of the two countries.

最初の講師は奈良先端大学のゾッティ・パトリシアさんでした。ゾッティさんは母国のイタリアについていろいろ統計を挙げてくださいましたが、母親としても日本での経験について発表して、日伊を比較しました。

Image

Ms. Konrad コンラードさん

After her was Irene Konrad of Osaka University. Ms. Konrad, originally from Austria, talked about the lives of herself, her mother, and her grandmother. Although her grandmother married and had children at a relatively young age, her mother was a career woman and did not have a family until later in life. Ms. Konrad expressed that she, too, was currently focused on academics and did not yet have a family.

次は大阪大学のコンラード・イレーネさんでした。オーストリア出身であるコンラードさんは自分や自分のお母さん、おばあさんの三世代についてのスピーチを披露しました。おばあさんは比較的に若いときに結婚して子どもを産んだようですが、お母さんはキャリアウーマンで、もっとのちに家族ができました。コンラードさんは現在研究に力を入れていて、まだ家族がいないそうです。

Image

Me 私

The last non-Japanese speaker was me. Of course, not being a woman (let alone a working mother), I was not totally sure if I was giving a comprehensive picture of working women in the United States. Nonetheless, I did my best to give an accurate impression of working women in the United States both through personal anecdotes about my mother and objective measures such as laws regarding maternity leave and statistics from the Bureau of Labor Statistics.

最後の外国籍の講師は私でした。もちろん、女性ではないので、ましてや働いている女性の経験を持っていない私は、米国のキャリアウーマンを包括的に描写できるかどうかわからないなかで、母の話や、産休に係る州の法律や米国の労働統計局から取り上げた数字など客観的な情報を通じて誠実に説明するようにがんばりました。

Following the speeches were presentations by middle school students. Three students from Seika Minami Junior High School reflected on their experiences interning at local stores and hospitals, while students from Seika Nishi Junior High School showed the results of a questionnaire they distributed to all of the students at their school regarding attitudes about gender.

スピーチのあとに中学生による発表がありました。精華南中学校の生徒3人が近所の店や病院などでの仕事体験を振り返りました。そして、精華西中学校の生徒が学校で性別に対する考えをテーマとして学校で実施されたアンケートの結果を発表しました。

Image

Ms. Kakutani 角谷さん

After that was a talk by Kuniko Kakutani about the month she spent in the United Kingdom. Ms. Kakutani received a grant from the Town of Seika to study English there along with a group of other people. The pictures she showed looked very beautiful!

それから、角谷邦子さんによる話がありました。角谷さんは精華町から海外体験援助金を受給し、英国で一カ月英語を勉強したそうです。角谷さんが見せた写真はとてもきれいでした!

The event ended with a presentation by Ms. Hiroko Hayashi, the founder of the Cross-Cultural Forum series. She showed a gender equality index comparing Japan to the three countries of the event’s speakers (Italy, Austria, and the United States) and talked about her research regarding the Japanese language.

イベントはクロスカルチュラルフォーラムの創設者、林洋子さんによる発表で終わりました。林さんは日本を講師3名の母国(イタリア、オーストリア、米国)と比較するジェンダーギャップ指数が書かれた表を見せて、日本語に関する研究について話しました。

Thanks for reading! Please look forward to the next event in Seika!
ご覧いただきありがとうございます!また次の精華町の事業を楽しみにしてください!

2013 Horikawa High School Visit – 堀川高校訪問2013年

Alice from KPIC!      京都府国際センターのアリスです!

On December 16th and 20th the CIRs of Kyoto Prefecture went to Horikawa high school in Kyoto City to participate in an interview about our respective countries and culture, and give a presentation about multiculturalism.

2013年12月16日と20日に京都府の国際交流員が京都市にある堀川高校を訪問し、それぞれの国や文化についてインタビューを受けて、多文化共生について講演を開きました。

Interview with the students 学生によるインタビュー

Interview with the students
学生によるインタビュー

On the 16th, all the CIRs writing for this blog ( Mark (Scotland) from the Kyoto Prefectural Office, Eric(Australia) from Kameoka, Brian(America) from Kizugawa, Steven(America) from Seika and me, Alice(France) from the Kyoto Prefectural International Center) participated in an interview by the students about the culture of our respective home countries and how we viewed Japan and its culture, as well as the current state of foreigners living here. Students had prepared really precise questions such as “how much would you say you know of the Japanese language” or the cultural faux pas to avoid when going abroad and it was sometimes hard to answer, even though it made me think a lot about my own culture and identity. It was fun to ask back the question to the students and see them think really hard too.

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center
フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

16日にこのブログに参加する全ての国際交流員(スコットランド出身京都府国際課勤務のマーク氏、オーストラリア出身亀岡市勤務のエリック氏、アメリカ出身木津川市勤務のブライアン氏、アメリカ出身精華町勤務のスティーブン氏とフランス出身の私)が生徒から自国の文化、外国から見た日本と日本文化及び日本在住の外国人住民の現状についてインタビューを受けました。また、「日本語をどれぐらい知っているか」や「外国に行く際にしてはいけないこと」など、具体的な質問をたくさん受けたので時々答えにくかったです。自分の文化やアイデンティティについて改めて考えさせられると共に、逆に質問を生徒さんに返しながら、彼らも自分達の文化について考えることができて、お互いに楽しい交流でした。

Presentation 講演会

Presentation
講演会

On the 20th, Brian and I went back to give a short presentation about multicultural societies in France and the US, to speak about the problem of multiracial identity and the current state of multiculturalism in Japan. Students were really reactive to our talk, laughing or nodding as we spoke, and after a brief moment of shyness, they asked a lot of questions at the end, mainly about how to interact with foreigners and how to behave when faced with different cultural codes and attitudes. I wished we had more time for discussion in a more casual atmosphere after the presentation but it was a really rewarding experience!

