6th International Understanding Festival 第6回 国際理解フェスティバル

Hello, everyone! This is Steven from Seika. This article will be about the 6th International Understanding Festival, an event sponsored jointly by the Town of Seika and Seika’s international exchange organization, Seika Global Network (SGN). The event took place on Sunday, April 20th in the Seika Town Office’s Seika Hall.

こんにちは!精華町の国際交流員、スティーブンです。今回紹介するイベントは、精華町と市民国際交流団体「せいかグローバルネット」の共催で開催した「第6回国際理解フェスティバル」です。精華町役場の精華町交流ホールで4月20日(日)に行われました。

First, we were treated to a performance by Kanjawa Majusun, a group which performs songs and dances from the West African country of Guinea. Not only did they put on some very energetic dances, they even called up members of the audience (including yours truly!) to come up and dance with them. The energy level of the room was quite high!

Image

Kanjawa Majusun カンジャワ・マジュスン

最初は西アフリカにあるギニア共和国の歌や踊りのグループ「カンジャワ・マジュスン」に出演していただきました。激しい踊りを披露して、聴衆の人(私も含めて)を呼んで一緒に踊ってもらいました。テンションはとても高かったです!

Next up were the international clubs of Seika’s middle schools. First, students from Seika Minami Junior High School put on a short skit in English. Afterwards, members of Seika Nishi Junior High School’s international club gave a presentation about their group’s activities, such as researching countries around the world and cooking different cuisines.

続いて精華町立中学校の国際交流部による発表がありました。まず、精華南中学校の生徒が短い英語劇を披露しました。それから、精華西中学校の国際交流部員たちが世界各国の研究やいろいろな国の料理などのクラブ活動について発表しました。

The last school to present was Hoshinohikari Preschool, a private preschool in Seika. Teachers from the school played a video demonstrating the school’s English classes, which use technological aids to teach children names of countries, colors, and numbers. The teacher of the class alternates between a Japanese person and a native English speaker.

最後の学校による発表は精華町内にある私立幼稚園・星の光幼稚園の発表でした。幼稚園の先生が英語教育活動をテーマとした動画を見せてくれました。英語の授業には、担当が日本人の先生だったりネイティブの先生だったりして、技術を用いて国・色・数字などの名前を教えているそうです。

Image

Hoshinohikari Preschool’s presentation 星の光幼稚園による発表

The final part of the event was an introduction to Seika Global Network’s various projects. SGN’s projects include, but are not limited to: a Japanese class for non-Japanese residents of Japan, an English class for residents of Seika, an agriculture group, and various annual events.

最後に、せいかグローバルネットの活動紹介がありました。せいかグローバルネットの活動は、外国籍住民向けの日本語教室、精華町民向けの英語教室、農業部会、年間行事などです。

That does it for this year. See you next year!

今年の国際理解フェスティバルは以上で終わりました。来年のご参加をお待ちしております!

Advertisements

Tomb Sweeping Day (Qingming Festival) – 清明節

Hey everyone, it’s Brian.
This time I want to tell you about an important day in Chinese culture.
Tomb Sweeping Day (Qingming Festival) is on April 5th every year. Combined with Children’s Day, it is spring break for students and workers in Taiwan.

皆さん、こんにちは。ブライアンです。
今回は「清明節」について紹介したいと思います。清明節は四月五日にあり、中華圏では大きいな伝統行事の一つです。台湾では、清明節はこどもの日を加えて、台湾の春休みになります。

On tomb sweeping day, family members working in different places gather together for this day. People go to the tomb of their ancestors or an ossuary. They bring incense, delicacies, and fruit. Just like the name of the day, people clean the tomb, cut the grass, and decorate the tomb with colorful paper.

TaiwanTaiwan

 

 

 

 

清明節に、あちこちに働いている家族は集まって、お香や果物を持ってお墓や納骨堂に参ります。雑草を刈って、お墓をきれいにして、彩りの紙を飾ります。

Lumpia is eaten on Tomb Sweeping Day. Think spring roll but non-fried. Fillings such as meat, fried egg, beansprouts, celery, and carrots are cut into strips and wrapped in a flour-based wrap with peanut powder. Since many fillings have to be prepared, usually the whole family does the preparation together. Lumpia can be made according one’s own preferences. It is a dish that is both delicious and fun to make.

