Farewell お別れの挨拶

This is Steven, the Seika CIR. I regret to inform you that this will be my last article for this blog. Starting at the end of July, I will be moving to Shizuoka Prefecture to work at the prefectural office there.

精華町国際交流員のスティーブンです。残念ですが、これがこのブログで最後の記事になります。7月末をもって、静岡県に引っ越し、同県庁に着任することになりました。

While I was in Seika, I had many wonderful opportunities to interact with the townspeople and share my culture. I strongly feel that I made the most of my two years here, and I hope to make the most of all my experiences here in the future.

精華町にいる間は、住民と触れ合い、文化を紹介する貴重な機会に多く恵まれました。本当に充実した二年間でした。今後も精華町での経験を生かしていけたらと思います。

I hope that the people I met got something from their time with me, and I hope that the readers of this blog found something interesting in my articles. There will be a new CIR in Seika after I leave, so please be sure to pay attention to his endeavors, too.

これまでお会いしたみなさんも、私との触れ合いを通じてなにか得られたなら嬉しいです。そして、このブログの読者のみなさんも私の記事を読んで面白いと思ってくれたなら、これ以上嬉しいことはありません。私が退任した後も新しい国際交流員が来るので、ぜひ彼の活動にも注目してください。

While I am looking forward to the charms that life in Shizuoka will bring, I will certainly miss everything I have here. Thanks for everything, Seika!

もちろん、静岡の生活の魅力も楽しみですが、ここを離れたら淋しくなります。精華町、ありがとうございます。

Advertisements

Citizens of the World Workshop/Summer Camp Experience 地球っこ講座・サマーキャンプ一日体験

Hello everyone, this is Steven from Seika. I would like to tell you about two events I attended with Brian from Kizugawa. The first was the Citizens of the World Workshop on Sunday, June 15th. The second was a one-day summer camp experience event on Saturday, July 12th.

みなさん、こんにちは。精華町のスティーブンです。木津川市のブライアンさんと一緒に参加したイベントを2件紹介したいと思います。一つは6月15日(日)に行った「地球っこ講座」、もう一つは、7月12日(土)に行った「サマーキャンプ一日体験」です。

The Citizens of the World Workshop featured me, Brian, and several other people from Brazil, Thailand, and China as guests. All of the other participants were Japanese. Here’s what Brian had to say about it: “I joined the ‘Chikyukko Koza’ event in Seika and had the chance to interact with some high school students from Horikawa SHS and middle school students of Seika. We played a card game about the food culture of many countries and we listened to the students present on world cuisines. I started missing Mexican food a lot during the presentation. Coming from California, where Mexican food is very common and popular, I hope Japan will have a ‘Mexican food boom’ sometime soon!

地球っこ講座では、私、ブライアンさん、そして中国、タイ、ブラジル出身の方がゲストでした。ほかの参加者は全員日本人でした。このイベントについて、ブライアンさんがこう言っていました。「せいかグローバルネット『地球っこ講座』に参加させていただきました。そこで堀川高校と精華町の中学生と交流ができて嬉しかったです。食文化についてのカードゲームを楽しんで、世界の食べ物についての発表を聞き、なんだかカリフォルニアにたくさんあるメキシコ料理が恋しくなりました。カリフォルニアの食文化はメキシコの料理からの影響が大きく、自分もメキシコ料理が大好きです。メキシコ料理ブームは早く日本に来てほしいです!」

The summer camp experience event was run by me, Brian, and the CIR from Kyotanabe named Polly. We introduced games, songs, and dances from America and the United Kingdom to elementary school students from Kizugawa, Seika, and Kyotanabe.

サマーキャンプのイベントは私、ブライアンさん、京田辺市のポリーさんという国際交流員が担当していました。米国や英国のゲーム、歌、ダンスを木津川市・精華町・京田辺市の小学生に紹介しました。

Here’s what Brian had to say: “I became a camp leader with Steven and Polly for our 3-municipality event. It was a whole lot of fun. We enjoyed American and British camp games and dances together. Kids in every country have their own memories of summer. With the popularization of smartphones and the Internet, sticking to the screens may be a relaxing and easy way to spend the summer. However, I hope kids can stay active and have a meaningful break.”

ブライアンさんがこう言っていました。「今回の3市町イベントで精華町のスティーブンと京田辺市のポリーと一緒に一日のキャンプリーダーになりました。アメリカとイギリスのキャンプゲームとダンスをして、すごく楽しい一日でした。世界中の子どもにはそれぞれの夏の思い出があると思います。近年、スマホとインターネットが普及しているため、それに夢中になって夏を過ごしがちですが、アクティブな生活を送り、有意義な夏休みを過ごしてください。」

That wraps it up for now. Stay cool this summer, everyone!

こんな感じです。みなさん、熱中症に気を付けてくださいね。

異文化理解サロン「京都府のALTが語る日本の英語教育」 – Japan’s English Education told by Kyoto Prefecture ALTs

Alice from KPIC here!
Summer has finally come. What are your plans?

ALT kouzaToday I would like to tell you about an event I did on June 15th.
I invited 3 Assistant Language Teachers (ALT) working in Kyoto Prefecture high schools to come and talk about English language education in Japan.
With the Olympics in 2020, English education is becoming more and more important in Japan and in Japanese schools.

