2013 Horikawa High School Visit – 堀川高校訪問2013年

Alice from KPIC!      京都府国際センターのアリスです!

On December 16th and 20th the CIRs of Kyoto Prefecture went to Horikawa high school in Kyoto City to participate in an interview about our respective countries and culture, and give a presentation about multiculturalism.

2013年12月16日と20日に京都府の国際交流員が京都市にある堀川高校を訪問し、それぞれの国や文化についてインタビューを受けて、多文化共生について講演を開きました。

Interview with the students 学生によるインタビュー

Interview with the students
学生によるインタビュー

On the 16th, all the CIRs writing for this blog ( Mark (Scotland) from the Kyoto Prefectural Office, Eric(Australia) from Kameoka, Brian(America) from Kizugawa, Steven(America) from Seika and me, Alice(France) from the Kyoto Prefectural International Center) participated in an interview by the students about the culture of our respective home countries and how we viewed Japan and its culture, as well as the current state of foreigners living here. Students had prepared really precise questions such as “how much would you say you know of the Japanese language” or the cultural faux pas to avoid when going abroad and it was sometimes hard to answer, even though it made me think a lot about my own culture and identity. It was fun to ask back the question to the students and see them think really hard too.

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center
フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

16日にこのブログに参加する全ての国際交流員(スコットランド出身京都府国際課勤務のマーク氏、オーストラリア出身亀岡市勤務のエリック氏、アメリカ出身木津川市勤務のブライアン氏、アメリカ出身精華町勤務のスティーブン氏とフランス出身の私)が生徒から自国の文化、外国から見た日本と日本文化及び日本在住の外国人住民の現状についてインタビューを受けました。また、「日本語をどれぐらい知っているか」や「外国に行く際にしてはいけないこと」など、具体的な質問をたくさん受けたので時々答えにくかったです。自分の文化やアイデンティティについて改めて考えさせられると共に、逆に質問を生徒さんに返しながら、彼らも自分達の文化について考えることができて、お互いに楽しい交流でした。

Presentation 講演会

Presentation
講演会

On the 20th, Brian and I went back to give a short presentation about multicultural societies in France and the US, to speak about the problem of multiracial identity and the current state of multiculturalism in Japan. Students were really reactive to our talk, laughing or nodding as we spoke, and after a brief moment of shyness, they asked a lot of questions at the end, mainly about how to interact with foreigners and how to behave when faced with different cultural codes and attitudes. I wished we had more time for discussion in a more casual atmosphere after the presentation but it was a really rewarding experience!

Presentation 講演会

Presentation
講演会

20日にブライアン氏と私が再び高校を訪問し、フランスとアメリカにおける多文化社会、多文化アイデンティティ、日本における多文化共生の現状について講演会を開きました。生徒さんはうなずきながら熱心に話しを聞いて、質疑対応の時にたくさん質問もされました。外国人住民との接し方や異文化に対する態度についての質問が多かったです。講演会の後にカジュアルな雰囲気で交流をする時間があればより良かったですが、とても有意義な2日間でした!

Brian (Kizugawa) – 木津川市のブライアン

Brian from America, CIR at Kizugawa  アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

Brian from America, CIR in Kizugawa
アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

It was great to have the opportunity to have an international understanding lecture at Horikawa High School. It was my first time presenting to a big crowd so I was quite nervous. However, I think we had an interesting and informative talk with the students. Bombarded with information today, sometimes we may have wrong ideas or impressions of others, may it be a foreigner or a member of a culture. With this lecture, I hope the students understood the increasing trend of multicultural countries and diversity, as well as its problems in the globalizing world.

今回の国際理解講座に参加させていただき、とても嬉しいです。大人数での講座は初めてなので、緊張感のなか、有意義で面白い発表ができたと思います。情報化が進むこの社会で、外国人や異文化は時々誤解されてしまうことがあります。この講座を通じて、生徒に多文化国家、文化の多様性、そして、その問題点を少しでも理解してもらえたら、嬉しいです。

With limited time, we couldn’t have enough time to answer many questions from students. I hope there will be more opportunities to interact with students not only to share interesting cultural differences of our countries, but also lead them to see our similarities as humans.

時間が限られ、生徒の質疑応答の時間が少なかったですが、また生徒と触れ合う機会があれば、ぜひ参加したいです。文化の違いを楽しみ、また同じ人間としての共通点を認識してもらいたいと思っています。

Eric (Kameoka) – 亀岡のエリックより

Eric from Australia, CIR at Kameoka オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

Eric from Australia, CIR in Kameoka
オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

I was interviewed by two students and they asked me some very interesting questions about Australia. Such questions included country and cultural differences between Australia and Japan, differences in greetings, manners etc.
私は、二人の生徒さんとお話して、オーストラリアのことについていろいろ話しました。
たとえば、オーストラリアと日本とその文化の違いや、挨拶、マナーについて多くの面白い質問を聞いてくれました。

They were surprised at facts such as that public transports don’t run as conveniently like Japan and that the vending machines do not work properly at times.
オーストラリアの交通機関は日本のように便利じゃないことと、自動販売機はちゃんと動かないときもあることにびっくりしていました。

The questions were fun and interesting but became more difficult when we moved onto the human rights issue topic, which included questions about bullying and racism in Australia.
面白い質問がたくさんありましたが、いじめとか差別のような人権的な質問になると、質問がだんだん難しくなってきました。

The students listened with interest and it was a lot of fun answering some unexpected questions. I hope they will find the information that I gave useful for their overseas study trip.
生徒さんは話をちゃんと聞いてくれて、予想外の質問がたくさんありましたが、交流ができて楽しかったです。この事前学習を通じて、生徒の皆さんの海外研修に役に立てればと思います。

Mark (Kyoto Prefectural Office) – 京都府国際課のマークより

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office
スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

I had a really great time with the students interviewing me. Not only did they seem keen and enthusiastic to know more about the UK and Scotland, but they came up with good questions that made me really think about the answers, so I think even I learnt a little more about my own country too!
生徒達にインタビューされるのはとても楽しかったです!熱心に英国とスコットランドについて質問したりするだけでなく、本当にいい質問を考えてくれまして、答えるためにちゃんと考えないといけなかったので、僕自身も自国の理解が深まったのではないかと思います!

Steven (Seika) – 精華町のスティーブンより

Steven from America, CIR in Seika アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

Steven from America, CIR in Seika
アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

The interview at Horikawa was my first time visiting a high school since becoming a CIR, so I was not totally sure what to expect. However, I found the students to be open-minded and inquisitive. At the same time, I could infer from the questions that they asked that they had an image of America as a dangerous place full of guns. I hope that their upcoming trip allows them to discover the positive aspects of travelling abroad and gain a more accurate image of the world outside of Japan.

堀川高校でのインタビューは、国際交流員として初めての高校訪問だったので、最初はどうなるか分かりませんでしたが、高校生は考えが柔軟で、好奇心があふれているように感じました。とはいえ、聞かれた質問から高校生には米国が銃がどこでもある危険な国だという先入見を持っていることが察知できました。今回の学習旅行で高校生が海外旅行の長所を発見し、日本以外の世界についてより正確なイメージを持つようになったらいいのではないかと思います。

Advertisements
This entry was posted in International Exchange 国際交流, International Lecture 国際理解講座, Kameoka - 亀岡市, Kizugawa - 木津川市, Kyoto Prefectural Center - 京都府国際センター, Kyoto Prefectural Office - 京都府国際課, Multicultural Society 多文化共生, Seika - 精華町 and tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s