清明節に食べる定番料理は「潤餅(ルンビン)」といい、簡単に言うと生の春巻きです。肉、卵焼き、もやし、セロリ、ニンジンなどをみじん切りにして、ピーナッツパウダーを振って、小麦粉で作った皮で包みます。たくさんの種類の具を準備するので、一般的に家族の皆と一緒に準備します。自分の好きなように作れるので、美味しくて楽しい料理です。

image003 Taiwan

Tomb Sweeping Day is a day to spend with family, remember your heritage, pray for the continuing safety and success of the family. Are you spending enough time with your family? Take advantage of this beautiful spring weather and hang out with your family!

清明節は先祖のことを思い、家族の安全と成功を祈り、一緒に過ごす日です。
皆さん、家族を大事にしていますか?穏やかな春の日々をぜひ家族と一緒に楽しく過ごしてください。

Taiwan

France salon: gastronomy, love and marriage – フランスサロン:食文化、恋愛と結婚

Alice from KPIC!
Today I would like to speak about a new series of events I started in February.
Since I arrived at the Center, I have been doing some international understanding lectures, each approximately 2 hours, giving a detailed speech about a chosen topic.
However, I realized that discussion with the participants and communication between them is also very important when promoting multiculturalism and understanding of different cultures.
For these “France salon” lectures, I chose to give a speech of only 40min mainly based on my experience, followed by a discussion of 45 min where participants could freely ask questions about the topic or about France and international relations.

京都府国際センターのアリスです!
2月から実施したイベントを紹介します。
センターに着任して以来、2時間で詳しく選んだテーマについて発表する国際理解講座を何回も開催しました。しかし、異文化理解と多文化共生を推進しようとしたら、私からだけではなく、参加者からの発信や参加者同士のコミュニケーションの大切さを段々分かってきました。
従って、「フランスサロン」では自分の経験に基づいた40分の発表と講演の話題及びフランス、国際交流について自由に質問できる45分のディスカッションと言う形にしました。

France salonThe 1st session was about French gastronomy and culinary culture. I explained the evolution of French food and customs across the centuries, before mentioning the content and meaning of the classification of French gastronomy culture to UNESCO’s Intangible Heritage of Humanity list. I also introduced typical French food. Indeed, the image of French food abroad is mostly one of expensive course style dishes whereas French people do not eat that type of food on a daily basis.
In the end I presented a few famous festivals or events where food is central, such as Chandeleur (crepe day),Galette des Rois (king’s cake), Easter and Christmas.
During the discussion the main topic was… chocolate! A lot of people were interested about the habit of eating chocolate in France, if it was as casual as in Japan or viewed as more special.
In France, you can buy chocolate in supermarkets for regular consumption, but we often like to buy chocolatier-made chocolate for special occasions or to celebrate something, spending more money than usual on it.

Eve calendar, paper crowns and small figurines used for the Galette des Rois イブカレンダーとガレット・デ・ロワに使う陶器の人形と冠

Christmas Eve calendar, paper crowns and small figurines used for the Galette des Rois
クリスマスイブカレンダーとガレット・デ・ロワに使う陶器の人形と紙の王冠

1回目はフランスの食文化についてでした。世代を超えて洗練されてきたフランスの食文化の歴史を説明して、無形世界遺産に登録されているフランスの美食の内容や意味を伝えました。家庭料理も紹介しました。実は海外でフランス料理と言ったらとても高級でコース式のイメージが良く出てきますが、フランス人が日々に食べている料理ではありません。
最後に、食が中心になるイベントや行事について説明しました。例えば、「Chandeleur(クレープの日)、「Galette des Rois(王様ガレット)、「イースター」と「クリスマス」に関する習慣を紹介しました。
ディスカッションでの人気テーマは・・・チョコレートでした!
参加者はフランスで特別に食べる日や日常で普通に食べるかを知りたかったようです。
フランスではスーパーでチョコレートを買うことができますが、特別な時、お祝いの時にショコラティエの店に行って、いつもより少しお金を出して買うことがよくあります。

