ワンデートリップ in かめおか – One Day Trip in Kameoka

OLYMPUS DIGITAL CAMERAワンデートリップは、京都府国際センターと共催で毎年実施している泊まりのないホームステイ事業です。今年は、京都府内に在住する外国人に亀岡に来ていただき、日本料理を体験し、まきずし等を作ってみました。作った料理を亀岡のホストファミリーと一緒に食べた後、一緒に篆刻体験しました。篆刻は初めての人が多く、丁寧に自分のたったひとつのはんこを作ってみました。夕方から夜までホストファミリーと自由に過ごしました。

DSC00535今回はアメリカ、中国、ベトナムなどいろいろな国から参加していただきました。篆刻体験を一緒に体験したことで、お互いにゆっくり話をすることができましたし、たくさん交流ができたと思います。京都に在住している外国人にとって良い経験でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAThe one day trip is an event is a day trip home stay event organized by both the Kameoka International Exchange Association and the Kyoto Prefecture International Center. This year we had many international residents from within Kyoto Prefecture participate in making Japanese dishes like Makizushi. They later shared their cooking with their host families and then did Tenkoku – seal craving together with their host families. For many it was their first time to try Tenkoku but they all managed to crave their own original seal. From the afternoon till the evening they spent free time together with their host families.

DSC00548This year we had participants from various countries including America, China and Vietnam. They were able to interact and enjoy talking to each other during their Tenkoku workshop and for the international residents it was a great opportunity to learn about Japanese culture.

Advertisements

French Christmas cake “Bûche de Noël” cooking in Oyamazaki – 大山崎町でフランスのクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」の料理教室

Alice from KPIC!

Tonight is Christmas Eve! How are you going to spend your evening?
I went back to France for the holidays this year, so tonight I will be eating the French traditional Christmas cake called “Bûche de Noël”. It’s shaped like a log and uses either chocolate or chestnut cream traditionally, even if recently you can find strawberry or white chocolate “bûches” as well.

In ancient times when there was no electricity, people needed to find a way to have light and warmth during the long Christmas Eve until Christmas day on the 25th. Therefore, people needed to find a big enough log to put in the fireplace that could last for many hours; and nowadays this tradition remains in the shape of the traditional Christmas cake.

京都府国際センターのアリスです!
今晩はクリスマスイブですね。皆さんはどのように過ごしますか?

今年のクリスマスをフランスで過ごすので、今晩はフランスの伝統的なケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」を食べます。「ブッシュ」は薪の形をしていて、元々はマロンクリームやチョコレート味ですが、最近は苺やホワイトチョコのブッシュがあります。

昔は電気がなかったので、24日の夜からクリスマス(25日)の朝まで光と暖かさを提供してくれる手段が必要でした。そこで、暖炉に夜通しできる大きい薪を入れるものでした。その伝統は現在の「ブッシュ・ド・ノエル」の形で残っています。

Oyamazaki 14

Cooking the bûche ブッシュを作る

As the season was right, I decided to bake a bûche de noel with chestnut cream and sugar-coated chestnuts together with the participants in this month’s cooking class in Oyamazaki.
Christmas cakes seem to be popular because we had 20 people join this time. We first started by cooking the bûche because it needs to cool down as much as possible before eating it. Usually you should leave it in the fridge all night and eat it the next day but we only cooled it down for a few hours.

Participants were really eager to make a beautiful cake so they successfully completed the different steps and put the cake to cool down.

時期が合ったので、今年の大山崎町の料理教室にマロンクリームとマロングラッセのブッシュを作ることにしました。クリスマスケーキというテーマは人気があったようで、参加者は20名もいました。ブッシュはできるだけ冷やしてから食べるので、ブッシュから教室が始まりました。普段は前の夜に作り、一晩を冷やしてから次の日に食べますが、時間の制限の関係で数時間だけ冷やして食べました。
参加者は綺麗なケーキを作りたくて、レシピ通り丁寧に作りました。

Oyamazaki 2014

Introducing Christmas habits in Europe ヨーロッパにおけるクリスマスの習慣について説明

In the meantime, I held a small presentation about Christmas habits in France and in Europe. In France, Christmas Eve’s meal always ends with the bûche. Everyone usually also has an advent calendar in their homes to enjoy chocolate or sweets every day until Cristmas. Recently, other brands have started making their own calendars, so you can find advent calendars with makeup, toys, tea or alcohol for example.

