Comfortab-LEE BRIAN 4 – 第4回まったLEE・BRIAN

Brian from Kizugawa. 木津川市のブライアンです。

Brian kouza dec14 (2).jpgHi everyone, how you are doing in the cold? I had my fourth Comfortab-LEE BRIAN lecture on November 27th. This time, I talked about transportation in the US and Taiwan.

11月27日に第4回まったLEE・BRIANを開催しました。今回はアメリカと台湾の交通事情について話しました。

After introducing myself, I often am asked what is famous in Los Angeles. I always answer jokingly, “Traffic, of course.”

初めて会った人に自己紹介をした後、たまに「ロスは何か名物がありますか」と聞かれます。それに対して、僕はいつも冗談で「もちろん、交通渋滞ですよ」と答えます。

At the lecture, I talked about various things regarding transportation: the car-reliant America, reasons why pickup trucks are popular in the US, comparison of public transit usage in Los Angeles and New York, traffic problems, motorcycle usage in Taiwan, and recent hot topics.

今回のまったLEEで、車社会のアメリカや、ピックアップ・トラックが人気の理由、ロスとニューヨークの公共交通の使用状況、アメリカの交通渋滞の問題、台湾のバイクの普及、そして最近の交通に関する話題などを紹介しました。

Brian kouza dec14Coming from a place where public transport is not popular, trains in Japan are so convenient and I love them. While planning this event, I was unsure of the audience response to this particular theme. However, many asked interesting questions and it turned out to be fun as always.

公共交通があまり発達していないまちから来た僕には、日本の電車がすごく便利で好きです。最初はこのテーマにしていいかと不安でいっぱいでしたが、参加者のみんなは面白い質問をたくさんいただいて、楽しいトークになったと思います。

My fifth lecture is on January 29th. I will be talking about the basics of international exchange, tips for talking and interacting in an international setting. See you there!

第5回まったLEE・BRIANは、1月29日(木)にあります。「異文化・国際交流への入門」というテーマで、国際交流の注意点やトークのコツなどについて話します。ぜひ参加してください!

Advertisements

French Christmas cake “Bûche de Noël” cooking in Oyamazaki – 大山崎町でフランスのクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」の料理教室

Alice from KPIC!

Tonight is Christmas Eve! How are you going to spend your evening?
I went back to France for the holidays this year, so tonight I will be eating the French traditional Christmas cake called “Bûche de Noël”. It’s shaped like a log and uses either chocolate or chestnut cream traditionally, even if recently you can find strawberry or white chocolate “bûches” as well.

In ancient times when there was no electricity, people needed to find a way to have light and warmth during the long Christmas Eve until Christmas day on the 25th. Therefore, people needed to find a big enough log to put in the fireplace that could last for many hours; and nowadays this tradition remains in the shape of the traditional Christmas cake.

京都府国際センターのアリスです!
今晩はクリスマスイブですね。皆さんはどのように過ごしますか?

今年のクリスマスをフランスで過ごすので、今晩はフランスの伝統的なケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」を食べます。「ブッシュ」は薪の形をしていて、元々はマロンクリームやチョコレート味ですが、最近は苺やホワイトチョコのブッシュがあります。

昔は電気がなかったので、24日の夜からクリスマス(25日)の朝まで光と暖かさを提供してくれる手段が必要でした。そこで、暖炉に夜通しできる大きい薪を入れるものでした。その伝統は現在の「ブッシュ・ド・ノエル」の形で残っています。

Oyamazaki 14

Cooking the bûche ブッシュを作る

As the season was right, I decided to bake a bûche de noel with chestnut cream and sugar-coated chestnuts together with the participants in this month’s cooking class in Oyamazaki.
Christmas cakes seem to be popular because we had 20 people join this time. We first started by cooking the bûche because it needs to cool down as much as possible before eating it. Usually you should leave it in the fridge all night and eat it the next day but we only cooled it down for a few hours.

Participants were really eager to make a beautiful cake so they successfully completed the different steps and put the cake to cool down.