France salonThe 2nd session was about love and marriage in France.
I first spoke about particular styles of union in France such as PACS (civil solidary pact) or same sex marriage, which has been recognized since May last year in France.
I then spoke about public opinion on love life, marriage and dating. While some things are similar to Japan, a lot are very different or opposite.
For French people, love in the couple is really important, and people are keen to preserve that relationship all throughout their couple life, even after having children and becoming parents. Marriage is not viewed as a social obligation or a special aspiration and more people prefer to live in a free union rather than getting married. It is also common to live together for a few years before tying the knot. Lastly, both partners (including women) usually work and the role of merely a housewife is often criticized.
As a result of love being put forward, women being able to pursue both a career and motherhood and strong child support policies from the government, the French birth rate is the 2nd highest in the EU after Ireland.
During the discussion, people mainly wanted to know how the government recognized people in a PACS union and how succession and family links were being organized.

Evolution of marriage and PACS contracts (blue: marriage, red: PACS) 結婚と民事連帯契約の動き(青:結婚、赤:民事連帯契約)

Evolution of marriage and PACS contracts (blue: marriage, red: PACS)
結婚と民事連帯契約の動き(青:結婚、赤:民事連帯契約)

2回目はフランスにおける恋愛と結婚生活についてでした。
フランスにある特別な結婚スタイルを紹介しました。フランスでは普通の結婚以外に結婚より条件がゆるい「民事連帯契約」と去年の5月に可決された「同性結婚」があります。
そこから、恋愛、カップル関係と結婚に対する社会的な世論について話しました。日本に似ているものもありますが、だいぶ違うか完全に反対の習慣のものが多いです。フランス人にとって、カップル関係における恋愛の立場がとても大事だと思われるので子供ができて、両親になっても恋人同士の関係を保つように心がけます。
結婚に関する社会的なプレッシャーがなく、結婚へのあこがれもありません。結婚するより、同棲のみで生活を送っているカップルや家族が増えています。また、結婚する前に何年か同棲するのは当たり前です。最後に、カップルや両親の共働きが普通で、逆に「専業主婦」という立場が余り良く思われていません。
恋愛が大事とされ、女性がキャリアと子育てを両立でき、子育て支援政策も多いお陰でフランスの出生率はヨーロッパ連合の中でアイルランドに次いで2位です。
ディスカッションの時に民事連帯契約を結んだカップルの管理や家族関係の承認に関する質問が多かったです。

More sessions on different themes will be organized in the future, so keep updated!

他のテーマでフランスサロンをまた開くので、ぜひ参加してみてください!

Passover パスオーバー

Hey everyone, it’s Steven from Seika! Today I’d like to let you all know about a Jewish holiday which occurs every April called Passover.

みなさん、こんにちは!精華町のスティーブンです。今日は毎年4月にある「パスオーバー」というユダヤ教のお祭りをご紹介します。

Much like Hanukkah, a holiday which I previously talked about on here, Passover lasts for eight days, and its exact dates on the Gregorian calendar change from year to year. For the duration of the holiday, Jews are forbidden from eating anything made with flour or yeast. Also, for Ashkenazic Jews (i.e. those with roots in Eastern Europe) such as myself, many other foods, including soy, rice, corn, and lentils, are also forbidden. The typical food for Passover is matzah, a type of crunchy, unleavened bread. In America and other places with large Jewish populations, grocery stores often carry matzah, as well as other products specifically made in accord with Passover rules (e.g. using potato starch as a substitute for flour). In Japan, however, finding such food is quite difficult!

