Let’s enjoy Taiwanese Culture! みんなでいっしょに台湾の文化を楽しもう!

Hello everyone! This is an update from your Coordinator for International Relations (CIR) for Kyotanabe City, Mary Ho.

京田辺市国際交流員(CIR)のホーイーチンです。

On Saturday May 25th, I ran the event 2019 Kyotanabe International Exchange Association Annual Anniversary Event: Let’s enjoy Taiwanese Culture! Every year, the association selects a theme and this year it was chosen to be Taiwan. This year the event featured Taiwanese cultural talk and Taiwanese martial arts performances.

2019年5月25日(土)に中央公民館で開催された京田辺国際交流協会主催の「2019年度京田辺国際交流協会総会記念事業-みんなでいっしょに台湾の文化を楽しもう!」に参加しました。このイベントは、毎年テーマ国を決めて様々な文化やパフォーマンスなどを紹介する事業で、今年は台湾をテーマとして講演と伝統武術の演武が行われました。

As the speaker for the Taiwanese cultural talk session, I talked about Taiwanese people’s personalities and communication style as well as a brief introduction on Taiwanese history. It was the first time that many of our participants listen to such content and everyone was very curious. At the end of my talk, I had a quiz session with prizes. The participants actively raised their hands and people who answered the correct answers got Taiwan-related goods as prizes. It was exciting to see the participants enjoyed the talk so much. Everyone had fun during the quiz session too.

まず初めに私が講師として第一部「フォルモサトークショー」を行い、台湾の紹介、台湾人の特徴、台湾の歴史などについて紹介しました。参加者は台湾のことについて初めて聞くことが多かったようで、とても興味津々の様子でした。その後のクイズコーナーでは、正解した参加者に対し、コースターなどの台湾グッズをプレゼントしました。

Then we had Mr.Wang and Mr.Chen perform Taiwanese martial arts for us. The lead performer – Mr.Wang is currently teaches at the Osaka Chinese School for various traditional martial arts such as swords arts and Tai Chi. During the event, not only did they perform the martial arts on stage but they also arranged a practice session with the participants. The participants got to learn the basic moves of Tai Chi and how it can be practiced for daily exercise. Everyone was amazed by the performances and enjoyed learning Tai Chi with the performers. The two hour event went in a blink and I was very happy to see the participants learn about Taiwanese culture in an enjoyable atmosphere. It was a wonderful day filled with the wonders of Taiwanese culture.

第二部の台湾武術ショーとその体験では、日本白沙武術研究会に所属されている王彥凱さん達と大阪中華学校に所属されている陳明徳さんが、太極拳や八極拳など様々な拳法や剣を使った演武などを披露しました。参加者は中華武術の迫力ある動きに魅了された様子でした。その後体験では王さん達から参加者が直接手ほどきを受け太極拳などの基礎ポーズを練習し、2時間の記念事業はあっという間に終了。台湾の魅力の一部を皆さんに理解してもらうことができてよかったです。謝謝!

Advertisements

Thanks for the Memories!最高の思い出をありがとう!

Hi! It’s me, Michelle, the Kameoka City CIR. I will be finishing up my term here at the end of June. When I think back on all the valuable experiences I’ve accumulated here, my heart becomes filled with deep gratitude. Thanks to all the people who looked out for me, I was able to lead a truly fruitful, fulfilling and blissful life in Kameoka.

亀岡市国際交流員のミシェルです!6月末に亀岡市での任期が終わってしまいます。今まで積み上げた貴重な経験を振り返ってみると、心が感謝の気持ちで溢れます。これまでお世話になった皆様のおかげで、実り多くて充実した生活を送ることができ、この4年間は実に幸せでした。 

The time I spent here is an irreplaceable treasure to me. I got to learn a little bit of calligraphy, traditional Japanese dance and kimono dressing. Work-wise, I did more than I ever thought possible and it has led to close friendships with amazing colleagues, fellow foreigners, citizens from sister and friendship cities and last but not least, kind local people. When I received my placement notice 4 years ago in May, I never thought in my wildest dreams that I would come to love Kameoka this much and that I would be so blessed in both my professional and personal life.

