France Salon: Board Games – フランスサロン「ボードゲーム」

On May 24th I opened the third session of my France Salon series. I didn’t plan a lecture and discussion this time, but instead a gaming session where people could play French board games, learn some basic French words and sentences to use in the games and interact with each other while having fun.

I asked a friend of mine who previously worked as a CIR in Tochigi and is now teaching in a university in Kyoto to lead the event, given his knowledge of French and Japanese game culture, on top of being a French language teacher.

フランスサロンの第3回を5月24日(土)に開きました。今回は講演会とディスカッションではなく、フランスのゲーム文化を知り、他の参加者と遊び、簡単なフランス語を習いながらフランスのボードゲームを楽しめるボードゲームセッションにしました。
以前、栃木県で国際交流員をし、現在京都の大学で教えるフランス人を講師として招きました。彼はフランス語の教授でありながらフランスと日本のボードゲーム文化についてとても詳しいです。

Board GamesWe had 16 people total in the event, coming from all different kinds of backgrounds such as elderly people who came as a group of friends, university students and working people. We divided them into 3 groups according to their French proficiency level. I was in charge of the group who could not speak French (or complete beginners) and the teacher took the other 2 groups with intermediate French speakers in charge, and we all played different games.

退職した友人のグループ、大学生、社会人など様々な背景から16人が集まりました。フランス語能力によりグループを3つ作り、私はフランス語入門レベルのグループを担当し、講師は中級者の2つのグループを担当しました。それからそれぞれのグループで違うゲームをしました。

Board GamesI first introduced the culture of board games in France very shortly. Indeed, we play board games from when we are small children until the day we die! The English language uses the term “board games” but we have a wider term for them, “jeux de societe” meaning “societal games” because they bring whole families, friends and acquaintances together in a fun game. Therefore, we don’t only enjoy board games (with a so-called board) but also card games, role-playing games, strategy games etc.

Even with the economic crisis going on, the societal games industry in France is still thriving. Why? Because at times where money is hard to come around, the focus tends to switch from going out and traveling, back to the family and having fun while staying home. And what better than good board game parties with everybody?

ゲームを始める前に、フランスのボードゲーム文化を紹介しました。実はフランス人は生まれてから死ぬまでボードゲームで遊びますよ!英語と日本語では「ボードゲーム」を使いますが、フランス語では「Jeux de societe 社会的ゲーム」を使います。そのようなゲームのおかげで家族、友達、知り合いが集まるからです。従って、「社会的ゲーム」ではボードゲームだけではなく、カードゲーム、ロールプレーゲーム、戦略ゲームなど、種類がたくさんあります。

経済危機が続いてもボードゲームの市場がまだ盛んです。どうしてでしょうか?
出費を抑えるため、外出や旅行を少なくして、家族を中心にし、家で遊ぶことが多いからです。実は家族や友達が全員揃ってみんなで遊ぶということ以上に本当に楽しいことがあるでしょうか。

Playing "les 7 familles" 家族合わせで遊ぶ

Playing “les 7 familles”
家族合わせで遊ぶ

The first 2 groups of French speakers started with “le jeu des 7 familles” or “the 7 families’ game”. You have to collect the cards of a whole family (mother, father, son, daughter and grandparents) by asking people if they have them. The one who completed the most families in the end wins. Participants learned family names and how to ask for something in French with this game.

They then did a game of Dixit, where one has to describe a picture card and the others have to guess which card it was originally when confronted with a choice of cards later.

フランス語中級の2つのグループは「Le jeu des 7 familles – 家族合わせ」と言うカードゲームから始めました。他の人に聞きながら家族のカード(両親、子供、祖父母)を全員揃え、家族をたくさん揃えた人が勝ちます。そのゲームで参加者は家族の名前とお願いの仕方をフランス語で習いました。

それから、「Dixit」というゲームに移りました。カードの絵を説明する文章を言ってから、たくさんのカードから正しいカードを見つけるゲームです。

My group couldn’t speak French at all so we started easy with a game of Ouga Bouga. It’s a memory game where people have to say the sound written on the cards as they are shown, and remember the correct order as the game continues.
The cards use some sounds in the French language which do not exist in Japanese such as “arrr” or “glou” for example so it was a nice warming up game.

Our second game was the Shrimp Game, where you have to find the similarities between 3 cards with shrimps of various sizes, nationalities, color or number. Once you find the similarity, you have to hit the mayonnaise pot and announce it, so my group learned how to say some numbers, colors and sizes in French. I was very proud of them because their accent got better and better and they could say the words and the sentences fluently by the end.

It was a very fun day and very rewarding to see everybody having fun and slowly mastering some parts of the French language. See you later for the next France Salon!

Explaining the rules ルールを説明する

Explaining the rules
ルールを説明する

私のグループはフランス語入門や話せない人達のグループだったので、「Ouga Bouga」というゲームから始まりました。メモリーゲームであり、どんどんカードを重ねて、カードに書いてある発音を正しい順番で言うゲームです。発音の中で「Arr」や「Glou」など、日本語にないフランス語の発音がたくさんありましたのでスタートとして良い練習になったと思います。

2番目のゲームは「エビのゲーム」でした。国籍、色、数、サイズの違うエビの描かれた3つのカードから共通点を探し、見つけたらマヨネーズのポットを押し、共通点を言います。参加者は数、色、国籍、サイズの簡単なフランス語を習えました。

ゲームをすればするほど発音と文章が良くなり、本当に感動しました。
とても楽しい一時でした。フランス語を段々習得して、とても楽しんでいる参加者の姿を見て嬉しかったです。次のフランスサロンも楽しみに!