 

Image

Matzah マッツァー

以前にご紹介したハヌカーのように、パスオーバーは八日間かけて祝うお祭りで、西暦には日にちは年によりかわります。その間、ユダヤ人は、小麦粉や酵母でできた食品が食べられません。また、私のようなアシュケナジ(つまり、東ヨーロッパにルーツがある)ユダヤ人は大豆、米、とうもろこし、レンズマメなどいろいろなものも禁止されています。パスオーバーの代表的な食物は「マッツァー」という膨らんでいない、サクサクしたパンです。米国などユダヤ人が多い地域は、マッツァーやほかにパスオーバーの制限に合ったもの(小麦粉の代わりに片栗粉を使ったものなど)は販売されていますが、日本ではなかなか見つかりません。

The first two nights of the holiday are marked by what is known as a seder. This entails a group of people (either family or friends) gathering around a table and performing various rituals, singing hymns, and eating dinner. As with most Jewish traditions, most of the rituals and hymns are in Hebrew (or sometimes Aramaic). One of the most fun traditions for kids is the search for the afikoman, which is a half-piece of matzah. Each adult at the seder typically hides one afikoman somewhere in the house. The children at the seder have to search for all of the afikoman. When they find them, they get a prize.

お祭りの最初の二晩には、「セーデル」を行います。これは、親戚や友人などが食卓で集まり、儀式を施したり、賛歌を歌ったり、夕食を食べたりするという習慣です。ほかのユダヤの習慣と同様に、儀式や賛歌のほとんどはヘブライ語(またはアラム語)で行われます。子どもにとって楽しいのは、一枚のマッツァーを半分に分けた「アフィコーマン」を探すことです。大人の人はみんな一つのアフィコーマンを家のどこかに隠して、子どもはそれを見つけたら、景品がもらえます。

As with many Jewish holidays, Passover has a story behind it. In ancient Egypt, the Jews were kept as slaves. However, one Jewish man, Moses, managed to avoid slavery because his mother floated him down a river at birth to avoid him being discovered. Moses, who was rescued from the river by the daughter of the Egyptian ruler and raised as her son, murdered an Egyptian taskmaster who was abusing his Jewish slave and fled Egypt for a while. There, it is said, God spoke to him and told him to deliver the Jews from slavery. Moses returned to Egypt and unsuccessfully attempted to convince the Egyptian ruler to free the Jews. After divine intervention caused Egypt to be struck by various plagues, the Egyptian ruler finally relented and allowed the Jews to leave Egypt. However, right as the Jews were preparing to leave, the ruler changed his mind and decided to pursue them with his army. In order to evade him, the Jews were forced to leave so quickly that they did not have time to bake their bread. Hence, matzah is eaten to commemorate this.

多くのユダヤのお祭りと同じように、パスオーバーにも物語があるのです。古代エジプトでは、ユダヤ人は奴隷として生活していました。しかし、「モーセ」というユダヤ人の男性は、生まれたすぐ、母親が我が子がユダヤ人と発覚すれば奴隷にされるのをおそれたことから、川に流されました。エジプトの王様の娘に救われ育ったモーセは、ある日ユダヤの奴隷を虐待していたエジプトの主人を殺害し、しばらくエジプトから逃走しました。すると、神様が現れ、「ユダヤ人を救えよ」と命令したといわれています。モーセは、エジプトに帰国し、エジプトの王様にユダヤ人を解放させようとしましたが、なかなか納得してもらえませんでした。神様の力によりエジプトがいろいろな災いに見舞われた末に、王様はやっとユダヤ人を脱出させました。しかし、ユダヤ人が脱出の準備を始めようとすると、王様はまた気が変わり、軍隊で追撃することに決めました。逃れるために、ユダヤ人はすぐ脱出しなければなりませんでしたので、パンを焼く時間がありませんでした。現在のマッツァーは、そのときを記念するために食べられています。

This year, Passover takes place from April 14th to April 22nd. Don’t be offended if any Jews you know decline dinner invitations during this time!

今年は、パスオーバーは4月14~22日です。この間にお知り合いのユダヤ人に晩御飯の誘いを断られても、悪く思わないでくださいね。

Smart City Expo in Kyoto

Hello everyone, Mark from the International Affairs Division here.
I’d like to write a very quick post about an interesting event that was held here in Kyoto Prefecture on 26th and 27th March. Over the two days, the Kyoto Smart City Expo 2014 was held in Keihanna Plaza (26th) and at Kyoto International Conference Centre (27th), bringing together specialists and people from all over the world to discuss projects and technology surrounding “Smart Cities.”