ブッシュが冷える間、フランスとヨーロッパ諸国におけるクリスマスについてミニ講演会をしました。フランスでは、クリスマスの食事は必ずブッシュで終わります。また、殆どの人が家にイブカレンダーがあり、12月1日からクリスマスまで毎日チョコやお菓子を食べます。最近、他のブランドもイブカレンダーを作るようになったので、化粧品、おもちゃ、お茶やお酒のカレンダーも売られるようになりました。

Eve calendar イブカレンダー

Eve calendar
イブカレンダー

Other European countries also have very interesting habits, such as Finland where people usually drop by the cemetery on Christmas Eve to light their dead ones’ tombs with candles, or Bulgaria where women use the occasion to give bread to the man they like. In the North of Europe, it’s often San Nicolas and not Santa who brings presents on December 6th, whereas it’s a witch called La Befana who makes children happy in January in the South of Italy for example.

ヨーロッパの中で面白い習慣がたくさんあります。例えば、フィンランドではイブの午後に親戚のお墓にろうそくを置きに行く習慣があります。ブルガリアでは女性が好きな男性にパンをあげたりします。北欧では12月5日にサンタの代わりにサン・ニコラという人物がプレゼントを持って行きます。イタリアの南部の場合は1月6日に「ラ・ベファナ」という魔女が子どもにプレゼントを持って行きます。

Preparing the bûches ブッシュを飾る

Preparing the bûches
ブッシュを飾る

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

We were then pretty hungry so we cooked the lunch menu, a meunière fish (cooked in butter) and some mashed potatoes.
It was then time to decorate the bûches. I had brought some cake decorations in sugar from France which were really popular among the participants. Everybody was so dedicated to decorate their cakes that time flew by and it was time to eat our artworks before ending the day.

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

講演会の後は結構お腹が空きましたので、白身魚のムニエル(バター焼き)とマッシュポテトを作りました。
食事の後にブッシュを飾る時間になりました。フランスから砂糖のケーキ飾りを持って来て参加者に大人気でした。みんなはケーキを飾るのに夢中であり、時間がアッと言う間に経ちました。最後にブッシュを食べて、1日が終わりました。

It was my first time to try and bake my own Bûche de Noël but it was a lot of fun to do it with everyone and see what kind of cake they would come up with in the end.
See you next year for more fun French cuisine!

「ブッシュ・ド・ノエル」を作るのは初めてでしたが、皆さんと一緒に作ることができてとても楽しかったです。皆さんは作るブッシュが段々出来上がるのを見るのも楽しかったです!
来年のフランス料理教室を楽しみに!

Oyamazaki 2014

Merry Christmas! メリークリスマス!

 

French cooking class and seminar in Oyamazaki – 大山崎町でのフランス料理教室と理解講座

On December 18th, I did a French cooking class and seminar in Oyamazaki Town. Given it was my 3rd time going there I knew some of the participants and the atmosphere was really relaxed.

12月18日に大山崎町でフランス料理教室と講座を開きました。このイベントを開催するのは3回目であり、参加者の数人に会ったことがあったので、カジュアルな雰囲気で行いました。

Preparing the vegetables 野菜を準備する

Preparing the vegetables
野菜を準備する

We first started with the cooking. This time I chose to do some “petits farçis niçois” or meat stuffed vegetables. It’s a typical meal in the south of France, especially around Nice or in the Provence area. It’s also really healthy given that you have meat, vegetables and rice all in the same dish.
We used tomatoes, zucchinis and red and yellow peppers that we stuffed with meat seasoned with garlic and Provence herbs. At the bottom of the dish you put some rice so it cooks together with the vegetables in the oven and develops a particular flavor as it absorbs the juices released by the vegetables when they cook.

まずは料理から始めました。今回は「Petits farçis niçois」という「ニースの野菜の肉詰め」を作りました。南フランス、特にニース市やプロバンス地域でとても人気な名物です。また、一つのおかずで野菜、肉、米が全て摂れるので健康的な料理となります。
ニンニクとプロバンスハーブで味付けをした肉をトマト、ズッキーニ、赤と黄色パプリカに詰めました。オーブン型の下に米をひいて、野菜と一緒に焼いたら、野菜から出るジュースを吸ってとても美味しくなります。

Presenting the Gironde area - ジロンド県を紹介する

Presenting the Gironde area – ジロンド県を紹介する

While the food was cooking I did a short presentation about the Gironde area, the department where Bordeaux, my hometown, is located.
I started by presenting the different sceneries. Indeed, Gironde’s Atlantic coastline is more than 100km long and boasts many beautiful beaches that are famous for surfing. We even have a world surfing competition that takes place every summer.
The Gironde area is also famous for its wine, but also for its numerous medieval villages and historical ruins: while sipping wine in the various wineries along the way, you can visit many churches, abbeys and fortified towns as well to polish your knowledge of history.

