Homecoming – ホームカミング

Hey everyone! It’s me, Jake, from Seika Town Hall. I just wanted to share with you a small part of American culture. Every year around this time, many universities and high schools host an event called “Homecoming” which is a way of welcoming back alumni to visit the campus and enjoy some events.

皆さん、こんにちは!精華町役場のジェークです。今日は、アメリカの文化を一つ紹介したいと思います。毎年、この頃に「ホームカミング」というイベントが大学と高校に行われています。目的は、卒業生が学校を見に来たりイベントを楽しんだりするためのことです。

Homecoming usually lasts about one week. During the week, students and alumni wear T shirts bearing their school color every day. Between Monday and Thursday, there are various games and contests, and Friday is like a festival where people eat food from food carts and walk around campus. Finally, on Saturday morning there is a parade and in the evening a football game. It would be sad if your team lost on homecoming, so many schools choose a weak team for the game.

「ホームカミング」はだいたい一週間の程度で行われます。その間、卒業生と在学生は毎日学校の色のTシャツを着ます。月曜日から木曜日はキャンパスでゲームをやコンテストをすることが多く、金曜日は祭りのように参加者は屋台で買った食べ物を食べながらキャンパスを歩き回ります。最後に土曜日の朝はパレードで、よるはアメフトの試合です。「ホームカミング」の試合で自分のチームが負けたら残念だからあまり強くないチームを相手として選ぶのが多いです。

Homecoming (2)Every school has their own customs. My school dyes the fountain in front of the library orange every year to match our school colors. Also, clubs and circles build big signs called “Decks” out of paper and compete with each other to see who has the most interesting deck. Every day is lively and fun.

「ホームカミング」は学校によって様々な習慣があります。私の学校の色はオレンジなので図書館の前にある噴水の水は食紅でオレンジに染められました。後はクラブやサークルが大きな「デック」という看板を紙で作って一番面白い「デック」を競い合います。毎日が賑やかでとても楽しい一週間です。

Homecoming (1)Before the football game, fans of both teams set up tents and sit in the back of trucks eating hamburgers and drinking beer while waiting for the game to start. In general bringing alcohol on campus is not allowed, but game days are a special exception. This event is called “Tailgating.”

アメフトの試合の前、同チームのファンがスタジアムの前にテントを建ててトラックの後ろに座って待ちながらビールを飲んだりハンバーガを食べたりします。基本的にキャンパスにはお酒を持ってはいけませんが試合の日だけが特別な例外です。このようなことは「テールゲーティング」と呼ばれています。

Homecoming (2)Once the game has started, all fans enter the stadium. At Oklahoma State University, there are a lot of fans and they all wear orange so it looks like the inside of the stadium is dyed orange. This is called the “Sea of Orange.” All the fans stand together singing and shouting to support their team. It’s gives off a very exciting atmosphere.

アメフトの試合が始まってから全ファンがスタジアムに入ります。オクラホマ州立大学のファンが多くて全員がオレンジシャツを着ているのでスタジアムの中がオレンジに染まっているように見えます。これは「オレンジの海」と呼ばれています。一緒に立ちながらファンが歌ったり叫んだりしてチームを応援します。とてもハイテンションの雰囲気です。

Homecoming (1)In the future, if you have an opportunity to go to the United States, Homecoming is not limited to just alumni and students, anyone can go, so please check it out! It will definitely be fun!

将来、アメリカに行く機会があれば「ホームカーミング」は出身者や生徒に限らなくて誰でも参加できますのでぜひ行ってみてください!きっと楽しいですよ!

Advertisements

Comfortab-LEE BRIAN 3 “Food of the US and Taiwan: Multicultural Dishes and the Localization of Japanese Cuisine” 第3回まったLEE・BRIAN 「アメリカと台湾の食生活~多文化の食生活と和食のローカライゼーション~」

Brian kouza2On September 25th, I had my third lecture in my Comfortab-LEE Brian series. And this time I talked about what everyone loves – food!

“Do Americans eat hamburgers every day?” I have been asked that by several people half-jokingly. To show a better representation of the American diet, I interviewed the AETs of Kizugawa City about their daily meals. The answers were quite full in variety: cereal, pasta, beans, mashed potatoes, tortilla, rice, and etc. I also presented many local dishes and Americans’ favorites including: Buffalo wings, clam chowder, cheesesteak. And by introducing dishes such as spaghetti and meatballs and gumbo, I discussed the multicultural history of the US as well.