ここで過ごした時間は、私にとってかけがえのない宝物です。少しですが、お習字、日本舞踊と着物の着付けのお稽古を受けました。仕事に関しては、様々な業務に携わったので、素晴らしい同僚、同じように外国から来た人、姉妹・友好交流都市の市民の皆さん、そして優しい現地の人と強い友情の絆を築くことができました。ちょうど4年前の5月に、亀岡市への派遣決定通知を受けたときは、まさかこのように亀岡市が好きになり、このように公私ともに恵まれるなんて、思うもしませんでした。

I also love Kameoka city itself. It is blessed with beautiful nature (Sakura Park during cherry blossom season and Kuwayama Shrine during fall), delicious food, and a great location. I remain ever so grateful and amazed that I got to enjoy gorgeous rural scenery on bike rides, hiking at the breathtaking Hozu valley, eating delicious traditional cuisine and cozy cafes (my favorite café in the world is Limone!) while being only a stone’s throw away from the famous Kyoto city.

便利な位置にあり、素晴らしい自然(桜の時期のさくら公園と秋の鍬山神社は特に美しい)、美味しい料理に恵まれている亀岡の街も大好きです。有名な京都市からすぐの亀岡市で、自転車で田園や里山風景を楽しめること、息をのむような美しい保津峡でハイキングできること、伝統的な日本料理を味わえること、そして心地よいカフェ(世界で一番好きなカフェはリモーネ!)でくつろげることなど、とても感激し、ありがたく思います。

Michelle at Limone
This place is so cozy and comfortable that I must have been here more than a hundred times!

Volunteering as a facilitator for the Powwow English Conversation session run by local citizen group Kyo-cro-cul was especially rewarding when I saw how enthusiastic and interested participants were to use and learn English. Learning about calligraphy, Japanese dance and kimono dressing allowed me to experience traditional Japanese culture up close and deepen my understanding of the intricacies behind each art.

ボランティア活動で、市民団体京・くろかる隊主催の英会話「PowWow」セッションの進行役を務め、参加者の英語に対する関心と、熱意から刺激を受けました。さらに、お習字、日本舞踊と着物の着付けのお稽古を通し、日本文化を間近に体験し、その奥深さに触れ、伝統芸術への理解を深めました。

Michelle Takarazuka
I fulfilled my dream of watching a Takarazuka show in Takazuka City thanks to a close friend whom I met in Kameoka!

Creating, planning and facilitating the Global Café sessions (organized by KIEA) brought me immense work satisfaction when I saw how happy participants and foreign guests were when interacting and exchanging cultures. I was initially intimidated and overwhelmed at first with business trips abroad. However, not only did I increase my professional competency once I overcame various challenges, I also formed close bonds with some wonderful and interesting people I met in the countries I visited.

また、亀岡国際交流協会主催のグローバルカフェ事業の発案、企画、進行などの仕事を通し、参加者と外国人ゲストが楽しく文化を交流する様子を見て、達成感や満足感を得ました。初めての海外出張は不安でたまりませんでしたが、様々な困難をコツコツ克服していくことで、自信と実力をつけることができ、訪問先の国で出会った素晴らしい街の人々や交流事業の関係者と仲良くなることが出来ました。

Through my position at Kameoka City Hall and Kameoka International Exchange Association, I was given many chances to be actively involved in a variety of work from official visits and exchanges between sister and friendship cities, 2020 Tokyo Olympics related Host Town initiatives, to projects and newsletter editing work to promote international understanding amongst local citizens. Neither words nor pictures are enough to convey the diversity of experiences I was blessed with, so allow me to introduce some of these many experiences via the video below!

このように、亀岡市役所と亀岡国際交流協会の仕事を通し、姉妹・友好交流都市との交流活動や訪問事業を始め、2020年東京オリンピック関係のホストタウン事業、市民向けの国際理解講座・ニュースレター編集など多方面に活躍する機会が与えられました。言葉や写真でも伝えきれないほど貴重な経験をたくさんさせていただきましたので、ビデオで皆さんにも紹介したいと思います!

Thank you all for making me the person I am today. My next step takes me to Tokyo where I will be challenging myself on an entirely different stage. However, I hope to make similar connections in my new community by making full use of my experience as a CIR and to continue engaging in international exchange activities as I move forward.