料理を焼いていた間、出身地のボルドー市が位置するジロンド県について説明しました。まずは様々な風景を紹介しました。ジロンド県は大西洋に面し、海岸線が100キロ以上もあり、サーフィンが有名なビーチをたくさん有します。毎年夏に国際的なサーフィン大会がジロンド県で行われています。
ワインも有名ですが、中世時代の村や遺跡を見る価値もあります。ジロンド県の全域にあるワイナリーを見学し、ワインを楽しみながら中世時代の教会、修道院、要塞都市などもたくさん見学でき、歴史の知識を深めることができます。

Many events also take place throughout the year in the Gironde region too. Some events will take you back to the medieval ages (the Saint Macaire festival), others to the 20th century (Soulac 1900), others focus on culture with concerts, poetry, theater, dance or circus performances (Les scenes d’ete en Gironde), one gives you the opportunity to run among the vineyards in strange costumes (The Medoc Marathon) etc. Everybody can find something to enjoy!
The Gironde area also boasts many delicious treats. It is the homeland of duck cuisine (magret, confit and foie gras), caneles and almond macarons (you will never find those in Paris!).

また、ジロンド県では一年中色々なイベントが開催されます。例えば中世時代の祭り(サン・マケール市の祭り)もあれば20世紀にタイムスリップできるお祭り(Soulac 1900)もあります。コンサート、詩の朗読会、演劇、サーカス、ダンスなど文化を中心としたイベント(Les scenes d’ete en Gironde)があり、仮装して葡萄畑を走るイベント(メドック・マラソン)もあります。必ず好みに合うイベントを見つけることができます!
最後に、美味しい名物がたくさんあります。ジロンド県はマグレ、コンフィ、フォアグラなどの鴨料理の発祥地であり、カヌレとアーモンドマカロン(パリで絶対買えません!)の生産地でもあります。

The food was then cooked so it was time to fry some French toast for dessert and enjoy our hard work! Everybody loved it, especially the lovely presentation of the vegetables – perfect when receiving friends for lunch or dinner at home.
Looking forward to meet everyone again next year!

講座が終わったら料理ができたのでデザートのためにフレンチトーストを焼いて、全員で楽しく食事をしました。肉詰めの野菜が人気でした。盛り付けがとても綺麗なので、家に友達が食事をしに来たら自慢して出せる料理にもなりますね!
来年に皆さんとまた会えるのを楽しみにしています!

Bon appetit! - いただきます!

Bon appetit! - いただきます!

Bento cooking class – お弁当料理教室

Alice from KPIC here!
Summer has finally arrived and with it the Gion Festival. Did you enjoy it?
Last month, I organized a bento lunch cooking class for international residents and it was a lot of fun, even if the preparation was quite hard!

京都府国際センターのアリスです!
梅雨がやっと明けて、夏と祇園祭りが来ましたね。皆さん、祇園祭りは楽しかったですか?
先月、外国人住民向けのお弁当料理教室を開きました。準備がとても大変でしたが、当日は本当に楽しかったです!

Happy bento cooking team - お弁当作りのチーム

Happy bento cooking team – お弁当作りのチーム

In France, we don’t have bento lunch boxes. Instead, when we go on school excursions or have to take our lunch to work, we often prepare a sandwich in the morning, or put some salad, pizza or quiche into a Tupperware. I am always amazed by how cute and diverse my coworkers’ lunch boxes are. It’s quite a challenge for me to make a bento, and I don’t think I am alone in this. Many foreigners in Japan and people outside of Japan are amazed by the Japanese “bento culture”, and a lot of bento recipe books have started selling in France and abroad.

That is why I decided to make a bento cooking class for foreigners living here, with really simple recipes to learn how to make the basics and use Japanese ingredients such as dashi for example.

Bento

Cute bento food - 可愛いお弁当の料理

フランスでは「お弁当」がないですね。遠足に行く時や職場に昼食を持って行く時はサンドイッチを作るか、サラダ、ピザ、キッシュをタッパーに入れて持って行きます。なので、同僚の可愛いお弁当にいつもびっくりします。自分にとって、お弁当の様々なおかずを作るのはとても大変で、それは自分だけではないと思います。日本に住んでいる外国人や海外の皆さんにとって、日本の「お弁当の文化」はとても魅力的ですよ。最近、フランスと海外でお弁当のレシピ本が人気になって、たくさん売れています。