9月25日に第3回まったLEE・BRIANを開催しました。今回は誰でも興味があるトピック、食べ物について話しました。

Brian kouza3日本に来てから、友達に冗談半分{じょうだん はんぶん}で「アメリカ人って毎日ハンバーガーを食べるの?」と、何回も聞かれたことがあります。アメリカの食生活を説明にアメリカからのAET三人に食事についてインタービューをしました。シリアル、パスタ、豆、マッシュポテト、トルティーヤ、ライスなど答えの内容は様々でした。そして、バッファローウィング、クラムチャウダー、チーズステーキなど地元の名物やアメリカで愛されている料理を紹介しました。また、アメリカの多文化料理の例として、スパゲッティ・アンド・ミートボール、ガンボなどを紹介し、その歴史を説明しました。

It was a fun talk, and by the end of my presentation, we were all hungry.

今回のトークは大変楽しかったです。プレゼンの中にたくさんの料理の写真があって、すごく食べたくなりました。

My next event is on November 27th, from 14:00 – 15:30. I’ll be talking about something… moving – cars and traffic! Hope to see you there!

第4回まったLEE・BRIANは11月27日にあります。アメリカと台湾の交通事情について発表する予定です。ぜひ参加してください!

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014年

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014
Intercultural Communication Workshop by the CIRs of Kyoto Prefecture
京都府国際交流員による異文化コミュニケーションのワークショップを実施

Alice from KPIC here.
On September 13th and 14th, the International Cooperation Station was held on the 2nd and 9th floor of Kyoto Station.

Goods on sale グッズの販売

Goods on sale
グッズの販売

The 14th edition of this event was held during a beautiful autumn weekend in September at Kyoto station. Shedding light on social contribution activities at an international level with a focus on international cooperation, we choose to broaden the event to multiculturalism this year, with one organization representing Japanese language classes’ network in Kyoto Prefecture, and another one active in the field of supporting non-Japanese mothers in Japan among others. In total we had 19 organizations participating in this event.

On the 2nd floor, booths with picture and panel exhibitions were set up and local craft goods were on sale in an open space.

On the 9th floor at the Center, we had various activities going on: café corner with fair trade drinks, craft workshops where one could make foreign accessories and toys, an international cooperation consultation corner with specialists, as well as lectures on a broad range of topics.

国際センターのアリスです。
Station 149月の秋晴れの中、京都駅ビルで、国際的な分野の社会貢献活動のイベントを開催しました。
14回目の開催となる今回のイベントでは、国際協力に加え、初めて多文化共生にテーマを広げ、日本語教室のネットワークグループや、日本国内で子育て中の外国人女性支援を行う団体等、19の団体が参加し、活動の魅力を伝えました。

2階では、駅を利用する多くの人が行きかうオープンスペースで団体がブースを出展し、写真パネル展示や、民芸品の販売などを行いました。9階の京都府国際センター内では、京都市を一望できる会場でフェアトレードの飲み物を楽しんでいただけるカフェコーナーのほか、海外のアクセサリーやおもちゃ等の小物作り体験、活動について専門家に相談できるコーナー、様々なテーマの講演会などを行いました。

On the 14th, I organized an intercultural communication workshop called “Barnga” with 3 other Kyoto CIRs: Brian (Kizugawa), Jake (Seika) and Eric (Kameoka).

Station 14In this workshop, participants experience the shock of realizing that despite many similarities, people of differing cultures perceive things differently or play by different rules. They learn that they must understand and reconcile these differences if they want to function effectively in a cross-cultural group.

2日目の14日に「バーンガ」という異文化コミュニケーションのワークショップを京都府国際交流員の3人(木津川市のブライアン、精華町のジェイク、亀岡市のエリック)と実施しました。
このワークショップでは人々が同じようにみえるものの、異文化のそれぞれの感覚や原則に従い、行動が違うことを体験できます。参加者はこの違いを理解し、和解しない限り、多文化的なグループや社会の中でうまく行動できないことを勉強します。

After the workshop we had a debriefing with everyone, and then had participants discuss into groups what they learned from the workshop and the talk afterwards. They then presented what they will be paying attention to and working for when dealing with different cultures (be it foreign cultures or different values shared by people of the same Japanese culture).