Presentation 講演会

Presentation
講演会

20日にブライアン氏と私が再び高校を訪問し、フランスとアメリカにおける多文化社会、多文化アイデンティティ、日本における多文化共生の現状について講演会を開きました。生徒さんはうなずきながら熱心に話しを聞いて、質疑対応の時にたくさん質問もされました。外国人住民との接し方や異文化に対する態度についての質問が多かったです。講演会の後にカジュアルな雰囲気で交流をする時間があればより良かったですが、とても有意義な2日間でした!

Brian (Kizugawa) – 木津川市のブライアン

Brian from America, CIR at Kizugawa  アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

Brian from America, CIR in Kizugawa
アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

It was great to have the opportunity to have an international understanding lecture at Horikawa High School. It was my first time presenting to a big crowd so I was quite nervous. However, I think we had an interesting and informative talk with the students. Bombarded with information today, sometimes we may have wrong ideas or impressions of others, may it be a foreigner or a member of a culture. With this lecture, I hope the students understood the increasing trend of multicultural countries and diversity, as well as its problems in the globalizing world.

今回の国際理解講座に参加させていただき、とても嬉しいです。大人数での講座は初めてなので、緊張感のなか、有意義で面白い発表ができたと思います。情報化が進むこの社会で、外国人や異文化は時々誤解されてしまうことがあります。この講座を通じて、生徒に多文化国家、文化の多様性、そして、その問題点を少しでも理解してもらえたら、嬉しいです。

With limited time, we couldn’t have enough time to answer many questions from students. I hope there will be more opportunities to interact with students not only to share interesting cultural differences of our countries, but also lead them to see our similarities as humans.

時間が限られ、生徒の質疑応答の時間が少なかったですが、また生徒と触れ合う機会があれば、ぜひ参加したいです。文化の違いを楽しみ、また同じ人間としての共通点を認識してもらいたいと思っています。

Eric (Kameoka) – 亀岡のエリックより

Eric from Australia, CIR at Kameoka オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

Eric from Australia, CIR in Kameoka
オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

I was interviewed by two students and they asked me some very interesting questions about Australia. Such questions included country and cultural differences between Australia and Japan, differences in greetings, manners etc.
私は、二人の生徒さんとお話して、オーストラリアのことについていろいろ話しました。
たとえば、オーストラリアと日本とその文化の違いや、挨拶、マナーについて多くの面白い質問を聞いてくれました。

They were surprised at facts such as that public transports don’t run as conveniently like Japan and that the vending machines do not work properly at times.
オーストラリアの交通機関は日本のように便利じゃないことと、自動販売機はちゃんと動かないときもあることにびっくりしていました。

The questions were fun and interesting but became more difficult when we moved onto the human rights issue topic, which included questions about bullying and racism in Australia.
面白い質問がたくさんありましたが、いじめとか差別のような人権的な質問になると、質問がだんだん難しくなってきました。

The students listened with interest and it was a lot of fun answering some unexpected questions. I hope they will find the information that I gave useful for their overseas study trip.
生徒さんは話をちゃんと聞いてくれて、予想外の質問がたくさんありましたが、交流ができて楽しかったです。この事前学習を通じて、生徒の皆さんの海外研修に役に立てればと思います。

Mark (Kyoto Prefectural Office) – 京都府国際課のマークより

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office
スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

I had a really great time with the students interviewing me. Not only did they seem keen and enthusiastic to know more about the UK and Scotland, but they came up with good questions that made me really think about the answers, so I think even I learnt a little more about my own country too!
生徒達にインタビューされるのはとても楽しかったです!熱心に英国とスコットランドについて質問したりするだけでなく、本当にいい質問を考えてくれまして、答えるためにちゃんと考えないといけなかったので、僕自身も自国の理解が深まったのではないかと思います!

Steven (Seika) – 精華町のスティーブンより

Steven from America, CIR in Seika アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

Steven from America, CIR in Seika
アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

The interview at Horikawa was my first time visiting a high school since becoming a CIR, so I was not totally sure what to expect. However, I found the students to be open-minded and inquisitive. At the same time, I could infer from the questions that they asked that they had an image of America as a dangerous place full of guns. I hope that their upcoming trip allows them to discover the positive aspects of travelling abroad and gain a more accurate image of the world outside of Japan.

堀川高校でのインタビューは、国際交流員として初めての高校訪問だったので、最初はどうなるか分かりませんでしたが、高校生は考えが柔軟で、好奇心があふれているように感じました。とはいえ、聞かれた質問から高校生には米国が銃がどこでもある危険な国だという先入見を持っていることが察知できました。今回の学習旅行で高校生が海外旅行の長所を発見し、日本以外の世界についてより正確なイメージを持つようになったらいいのではないかと思います。