老人大学 英会話サークルの発表会 Senior Citizens English Circle Presentation

3月に開催された発表会についてご報告します。3月23日に宮津の「老人大学」の発表会を兼ねた閉講式が行われた。
老人大学とは、高齢者の学習意欲を高め、社会での活躍を促進するために立ち上げられた制度だ。提供されている講座や数々のサークルのおかげで高齢になっても楽しく交流しながらいろんな活動に励むことが多くの年輩の方にとってよりやりやすくなっている。社交ダンス、英会話、チェアエクササイズ、日本舞踊などのサークルから選べる。

Hello. Today I`d like to give a report about Miyazu Rojin Daigaku`s English circle`s recent performance. Rojin Daigaku is a system established to encourage senior citizens to continue learning and to promote senior citizens` activeness in society. Thanks to the many activities offered, many senior citizens find it easier to study and learn many things while socializing and having fun. There are many circles such as ball room dancing, English conversation, chair exercises, and Japanese traditional dance.
IMG_4368
私が関わらせていただいているのは、老人大学の英会話サークルです。現在、参加者は7名で、お喋りなどしながら楽しく英語を勉強している。年に一回、自分たちで決めたテーマで他の学生や教育委員会関係者の前で発表することになっていて、今年の3月に無事に終わった。今年のテーマは料理だった。会話形式で、日本料理になじみのない外国人を家に招いて料理を教えるという想定で、私と会話しながら天ぷら・大根なます・梅干しなど典型的な日本料理の作り方を英語で説明した。当日にこれができるようにほぼ一年前から準備を始める。

The club that I am involved in is the English conversation club. We currently have 7 members who enjoy studying English together in a fun relaxed environment. Once a year there is a chance for each club to perform in front of other students and educational personnel. The students choose the theme themselves. This year the theme was cooking. Students pretended to invite me to their homes and teach me how to make traditional Japanese dishes such as tempura, daikon namasu, and umeboshi in English. In order to do this, the students start preparing nearly a year in advance.

学生が日本語の原稿を作り、先生と私が英語に直す。仕上がった原稿を学生がひたすら家でも読み、練習して、覚えて、読まなくても記憶で暗唱できるようになる。そして、当日、舞台の上に立って大勢の前で、その練習してきた会話を再現する。

The students make rough-drafts in Japanese and the teacher and I translate them into English. The students study and practice the conversation both during class and at home and memorize it. Once it is time to perform, the students are able to recite the conversation without reading their scripts on stage in front of an audience.

学生一人一人の原稿の披露だけではなく、歌も皆で歌う。合同作品の歌は、今年3曲やった。「黄色いリボン」と「アメージンググレース」と「仰げば尊し」の3曲だった。最後の「仰げば尊し」だけは、日本語と英語と両方で歌い、馴染みのある観客に日本語の部分を一緒に歌ってもらう。後の2曲は英語だけで歌う。歌の練習も原稿の読み上げ練習と一緒に月二回の授業の際に、一所懸命発音などに集中し、本番に向けて練習を繰り返す。

In addition to the individual student performances, we also sing several English songs together at the end of the performance. This year we sang three songs: `Yellow Ribbon`, `Amazing Grace`, and `Song for the Close of School`. The third song is widely sung in Japan too so the students sang the song in both Japanese and English so that the audience could sing along. The other songs were just sung by us in English. We practice the songs at the same time as the conversational part during our class twice a month.

原稿を全部覚えるのはどんなに時間があっても大変な作業だし、覚えていても本番になると緊張し忘れてしまうこともあるので、本番でも原稿を読みながら言ってもいいというルールになっている。なのに、英会話サークルの皆はすごいがんばり屋で、原稿を一切見ずに読み上げられた。万が一、忘れたときにちらっと見られるように手に持ちながら暗唱していたけれど、見ていなかった。最年長96歳のグループだったのに、本当にすごい努力だと感心した。

It is very difficult for students to completely memorize the script no matter how much time they have to memorize it, so students are allowed to read their lines from the script even on the day of the performance. However, the students are very hard workers and prepare enough ahead of time that they don`t have to look at their scripts while they perform. In a group of elderly people with the oldest being 96, I thought their efforts to memorize the scripts were amazing.