今の私があるのは、ひとえに皆様のおかげだと過言ではないと思います。次の行先は東京で、まったく違う業界で新たな仕事で自分の可能性に挑戦しますが、このように地域の皆さんと仲よくなれるため、国際交流員としての経験を活かしながら新しい場所で国際交流の活動を続けていきたいと思います!

小中学校でハワイ異文化講座 Hawaii Lectures at Elementary and Junior High Schools

Greetings!

My name is Gavyn Guigui and I am the new Coordinator for International Relations (CIR) for Seika Town starting August 2018. Although I am new to Seika, I am not new to the CIR position as I was previously the CIR for Kizugawa City (a neighboring municipality) for two years before coming to Seika. For a more detailed self-introduction, please check out my introduction page!

こんにちは!

2018年の8月から精華町の新しい国際交流員(CIR)を務めるギギ・ギャヴィンと言います。精華町に最近引っ越しましたが、その前の2年間、隣接する木津川市の国際交流員を務めていましたのでCIRの仕事に慣れています。詳しい自己紹介はこのページをご覧ください!

There are a number of events coming up in Seika Town that I would like to report in the coming days, so stay tuned! In the meantime, I would like to talk about some school visits I made towards the end of my tenure at Kizugawa City.

精華町の今後のイベントをいくつか報告するつもりですが、その前に木津川市で最後に行った学校訪問について少し話したいと思います。

IMG_8778

My stage for the day at Saganaka Elementary School

In my last month as the CIR for Kizugawa, I visited a few elementary schools and one of the city’s junior high schools to present about some interesting things from my hometown Hawaii such as the food, sights, and its cultural differences with Japan. Since the grade levels for which I asked to present to were so disparate, I decided to make two different presentations, one for the elementary schools and another for the junior high schools.

木津川市の国際交流員として最後の1ヵ月、食べ物、絶景スポット、日本との文化の違いなど故郷の面白いところについて発表するために、市の小・中学校に訪問しました。発表を依頼した学年は大幅に違いましたので、小学生向けと中学生向けのプレゼンを作成しようと決めました。

For the elementary school presentation, I talked about basic information regarding Hawaii like how many islands there are in the main island chain, and the delicious foods you can eat only in Hawaii. The children were enthusiastic in their reaction and were very interested in hearing things they didn’t know about Hawaii. Some classes prepared questions to ask at the end of my presentation, and a few of them even asked in English!

小学生向けのプレゼンでは、ハワイ諸島はいくつの島で構成されているかや、ハワイでしか食べられない物などの基本情報について語りました。子ども達は元気に反応してくれて、僕が教えていた一般人が知らないハワイにも興味を持ってくれました。質問も準備していて、数人が英語で聞いてくれるクラスもありました!

The middle school presentation consisted of similar topics, but I added a few slides about the differences between American and Japanese schools. The topics that surprised them the most were perhaps the quality of American school lunches and the lack of cleaning time allotted in the school day. Lastly, I taught them about the Hawaiian alphabet, vocabulary, and how to do a short self-introduction in Hawaiian.

中学生向けのプレゼンでは、ほぼ同じ内容でしたが、アメリカと日本の学校の違いについての情報も追加しました。一番驚かせた話題は給食の質の違いや掃除時間がないことでした。最後に、ハワイ語の文字や、言葉と簡単な自己紹介の仕方を教えて、とても楽しみました。

IMG_9074Visiting the schools was a great learning experience on how to tailor educational content for different audiences of varying ages that keeps them interested and engaged. Also, since I don’t teach at schools on a daily basis, it was interesting to see the Japanese student and teacher dynamic in real time. I hope I get to visit many more schools during my time as Seika Town’s CIR!

学校訪問をすることにより、年齢の違う児童生徒が同じようにプレゼンに興味を持ち続け、楽しく参加してくれるためには、教材をどう調整すればよいかといういい勉強が出来ました。学校の先生ではないので、生徒と先生の関係を実際に見られて面白かったです。精華町の国際交流員としてたくさんの学校訪問ができるように期待しています!