ワークショップの後、参加者と振り返りをしてからグループでゲームや振り返りの中で気づいたこと、勉強したことについて話合いました。その後、異文化と触れ合う時に意識すべき点や目指すことについてグループで発表して貰いました。
「異文化」というのはただ外国の文化だけではなく、同じ日本文化を持つ人々のそれぞれの価値観の違いも指しています。

Station 14I love this workshop because anybody can participate and gain something from it.
For people who have usually no interaction with foreign cultures, they can gain their first insight into multicultural society and communication, and use that knowledge when interacting with other people sharing the same culture and nationality but with different values.

For people having lived abroad or used to deal with foreign cultures, it allows them to become aware of their unconscious feelings and natural reactions when confronted to cultural clashes, because of the casual nature of the workshop (game) removing cultural and moral barriers and enabling people to be their real self.

誰でも参加することができ、誰でも何かを得ることができるのでこのワークショップが大好きです。

Station 14異文化と触れ合う機会の少ない人の場合、異文化社会とそこにおけるコミュニケーションを初めて体験でき、同じ文化と国籍なのに違う価値観を持つ日本人と触れ合う時にもこの知識を活かすことができます。

海外に住んだ経験のある、あるいは異文化と触れ合う機会が多い人の場合、文化衝突に対する自分の無意識な気持ちや反応を知ることができます。ワークショップがゲームの形なので社会的や文化的なバリアもなく、気軽に参加し、本音が出ることもとても勉強になると思います。

People were thrilled at the end and some even wanted to hold this workshop at their workplace. I will try to hold it again!

ワークショップ終了後、参加者から満足の声が多く、職場でもこのワークショップを実施したいと言う人もいました。また色々な場所で行うことができれば嬉しいです!

From Brian, the CIR in Kizugawa – ブライアン(木津川市の国際交流員)から:

With Barnga, we had our participants experience the many emotions that come with language and cultural barrier. Being the first time for me to participant in a game type event, I was worried at first whether it would resonate with the participants. However, I was more than happy to see participants actively sharing their feelings throughout the game and hear the rules of intercultural communication they came up with after experiencing Barnga. It was a great success!

バーンガに通じて、参加者のみなさんに文化・言葉の壁を体験していただいました。このようなゲーム型のイベントは初めてでしたので、参加者の反応はどうか正直心配しました。しかし、ディスカッションの時間に、参加者のみなさんは積極的に自分の思いを話し合って、各チームが考案した「自分の異文化交流のルール」をシェアしていただいて、すごく感動しました。大変有意義なイベントになったと思います。

From Jake, the CIR in Seika - ジェーク(精華町の国際交流員)から:

Station 14Barnga was a lot of fun! I was a bit surprised, but every table seemed to have their own way of solving problems, almost like a real country. For example, one table followed the rules of the eldest person, no matter what. Another table mixed the rules of the remaining players and the new players in order to continue playing. There were a lot of different reactions so it turned out really well. I got to talk with some of the participants afterwards and it seemed like everyone really got a good grasp of what multiculturalism. Even though I was staff, it was a valuable lesson for me as well.

バルンガは楽しかったですね。驚きましたが、各グループはまるで本物の国のように自分の解決方法がありました。例えば、一つのグループは何があっても一番年上の方のルールに従いました。他のグループは、残っている人と新しい人のルールを混ざってゲームを続けました。様々な反応があってとても良かったです。私は最後に少しだけ参加者と話せましたが、皆さんは本当に多文化共生を理解してくださったようです。スタッフとして参加しながら私にも勉強になりました。

A very Scottish September! スコットランドらしい9月でした!

Hello everyone, Mark from the International Affairs Division here! Although we’re in October (already!) I want to talk a bit about what was going on during a very busy September for me.

皆さん、こんにちは。国際課のマークです~
(もう!)10月になったけれど、多忙だった9月の出来事について話したいと思います。

I mentioned in my last post about an event that I was going to hold at KPIC at the station on the 6th September. The event itself was called 「英国におけるスコットランド – Scotland in the UK and its future」and was split into two main parts: the first part being a 45 minute or so presentation that I made, introducing Scotland, the UK, and the main ideas and concepts behind the Scottish Independence Referendum held on the 18th September; the second part being a discussion-style Q&A session where participants could ask questions freely. The whole event was held in English, and I was very impressed by the participants’ ability to not only understand the content, but to also field their own questions about a difficult topic.