時期が合ったので、今年の大山崎町の料理教室にマロンクリームとマロングラッセのブッシュを作ることにしました。クリスマスケーキというテーマは人気があったようで、参加者は20名もいました。ブッシュはできるだけ冷やしてから食べるので、ブッシュから教室が始まりました。普段は前の夜に作り、一晩を冷やしてから次の日に食べますが、時間の制限の関係で数時間だけ冷やして食べました。
参加者は綺麗なケーキを作りたくて、レシピ通り丁寧に作りました。

Oyamazaki 2014

Introducing Christmas habits in Europe ヨーロッパにおけるクリスマスの習慣について説明

In the meantime, I held a small presentation about Christmas habits in France and in Europe. In France, Christmas Eve’s meal always ends with the bûche. Everyone usually also has an advent calendar in their homes to enjoy chocolate or sweets every day until Cristmas. Recently, other brands have started making their own calendars, so you can find advent calendars with makeup, toys, tea or alcohol for example.

ブッシュが冷える間、フランスとヨーロッパ諸国におけるクリスマスについてミニ講演会をしました。フランスでは、クリスマスの食事は必ずブッシュで終わります。また、殆どの人が家にイブカレンダーがあり、12月1日からクリスマスまで毎日チョコやお菓子を食べます。最近、他のブランドもイブカレンダーを作るようになったので、化粧品、おもちゃ、お茶やお酒のカレンダーも売られるようになりました。

Eve calendar イブカレンダー

Eve calendar
イブカレンダー

Other European countries also have very interesting habits, such as Finland where people usually drop by the cemetery on Christmas Eve to light their dead ones’ tombs with candles, or Bulgaria where women use the occasion to give bread to the man they like. In the North of Europe, it’s often San Nicolas and not Santa who brings presents on December 6th, whereas it’s a witch called La Befana who makes children happy in January in the South of Italy for example.

ヨーロッパの中で面白い習慣がたくさんあります。例えば、フィンランドではイブの午後に親戚のお墓にろうそくを置きに行く習慣があります。ブルガリアでは女性が好きな男性にパンをあげたりします。北欧では12月5日にサンタの代わりにサン・ニコラという人物がプレゼントを持って行きます。イタリアの南部の場合は1月6日に「ラ・ベファナ」という魔女が子どもにプレゼントを持って行きます。

Preparing the bûches ブッシュを飾る

Preparing the bûches
ブッシュを飾る

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

We were then pretty hungry so we cooked the lunch menu, a meunière fish (cooked in butter) and some mashed potatoes.
It was then time to decorate the bûches. I had brought some cake decorations in sugar from France which were really popular among the participants. Everybody was so dedicated to decorate their cakes that time flew by and it was time to eat our artworks before ending the day.

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

講演会の後は結構お腹が空きましたので、白身魚のムニエル(バター焼き)とマッシュポテトを作りました。
食事の後にブッシュを飾る時間になりました。フランスから砂糖のケーキ飾りを持って来て参加者に大人気でした。みんなはケーキを飾るのに夢中であり、時間がアッと言う間に経ちました。最後にブッシュを食べて、1日が終わりました。

It was my first time to try and bake my own Bûche de Noël but it was a lot of fun to do it with everyone and see what kind of cake they would come up with in the end.
See you next year for more fun French cuisine!

「ブッシュ・ド・ノエル」を作るのは初めてでしたが、皆さんと一緒に作ることができてとても楽しかったです。皆さんは作るブッシュが段々出来上がるのを見るのも楽しかったです!
来年のフランス料理教室を楽しみに!

Oyamazaki 2014

Merry Christmas! メリークリスマス!

 

Field Trip in Seika 2014 – フィールドトリップin精華町2014年

Hi everyone! It is me, Jake, from Seika Town office!
Today I am going to talk about the field trip that Alice and I did in Seika in November. Seika is the center of the Kansai Science City, so it is home to many research facilities, factories and educational institutions. For this field trip, we invited foreign residents from countries all over the world to come take part in the Information Communication Fair, explore Keihanna Memorial Park and learn to make dried persimmons and onigiri at a potluck party with Seika residents.

皆さん、こんにちは!精華町役場のジェークです!
今日は、11月に京都府国際センターの国際交流員のアリスと一緒に行ったフィールドトリップについて話したいと思います。精華町は、関西文化学術研究都市の中心なのでたくさんの研究所、工場や教育機関などがあります。今回のフィールドトリップには、世界のそれぞれの国から来た外国の住民を誘って情報通信フェアに参加し、けいはんな記念公園を回り、精華町の住民と一緒に夕食交流会をしながら干し柿やおにぎりを作ったりしました。

At the Communication Fair, having fun with robots 情報フェアでロボットと遊ぶ

At the Communication Fair, having fun with robots
情報フェアでロボットと遊ぶ

On the morning of the field trip, the group gathered at Kyoto Station and took a bus to Keihanna Plaza for the first part of the event, the Information Communication Fair. Participants walked around the fair and conversed with the representatives of the various companies learning about the new technology that each company is developing. For difficult topics, volunteers from Seika Global Network, Seika’s volunteer international exchange group assisted with interpretation. Afterwards, the participants had lunch at “La Seine” in the Keihanna Plaza building.