英語村オリンピック・パラリンピック講座 English Village Olympics・Paralympics Lecture

(Posted by Maia Hall, Kyoto Prefectural Office CIR)

On the 22nd November, 2017, I had the opportunity to go visit the Kyoto Higashigaoka High School to take part in their annual English Village Hello Week. I, and two Kyoto Friendship Ambassadors spoke to a group of about thirty high school students about the Olympic and Paralympic Games.

2017年11月22日に、私は京都市立日吉ヶ丘高等学校の毎年行う英語村ハロー・ウィークに参加する機会がありました。京都友好大使の二人と共に、約30人の高校生たちの前にオリンピック・パラリンピックのお話をしました。2611533.jpg

We were all from past hosts of the Games: I from the United Kindgom, and the other two from China and the United States respectively. Our talks and discussion ranged widely from the breakdown of the Games, the meanings of the symbols and mascots that were used, the Opening Ceremonies, Olympic legacies, what a country can learn from hosting the Olympic Games, and what Tokyo and Japan do in 2020.

私たち3人は皆オリンピック・パラリンピックがあった国から来ていました:私はイギリス、あと二人は中国とアメリカ。各オリンピックでどのようなことがあったか、使われていたシンボルやマスクオッとの意味、開会式、オリンピックの後残ったもの、国々がオリンピックを開催してどの様なことを学べるか、2020年に東京又は日本は何をすべきだかなど、話とディスカッションの内容は幅広かったです。2611534

Understanding that these students were a similar age to mine when the London 2012 Games took place, I wanted them to get a feel of how important a step the Olympic Games can be to internationalisation, and the things they can contribute to these changes in the next few years.

この学生たちは、ロンドン2012が行っていたころの私を同じような年齢だと分かって、オリンピックはどんなに国際化に大切なステップになれるかを感じて欲しかったです。そして、これからどのように貢献できるかどうかを考えてみて欲しかったです。

The students seemed to enjoy themselves, asked many questions and had excellent English. We hung around for almost half an hour after it was over to speak in both Japanese and English to those who were more keen. I hope their brief but intensive encounter with some outside opinions about the Olympics managed to inspire them to action, or at least think about how Japan can become more accepting and open to diversity!2611535.jpg

生徒たちは楽しんでいたようで、とても上手な英語で質問も聞いてくれました。終わった後、30分もいて、特に興味を持っている子たちと英語や日本語でおしゃべりしました。この短くても集中的なオリンピックについての外からの意見とのふれあいが、日本もこれからどのように多様性や国際化などにもっとオープンになれるかを考えるきっかけになれば、私は幸いです!

Miyazu- Cultural Exchange Events 宮津市の異文化交流イベント

 

14721758_673952982761265_1397571903686709106_n

宮津に着任してから国際交流・支援団体IOHMIYAZUと連携して国際化を推進する事業を展開する補助をさせていただいています。この団体により宮津市において様々な異文化交流・国際交流イベントは展開されています。

Since arriving in Miyazu, I have had the privilege of working in cooperation with the international organization IOHMIYAZU to promote internationalization and foreign exchange activities.

12924348_575637259259505_5999663076414347161_n

異文化交流会は月に一回の頻度で開催されています。この異文化交流会は開催時期に沿った海外のお祭りや祝祭日をテーマにしたり、皆でお菓子作りをしながら交流したり、宮津市の英語指導助手(よその町の英語指導助手にお話しに来てもらう場合もありますが、基本的に宮津在住の外国人にお世話になっています)に自分の特技を披露してもらい在住外国人の趣味を活かしたイベントをやったりと、幅広いです。外国人に外国の文化を紹介してもらう形と逆に日本人に日本の文化を伝えてもらい外国人に体験してもらう形と二つのパータンがあります。前者においては、外国人に中心になってもらって進められます。私が参加させていただくようになってから今まではハローウインパーテイー、イースターのエッグハント、セントパトリックデーのグラスペインティング、キックボール大会、お菓子作り(クッキー、ケーキ数回)などのイベントを開催してきました。後者は日本のお正月遊びイベントや盆踊り大会の飛び入り連への参加や案内付きの節分の市内のお寺・神社巡りなどの在住外国人に日本の文化を肌で感じてもらい体感してもらうイベントも繰り広げられています。

12647006_555030637986834_8086555362698124720_n

 