皆さん、こんにちは。京都府国際課のマークです!
今回、3月26・27日に行われた興味深いイベント、“京都スマートシティーエキスポ”についてご報告したいと思います。このイベントは26日にけいはんなプラザで、27日に京都国際会館にて行われ、主に「スマートシティー」について話し合うために世界各地から専門家などが集まりました。

For those of you who don’t know what a “smart city” is, it is a movement for cities to become more technologically “smart” by implementing new technology and introducing new ways of thinking to urban planning and development issues. The Keihanna Science City, in the south of Kyoto Prefecture and on the border with Osaka and Nara prefectures, is one of Japan’s 4 smart city model areas, and there are many projects and trials ongoing in this area. (http://jscp.nepc.or.jp/en/)

さて「スマートシティー」とは一体何でしょうか? これは、都市計画や都市開発問題を解決するために、最新テクノロジーを使ったり新しい考え方を取り入れたりして、都市を科学的にもっと「スマート」にしようという動きの名称です。京都府の南部に位置し、大阪府と奈良県の境に隣接するけいはんな学研都市は、日本では4ヶ所ある、スマートシティーの実証モデル地域の1つであり、ここでは日々多くの実験や試みが行われています。(http://jscp.nepc.or.jp/en/)

 

The Smart City Expo World Congress has been held in Barcelona since November 2011, and this event in Kyoto was the first Asian edition. Kyoto was chosen for its significance in the Kyoto Protocol, and its ongoing efforts and trials, particularly in the Keihanna Science City area, towards creating an environmentally “smart” city for the future.

「スマートシティーエキスポ世界会議」は2011年11月から毎年スペインのバルセロナ市にて開催されているのですが、今回、初めてアジア版での開催場所として京都が選ばれました。この決定がなされた背景には、地球環境に関して重要な「京都議定書」が取り決められた場所であり、特にけいはんな学研都市において行われている、将来にわたって環境に優しい「スマート」なモデル都市になるための実験等の取り組みが、当エキスポ開催にふさわしい街として認められたことがあげられます。

 

With Kyoto Prefecture as joint organisers of this Kyoto expo, I was involved heavily in the translation of many of the documents that were on show during the event, and I was there on the 26th to help with interpreting for all the guests that had come from abroad to participate in the discussions and lectures.

僕は、このエキスポの共催者である京都府の職員として、イベントで使われる資料などの翻訳を手がけました。また、26日のプログラムに出席して、ディスカッションや講演のために来日された海外の方々の通訳対応もさせてもらいました。

Overall, I felt that this was a very interesting event for Kyoto, and there are plans to hopefully hold it here in Kyoto again in the future! I look forward to seeing people come from all over the world sharing ideas again.

準備段階から開催まで関わった僕にとっても、大変興味深いイベントでした。 このエキスポを、これからも京都で開催しようという話も出ていますので、ぜひ僕も再び、今回のように全世界の人々が京都で意見交換するというワクワクする場面を見てみたいと思っています!

http://www.smartcityexpo.com/en/

Homestay & Field Trip in Seika ー ホームステイ&フィールドトリップin精華町

Alice from KPIC! The weather is finally getting warmer and the cherry trees are in full bloom! Today I would like to talk about the homestay and field trip program in Seika Town.

京都府国際センターのアリスです!やっと温かくなって、桜も満開ですね。
今日は精華町でのホームステイとフィールドトリップについて書きます。

Strawberry picking イチゴ狩り

Strawberry picking
イチゴ狩り

On March 15th and 16th, I went together with 19 participants to Seika to enjoy strawberry picking, world cooking and homestay with a Japanese family.

This time we had people from the USA, Mexico, Finland, the Philippines, Thailand, Sri Lanka, Korea, Vietnam and China. A world trip without leaving Japan!

Seika’s strawberries are famous all over the prefecture for their size and wonderful taste. We had 30min to pick and eat as many as we could so everybody’s bowls were soon full of tasty strawberries! The local farmers were really sweet, explaining how to pick the strawberries without damaging the plants, how they produced them etc.