京都府国際センターのアリスです!
夏がいよいよ来ましたね。皆さん楽しい計画を立てていますか?

6月15日に開催したイベントを紹介したいです。
京都府立高校で仕事をしている3人のALTを招き、日本における英語教育について講演を開きました。2020年のオリンピックに向けて、英語教育は日本及び日本の学校で段々大事になっていくでしょう。

This trend could be seen in the number of applications we got and the popularity of the event.

その傾向がイベントの人気と申込みの数ですぐ分かりました。

ALT kouzaOur first speaker was Erin Noxon. Originally from the US, she is now teaching at Sagano High School. She told us about educational technology, a new concept emerging with all the new technologies available nowadays and how they can be used to help improve language learning and the experience in the classroom. She told us how students can be considered “digital natives” which means they were used to new technologies (IPads, smartphones, networks, computers etc.) ever since they were kids, and that teachers are mainly “digital immigrants” which means they have to adapt and learn how to use these technologies. Based on the use of these technologies and categories of people, she talked about the differences in the learning process and how teachers can use them to their advantage when teaching.

最初のスピーカーはエリン・ノックソン氏でした。アメリカ出身であり、現在嵯峨野高校で仕事しています。エリンは「教育工学」について説明して、新技術を通してどうやって言語学を良くできるか、又は技術を使って教室での勉強をどのように改良できるかについて話しました。
また、生徒を「デジタル出身」、先生を「デジタル移民」として定義しました。現在の生徒は生まれてから最新技術(Ipad,スマホ、ネットワーク、パソコンなど)に慣れていますが、先生は使い方を習わなければならなくて、慣れるのに時間がかかるということです。
そこから、それぞれのグループの学習方法を説明して、先生はどのように最新技術を教育で生かせるかについて話しました。

ALT kouzaOur second speaker was Pablo Lozada. Born in Mexico and raised in the US, he is currently teaching at Ayabe High School. He talked about psychology in the classroom, and how he established rules for team teaching to get the students to be more involved and so they clearly see the goals of each class. He gave us indications about the do’s and don’ts to have an effective team teaching and responsive classroom.

次のスピーカーはパブロ・ロザダ氏でした。メキシコ出身、アメリカ育ちの彼が現在綾部高校で教えています。教室における心理について話し、生徒を熱心にさせ、各授業の目標を明らかにするために、彼が作った英語先生とのチームティーチングルールをどのようにクラスに取り入れたかを説明しました。効果的なチームティーチング、反応の良いクラスを作るための良い点と悪い点を伝えました。

ALT kouzaThe last speaker was Kelly Caballero, from the US as well and teaching at Kyoto Subaru High School. She spoke about what she does and her duties in her school so people know what ALTs are and what they do in their everyday work.
Her high school being a business school, her students have special projects such as learning about Kyoto culture and introducing it to foreigners (the Gion festival for example), or creating their own department store for a few days and selling original products using local ingredients and culture.

最後のスピーカーはケリー・カバイェーロ氏でした。彼女はアメリカ出身で、京都すばる高校で教えています。学校での勤務、活動について話し、ALTの仕事内容や役割を説明しました。
すばる高校はビジネスを中心にする高校なので、彼女の生徒は事業を企画して、実施しています。例えば、外国人観光客に祇園祭や京都の文化を紹介したり、1日のデパートを設定し、地域の材料を使った商品を販売したりしています。

Thanks to the 3 of them, participants were able to have a deep insight into the diversity of an ALT’s job and the various aspects of English education. The talk was also entirely in English, so I hope it helped the participants with their practice of the language!

3人の発表者のおかげでALTと言う仕事の内容、日本における英語教育について様々な視点、分野や側面を知ることができて、とても良かったです。講演は全て英語で行ったので、参加者の英語能力にも少し貢献できたなら嬉しいです。

フランスサロン特別講演 参加者募集! – Looking for participants for the next France Salon!

京都府国際センターのアリスです。
7月19日(土)の14時から16時半までフランスサロンの特別講演を開催します。ぜひご参加ください!

Alice from Kyoto Prefectural International Center.
We are looking for participants for the next France Salon on July 19th (Sat) from 14:00 to 16:30. Please come!

イベントの詳細 – Event information:

facebook banner三朝町の国際交流員アントニー・リエヴェン氏が地域の住民と子供と一緒に製作した映画「三朝少年物語」を京都で初めて上映します(約1時間)。
上映後、町の紹介ビデオを製作してきたアントニー氏がこの地域映画のプロジェクトとビデオ撮影による地域の振興と国内外PRについて話します。

※ 本講座は日本語で行われます

We will project in Kyoto for the first time the movie “Misasa’s Kids’ Adventure” made by Anthony Lieven, the French CIR in Misasa Town (1 hour).
After the projection, Anthony will speak about this local movie project and how movies can help promote a region both to the domestic and international level.

※This lecture will be held in Japanese.

★ 日時: 7月19日(土)、14:00~16:30
Date and time: July 19th (Sat), 14:00-16:30

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)
Place: Kyoto Prefectural International Center (Kyoto station building 9F)

★ 定員: 50名(先着順)
Participants: 50 people

★ 参加費:無料
Fee: free

★ 映画の詳細・申し込み – Film details, application:
http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/france.html