An international culture-exchange event is held once a month.  The theme is either a seasonal event originating from overseas, baking, or an event designed around the interests/talents of one of the city’s AETs(We sometimes have AETs from surrounding areas cooperate in our events but it is usually the AETs stationed in Miyazu City).  There are two major types of events: events where foreigners introduce their culture to Japanese residents and events where Japanese residents introduce their culture to the foreign residents.  As examples of the first type, since I have started participating, there has been a Halloween party, an Easter egg hunt, a St. Patrick’s Day painting event, A kickball tournament, baking events (cookies, cakes(several)) etc.  As examples of the second type, there has been a Japanese New year’s games event, a traditional Japanese dance experience, and a guided tour of the different shrines and temples during the setsubun festival.

13432374_610649872424910_8817749986918022466_n

また、英語によるボランテイアガイド養成講座・外国人案内という事業も活発です。この活動の趣旨は、英語に関心のある日本人に地元の歴史や文化を語る観光名所や文化に関する文章を発音などの練習をし、その文章を参考にしながら外国人を英語で案内できるように講座を行い、養成していくというのです。地元の方々にあまり注目されず案外知られていない場所や文化を知ってもらい、より深く勉強することを通じて日本の文化・宮津の文化を再認識してもらい、それを日本語と外国語の英語と2言語で伝えられる人材を作るという狙いもあります。初の試みとして、盛林寺というお寺にて、坐禅体験をテーマに、養成講座を座学と実体験と二つの学習形態を用いた指導を参加希望者が受講されました。有難いことに、先週の17日の月曜日に、姉妹都市提携40周年に合わせて、宮津を訪問されていた合唱団のメンバー十数名が参加を希望され、養成講座受講者の待ちかねていたチャンスがついに訪れました。初めての本番でしたが、養成講座を受講されたボランテイアガイドたちはニュージランドやイギリスから来られていた外国人のお客さんを立派に英語で案内しました。ほかに折り紙・クラフトと旧三上家(歴史的に色々と意義のあるかつて酒造場等として使われていた古い建物)の養成講座も行われていますが、まだ実際に外国人を案内してみる機会はありません。13174107_594477094042188_5609463509256874587_n

IOHMIYAZU is also working on another project that involves training volunteer English tour guides.  Volunteers who have interest in English are trained in pronunciation etc of English explanations of famous cultural sites or culture of the area.  The volunteers practice both together at the sessions and at home until they are able to guide foreigners in English while referencing the document.  One purpose of this activity is for the Japanese volunteers to rediscover Japanese culture and the culture of Miyazu by studying the famous historical sites and culture of the area more deeply and of course, to then be able to convey this newfound knowledge in both English and Japanese.  The first trial was held at Seirinji Temple in Miyazu and the theme was Zazen meditation.  Volunteers both experienced Zazen meditation for themselves and did desk work where they studied the significance, methods, etc of Zazen meditation.  On October 17 several members of a gospel choir from New Zealand and the UK agreed to participate in the Zazen meditation during their stay in Miyazu in accordance with the 40th anniversary of the Miyazu-Nelson sister city connection.  It was the chance the members had been waiting for and although it was their first time to actually guide visitors, they did very well.  Sessions have also been held on origami and paper crafts and the Old Mikamike House (a historically significant building once used as a sake brewery)but there haven’t been any chances for the volunteers to actually try guiding visitors yet.14720539_671950302961533_7352727436807063995_n

最後に、アメリカ文化講座という事業もさせていただいており、異文化・外国に対する意識・理解の高まりを図ろうとしています。この講座は、これまで4回に渡り、実施され、アメリカの選挙制度の仕組み・銃社会・タバコやお酒の年齢制限・運転免許の取得・学校制度などの身近な話題・差別などのテーマを取り上げています。この講座の目的は、外国の文化を知ってもらうことにより、市民の国際感覚を育み、海外のいろんな事情に対する意識を高め、視野を広げるというのはもちろんありますが、外国の知識を増やすだけにとどまらず、外国の情勢を知り日本との相違点に気づかされることを通じて自国の文化の特徴をつかみ、再認識してもらうという狙いもあります。そして、相違点を実感するとともに共通点・同じ人間として共有されている点にも気づいていただき、外国人と対等に接するためのコミュニケーション能力・多角的に物事を捉える思考力の向上にもつながればといつも願っています。当市の国際化事業に限らず、多くの町の大半の国際交流活動は、英語学習者を対象とし、英語ができない人にとって参加しづらく、これが問題点だと考えていますので、この講座はより幅広い参加をいただけるように全て日本語で実施されています。