ですから、お弁当の基本と「だし」のような日本の材料の使い方を習得するために、京都府に住んでいる外国人住民のためにお弁当料理教室を開いてみました。

Cutting the konjac (konyaku) - こんにゃくを切ります

Cutting the konjac (konyaku) – こんにゃくを切ります

Together with a Japanese teacher, we held this class on June 29th in Uji City. 19 people showed up for the event, from many diverse cultural horizons such as China, Hong Kong, Korea, Indonesia, Malaysia, America, Australia, New Zealand etc. We had the recipes ready in 3 languages, Japanese, English and Chinese. People then did their best to recreate the recipes and make a cute bento by themselves.
The day’s menu was as follow:

–       Japanese omelet (tamago yaki)
–       Octopus shaped wiener sausages
–       Sesame vegetables (goma-ae)
–       Ginger chicken (tori no shoga yaki)
–       Konjac sauté (konyaku)
–       Onigiri (can you make a pretty triangular shape?)
–       Bunny shaped apples

Preparing the ginger chicken - 鶏肉のしょうが焼きを作ります

Preparing the ginger chicken – 鶏肉のしょうが焼きを作ります

日本人の講師と共に、6月29日(土)に宇治市でお弁当料理教室を開きました。中国、香港、韓国、インドネシア、マレーシア、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど、世界の様々なところから参加者が19人集まりました。レシピを3カ国語(日本語、英語、中国語)で用意し、日本語と英語で説明しました。

参加者は熱心にレシピを読んで、可愛いお弁当を自分で作ってみました。
教室のメニューは以下の通りでした:

–       卵焼き
–       タコさんウインナー
–       野菜の胡麻和え
–       鶏肉のショウガ焼き
–       こんにゃくの炒め物
–       おにぎり
–       ウサギのりんご

Listening to the teacher's explanations - 講師の説明を聞く

Listening to the teacher’s explanations – 講師の説明を聞く

I practiced only once with the teacher before the class, so I learned again together with the participants. It was really hard to roll the omelet with chopsticks without breaking it or correctly peel the apple’s skin so the “ears” of the rabbit turn pretty, but in the end everybody succeeded and had a nice bento to enjoy. Some participants even tried to make “kyara-ben” or character bento by drawing cute faces on their onigiri.

料理教室の前に講師と1回しか練習しなかったので、私も参加者と一緒にもう一度勉強しました。箸で卵焼きを巻くことやウサギりんごの「耳」をきれいに切ることなどはとても大変でしたが、結局参加者全員は無事にお弁当を作れました。何人かがおにぎりの上で顔を作ってみて、キャラ弁にもチャレンジしました。

Bento lunch boxes are ready! - お弁当箱が準備できました!

Bento lunch boxes are ready! – お弁当箱が準備できました!

We then all ate our bento together. People got to know each other really quickly (cooking makes bonds!) and soon the room was full of laughter as they compared their bento and engaged in friendly conversations.

I hope what they learned during the class will be useful and that next time they pass that dashi or konyaku in the supermarket, it will give them ideas to try new recipes and master new bentos. I will definitely give it a try!

Cute bento box!  -  可愛いお弁当ができました!

Cute bento box! – 可愛いお弁当ができました!

最後に、みんなでお弁当を食べました。参加者がすぐに仲良くなって(一緒に料理を作ったら友達になるでしょう)、お弁当を比較しながら会話をして、にぎやかになりました。

料理教室で習ったことが日常生活で役に立ったら良いですね。今度、スーパーでだしやこんにゃくの前を通ったら、お弁当の新しいレシピをチャレンジしてもらえたら嬉しいです。私は絶対挑戦してみたいです!

The whole group! 参加者のみなさん!

The whole group!
参加者のみなさん!

French sweets cooking class in Kyotango – フランスのお菓子 料理教室in京丹後

KyotangoHi! This is Alice from KPIC. The cherry blossoms have ended and spring is finally here!
On March 16th, I did a French cooking class in Kyotango City. This time, it was a dessert cooking class in the afternoon where we cooked 3 sweets: chocolate mousse, yoghurt cake and crepes.

京都府国際センターのアリスです!桜が散ってしまいましたが、春がやっと来ましたね。3月16日に京丹後市でフランス料理教室を開きました。今回、午後の時間でデザートを三つ作りました:チョコレートムース、ヨーグルトケーキとクレープです。

Egg whites are ready! 白身を泡立てました!

Egg whites are ready!
白身を泡立てました!

We first started with the mousse as it needs to be refrigerated 3 hours or more before actually turning into a mousse. The sweet smell of chocolate started to float around the room as participants melted the chocolate and got started. The hardest part when doing a mousse is to get the right consistency. To do so, you have to beat the egg whites until they get thicker and they shouldn’t fall even if you turn the bowl over. It was funny to watch everybody do so and be excited when the whites stayed at the bottom!