朝、参加者が京都駅に集合して、バスに乗って精華町のけいはんなプラザに向かいました。けいはんなプラザで情報通信フェアを歩き回って様々な企業の代表と、開発している最先端技術について話しました。難しい話の時は、精華町のボランティア国際交流グループ、せいかグローバルネットからの通訳者が手伝ってくれました。その後、けいはんなプラザのレストラン、「ラ・セーヌ」で昼御飯を食べました。

Autumn leaves in Keihanna Park 記念公園の紅葉

Autumn leaves in Keihanna Park
記念公園の紅葉

After finishing lunch and spending a bit more time walking around the booths, the field trip moved to the Keihanna Memorial Park where participants enjoyed a bit of nature, fed the koi fish and took pictures of the park. Fall had just started, so only a few trees had turned red, but walking around the park helped everyone get to know each other better so it was still very fun.

ご飯を食べてからもう少しフェアのブースを歩き回って、その後けいはんな記念公園に移動しました。そこでは参加者が自然を楽しんで、鯉に餌をあげたり、公園の写真をたくさん撮ったりしました。秋が始まったばかりなので赤くなった木が少なかったですが、公園を回りながら皆さんが仲良くなる機会になったのでとても楽しかったです。

Finally, in the evening we met up with residents of Seika to learn about making Onigiri and dried persimmons. There was also a small potluck party where participants had the opportunity to try daikon radish and curry rice, as well as cakes made with Japanese sweet potatoes. Many of the participants said it was their favorite part because they had a chance to actually talk to the people living in Seika.

Seika 14

最後に精華町の住民と一緒におにぎりや干し柿の作り方を学びました。そして、夕食交流会を開き、参加者が大根、カレーライスやサツマイモのケーキなどを食べました。これが一番楽しかったという参加者の声が多かったです。なぜかというと精華町の住民と一緒に会話することがとても良かったからです。

Cooking sweet potato cakes サツマイモのケーキを作る

Cooking sweet potato cakes
サツマイモのケーキを作る

At the end of the event, the participants loaded up on a bus and headed back to Kyoto station. Everyone got to bring the dried persimmons they made home with them as well. It was a long day, but I think that everyone enjoyed themselves and had the opportunity to learn a little bit about Seika.

イベントが終わってから参加者はまたバスに乗って京都駅に帰りました。そして干し柿を作った人は自分の家に持って帰りました。長い1日でしたが、皆さんが少し精華町のことについて学んで、楽しめたと思います。

If you have a chance, stop by and visit Seika!

機会があったらぜひ精華町にきてみてください!

Visit to Joyo High School – 京都府立城陽高校への訪問

On October 28th, Mark, the CIR at Kyoto Prefectural Office and Alice, the CIR at Kyoto Prefectural International Center went to Joyo High School for an afternoon of games, cultural exchange and English language practice.

10月28日に京都府国際課のマーク国際交流員と京都府国際センターのアリス国際交流員が城陽高校を訪問し、学生とゲームや文化交流や英語の練習をしました。

A word from Mark – マークからの一言

Mark's kilt was very popular マークのキルトがとても人気でした

Mark’s kilt was very popular
マークのキルトがとても人気でした

Going to the high school in Joyo was really good fun for me. Although my group were a little shy and uncertain of their English abilities, they soon opened up and really made efforts to listen and say as much as they could. I was very strict with speaking only English, and I could tell that they were getting used to listening and understanding things that I was saying. They seemed very interested in the story of my kilt, clan tartans, and how I linked it all with McDonald’s. Ultimately we had a lot of fun playing games and speaking about various things together, and I hope that our talk and the photos we took together of me in my kilt and traditional outfit will be a fond memory for them. Eigo ganbatte kudasai!

Joyo HS城陽市にある高校に行くのはとても楽しかったです。僕のグループが最初に英語能力に自信がなくて恥ずかしかったのに、すぐ明るくなって、頑張って英語で話したり聞いたりすることに力を入れてくれました。僕は結構厳しくて、英語だけにしていたけど、聞けば聞くほどだんだん理解できるようになったようです。着ていたキルト、家門のタータンやマクドナルドとの関係について興味を持ってくれました。一緒にゲームしたり、いろいろなことについて喋ったり、僕とキルトと写真を撮ったりすることは楽しい思い出になったらと思います。英語頑張って下さい!