11260703_520910671398831_710984937317641457_n

Lastly, I am doing a monthly lecture on American culture in order to try to improve the citizens’ awareness of foreign culture.  This lecture has been held four times thus far on the topics of the American election system, guns, Easy to identify with topics(drinking age, smoking age, and other age limits; driving; and the school system), and discrimination. The aims of these lectures are to raise citizens’ awareness of foreign affairs and to foster a sense of global awareness and broaden their horizons by learning about foreign cultures as well as to gain a deeper understanding of their own culture by learning the differences that it has with foreign culture.  In addition, I am always hoping that through learning the differences with other cultures that the participants will also be able to grasp the similarities that their culture shares with other cultures and by doing so learn to communicate more effectively with people of different cultures and gain a deeper perspective to be able to think of things from many different angles and perspectives.  Many international activities, not restricted to my town, target people who are interested in studying and learning English and so only a small portion of the community can participate.  I think this is a big problem that needs improvement so I conduct these lectures all in Japanese so that more people can participate easily.

これからも、いろんな事業が展開されていくことを期待しており、少しでも国際化や異文化理解につながればと思います。

I hope that there will be and that I can help plan many more activities in the future and to be able to contribute to internationalization and intercultural understanding in whatever ways possible.

国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Starting 2016: thoughts from the Miyazu CIR – 2016年を迎える:宮津市国際交流員から

Hi everyone! It’s Jessica, the CIR in Miyazu.
皆さん、こんにちは!宮津市国際交流員のジェシカです。

Starting in January, we started a new English conversation group called “Miyazu English Corner” in Miyazu. We host it every Wednesday through Friday and Sundays 2-4 pm. Starting in April we are planning to cancel Sundays. People of the community interested in English who are available between the hours of 2-4 come and try their bests to have simple English conversations with a native speaker. Miyazu’s ALTs also participate when their schedules allow.

Since the group is held in the afternoon participants consist mainly of housewives and elderly retired people. Levels range from people who can have somewhat smooth daily conversations to people who have trouble introducing themselves.

My future goals are to start new activities focused on conveying culture rather than teaching English. Starting next month in March I will be giving lectures once a month about American culture. I always want to work to further establish the duties of the CIR position in Miyazu and try to make it separate from those of the ALTs which I have yet been able to do. I also want to be more conscientious in leaving data and records for the next CIR.

Jessica new year2016年の1月をもって「英語交流広場」という英会話イベントを開設しました。毎週の水・木・金・日の14時から16時まで開設しています。4月以降は日曜日をなしにし平日だけとする予定です。英語に関心があり指定された時間帯に参加できる方を対象にしています。町の英語指導助手にも空いているときに参加していただき、なるべく日本語のない環境を作り市民の方々と簡単な英語でコミュニケーションを取り、参加者の英語力の向上を図っています。

時間帯は昼間だから仕事中だったり授業中だったり参加できる人の範囲は限られています。専業主婦と退職した年配の方が大半を占めています。人によって能力にもかなりの差があって自己紹介でも苦労する方と日常会話を割とスムーズにこなせる方と様々なレベルの方から参加をいただいています。

今後の目標は英語教育を中心とするイベントと活動ではなく、文化を伝えたりするイベントを新しく始めたいと思っています。また来月(3月)から月一回のアメリカ文化講座という名で講演会を行うことになりました。ほかに、宮津市の国際交流員の業務や仕事の内容をもっとはっきりさせ、道をつけていきたいです。何よりも、国際交流員は英語指導助手とは職種が違うということを同僚や関係者に納得してもらい、その認識を広めていきたいです。ここは一番難しいところで未だに納得してもらえずに苦戦しています。この間参加させていただいた近畿地方のCIRの研修会で後任者のことを考えてできるだけデータや記録を残そうとしている方の話を沢山聞かせていただき、私もデータや記録を残そうと努力したいと思いました。