About

Welcome to the blog of Kyoto Prefecture’s CIRs!
京都府国際交流員の共同ブログへようこそ!

This blog is written by 7 Coordinators for International Relations (CIRs) participating in the JET Programme in Kyoto Prefecture, and is aimed at spreading awareness and understanding about the goals and the activities of the CIRs working for local authorities in Kyoto Prefecture.
By writing about the events we create or participate in, the work we do and our roles within our contracting organizations, we hope to deepen and broaden multicultural understanding.

このブログは京都府国際交流員の7人によって書かれており、京都府の自治体に勤める国際交流員の役割や活動を広く発信する目標があります。国際交流員が企画や参加するイベント、自治体における国際交流員の役割などについて書くことによって、国際理解と多文化共生を深めようと思っております。

What is the JET Programme?
JET
プログラムとは?

The Japan Exchange and Teaching (JET) Programme, started in 1987 and now in its 29th year, is aimed at promoting international exchange between Japan and other nations at the grassroots level. In 2016, the Programme welcomed 4,786 participants from 43 countries.

JETプログラムは、「語学指導等を行う外国青年招致事業」(The Japan Exchange and Teaching Programme)の略称で、地域レベルで国際理解の推進と地域の国際化を深める目標があります。昭和62年度に開始されまして、平成28年度で開始以来29年目を迎え、参加国は43か国、参加者は4,786人です。

The JET Programme is one of the world’s largest exchange programmes, inviting young overseas graduates to assist in international exchange and foreign language education in local governments, boards of education and elementary, junior and senior high schools throughout Japan.

JETプログラムは世界的に最も重要な国際交流プログラムの一つです。現在、大都市から地方の市町村まで、JETプログラムの参加者が活躍しています。JETプログラムは、世界各国からも有意義な国際的人的交流を通じて、日本の各地域の人々と参加者が国際的なネットワークを作っています。

There are 2 major positions in the JET Programme: Assistant Language Teacher (ALT) and Coordinator for International Relations (CIR).
参加者の主な職種は、小学校・中学校や高等学校で語学指導に勤める外国語指導助手(ALT)、または地域において国際交流活動に従事する国際交流員(CIR)です。

For more information:
http://www.jetprogramme.org/

What is a CIR?
CIR
とは?

Just under 10% of JET participants are CIRs. They must have strong Japanese language abilities and major duties often include translation, interpretation, international exchange event planning and implementation, receiving guests from abroad, etc.

CIRの人数はJET参加者の10%以下となっています。CIRは高い日本語能力が必要とされ、主な業務は通訳、翻訳、国際交流と国際理解推進、イベント企画と実施、海外からの訪問に対応するなどです。

Here is an example list of the duties of the CIRs in Kyoto Prefecture:

Translation, interpretation
School visits
International lectures about one’s country and culture
Newsletters
Event planning (field trips, American summer camp…)
Life counseling for international residents
Etc.

京都府の国際交流員の活動の例をいくつかあげてみました:

通訳、翻訳
学校訪問
自国や母国の文化、習慣などについての国際理解講座
ニュースレターの作成
イベント企画(留学生のフィールドトリップ、アメリカのサマーキャンプ等)
外国籍府民への支援、相談事業

http://www.jetprogramme.org/e/introduction/positions.html

The JET Programme in Kyoto Prefecture
京都府におけるJET
プログラムの概要

There are currently 93 JETs in Kyoto Prefecture, 8 CIRs and 85 ALTs. 55 ALTs are employed by municipalities in Kyoto Prefecture and work at junior high or elementary schools, 38 are employed by the Kyoto Prefecture Board of Education and work at senior high schools. Home countries from most to least JETs include the US (58), UK (10) , Canada (7), New Zealand (5), Australia (5), South Africa (3), Jamaica (2), Barbados, China and France (1 each).

京都府には現在93名のJET参加者がいます。その中で、8名は国際交流員、85名はALTを勤めています。ALTの中、55名は京都府の市町村に属し、小学校や中学校で勤めており、38名は京都府教育委員会に属し、高校に勤めています。参加者の出身地はアメリカ(58名)、イギリス(10名)、カナダ(7名)、ニュージーランド(5名)、オーストラリア(5名)、南アフリカ(3名)、ジャマイカ(2名)、バルバドス、中国とフランス(それぞれ1名)です。

About Multiculturalism
多文化共生とは?

We, the CIRs of Kyoto, decided to create this joint blog to promote multiculturalism throughout the prefecture.

Recently, multiculturalism has become a popular catchphrase in Japan, but what is it really? Multiculturalism, or tabunka kyōsei in Japanese, is defined as: people with different cultural and racial backgrounds living together in an environment where everyone’s cultural characteristics are accepted and all persons are equally able to utilize their individual strengths and talents. To put it more simply, a multicultural society is one where all persons can participate in society and live without facing any unfair barriers.

There are more than 50,000 non-Japanese residents currently living in Kyoto Prefecture (not including persons who have naturalized or Japanese citizens with multicultural roots). These people are not tourists or guests; they are people living in Kyoto just like the Japanese. However, persons with different cultural backgrounds and non-native speakers of Japanese face a variety of barriers in their everyday life. Also, the image of foreigners as guests, and not as participating members of society, is still deeply rooted in Kyoto.

For example, it is often assumed that foreigners do not speak Japanese so they are not handed fliers introducing services; they are not invited to community events, such as disaster drills or field days, unless they are related to international exchange; or they are not given information necessary for everyday life in Japan. Also, on a regional level, foreigners are viewed as short-term visitors and therefore are rarely invited to join resident’s associations or PTAs, etc.

The following cycle disrupts the progress of multicultural society building and reinforces the mistaken image that all foreigners are guests.