Advertisements

Izumo Flower Dance Festival 出雲風流花祭躍り

4月18日、出雲大神宮で、疫病封じを祈願する「鎮花祭(はなしずめのまつり)」が行われ、亀岡国際交流協会の祭り交流プログラムとして京都の留学生達と一緒に見学しました。
On April the Hanashizume Festival was held as Izumo Jingu Shrine. As part of the Festival Exchange Program organised by the Kameoka International Exchange Association exchange students from universities in Kyoto came to participate in the festival. The festival is to pray for the plague to go away and stop from spreading.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古来より、花が散る季節は疫病が広がると考えられており、これを防ぐ目的で行われてい
るそうです。
From ancient times, it was said that the plague will start spreading once the flowers start to die. This festival is for stopping the spreading of the plague.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「出雲風流花祭躍り」を見ることができ、お祭の雰囲気は楽しむことができました。
We were able to see the Izumofuryu Flower Dance and enjoy the atmosphere of the festival.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Study Abroad in Europe Fair - 欧州留学フェア

On May 18th, I participated in the Study and Research in Europe Fair, and I got to help at the booth of Campus France, a French government agency which encourages those in higher education to study abroad in France. The fair was organized both in Tokyo and Kyoto and I helped with the Kyoto event.

A lot of universities from all over Europe participated in the event. We had representatives from Austria, Belgium, France, Germany, Ireland, Italy, Lithuania, the Netherlands, Poland, Sweden, Switzerland and the UK.

Europe fair5月18日(日)に欧州留学フェア2014年に参加し、キャンパスフランスのブースで仕事をしました。キャンパスフランスと言うのはフランス政府留学局であり、フランスへの留学を推進する公式機関です。
欧州フェアは東京と京都で開催され、京都会場の方に参加しました。
当日はオーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、リトアニア、オランダ、ポーランド、スウェーデン、スイスとイギリスから、つまりヨーロッパの各地からの教育機関もイベントに参加しました。

Booth of Toulouse University トゥールーズ大学のブース

Booth of Toulouse University
トゥールーズ大学のブース

French universities and business schools were there too, catering to a broad range of students and specialties. Famous schools such as HEC or ESSEC for business and Sciences Po for political studies were present, and we got two universities coming from Lyon and Toulouse.

The French higher education system is very different to the Japanese one, with the ranking of private business schools and universities being reversed, and with universities fees being very cheap compared to those in Japan for example.

The Campus France booth was in charge of providing general information about scholarships, procedures before leaving, and French language schools and programs etc.
A lot of people seemed to be interested in studying in France because we sometimes had a queue of people waiting for counseling with the staff.

フランスの大学とビジネススクールもブースを出し、学生の様々なプロジェクトとそれぞれの専攻に対応しました。ビジネススクールで有名なHECやESSEC学校及び政治学で有名なSciences Po学院がいれば、リヨン市とトゥールーズ市の大学も出席しました。

フランスの高等教育制度は日本のと大分違います。大学とプライベート学校(専門やビジネススクール)の評価は日本と逆であり、大学の学費は日本より大分安いです。
キャンパスフランスのブースはフランス留学に関する一般情報を提供しました。例えば奨学金、留学までの手続き、フランス語学校及び言語プログラムなどについて案内しました。
ブースの前で時々行列までできたのでフランスへ留学したい人が多いなと思い、嬉しかったです。

Mayumaro at the French Institute's booth まゆまろがアンスティチュ・フランセのブースで相談

Mayumaro at the French Institute’s booth
まゆまろがアンスティチュ・フランセで相談

In the afternoon we even got a visit from Mayumaro, Kyoto Prefecture’s official mascot, and he was immediately surrounded by rows of fan wanting a picture with him (me included).
I’m sure he wants to go to France as well because I spotted him asking for information at the French Institute booth!

午後は京都府の代表キャラクターまゆまろが会場を訪問しました。あっと言う間に、一緒に写真を撮りたい人(私も含めて)に囲まれていました。
アンスティチュ・フランセのブースで相談する姿を見たので、彼もフランスに留学したいでしょう!

Together with Mayumaro in front of the Campus France booth キャンパスフランスのブースとまゆまろと写真を撮る

Together with Mayumaro in front of the Campus France booth
キャンパスフランスのブースとまゆまろと写真を撮る

On that day, we had more than 600 people visit the fair and I got to interact with a wide range of Japanese students, all with different kind of projects and backgrounds but all with the same interest in France and its culture. I was really glad to give an insight into French university life, and I hope they will be able to carry on their projects in France and become bridges between Japan and my home country too.

その日は約600人が会場を訪問しました。
様々な背景やプロジェクトを持ってもフランスやフランス文化に関心を持つ日本人の学生とたくさん話すことができて、楽しかったです。フランスの大学生活について伝えることができて良かったです。彼らはプロジェクトを実現し、日本とフランスのかけ橋になってくれたら嬉しいですね!

New CIR in Maizuru – 舞鶴市の新しい国際交流員

We are happy to welcome the new CIR of Maizuru to this blog and Kyoto Prefecture!
You can read more about her and her love for Maizuru here:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

舞鶴市の新しい国際交流員をこのブログと京都府に歓迎します!
自己紹介は以下のページをご覧ください:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

舞鶴市の国際交流員、崔銘哲(さい・めいてつ) Cui Mingzhe, CIR in Maizuru

舞鶴市の国際交流員、崔銘哲(さい・めいてつ)
Cui Mingzhe, CIR in Maizuru