Nantan Kids Carnival – なんたにあんキッズカーニバル

Alice from KPIC!
On January 26th I participated for the second time in the Nantan Kids Carnival as a representative of France. This year’s theme was “world games” so I prepared two games and one craft activity.

京都府国際センターのアリスです!
1月26日にフランスの代表として南丹のキッズカーニバルに参加しました。2回目の参加でした。今年のテーマは「世界の遊び」だったので、フランスのブースでゲームを二つと工作を一つ準備しました。

Chamboule tout ボールを投げる子供達

Chamboule tout
ボールを投げる子供達

Both games are usually found in French school festivals, called “kermesse” in French. One is called “Chamboule tout”. You first use some old boxes or cans that you let the kids decorate beforehand (or you decorate them yourself if you want to revive childhood memories!). You then pile them up on a table, and kids have to throw balls at them from a distance and make fall as many boxes as they can within the limited number of throws they are allowed. The Nantan staff had prepared some amazing ghost baskets and the kids went crazy for them.
The other game is called “la queue de l’ane”. Children are blindfolded and have to pin a tail back on the drawing of a donkey.
Lastly, in the craft activity, children could try making a “cocarde”, the flower of the French revolution. Using blue, white and red crepe paper, they would first make the flower and then the three-colored stripes hanging at the bottom. They then put their work on their shirts and hats and I was very happy to see them walk around the event hall wearing the colors of France!

Craft activity  工作

Craft activity
工作

二つのゲームは「ケルメース」と言うフランスの学祭で必ず出るゲームです。
一つ目のゲームは「シャブル・トゥー」と言います。古い箱や缶詰を予め子どもに飾ってもらいます。または子供の頃を思い出したいなら自分で飾っても良いです!それから、テーブルの上に重ねて、決まっている回数で子供がボールで箱を落とさなければなりません。南丹市の国際交流協会のスタッフは可愛くて素敵な幽霊の箱を準備していただいて、子供に大人気でした。
二つ目のゲームは「ロバのしっぽ」と言います。子供の目を隠して、ロバの絵にしっぽを貼らなければなりません。
最後に、「コカールド」と言うフランスの革命の花を作る工作を準備しました。青い、白いと赤いクレープペーパーを使って、花と三色のストライプを作ります。子供は作品を完成したら、帽子や服に付けたので、フランスの色を自慢に身につけて会場を歩いた姿を見ると嬉しかったです。

New Zealand booth ニュージーランドのブース

New Zealand booth
ニュージーランドのブース

Other booths introduced games from China, the Philippines and Vietnam. You could also get your face painted at the New Zealand booth, bake some animal shaped cookies at the Germany booth, and try on ethnic costumes at the JICA booth.

他のブースでは中国、フィリピンとベトナムのゲームを体験できました。また、ニュージーランドのブースでフェイスペインティング、ドイツのブースでクッキー作りを体験したり、JICAのブースで民族衣装を着てみたりすることができました。

Costume race 衣装レース

Costume race
衣装レース

To close the event, we did 2 giant games with everyone.
The first one was a school festival game from France called “relais deguise” (costume race). Divided in teams, children had to put on a costume with an afro wig, a giant skirt and rain boots that were too big, and rush to the other side of the room. They then had to give the costume to the next person and so on. It was a lot of fun to see everybody in such strange outfits running all over the place!

イベントの終わりにみんなで大きいゲームを二つしました。
一つ目はフランス学祭の「衣装リレー」でした。参加者はチームで、アフロのかつら、でかいスカートと長靴を着用して、部屋の反対側まで走りました。そこでチームの人に衣装を渡して、最後の人に番が戻るまで繰り返します。変な衣装を着て、一生懸命走る参加者の姿が本当に面白かったです!

The last game was a Filipino game called “stop dance”. You had to dance in groups around a newspaper page and when the music stopped everybody had to stand on the paper. Every round you fold the paper in half, so there is almost no space in the end to stand and everybody was lifting or giving a piggyback to the kids, holding on each other etc. It was a really fun way to get closer and know each other!

最後のゲームはフィリピンの「ストップ・ダンス」でした。真ん中に新聞を1枚置いて、グループで回りを踊ります。音楽が止まると、みんなが紙の上に立たなければなりません。毎回紙を半分に折らなければならないので最後に立つ場所がほとんどありません。みんなは子供を運んだり、おんぶしたり、お互いに抱き締めたりしてとても楽しかったです。仲良くなるための良い方法ですね!

