Yosano English Camp 2019 与謝野イングリッシュキャンプ 2019

アラジ・サンドラ、国際交流員、京都府国際センター/京都府国際課

On December 14th-15th 2019 (Saturday to Sunday), an international event called “Yosano English Camp 2019” was held at the Kyoto prefectural youth marine center in Yosano city. For two days, a camp was set up for 5th and 6th graders to practice English. Two coordinators for international relations; Adam from the International Affairs Division and myself from the Kyoto Prefectural International Center were requested to become English speaking staff. “Yosano English Camp 2018” was also organized last year, so it was my second time participating to it. In addition, several ALTs from Kyoto Prefecture also joined.

2019年12月14日~15日(土・日)に与謝野町の京都府立青少年海洋センターマリーンピアにて「Yosano English Camp」という国際事業が行われました。  二日間、小学生5年生・6年生を対象に英語を練習するキャンプが設けられました。英会話の先生として、京都府国際交流員二人の国際課のアダムさんと京都府国際センターの自分が依頼されました。去年も「Yosano English Camp 2018」が設けられ、2回目の参加となりました。その他に、京都府のALTの何人かも参加しました。

More than to improve the English ability of elementary school students, the purpose of this English camp was to encourage them communicating with foreigners using English and gestures without apprehension. It was held also in order to get them interested in foreign countries and multiculturalism from a young age.

このイングリッシュキャンプの目的は、小学生の英語力を上達させることよりも、外国人と怖がらずに英語や、ジェスチャーなどでコミュニケーションをとることでした。その他に、若いころから外国と多文化に興味を持っていただくためでした。

Various activities were performed during these two days. Among those, country presentations, mini-conversations, games, gymnastics, etc. The games prepared by the organizers went smoothly. Rock-paper-scissors train, fruit baskets, drawing-guessing games, look over there hoi, navigating games…numerous games were organized to entertain the students.

この2日間、様々な活動が行われました。その中には出身国の発表、ミニ会話、ゲーム、体操等。向こう側で準備されたゲームは順調に行われました。じゃんけん列車や、フルーツバスケットや、絵描きゲームや、あっちむいてホイや、ナビゲートゲーム等、生徒は楽しめるようなゲームは様ざまでした。

For the countries presentations, elementary school students divided into about 12 groups to listen to the English speaking teachers. As for me, I introduced general information such as geography, famous places, traditional food for 10 minutes to each group. Without surprise, it was the euro money I had brought with me which got the students best attention! Finally, I think it’s great because the students got to know more about France while spending a good time interacting with me. Thanks to Japanese supporters, high school students and college students, each activity was conducted in a good atmosphere. As a result, both English Speakers and elementary school students had a good time together. On the last day, elementary school students were able to communicate more easily in English. Pleased comments such as “I felt that foreigners were friendly and English was fun” were reported in the elementary school student’s satisfactory questionnaire, proving once again this year that it was a fulfilling English camp.

出身国の発表は、小学生が約12グループで分かれて、それぞれの英会話先生の話を丁寧に聞きました。各グループにフランスの一般的な情報、地理、名所、名物などを10分の間に英語で紹介しました。予想通り、一番興味を持ってくれたのは持っていったユーロのお金でした(笑)。結果的にフランスのことをもっと知ってもらえて、楽しく交流ができて、よかったなという気持ちです。 日本人サポーターズ、高校生、大学生の皆さんのおかげで、各アクティビティは良い環境で実施されました。そのため、イングリッシュスピーカーズと小学生も両方楽しい時間を一緒に過ごすことができました。更に、最終日、小学生はもっと気軽に英語でコミュニケーションをとることになりました。小学生のアンケート結果より「外国の方はフレンドリーで英語が楽しいと感じた」というようなコメントが書いてあったので、今年も充実した「イングリッシュキャンプ」になったかと思います。