Intercultural Salon: Stereotypes about Brazil – 異文化理解サロン:ブラジルに対するステレオタイプ

RodrigoHi, everyone! My name is Rodrigo Brinca and I’m the Brazilian CIR working at Shiga Prefectural Government Office.
皆さん、はじめまして!滋賀県庁のブラジルの国際交流員ホドリーゴ・ブリンカです。

On May 24th I had the opportunity to give a presentation on Brazil in Kyoto’s Prefectural International Center. Since I had total freedom to choose the topic, I decided to talk about the stereotyped views Japanese people have regarding Brazil. My reasoning behind choosing this theme actually has to do with the fact that Japanese people actually do know a good amount about my country, although their perception is biased, understandably, by what Japan’s mainstream media says about it.

5月24日(日)に京都国際センターの異文化理解サロンというイベントでブラジルについて話す機会がありました。トピックは自由に選べましたので、結局日本人がブラジルに対して持っているステレオタイプについて話すことにしました。このテーマを選んだ理由は、日本のマスメディアの影響でまだ私の国に対する偏見が残っているにもかかわらず日本人はブラジルのことについて意外と詳しいからです。

SambaFirst I selected a few topics I knew beforehand that Japanese people had some knowledge of, like Brazilian music, tourist attractions and so on. Then I explained what are some common misconceptions about these, i.e. “Brazilian women dance naked during carnival”, “all Brazilians can play soccer like Neymar” etc. By doing this, I believe we could reflect on how a minor aspect of someone’s culture can be misinterpreted as something major when no cultural context is given.

最初に一般的に日本人が既に持っている知識に関するトピック、ブラジル音楽だったり観光地だったりなどを選びました。その後日本人が勘違いしていそうなこと、例えば「カーニバルのときブラジルの女性が裸のままで踊る」や「ブラジル人は皆ネイマールと同じぐらいサッカーができる」などを説明してみました。これを通じて自分の文化のマイナーな側面が文化的な文脈がないとメジャーな側面に勘違いされてしまうことについて一緒に考えることができたと思います。

FavelasThe public showed a great deal of interest and we also had time to answer some interesting questions on varied topics by the end of the presentation. Since my usual listeners are elementary school students (which I also love talking to), I was glad to have this chance to talk to a different group of people and present to Japanese adults some aspects of Brazilian Culture that are not well known. I’m also looking forward to holding similar events in my home prefecture, Shiga when I get the chance.

Discussion with the participants 参加者とのディスカッション

Discussion with the participants
参加者とのディスカッション

参加者は興味をもち、プレゼンテーションの後、様々なテーマについての面白い質問に答える時間もありました。いつものプレゼンの対象者は(私が大好きな)小学生なので、この度いつもと違う対象のプレゼンテーションを行う機会もあり、一般の日本の方が知らないブラジルの側面を紹介することもできて楽しかったです。今度、私の住んでいる滋賀県でもこのようなイベントを開く機会がありましたら是非してみたいと思っています。

Also, lastly, from this year the CIRs from Shiga also started a blog. Be sure to check it out if you are interested in Shiga’s culture, tourist attractions or Multiculturalism.
また、最後になりましたが今年から滋賀の国際交流員がブログ及びフェイスブックページを始めましたので、滋賀の文化や観光地、そして多文化共生に興味を持っている方はご覧ください。

https://yobiwako.wordpress.com/

https://www.facebook.com/yobiwako

Advertisements

Easter Party ― イースターパーティー

Hey everyone! Jake from Seika here.

Easter event2On April 5th, Polly, Brian and I planned an Easter Party at the Mukunoki Center in Seika. We started our party with a Team Easter Egg hunt. Each egg had a challenge inside that the children had to complete before moving on to get the next egg. The difficulty of the challenge depended on the color of the egg, and harder challenges received more points than easier challenges. Some eggs had tasks that required a physical challenge, while others asked various questions about Easter. If a team could not complete a challenge they did not get the points from the egg. At the end we handed out candy based on how many points each team got, but all teams got candy so don’t worry.

皆さん、こんにちは。精華町のジェイクです。

Easter event34月5日(日)に私とポリーとブライアンが企画したイースターパーティー(復活祭)をむくのきセンターで行いました。パーティーはのたまご探しゲームで始まりました。各たまごの中に子どもが完成しないといけないチャレンジが入っていました。チャレンジの難しさはたまごの色によって、難しいチャレンジのほうが簡単なチャレンジよりポイントを与えました。体力に関わるものや、イースターについての質問型のものもありました。もしチームがチャレンジを完成できなかったら、ポイントをもらえませんでした。最後に子どもたちが得たポイントに応じキャンディーを配りましたが、全員がキャンディーをもらったので安心してください。

Easter eventAfter the Easter Egg hunt we learned a dance called the Bunny Hop where kids stood in 5 lines and followed set of hopping dance moves to music, competing to see which line could make it across the room faster. When the dancing was done, we played a game where kids passed the egg in a circle and when the music stopped, the last person holding the egg was out. Then we ran a race were the kids had to blow an Easter egg across the floor without using their hands. For each game we passed out candy as well!

たまご探しが終わったら、子どもが5列になって一緒に踊りながら部屋の向こうまで速さを競争する「バニー・ホップ」というダンスを体験しました。その後、音楽が流れている間たまごを人から人に回して、音楽が止まったら持っている人がアウトになるというなゲームで遊びました。そして、手を使わずたまごを吹いて前に進ませる競走もしました。各ゲームでキャンディーを配りました!

I had a great time playing games with all the kids and teaching them a bit about one of the holidays I remember from my childhood. All of the kids seemed to have a lot of fun and it was amazing how much they remembered from our presentation at the beginning. I am excited to invite them all back again in the fall for our next event!

子どもとゲームで遊んだりイースターの伝統について習ったりするのがとても楽しかったです。子供達も喜んでいるみたいでしたが私達が最初に話したイースターの説明を覚えているなんて本当にすごいと思いました。また秋のイベントにも皆さんを誘いたいですね。

 

Easter event4Hey it’s Brian from Kizugawa City. The CIR collaboration event was a lot of fun this time as well! Being one of the most celebrated holidays in the US, Easter is still not that well-known in Japan. I was glad that we had the chance to introduce it to more people, while having a blast celebrating with the kids through dance and games. Join us at our next event! It will be a lot of fun.

木津川市のブライアンです。今回の3市町CIR共同イベントもとても楽しかったです!日本ではイースターを知っている人がまだ少ないかもしれませんが、アメリカでは盛大に祝われる行事の一つで、参加者のみなさんに紹介できてよかったと思います。そして、子どもたちとゲームやダンスなどを通じて楽しくイースターを祝うことができました。今度の3市町CIR共同イベントも楽しみにしておいてくださいね!