Once the mousse was ready, we put it into cups and in the refrigerator.

Kyotangoまず、3~4時間ぐらいの冷蔵が必要なムースから始めました。参加者が料理し始めたらチョコレートの溶ける甘い匂いが部屋中に飛んできました。生地をムースにするのは一番大変です。それができるため、固まるまで白身を泡立てないといけません。ボウルをひっくりかえしても落ちなかったら、できあがりということです。ボウルをひっくりかえし、白身がそこに残ることで盛り上がった参加者の姿を見て面白かったです。

ムースが完成したらカップに移して冷蔵庫に入れました。

Chocolate mousse! チョコレートムース

Chocolate mousse!
チョコレートムース

Explaining the yoghurt cake ヨーグルトケーキの作り方を説明する

Explaining the yoghurt cake
ヨーグルトケーキの作り方を説明する

The yoghurt cake is a really popular and easy to do French cake. Basically, you use one yoghurt’s carton to measure all the other ingredients, put everything together, mix, add the flavor or fruits you like and bake. In France, even 3 year old children can bake this cake, so it’s really popular for picnics, parties and rainy Sundays.

ヨーグルトケーキは一番人気で簡単なフランスケーキだと思います。ヨーグルトの箱を使って、他の材料を量り、全て混ぜて、好きな味や果物を加えて、焼くだけです。フランスでは3歳の子供もよく作るので、ピクニック、パーティーや雨天の日曜日に完璧です。

Yoghurt cake! ヨーグルトケーキ出来上がり!

Yoghurt cake!
ヨーグルトケーキ出来上がり!

For the crepes, I always use my grandmother’s recipe which is… to put orange peel into the batter! It’s always a success even if it’s quite bothersome to grate a whole orange.

How to add the orange peel into the batter 生地にオレンジの皮を入れる

How to add the orange peel into the batter
生地にオレンジの皮を入れる

To make good crepes you have to make sure that everything is well blended without lumps, add a few drops of vanilla essence and sugar until you cannot feel the taste of flour anymore and the batter itself tastes sweet. Use only one ladleful of batter in a heated fry pan, spread it using round movements, cook until both sides are colored and you have a wonderful French crepe! As in Japan, we put fruits, whipped cream, jam, honey, chocolate inside the crepes but the most common way of eating them is with either sugar or Nutella.

Spread the batter in the fry pan フライパンで生地を広げる

Spread the batter in the fry pan
フライパンで生地を広げる

クレープはいつもお祖母さんのレシピが活躍します。秘密は。。。。生地にオレンジの皮を入れることです!オレンジの皮をすりおろすのは大変ですが、最後の結果はいつも大成功です。

美味しいクレープを作るには粉の固まりがなくなるまで生地をしっかり混ぜて、バニラエッセンスを加え、粉の味がなくなり、生地自体が甘くなるまで生地に砂糖を入れてください。それから、温かいフライパンに生地を一玉入れて、フライパンを回しながら生地を広げます。両面に色が付いたらできあがりです!食べる時に日本と同じように、果物、生クリーム、ジャム、はちみつ、チョコなどを乗せますが、フランスで一般的な食べ方は砂糖やヌテラというチョコクリームです。

Time to eat! 食事タイム!

Time to eat!
食事タイム!

It was quite tight to make 3 desserts in 2h30 but we managed to finish everything on time and eat all together, although the mousse was better after leaving it a whole night in the fridge!

I really like Kyotango with its pretty beach, delicious food, onsens and warm people! Especially their accent! I hope I will have other occasions in the future to take the Kyotango people to France for a few hours!

2時間半でデザートを三つ作るのは少し厳しかったですが、全て作り終えて、みんなで食べることができました。しかしムースは一晩冷蔵庫に置いた方が美味しいです。

京丹後のきれいなビーチ、美味しい食べ物、温泉、温かい人々が大好きですね。特に皆さんのなまりが好きです。これからもまた、京丹後の人たちを数時間のフランス旅行へ連れて行ける機会があれば嬉しいです!

Chocolate mousse, crepes and yoghurt cake. チョコレートムース、クレープとヨーグルトケーキ

Chocolate mousse, crepes and yoghurt cake.
チョコレートムース、クレープとヨーグルトケーキ

Let me know if you want the recipes!

レシピが欲しい場合、コメントで教えてください!

Cooking Class in Oyamazaki and Nantan Kids Carnival 大山崎での料理教室と南丹のキッズカーニバル

京都府国際センターのアリスです。1月末に京都府で色々なイベントに参加する機会がありました。
Hi! This is Alice, the CIR at Kyoto Prefectural International Center.
At the end of January, I was lucky to participate in 2 very different events in Kyoto Prefecture.

