Multicultural Understanding Seminar – World’s Education Systems: France, America and Taiwan – 異文化理解サロン 「世界の教育制度 ~フランス、アメリカと台湾~」

Alice from KPIC! Warm weather is finally there with BBQ and beach plans in the horizon.
On April 19th I organized the first event of a new series of multicultural understanding salons. Brian, the CIR of Kizugawa City, in the South of Kyoto Prefecture, joined me to speak about the education system of the 2 countries he was raised and lived in, Taiwan and America, while I spoke about France’s case.

京都府国際センターのアリスです!天気がやっと暖かくなって、バーベキューと海の計画を立てたくなりますね!
4月19日(土)に異文化理解サロンという新しいシリーズの1回目を開きました。京都府南部にある木津川市の国際交流員のブライアンさんと一緒に講演者として、フランス、アメリカと台湾(ブライアンが育てられた国)の教育制度について話しました。

Explaining about France's education system フランスの教育制度について説明する

Explaining about France’s education system
フランスの教育制度について説明する

I started by introducing basic facts about the French education system: compulsory education from 6 to 16 years old but free education from kindergarten to high school. University is also really cheap if you go to a public one. There are no uniforms, no cram schools, no entry and graduation ceremonies, and no entrance exams. There are, however, some graduation exams, after-class support within the school and buses that bring you to school and back.
I then focused on each stage, presenting kindergarten, primary, secondary, high school and higher education.

まず私はフランスの教育制度の基本を紹介しました。義務教育は6歳から16歳までですが、幼稚園から高校までの教育が無料です。また、国立大学に通ったら学費が結構安いです。制服、塾、入学式、卒業式、入学試験はありませんが、卒業試験、放課後のサポート、学校と家の間を走る送迎バスがあります。
それから、幼稚園、小・中・高校と高等教育という教育制度の各ステップを紹介しました。

French education system フランスの教育制度

French education system
フランスの教育制度

The most obvious differences are at the primary school level. Indeed, pupils don’t do the cleaning or serve food at lunch. There is a cafeteria and food is brought by staff. Lunch almost always includes a yoghurt and a piece of fruit, and you get a 2 hour lunch break as well. Some school events are similar to Japan (school festival or sports day) but we also have carnivals and Christmas celebrations at school.

日本と一番違うのはフランスの小学校の学校生活です。生徒は掃除や配膳のサービスをしません。昼食は食堂で食べて、スタッフが定食を運んでくれます。定食の中で果物とヨーグルトがいつも付いています。また、お昼休みは2時間です。学校の行事は日本と似ているものがあれば(学祭、体育祭)カーニバルやクリスマスをはじめ、日本に無い行事もあります。

Club activities are not as widespread as in Japan. People who practice a sport do it either at a club in school during lunch break or during the weekend or in the evenings in a city club with other people the same age.

部活は日本ほど人気ではありません。スポーツをする人は学校の部活でお昼休みの時にするか、夕方や週末に町のクラブで同じ年齢の若者と一緒にする人の方が多いです。

As for higher education, public universities are cheap, but private business or management schools, or the famous “grandes ecoles” can be very expensive and require applicants to pass a difficult entrance exam.

In university, you need to manage yourself and are completely independent: from your family (you live in university housing or an apartment) but also on the academic level (no follow-up by teachers or support system). That is why many people repeat their 1st year or change majors numerous times. There are no entrance exams but semester exams twice a year make a selection in the first number of students.

You can also almost be sure to experience a strike during your 3 years or 5 years at university, where people pile up chairs and desks in front of the doors to prevent classes from happening and participate in social protests across the country.

Demonstration in a university フランスの大学でのデモ

Demonstration in a university
フランスの大学でのデモ

高等教育ですが、国立大学なら安いですが、プライベートのビジネスやマネージメントスクール、及び有名な「グランゼコール」は結構高くて、難しい入学試験もあります。

大学の場合、自己管理と自立性が必要です。実は寮やアパートに引っ越す時期なので、家族から自立もすれば、公式のサポートやフォローがないので勉強の面でも自立しなければなりません。従って、それができなければ1年目を留年したり、専門を何度も変える学生が多いです。入学試験はないですが、年に2回ある期末試験で学生数が段々減り、それによって学生が選抜されています。

また、学士の3年間や修士の5年間の中で必ず1回ぐらいデモを経験することがあります。デモの時に国のレベルにある社会的や政治的な反対行動に参加する学生が、机と椅子を大学の入り口に重ねて授業が開催できないようにします。面倒くさいですが、ある意味で面白くてとてもフランス的ですね!

Explaining Taiwan and America's education systems 台湾とアメリカの教育制度を説明する

Explaining Taiwan and America’s education systems
台湾とアメリカの教育制度を説明する

Brian then introduced specifics of Taiwan’s primary and junior high schools, as well as America’s high schools and universities, given that he attended school in both countries.

The presentations were followed by a discussion with the participants. We had a wide range of people of all ages and backgrounds, with some of them working or studying in the education field and one exchange student from Taiwan. We had a really interesting discussion! Look forward to the next salon!

それから、ブライアンはアメリカと台湾の両方の国で教育を受けたので、台湾の小・中学校とアメリカの高校と大学について説明しました。

発表の後にディスカッションを行いました。様々な年齢と背景の参加者がいて、しかも教育分野に関連する方や台湾出身の留学生も参加したのでとても有意義な話ができました。
次の異文化理解サロンを楽しみにしてください!

A word from Brian – ブライアンからの一言

台湾とアメリカの教育を受けたので、自分の学校生活を思いだしながら、それぞれの教育制度の特徴や違いについて話す機会があって嬉しいです。二つの教育制度については垣間見る程度しかできなかったが、参加者がたくさんの質問をしてくれて、有意義なイベントができたと思います。また機会があれば、皆さんに自分の経験や文化を紹介したいと思っています。

Being a recipient of both Taiwanese and American education, I was happy to be given the chance to share the characteristics of the two. Although I was only able to give only a glimpse of the two education systems, I was happy to see our participants interested in the topic. I hope I will have another opportunity soon to share more of my experiences and culture.

Advertisements
This entry was posted in International Lecture 国際理解講座, Kizugawa - 木津川市, Kyoto Prefectural Center - 京都府国際センター, Multicultural Society 多文化共生 and tagged , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s