A word from Alice - アリスからの一言

Joyo HSThe students in my group welcomed me with a sign in French saying “Welcome to Joyo High School” and they were really cheerful about everything.
We played a game to break the ice at first, and then I introduced various things about France and my hometown in a casual way. Even though they were anxious about speaking English, we were able to discuss various topics including life in France, customs but also life in Japanese high school.
None of them had been to France, but they looked so happy to learn many things about my country. I hope it sparked an interest and that they will be interested in foreign languages and French in the future!

Joyo HS私のグループにいた学生がフランス語で「城陽高校へようそこ」と書いた看板で歓迎され、とても嬉しかったです。何でも笑って、とても元気でした。
最初はゲームをしてから、カジュアルな会話をしながらフランスや出身地についてたくさん紹介しました。学生は英語で話すことが不安でしたが、フランスの日常、文化習慣、日本の高校生活など、たくさんの話題について話せました。
皆さんはフランスにいたことがありませんでしたが、フランスについて色々知って嬉しそうでした。興味を持ってもらい、将来は外国語とフランス語を勉強したら嬉しいです!

Field Trips in Kyoto Prefecture: Nantan City and Kyotamba Town – 京都府へのフィールドトリップ:南丹市と京丹波町

Alice from KPIC here!

It’s been a while! I have been pretty busy this autumn organizing many field trips in Kyoto Prefecture for international residents and students.
Every year we organize field trip programs in various parts of Kyoto Prefecture in a bid to introduce the charms of areas other than Kyoto City to international residents and students.
Some field trips are only one-day excursions, while some include a homestay and last 2 days. There is always a cultural experience activity and other programs that enable participants to interact with the local residents during their stay.

国際センターのアリスです!

久し振りです!秋は留学生と外国人住民を対象に、京都府の市町村へのフィールドトリップの企画と実施で忙しかったです。
毎年、京都府の様々な場所でフィールドトリップを企画し、京都市以外の京都府の魅力を留学生と外国人住民に紹介します。日帰りと1泊2日間のホームステイという形が二つあり、毎回文化体験や地元の人との交流を推進するアクティビティを企画しています。

Today I would like to talk about 2 field trips we did in October: one in Nantan City, and another one in Kyotamba Town, both located north of Kyoto City but with very different sceneries and features.

今回の10月に南丹市と京丹波町で実施した二つのフィールドトリップについて書きたいです。両方は京都市より北にありますが、それぞれの景色と特徴が違います。

Making uchiwa (paper fan) うちわ作りワークショップ

Making uchiwa (paper fan)
うちわ作りワークショップ

The Field Trip to Nantan took place on October 11th. We had 39 participants from 18 countries and regions join in. Participants were able to try making their own “uchiwa”, a paper fan used in summer to cool one down together with the “yukata”, the summer kimono. They could choose from various patterns and designs and customize their fans with colored papers, paint or stamps.

For lunch, we had “temaki sushi”, hand-rolled sushi. It was the first time for most of the participants to try it and they seemed to have a lot of fun while Japanese people at each table explained and showed them how to do it.

Delicious food 美味しい料理がたくさん!

Delicious food
美味しい料理がたくさん!

Taiko performance 太鼓の演奏

Taiko performance
太鼓の演奏

As the weather was great we had also outdoor activities, with one group enjoying a walking tour of natural and historical sites, and another doing some ground golf.
To close the day we had a local taiko drum band, Asyura, play a little concert for us and then letting the participants try to play the drums in rhythm all together as well. Some participants even wanted to join the team afterwards!

Making sushi 手巻き寿司

Making sushi
手巻き寿司

南丹市へのフィールドトリップは10月11日に行いました。18カ国と地域の39名の参加者が参加しました。まずは文化体験としてオリジナルなうちわを作ってみました。色々なデザインから選び、色の紙やペンチやスタンプで飾ることができました。

お昼は手巻き寿司を作って、食べました。初めて作った参加者が多かったが、各テーブルにいた日本人参加者が説明してくれたので楽しい食事会になりました。
天気が良かったので野外の活動も準備しました。1つのグループが自然や歴史的な場所を回るウォーキングツアーに参加し、もう1つのグループはグランドゴルフを楽しみました。
トリップの終わりに現地の和太鼓バンド「あしゅら」が太鼓の演奏をし、参加者に太鼓を体験させていただきました。バンドに入りたいと言う参加者がいるほど、とても楽しい1日でした!