~ Cooking class in Oyamazaki ~

~ 大山崎町での料理教室 ~

1月23日に京都市から15分のところにある大山崎町でフランス料理教室を開きました。実は去年も同じイベントを開催して、「ビーフ・ブルギニョン」というワインシチューと「リ・オ・レ」という甘い米のデザートを作りました。日本の食料はフランスより甘くて、よく使うフレッシュクリームをはじめ、手に入らない材料も多く、日本の家庭でなかなかないオーブンもよく利用しますので、日本でフランス料理を作るのは結構大変です。

The first event on January 23rd was a French cooking class organized in Oyamazaki Town, a 15min train ride from Kyoto. I already went there last year to cook some “Boeuf Bourguignon”, a beef stew braised in red wine, and “Riz au Lait”, a dessert made from rice, milk and sugar. Cooking French food in Japan is very challenging, because the taste of the ingredients is really different (everything is sweeter in Japan!), some ingredients do not exist (such as what we call “crème fraiche”, or fresh cream), and most of the dishes require an oven, which is really rare to find in Japanese homes.

Lecture about French cuisine and eating habitsフランスの食文化について発表

Lecture about French cuisine and eating habits
フランスの食文化について発表

まず、フランスの食文化について発表し、歴史による変化や2011年に無形文化遺産になったことについて説明しました。フランスの美食や特別な料理より、食に対するフランス人の考え方と習慣が登録の対象となっています。実は、現在の早いライフスタイルにもかかわらず、フランス人のほとんどがまだ2時間の昼休憩を取って、食事を三つのステップでします。それは「前菜」、「メイン」、「デザート」と言う順番です。「デザート」はチーズ、ヨーグルト、果物やケーキのどちらかです。日本ではご飯を食べてからデザートを食べないことはとても不自然に感じます!

I first started with a presentation about French cuisine and eating habits, explaining how they changed through history, and how it was listed as an “Intangible Cultural Heritage” in 2011. What was classified is more French people attitudes and relationships to food rather than a dish in particular or the famous “French gastronomy”. Indeed, in spite of today’s stressful and busy life, most of the French still take a 2hour-lunch break, and still maintain 3 steps in their meal: starter, main dish and dessert. Dessert can be either cheese, yoghurt, fruit or a pastry. It feels strange to me if I do not eat something after finishing my main dish!

それから、フランスの家庭料理を紹介しました。「ネギタルト」、「カスレ」、「タルト・タタン」はご存じですか?家庭料理以外、食に関する行事も紹介しました。それは例えば1月6日の「ガレット・デ・ロワ」、2月2日のクレープの日、庭で卵を探しに行くイースターなどです。

I also introduced the most common French family dishes. Do you know la “tarte aux poireaux”, le “cassoulet“ or la “tarte tatin“? Lastly, one cannot introduce French food culture without speaking about its many related events, such as La Galette des Rois (king cake) on January 6th, the Crepe Day on February 2nd, Easter and its egg hunt etc…

発表の後、参加者がフランス料理を作りました。5歳の子供でも作れる「ヨーグルトケーキ」と言うとても簡単なレシピを選びました。ヨーグルトを使って、その箱を再利用して、材料を測りますので、道具と料理の経験は要りません!世界で一番簡単なケーキですね。とても簡単なケーキなので、りんごとチョコレートでレシピをアレンジしました。

Gateau au Yaourtヨーグルトケーキ

Gateau au Yaourt
ヨーグルトケーキ

It was then time for the participants to try their hand at French cuisine. I had chosen a very simple cake recipe, the famous “gateau au yaourt (yoghurt cake)” that even 5 year old children can make. Basically, you just have to use one yoghurt, and then reuse the package to measure the other ingredients. No need of scales or particular cooking experience! The easiest cake in the world! This cake being really basic, we made an apple and a chocolate version.

参加者はフランスのケーキをそんなに簡単で楽しく作れることにびっくりしました。大山崎町の住民の熱心と優しさに感動して、交流できてとても良かったと思います。また来年!

Participants were really happy to find out that French cakes can be really easy and fun to do, and I am glad I had the chance to go out and meet the very enthusiastic and sweet people of Oyamazaki. I hope we can meet again next year!