We had more than 100 participants this year, and it was a lot of fun. Kids seemed to really enjoy knocking off the ghost baskets at the French booth as well as getting to know a lot of games and culture from various parts of the world.
See you next year!

今年は100人以上の参加者が来場し、とても楽しいイベントでした。子供はフランスのブースで可愛い幽霊の箱を落としたり、世界の数カ所のゲームや文化を体験したりして、楽しそうでした。
また来年に会いましょう!

Everybody! 集合写真!

Everybody!
集合写真!

Advertisements

6th, 7th, and 8th International Education Lectures 国際交流サロン第6~8回

Steven from Seika here. In this article, I would like to talk about lectures I gave in January, February, and March. With these, my lecture series about America has ended, at least for the 2013 fiscal year.

精華町のスティーブンです。今回は1月~3月に毎月開催した講座について紹介します。これで、平成25年度の講座は終わりです。

The January lecture took place on Thursday, the 9th. The theme was demographic trends in the United States. Unlike Japan, the population of the United States is growing, thanks mostly to immigration. Also, while the American population is graying, it is not doing so at the same rate as the Japanese population; currently, approximately 1 in 8 Americans is 65 or over, compared to about 1 in 4 Japanese people. I also talked about how ethnic makeup varies by region, and how the American population is getting less and less white. In fact, the single largest source of immigrants to America now is Asia, although most of these immigrants come from China, India, and the Philippines, rather than Japan.

1月の講座は9日(木)に「アメリカ国民の動向」をテーマとして開催しました。日本と異なり、米国の人口は移民の増加に伴い増えています。また、米国でも高齢化が進んでいるのですが、日本とは度合いが違います。現在、米国人のおよそ8人に1人が65歳以上である一方、日本ではほぼ4人に1人です。それから、地域により多数民族が異なることや、米国の人口における白人の比率がますます減っていることなどについて話しました。実は、米国移民の多数の母国はアジアにあるのですが、ほとんどは日本ではなく中国・インド・フィリピンから来ています。

The February lecture took place on February 6th, also a Thursday. The subject was Japanese-American history. First, I explained that the word “Japanese-American” was not as straightforward as it seemed, and that there are people who do not necessarily identify with or speak the language of the country whose citizenship they hold. Then I talked about the history of Japanese immigration to the United States and the laws which not only limited such immigration but discriminated against people of Japanese descent already living in the United States. Of course, I also talked about World War II, both the internment of Japanese-Americans living on the West Coast and their contribution to the American war effort regardless. I then ended the lecture with current examples of Japanese culture in the United States.

Image

Internment center 収容所

2月の講座は6日(木)に行いました。話題は、日系アメリカ人の歴史でした。まずは、「日系アメリカ人」という言葉の意味をおさえることが簡単ではなく、本人の意識や話せる言葉は必ずしも国籍と合わないケースもあることについて説明しました。そして、日本から米国への移民の歴史や、その移民を制限したり既に在米している日系人に対しての差別的な法律などを紹介しました。もちろん、米国西海岸在住の日系人の強制収容や、日系アメリカ人の米軍への入隊など、第二次世界大戦の話も出ました。最後に、現在の米国における日本文化の例を話しました。

The final lecture for FY 2013 took place on Thursday, March 6th. I talked about the American entertainment industry, showing participants clips from various American television shows and movies. I talked about various types of shows, such as sitcoms, reality shows, and sports shows, and mentioned various popular genres. While some American shows and movies have become popular in Japan, I felt that these only reflect a portion of American media; hence, my goal was to show a representative cross-section of what Americans watch.

平成25年度の最後の講座は、3月6日(木)に行いました。米国のテレビや映画産業について話し、参加者に米国のいくつかのテレビ番組や映画の動画を紹介しました。シットコム、リアリティ、スポーツなど様々な番組種類を紹介し、流行のジャンルについても話しました。日本の社会にも浸透している米国のテレビ番組もありますが、これは米国のテレビの一部にしかすぎないかと思い、米国人が見ている番組のより代表的な部分を示すように努めました。

That about wraps it up, at least for now. I look forward to having more discussions about America with the people of Seika in the future!

さしあたっての講座は、以上で終わりましたが、今後とも住民の皆さんと米国について話し合うことを楽しみにしています!