Scot2 

前回のポストで、国際センターにて9月6日開催のイベントについて書きました。このイベントのタイトルは「英国におけるスコットランド – Scotland in the UK and its future」と言いまして、大きく2つのプログラムに分けられていました。前半では、約45分にわたって、スコットランド、イギリスの紹介と、9月18日に行われるスコットランド独立に関する住民投票について、投票に至った経緯や現地での主な意見の解説をしました。後半では、参加者の皆さんとフリーディスカッションの形で、繰り出される様々な質問に回答しました。全て英語だったのですが、参加者の聞き取りの力だけでなく、難しいテーマも理解して自分の考えなどを英語で質問されるのには大変感じ入りました。

More than that though, I was so happy by the interest that everyone had in Scotland and the UK – I was kind of expecting to answer more general questions, but once I started getting questions about currency unions, the UK’s role in protecting world peace, and cultural awareness in education, I really was taken aback by everyone’s enthusiasm to learn more about my home country.

Scot3

何より、想像していた以上に皆さんが スコットランドに興味を持っていただいていた事がすごく嬉しかったです。一般的な内容の質問を受けると予想していましたが、実際には 通貨連合、世界平和を守るためのイギリスの役割や、教育における自国文化に対する理解などについての質問が出て、僕の母国であるスコットランドについてもっと学びたいという情熱に触れて驚きました。

Doing all the research for this event Scot4really helped me to understand my own situation and opinions, and although there was a time when I thought that maybe voting Yes would be a good idea, it was only fleeting, and eventually voted No by postal vote, as I had always expected myself to do.Scot6

このイベントのために いろいろ調べていくうちに、僕は、より深く自分の立場や意見を理解することができました。今回投票するにあたって「Yes/賛成」に投票するのが良いのかもしれないと迷ったこともありましたが それはほんの一瞬だけで、もともと考えていた通り「No/反対」で投票用紙を郵送しました。

Ultimately, as I think most people know, the people of Scotland voted to remain as part of the UK, and I am very happy and relieved. The results of the referendum were coming in all through the morning and early afternoon of the 19th September, so I was glued to the BBC website checking for updates and results all day. That is, in between interviews with various newspapers and even NHK! Friday was a very high-octane day, with a few of Japan’s national newspapers calling or coming to visit to ask questions and take photos, and NHK coming to film a short segment. With only 5.3 million people in Scotland, I can’t imagine that there are that many living and working here in Japan, so many people called me throughout the day to ask my opinion, although I think they were secretly hoping for someone who wanted Scottish independence…sorry!

結局、皆さんがご存じのように、投票の結果、スコットランドは英国の一部として残留することに決まり、とても嬉しく思うと同時に安心しました。19日の朝から少しずつ投票結果が発表されていたので、一日中BBCのHPにクギづけになっていましたが、見ていなかったのは、僕が新聞やNHKのインタービューを受けている間だけでした!開票日だった金曜日には、僕のところに次から次へと、いろいろな全国紙の新聞社が、電話してきたり、質問や写真を撮るためにやってきました。そしてNHKも短い時間ながら取材しに来ました。スコットランドには530万人しかいないし、その中でも遠い日本に暮らして仕事をしているスコットランド人の数はとても少ないせいか、一日中 何回も感想を訊かれました。質問者の多くは、スコットランド独立賛成派としての感想を聞きたかったようですが、残念ながら僕は反対派でした・・・。

Article included in September 20th's Sankei Shimbun newspaper. 9月20日に産経新聞に掲載された記事。

Article included in September 20th’s Sankei Shimbun newspaper.
9月20日に産経新聞に掲載された記事。

It was a very Scottish September with Scotland and the UK receiving much more coverage than I had expected. I hope that Japanese people will use this opportunity, as well as NHK’s new Massan drama, to learn more about Scotland and its unique culture.

この9月は スコットランド一色でした。僕の期待以上に、スコットランドやイギリスのことが報道されました。これを機会に、新しく始まったNHKの連続小説ドラマ「マッサン」などで、スコットランドやスコットランド独特の文化に親しんでいただければ嬉しいです。