~ Nantan Kids Carnival ~

~ なんたにあんキッズカーニバル

England boothイギリスのブース

England booth
イギリスのブース

次のイベントは1月27日に京都から1時間のところにある南丹市で開催されました。毎年開かれて、参加者100人、色々な国から講師もたくさん来ると言う大型イベントです。
今年はブータン、フィリピン、インド、イギリスとドイツの人と一緒に参加しました。みんなはブースを出して、国の小物、雑貨、衣装、楽器などを展示しました。フランスの場合は、出身地ボルドーの地図と写真、「BD」と呼ばれているフランスの漫画(日本の漫画より倍ぐらい大きくて、フルカラーです)、ユーロとフランス語で書いてある日本の漫画を持ってきました。子供達はヨーロッパで同じお金を使いますが、国別によって裏のデザインが違うということを知って、びっくりしました。

France boothフランスのブース

France booth
フランスのブース

The second event was held on January 27th in Nantan City, approximately one hour from Kyoto. Held every year, it is quite a large scale event with a hundred participants and booths from many countries in the world.
I had the chance to participate this year, together with people from Bhutan, the Philippines, India, England and Germany. Everybody had prepared a small booth with various objects, clothes and sometimes even music instruments from their country. For France, I had brought some maps and postal cards of Bordeaux, my hometown, French manga called “BD” in French, twice the size of Japanese manga and in full color, euro coins and Japanese manga… in French! Children were especially surprised to learn that we all use the same currency in Europe, but that the heads side of the coins are different from each country.

Explaining about the Euroユーロについて説明する

Explaining about the Euro
ユーロについて説明する

Learning Dzongkhaゾンガ語を習う

Learning Dzongkha
ゾンガ語を習う

イベントはまずブータンの言葉、ゾンガ語の挨拶を習う練習から始まりました。それから、インドの数学を勉強しました。その計算のやり方をもっと早めに知っておけば、学校でもっと良い成績が取れたかもしれませんね。数学が本当に簡単になりました。
そして、王女、有名な橋などの写真を見て、クイズで答えながらイギリスについての知識を深めました。ヨーロッパ人であるのに、日本人の子供と同じぐらいしか分からないことに気が付いて、もっと出身地であるヨーロッパについて学びたいな。。。
フィリピンのゲームで体を動かしました。特に、子供が紙でできているボールでたくさん遊びました。目的は足の内側でボールをけることですが、大きいサッカー試合みたいな雰囲気になって、楽しかったです。

Indian mathematicsインドの計算

Indian mathematics
インドの計算

The event started with Bhutan, introducing their language, Dzongkha, and teaching children the basic greetings. We then learned how to multiply the Indian way, and I wished I had known this earlier in school to get better grades! Mathematics became so much easier.
After that, it was time to test our cultural knowledge about England, by looking at pictures of the queen, famous bridges etc., and answering quizzes about them. I discovered my knowledge as a European was almost the same as Japanese children! I need to learn more about my home area…
We got to move our bodies afterwards, thanks to games from the Philippines. The kids especially enjoyed playing with a ball made from a sort of paper. You have to make the ball bounce on the inside of your legs as many times as you can, but it almost turned out into a giant soccer party, which was really fun as well.

Londo Bridge is falling down!ロンドン橋が落ちている!

Londo Bridge is falling down!
ロンドン橋が落ちている!

Stilt race: run for the pogs!メンコのために竹馬レース頑張れ!

Stilt race: run for the pogs!
メンコのために竹馬レース頑張れ!

その後、フランスの番になりました。竹馬のレースと「ポッグ」と言うフランスのメンコを賞品として用意しました。子供と両親はレースに参加し、チームを作りました。それから、フランスのポップミュージックでポッグをたくさんもらうためにレースに熱心に参加していただきました。びっくりしたことに、大人のチームではなく、子供のチームが勝ちました!
レースの後、メンコでたくさん遊びました。実はフランスでポッグが90年代ぐらいに流行りましたが、2000年代に入ってから段々なくなりましたから、今のフランス人の子供はポッグを知らないかもしれません。。。 子供の時にポッグを集めて、遊ぶのはとても楽しかったので、南丹の子供も楽しめたら嬉しいですね。

Giving out French pogsフランスのメンコを配る

Giving out French pogs
フランスのメンコを配る

France’s turn was after that. I had prepared a stilt race with Pogs to win. The children and their parents both participated in the race and were divided into teams. Encouraged by French pop music, they rushed through the room to finish the race as quick as possible and win a lot of Pogs. Surprisingly, the children’s team won against the adult team!
After the race, everybody was busy trying to win other children’s Pogs and play together. Actually, the Pog fad in France soared in the 90s before fading out again, so maybe nowadays French children don’t know about them… I had a lot of fun collecting and playing with them when I was a child, so I hope Nantan children will enjoy them too!

