ワンデートリップ in かめおか – One Day Trip in Kameoka

OLYMPUS DIGITAL CAMERAワンデートリップは、京都府国際センターと共催で毎年実施している泊まりのないホームステイ事業です。今年は、京都府内に在住する外国人に亀岡に来ていただき、日本料理を体験し、まきずし等を作ってみました。作った料理を亀岡のホストファミリーと一緒に食べた後、一緒に篆刻体験しました。篆刻は初めての人が多く、丁寧に自分のたったひとつのはんこを作ってみました。夕方から夜までホストファミリーと自由に過ごしました。

DSC00535今回はアメリカ、中国、ベトナムなどいろいろな国から参加していただきました。篆刻体験を一緒に体験したことで、お互いにゆっくり話をすることができましたし、たくさん交流ができたと思います。京都に在住している外国人にとって良い経験でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAThe one day trip is an event is a day trip home stay event organized by both the Kameoka International Exchange Association and the Kyoto Prefecture International Center. This year we had many international residents from within Kyoto Prefecture participate in making Japanese dishes like Makizushi. They later shared their cooking with their host families and then did Tenkoku – seal craving together with their host families. For many it was their first time to try Tenkoku but they all managed to crave their own original seal. From the afternoon till the evening they spent free time together with their host families.

DSC00548This year we had participants from various countries including America, China and Vietnam. They were able to interact and enjoy talking to each other during their Tenkoku workshop and for the international residents it was a great opportunity to learn about Japanese culture.

Advertisements

International Understanding Lecture at Kizu Minami Junior High School – 木津南中学校国際理解講座

Brian from Kizugawa!
木津川市のブライアンです!

Kizu JHSOn November 13th and 14th, I visited Kizu Minami Junior High School. I had an international understanding lecture with Juan Carlos, the AET of the school.

2014年の11月13、14日に私は木津南中学校を訪問しました。AETのホアン・カルロスと一緒に、アメリカの中学校のポップ・カルチャーについての国際理解講座を開きました。

From the American school year system, school culture, greetings of young people, to abbreviations for texting, I gave a brief introduction to the teenage pop culture. In a light-hearted atmosphere, the students reacted to my jokes, and we had student volunteers demonstrate some American style greetings with us. It was a lot of fun.

American greetings アメリカの挨拶

American greetings
アメリカの挨拶

アメリカの学年制度から始め、アメリカの学校の様子や文化を説明し、若者のあいさつとメール用語などを紹介しました。明るい雰囲気の中で、私のボケをツッコまれながら、生徒とパウンド・ハグなどのアメリカン・スタイルのあいさつをして、一緒に楽しい時間を過ごしました。

After the event, I received a lot of feedback such as  “It was so much fun.” or “I want to go to the US after listening to your lecture.”
I hope I will have more opportunities to do events like this.

「楽しかった!」「発表を聞いてアメリカに行ってみたい!」などたくさんのコメントをいただき、もし機会があればこのようなイベントをまた開きたいと思っています。

Bunkyo Elementary School Visit – 文教小学校の訪問

Alice from KPIC!

Where is France? フランスはどこですか?

Where is France?
フランスはどこですか?

Today I would like to write about my visit to Bunkyo Elementary School on October 27th.
My audience was composed of 40 3rd graders who entered the room still very energetic from their gym education class.
Taking advantage of that energy I first started by introducing France generally, first talking about basic topics (geography, flag, currency, president etc).

京都府国際センターのアリスです!
10月27日に文教小学校を訪問しました。参加者が40人の3年生でした。教育の授業の後で講座に参加したのでとても元気でした。
そのエネルギーを使い、まずフランスの一般的な紹介をしました(地理、国家、通貨、大統領など)。

What do we wear in school? フランスの小学生は何を着る?

What do we wear in school?
フランスの小学生は何を着る?

The first funny reaction (followed by big “eeeehhh” of surprise) came when I told them people in France kiss on the cheeks to greet in the morning or when meeting. Even between boys and girls (and more cries of surprise there)!
I then showed them pictures of my birthplace, a small countryside town called Cestas, next to Bordeaux in the southwest of France, and pictures of my family as well.

I then talked about school life in France’s elementary schools. They were pretty surprised to know we don’t clean the school (staff do it usually), that we have a 2 hour break for lunch and that we organize a carnival at school instead of “gakusai” school festivals in Japan.

They were so into the topic that they kept asking questions during the presentation, and I was more than happy to answer their eagerness to know!
To end the presentation, I told them about a few cultural habits such as crepe day (chandeleur) on February 2nd, Easter or the little mouse (that comes at night and takes your tooth, leaving you a coin instead).

We use the well in French rock-paper-scissors フランスのジャンケンで井戸を使う

We use the well in French rock-paper-scissors
フランスのジャンケンで井戸を使う

フランス人が挨拶をする時にほっぺたにキスをすると言うと、「えええええ」というビックリな声が多く、反応が面白かったです。男女の間も(さらに「えええ」の声が出ました)!
その後、フランス南西にあるボルドーの近くに位置する「セスタス」という私の田舎の出身地を紹介し、家族の写真を見せました。

それから、フランスの小学校の学校生活について話しました。一番びっくりしたのは学校の掃除をしない(専用スタッフがする)、昼の休憩が2時間、学祭の代わりにカーニバルがあるなどということでした。
話題への関心が高く、発表の途中で質問をたくさんしてくれて、とても喜んで答えました。
発表の終わりに文化の習慣をいくつか紹介しました。フランスのクレープデ―(「シャンドルール」という2月2日に祝う事業)、イースター、子ネズミ(落ちた歯の代わりにお金を残す人物)などを紹介しました。

Head shoulders toes in French フランス語で「頭・肩・足」を習った

Head shoulders toes in French
フランス語で「頭・肩・足」を習った

After the presentation, it was time to dance!
They had previously learned the song “head, shoulders, knees and toes” in English so I taught them the song in French as well.
We also danced to a really famous song called “La danse des canards” (the duck dance). It’s a bit of an old song but it’s still widely used during year-end parties, weddings and other big events to get groups of people to have fun together and break the ice as well. After learning the choreography, children happily danced along with the song and it was hard to stop them at the end.

Dancing! ダンスタイム!

Dancing! ダンスタイム!

発表の後は踊りのタイムでした!
英語で「頭・肩・ひざ・足」という歌を習ったので、フランス語で教えました。
また、「ラ・ダンス・デ・カナール」(鴨踊り)を踊りました。少し古い曲ですが、今でも忘年会や結婚式、パーティーなどの時によく踊る曲です。大勢のグループを親しませ、楽しくさせるための良い曲です。振りを覚えたら子どもが楽しく踊り、なかなか止めることができませんでした。

We took a group picture before leaving, and many children wanted to shake hands as if I was a super star. Some even said they would not wash their hands anymore! It was so cute.
The children were so eager to learn about France and foreign countries that I spent the best time ever as well teaching them as much as I could. I hope to be back again!

帰る前に集合写真を撮り、私がスターみたいに握手をしたかった子どもが多かったです。何人かが「もう手を洗わない」と言い、とても可愛かったです。
子ども達がフランスや外国に関する関心が高くて、色々知りたがっていました。私も大変喜んで色々教えて、最高に楽しい時間を過ごしてもらいました。また皆さんと会いたいです!