The whole group 全員

The whole group
全員

The Field Trip to Kyotamba Town took place on October 25th and 26th, for a two-day one night homestay program.

Black beans harvesting experience 黒豆収穫体験

Black beans harvesting experience
黒豆収穫体験

This time, 40 people from 16 countries and regions joined. Local farmers welcomed us and showed us how to harvest black beans first.
The Tamba area is indeed famous for its black beans, especially used over New Year for the traditional Japanese meal eaten on January 1st called “osechi ryori”.
The ones we harvested hadn’t turned black yet as you need to leave them to mature a little bit more, but they were nonetheless delicious!

Mochi (rice cake) making お餅つき

Mochi (rice cake) making
お餅つき

For lunch, local residents had prepared a wonderful party with rice cake pounding, a barbecue of deer meat, curry croquettes and of course black beans! A local band even held a little concert while we ate to complete the joyful mood.
We then danced together the local summer dance “Bon Odori”, listened to a taiko drum concert by children and tried playing the drums as well. Farmers then taught us the local dialect. For example, instead of saying “Sayonara” for “goodbye”, you say “Sainara”. Or you say “Yayako” instead of “Akachan” to say baby.

It was then time for the participants to leave with their host families to create unforgettable memories together.

Black beans harvesting experience 黒豆収穫体験

Black beans harvesting experience
黒豆収穫体験

京丹波町へのホームステイ&フィールドトリップは10月25日と26日に行われました。
16カ国と地域からの参加者が40名参加しました。まず、現地の農家に歓迎され、黒豆の収穫を体験させていただきました。
丹波の地域は黒豆で有名です。黒豆は日本のお正月(1月1日)に食べる「おせち料理」のためにたくさん使われています。
収穫した豆は時期が少し早かったので黒くなかったですが、大きかったです!
お昼に地元の人が素敵な昼食交流会を用意してくれました。お餅つき、鹿の焼肉、カレーのクロケと黒豆(もちろん!)など、ご馳走な料理がたくさん並んでいました。
ミニコンサートもあり、とても楽しい雰囲気でした。

 

Trying taiko drums 太鼓の体験

Trying taiko drums
太鼓の体験

ご飯の後、盆踊りを踊ったり、子どもによる太鼓の演奏を聞いたり、体験したりしました。
農家が現地の表現も教えてくれました。例えば「さようなら」を「さいなら」と言います。
「赤ちゃん」は「ややこ」と言います。
その後、参加者がホストファミリーと一緒に家まで行き、次の日まで大切な思い出をたくさん作ったでしょう。

We met again on Sunday to enjoy a local food festival called “Shoku no Saiten” where you could try various original recipes made with Tamba’s specialties such as fried deer meat, ramen with deer and wild boar meat, wild boar hotdogs, coffee latte made from a chestnut paste etc.
One of the venues was an agricultural high school where you could enjoy charcoal-baked pizza by the students, tea ceremony, butter-making workshop and a vegetables harvest experience among other interesting activities.
It was then time to leave but I’m sure people will be back to visit their host families and enjoy the other hidden gems the area has to offer!

Wild boar hotdogs anyone? 猪のホットドッグはいかが?

Wild boar hotdogs anyone?
猪のホットドッグはいかが?

Butter making experience バター作り体験

Butter making experience
バター作り体験

次の日に再集合して、「食の祭典」と言う地元のグルメイベントを見学しました。イベントではB級グルメの屋台がたくさんあり、京丹波町の名物を使ったオリジナルレシピをたくさん食べることができました。例えば、鹿肉の唐揚げ、猪と鹿肉のラーメン、猪のホットドッグ、栗クリームのコーヒーラッテ等がありました。
一つの会場が農業高校であり、そこで炭焼きのピザを食べたり、茶道を体験したり、バッター作り体験や野菜収穫体験ができました。
午後に京都に帰らなければなりませんでしたが、ホストファミリーにまた会いに行って、京丹波町の魅力を更に体験したい参加者が多いでしょう!

Through these events I hope international and Japanese residents can create bonds and get to know each other better. It’s always a lot of fun too!

このようなイベントを通して、外国人と日本人の住民の間につながりを作り、お互いに知り合うことができれば嬉しいです。とても楽しいイベントです!

Happy group! 元気な皆さん

Happy group!
元気な皆さん