今はすでに来年の発表会の準備をしていて、まだ原稿はできていないけれど、花をテーマに、花にまつわる思い出話などを会話形式で話そうと考えていて、先生もさっそく選曲をして、SMAPの「世界に一つだけの花」と「花は咲く」の2曲を英語で歌う予定にしている。来年の発表会も楽しみにしている。

Now, we`ve already started preparing for next year` s performance. The theme is flowers and all the students are going to have a conversation with me about a flower related memory that they have. The teacher has already picked the songs too. We will sing the English versions of SMAP`s song and `Flowers Will Bloom` which became popular after the earthquake and tsunami in 2011.

Advertisements

新しい活動 介護施設訪問 New Activity Elderly Persons’ Care Center Visits

こんにちは。ご無沙汰しています。久しぶりの更新です。今日は今年一月から新しく始めた活動を取り上げたいと思います。「宮津の家」という介護施設の訪問です。これまで3回訪問していて、また今月も訪問する予定です。よろしくお願いします。

Hello. It’s been awhile since I last posted. Today I’d like to talk about something new I’ve started doing in Miyazu. Starting this January, I’ve started visiting an elderly persons care facility in Miyazu.

IMG_3719

最初外国人として何が出来るかよくわからず、簡単な英語の挨拶やアメリカの祝日などの文化をわかりやすく紹介し、交流しようと考えた。しかし、数回やって感じたのは、文化や言葉の紹介はしなくても、むしろしないほうが効果的で交流しやすいかもしれないということでした。施設の利用者は高齢で、職業として農業に従事して来た人が大半。英語の簡単な挨拶を習うことには、皆無といっても過言ではないくらい興味が薄かった。利用者の中には元学校教員やかつて観光案内に携わっていた方もいるけれど、彼らも興味がない。

At first, I didn’t know what I could do at the facility as a foreigner so I decided to try and teach the people simple English greetings and about American culture.  However, after visiting a few times, I realized that it is more effective to communicate with the people at the facility without introducing anything. The residents are elderly and most worked in agriculture for the majority of their lives so they were not very interested in English.

外国のお祭りを紹介し、ゲームなどを通じて交流しようとも考えたけれど、これもまた、外国に行ったことがなく、外国人とこれまで交流したことのない方々にとって、イメージが湧きにくく、馴染みがないもので、無理やり勉強させているという感じがした。英語や文化の紹介は続かないので、話し相手になろうと色々尋ねて見たり自分のことを話してみたりした。すると、意外と簡単に交流できるようになった。

I also tried to introduce new culture to the  people such as holidays but it was not very effective. Since most of the people there had never been abroad or talked to a foreigner before, it was very difficult for them to imagine or grasp the idea of foreign culture and foreign festivals. So, I stopped trying to introduce something to them and decided to just try talking to them. This worked.

IMG_3720.JPG

しかし、会話も無理やりではなく、流れに任せて自然に行わないとダメなものだと気付いた。初めて出会う人や、英語活動に来てくれる人によく聞く「趣味はなんですか?」や「海外旅行に行かれたことがありますか?」などの質問には殆ど反応しないし、少し不快な気持ちにさせられて、どう答えたらいいか困惑しているのが顔を見れば、一目瞭然だった。返答はあっても、「昔は〜〜が好きだったが今は何もできなくなったので。。」という感じだった。どんな話をしたら嫌な思いをせずに交流ができるのだろうと少し悩んだが、答えは案外簡単だった。無理やりいろんなことを尋ねて、会話を続けようとするのではなく、相手の調子に乗り、相手の話に耳を傾けたらいい。昔の話ほど、利用者は話しやすく、盛り上がることに気づいた。特に戦争の話や昔の仕事や家族の話は話しやすく、私が一方的に聞きたいのではなく、相手も話したいという気持ちがよく伝わって来た。そして、何も尋ねなくても、相手の方から何か話してくることもあって、その時は無理やり話を展開させたり、広げたりしようとしなくても、ただ聞いてあげて、相槌を打ったら、相手も楽しめることがわかった。