イチゴ狩り、ワールドクッキングとホームステイを楽しむために、3月15日と16日に19名の参加者と一緒に精華町に行きました。
今回の参加者の出身国はアメリカ、メキシコ、フィンランド、フィリピン、タイ、スリランカ、韓国、ベトナムと中国でした。まさに日本国内からのワールドツアーでしたね!

精華町のイチゴはサイズや甘さが府内でとても有名です。今回のイチゴ狩りは30分の食べ放題でしたので、みんなはボウルの中にイチゴをたくさん入れて、ずっと食べ続けました。
地域の生産者もとても優しくて、イチゴ狩りや栽培の方法を丁寧に説明していただきました。

Then it was back to the community center for a world cooking session!

Guacamole from Mexico メキシコよりのグアカモレ

Guacamole from Mexico
メキシコよりのグアカモレ

The interesting part of that program is that some participants teach the other participants how to cook famous dishes from their country. Everybody got together to create various flavors to enjoy for lunch. And varied it was! We enjoyed spicy soup and fried chicken, coca cola chicken and fried tomato and eggs from China, Guacamole from Mexico, chicken curry from Sri Lanka, Tinola from the Philippines and Pad Thai from Thailand.

それから、市内に戻って、ワールドクッキングの時間でした。

Pad Thai  パッタイ

Pad Thai
パッタイ

何人かの参加者が他の参加者に出身国の有名な料理を教えるのは今回のこのプログラムの特徴でした。外国人と日本人の参加者は全員集まって、みんなで世界の料理を体験しながら昼食を作りました。様々な料理ができました!中国の辛いスープ、コーラもも肉、トマトと卵の炒め物、メキシコのグアカモレ、スリランカのチキンカレー、フィリピンのチキンチノラ、タイのパッタイを作って、楽しむことができました。盛りだくさんでした!

After lunch, we had a short talk about disaster preparedness and participants could take home some disaster goods.
All the host families then arrived and participants left for their homes to spend the evening and the next day.
It was a lot of fun to be able to enjoy a world tour from Seika Town on that day!

昼食後、防災の話しを少し聞いて、参加者は防災グッズをもらうことができました。
その後、ホストファミリーとの対面式を行い、参加者はホストファミリーと一緒に夕方と次の日を過ごしました。
精華町から世界一周旅行ができてとても楽しかったです!

A word from Steven (CIR in Seika)
スティーブンからの一言 (精華町の国際交流員)

It was a great time getting to make friends (and eat food!) from all over the world. Seika is a small, humble town, but it has a lot of charm, and I am glad that many people got to see that. Also, it was nice having a detailed talk about what to do in case of a natural disaster, since experts say that a large earthquake could strike at any time. I personally feel underprepared for such a disaster, and I am sure I am not alone. I look forward to studying more about disaster preparedness.

世界各国の友達や料理を作ることができて、とても楽しかったです。精華町は、小さい町でありながら、とても魅力があると思うので、それを紹介でき、うれしかったです。また、巨大地震がいつでも来る可能性があるといわれているのですが、私は個人的に、あまり備えができていないと感じていて、ほかにこう感じる人がかなりいるのではないかとも思うので、自然災害の話があってよかったです。今後も防災についていろいろ勉強していきたいと思います。

Seika 2014

ワールドフェスタ2014 World Festa 2014

3月2日(日)、ガレリアかめおかにて「ワールドフェスタ2014」が開催されました。
World Festa 2014 was held on Sunday, 2nd March at Galleria Kameoka.

20140302152542

 

今年は、オーストリアの姉妹都市、クニッテルフェルト市の紹介、世界中の食文化のディスカッション、世界の軽食コーナー、最後に竹の楽器での楽しい演奏が行いました。
This year, we had an introduction of our sister city, Knitterfeld in Austria, discussion about food culture from around the world and a bamboo performance.

20140302143155

留学生をはじめ、多くの外国のゲストが参加していただき、10ヶ国の軽食も提供することができで、大盛況でした。
We had many foreign guests including exchange students come join us. The food booth was a great success with dishes from 10 different countries.

20140302150412

参加者の皆様、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!
Thanks to everyone who participated. We look forward to seeing you again!

20140302155919