○Foreign residents face a variety of barriers in their everyday life, including the inability to access important information. Also, the activities of those foreign residents who are actively involved in the community are not well known throughout the area.

○Most Japanese do not see foreign residents participating in society and therefore do not view foreign residents as members of the community

○Because foreign residents are not viewed as members of the community who can participate in community building, there is no movement to provide information to help get them overcome barriers and get involved.

In order to help bring an end to this cycle, we want to use this blog as a medium to increase mutual understanding by sharing the activities of foreign residents in Kyoto Prefecture and providing useful information to all residents.

私たち京都府の国際交流員は、多文化共生の推進を目的としてこのブログを運用しています。

多文化共生は、最近よく耳にする言葉ですが、具体的には何でしょうか。多文化共生とは、「国籍や民族の異なる人々が互いの文化的違いを認め合い、対等な関係でそれぞれの能力を発揮しながら共に生きること」と定義されています。簡単に言いますと、多文化共生の推進は、だれにとっても参加しやすい、暮らしやすいまちづくりを推進することだと思います。

京都府には5万人以上の外国人府民が生活しています(数字は日本国籍取得者や日本国籍を所有している外国にルーツを持つ方を含まない)。この人々はゲストや観光客ではなく、日本人と同じように日本で生活を送っている人々です。しかし、日本語を母語としない異なる文化を持つ人々を取り巻く環境は複雑かつ多様であり、暮らしに対するさまざまなバリアに直面していることでしょう。また、「外国人イコールお客さん」というイメージがまだまだ根強く残っていて、外国人府民を「共に暮らして地域を作っていく一員」ではなく、「ゲスト」と位置付けている人も多くいます。

例えば、外国人府民は日本語ができないと思われて、サービス紹介のチラシなどを渡されなかったり、防災訓練や体育祭など国際交流以外の地域イベントに誘われなかったりするなど、暮らしに必要となる情報を教えてもらえないこともあります。また、外国人府民は短期滞在のお客さんだとみられて、町内会、自治会、PTAなどへの入会等を勧誘してもらえないこともあります。

日本社会は、「外国人イコールお客さん」という誤ったイメージを強める悪循環で、なかなか多文化共生のまちづくりが進んでいないと思われます。

● 「必要な情報が手に入れられない」などさまざまなバリアにより、外国人府民の地域への参加が少ない。また、外国人府民がコミュニティにおいてどのように活躍しているのか、あまり知られていない・・・

● 日本人府民は、コミュニティで活躍している外国人府民の様子を見る機会が少なく、外国人府民が「生活者」であるということへの認識が低い・・・

● 外国人府民も共に地域社会を作っていく生活者であることへの認識が低いため、バリアを突き破る取り組みがあまり行われていない・・・

このブログでは、悪循環を断ち切るため、外国人府民が活躍する様子を知らせるなど、全ての府民にさまざまな情報を提供したいと思っています。京都府民の多文化共生の意識づくりが少しでも促進されるように、このブログを開設いたします。

2 Responses to About

  1. 辻 明日香 says:

    はじめまして。
    京都で、外国人の方と交流できるイベントや、ボランティアなど、探しています。
    初めて行動を起こすので、どうしたらいいのかわからなくて、とりあえずネットで探していると、ここのページに辿り着きました。
    もしこのメールと団体の活動が、関係のないものだとしたら、申し訳ないです。

    簡単に自己紹介を送りますね。
    私は生まれも育ちも京都です。今は二条城の近くに住んでいます。25歳、女性です。
    京都に住んでいると、外国人の方と出会うことが多いです。私は英語力がないのですが、勉強をして話せるようになって、外国人の方と関わってみたいなと思っています。
    もし、英語に関して初心者の私にも、京都ならでのイベントやボランティアで、参加できるものがあれば、ぜひ教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    • tabunkakyoto says:

      辻 明日香 様

      コメントをありがとうございました。京都府国際センターの国際交流員です。
      京都市内で国際活動・ボランティアができる場所がたくさんありますが、知っているところを紹介します。

      ・京都府国際センター

      日本語学習支援のボランティア:
      外国籍府民に日本語のプライベートレッスンを通して、日本語学習を支援するボランティアです。
      http://www.kpic.or.jp/fumin/nihongov/appli.html

      災害時外国籍府民支援ボランティア:
      災害が起きたら、外国籍府民を支援するボランティアです(通訳、生活支援、多言語センターの運営など)
      http://www.kpic.or.jp/fumin/saigais/appli.html

      ・京都市国際交流協会

      色々なボランティア活動があります。
      ホームステイ、ホームビジット、翻訳と通訳、外国につながる子どもの支援、イベント企画の支援など
      http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/volunteer/jp/katsudo/index.html

      ・京都YMCA

      ボランティア活動もあるようです:
      http://kyotoymca.or.jp/?page_id=913

      合う活動が見つかったら良いですね。

      イベントなら、上記の団体も国際交流や多文化共生関係の事業をよく企画するので、ホームページを確認して、関心のあるイベントがあれば是非参加してください。
      現時点あるイベントは:

      ・異文化理解サロン 「ブラジルに対するステレオタイプ」 5月24日(日)
      (京都府国際センター)

      http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/ibunka.html

      京都府内のイベントも以下のページにあります:
      http://www.kpic.or.jp/fumin/event.html

      ・外国人歓迎会 (交流会に日本人が参加できます)
      4月26日(日) (京都市国際交流協会)
      http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/student/jp/kangeikai/kangeikai.html

      ・ボランティアオリエンテーション
      5月10日(日) (京都市国際交流協会)
      http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/volunteer/jp/toroku/orientation/index.html

      それぞれの団体のメーリングリストなどに登録したら、新しいイベントの情報が入って来ますね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s