French pogsフランスのメンコ

French pogs
フランスのメンコ

最後に、ドイツの伝統歌を何か国語で歌ってから、終わりの時間になりました。
このような大型イベントの準備はとても大変ですが、南丹市国際交流協会とボランティアの皆さんのご協力のおかげで無事に終わることができました。子供と遊んで、他の国について知ることができて、とても興味深いイベントでした。来年も参加できたら嬉しいです!

We then sang a German popular song in many languages before it was time to go back home for the children.
Despite the amount of preparation needed for such a big scale event, everything went smoothly thanks to the experience of the Nantan International Association and the volunteers who participated. I had a great day playing with the children and learning about other countries in the world! I also hope to participate again next year!

Hanukkah Event ハヌカのイベント

Hi everyone! This is Steven, the CIR in Seika. I’d like to tell everyone about a foreign culture-related event I put on recently.

みなさんこんにちは!精華町の国際交流員、スティーブンです。このあいだ開催した異文化理解イベントについて紹介したいと思います。

Did you know that many Jewish people do not celebrate Christmas? As a Jewish person, I grew up celebrating a different holiday called Hanukkah. Hanukkah comes at a slightly different time every year because it is pegged to the Hebrew calendar, but it is always around the same time as Christmas. However, Hanukkah has its own special customs that are unrelated to Christmas. On Sunday, December 9th, I had the opportunity to teach 17 children and their parents about Hanukkah at the Mukunoki Center in Seika.

多数のユダヤ人がクリスマスを祝わないということはご存じでしょうか。ユダヤ人として、ハヌカという、別の祝日をずっと祝ってきました。ハヌカの日にちは、ユダヤ暦に基づいているので西暦では毎年違いますが、いつもクリスマスとほぼ同じ時期にきます。しかし、ハヌカにはクリスマスと関係なく、独特な習慣があります。12月9日(日)に、むくのきセンターで子供17人とその保護者にハヌカについて紹介する機会がありました。

First, the event opened with the story of Hanukkah. Hanukkah is a holiday which celebrates two miracles. The first was that the ancient Jews successfully rebelled against their Greek oppressors despite a vastly smaller army. The second was that when the Jews built a new temple and rededicated it, their menorah (nine-branched candelabrum) burned for a whole eight days, even though there was only enough oil for one day. For this reason, Hanukkah is celebrated over an eight-day period.

最初は、ハヌカの物語について話しました。ハヌカとは、二つの奇跡を記念する祭りです。一つは、昔のユダヤ人が、兵数が少ないのにもかかわらず、ギリシャの圧制者に反する蜂起で勝ったことです。もう一つは、昔のユダヤ人が新しい神殿を建設し再び奉った時、メノーラー(9本の燭台)が一日分の油しかなかったのに8日間も燃え続けたことです。こういうわけで、現在ではハヌカは8日間かけて祝います。

Image

Frying latkes 揚げたラトケ

After that, we moved onto the activities section of the event. First up was cooking latkes, traditional Jewish potato pancakes which are often eaten on Hanukkah. By the end, everyone was getting good at flipping them over, and I’d say they came out pretty well!

その後、イベントのアクティビティに移りました。まずはラトケ(ハヌカでよく食べられる、ユダヤの伝統的なじゃがいものパンケーキ)作りでした。結局、みんながきれいに返せるようになっていました。とてもおいしくできたと思います!

Image

Making a pop-up card 飛び出すカード作り

Next came the crafts. First, everyone made pop-up cards and decorated them with various Hanukkah-related images, such as menorahs. Then they all learned how to make paper dreidels, or special tops that children play with on Hanukkah.

次は工作でした。まずは飛び出すカードを作って、メノーラー等のハヌカに関する絵をかいたり飾りつけをしたりしました。その後は紙のドレイドル(よくハヌカで振って遊ぶこま)でした。

The final part of the event was candle-lighting. Participants got to try their hand at lighting candles. Some of the children were nervous at dealing with fire, but in the end they did a magnificent job of lighting the candles. Afterwards, everyone stood and enjoyed the tradition that has given Hanukkah the nickname of “Festival of Lights.”

最後には、明かりを灯しました。参加者はろうそくに火をつけてみました。子供は少しはらはらの様子でしたが、最後はみんながきれいな火を灯せました。その後、みんながそのまま立って、ハヌカが「光の祭り」と呼ばれるきっかけである習慣を十分楽しんでいる様子でした。

Image

Lit candles ともした明かり

It was great getting to teach everyone about my culture and have fun in the process. Looking forward to next time!

楽しみながらみんなに自分の文化を紹介したのは本当によかったと思います。今度も楽しみです!