However, I found that the conversation had to be natural. At first, I tried asking them things I often ask at our English activities or when I first meet someone like “what are your hobbies ?” Or ” have you ever been abroad ?”. However, I found that these questions made the people uncomfortable and it was difficult for them to answer. So instead of leading the conversation I decided to try to just participate. Instead of asking the people many questions to try to forcefully continue the conversation, I tried just listening to whatever they seemed willing to talk about. The people seem to find it easy to talk about things from the past. They especially found it easy to talk about their experiences during World War II or their jobs. When the people at the facility talked about these topics, I could tell that the residents actually wanted to talk about the topic and I wasn’t just asking them questions forcing them to talk.

この間行かせていただいたときは、ちょうど桜が咲いていて、歩行器や杖がなくても歩ける人、車椅子の人など、いろんな人はいるが、2便に分かれて、施設の近くで咲いている桜の木を歩いて見に行って、記念撮影をした。利用者は外に出られるのがとても嬉しく、あちこちで咲いている花を指差して、「綺麗だなあ!春だなあ!天気いいなあ!よかった!」と大喜びだった。桜の花を摘んで持って帰ったし、施設に帰ってからも、皆は機嫌が良かった。

The last time I visited the facility, the cherry blossoms were blooming and we took turns walking to a cherry blossom tree blooming near the facility in two groups. The people were so happy to be outside and to enjoy the spring weather and the cherry blossoms. I had never seen them so excited.  They even picked some of the blossoms and brought them back to the facility with them. Everyone stayed very cheerful and in a good mood even after we got back to the facility.

IMG_3721.JPG

文化の紹介はまだやりたいと思うけど、それも相手の反応を見て、興味があるかどうか確かめてからしようと思う。興味がなければ、別にしなくてもいいと思う。最初は、外国人だから、施設を訪問するとき、文化や言葉の紹介をしないと自分の存在意義はない、勿体無いと思って、頑張っていたが、今は決してそうではないとわかる。相手は求めていないのに、興味もないのに、外国から来たから無理して文化などの紹介はしなくてもいい。ただ一緒に過ごして、話を聞いてあげたり、何か聞かれた時に自分のことを話したりして、交流したらいい。特に、相手の関心が感じられない時は、押し付けなくてもいい。しないほうがいい。

I still plan to introduce culture to the people at the facility but only after making sure that they are interested. If they aren’t interested, I don’t think it’s necessary. At first, I thought that since I’m a foreigner I should introduce American culture in some way or else there would be no point. However, I don’t think so anymore. So long as we share something and communicate in some way, I don’t intend to try and push American culture on them if they aren’t interested.

自分の話したいことではなく、立場上話すべきだと思うことでもなく、相手に合わせて、交流することこそがコミュニケーションであり、国際交流にも当てはまることだと介護施設の方々のおかげで実感させられた。ただいるだけでいい時もある。でも、いるだけでいいからって決して自分の存在には意味がないわけではない。相手と何かを共有し、分かち合えたらそれだけでいい。何も道具やツールが要らない時もあるし、そういう時はあえて使おうとしなくてもいい。とても大事な発見だった。これからも訪問を続けて、交流やコミュニケーションの本質に迫りたい。

I realized that changing what you talk about and how you talk about it based on your audience is what it means to communicate. You can’t truly communicate with people by talking about what you want to talk about or what you think you should talk about; it has to be what your audience is interested  in hearing about. The people at the care facility made me realize that I don’t have to necessarily do anything special to communicate with people just because I’m a foreigner. I can communicate and interact just by being there and that doesn’t by any means make my visits to the facility meaningless. I hope to continue these visits and this job to learn more about both international communication and the essence of communication in general.