英語村オリンピック・パラリンピック講座 English Village Olympics・Paralympics Lecture

(Posted by Maia Hall, Kyoto Prefectural Office CIR)

On the 22nd November, 2017, I had the opportunity to go visit the Kyoto Higashigaoka High School to take part in their annual English Village Hello Week. I, and two Kyoto Friendship Ambassadors spoke to a group of about thirty high school students about the Olympic and Paralympic Games.

2017年11月22日に、私は京都市立日吉ヶ丘高等学校の毎年行う英語村ハロー・ウィークに参加する機会がありました。京都友好大使の二人と共に、約30人の高校生たちの前にオリンピック・パラリンピックのお話をしました。2611533.jpg

We were all from past hosts of the Games: I from the United Kindgom, and the other two from China and the United States respectively. Our talks and discussion ranged widely from the breakdown of the Games, the meanings of the symbols and mascots that were used, the Opening Ceremonies, Olympic legacies, what a country can learn from hosting the Olympic Games, and what Tokyo and Japan do in 2020.

私たち3人は皆オリンピック・パラリンピックがあった国から来ていました:私はイギリス、あと二人は中国とアメリカ。各オリンピックでどのようなことがあったか、使われていたシンボルやマスクオッとの意味、開会式、オリンピックの後残ったもの、国々がオリンピックを開催してどの様なことを学べるか、2020年に東京又は日本は何をすべきだかなど、話とディスカッションの内容は幅広かったです。2611534

Understanding that these students were a similar age to mine when the London 2012 Games took place, I wanted them to get a feel of how important a step the Olympic Games can be to internationalisation, and the things they can contribute to these changes in the next few years.

この学生たちは、ロンドン2012が行っていたころの私を同じような年齢だと分かって、オリンピックはどんなに国際化に大切なステップになれるかを感じて欲しかったです。そして、これからどのように貢献できるかどうかを考えてみて欲しかったです。

The students seemed to enjoy themselves, asked many questions and had excellent English. We hung around for almost half an hour after it was over to speak in both Japanese and English to those who were more keen. I hope their brief but intensive encounter with some outside opinions about the Olympics managed to inspire them to action, or at least think about how Japan can become more accepting and open to diversity!2611535.jpg

生徒たちは楽しんでいたようで、とても上手な英語で質問も聞いてくれました。終わった後、30分もいて、特に興味を持っている子たちと英語や日本語でおしゃべりしました。この短くても集中的なオリンピックについての外からの意見とのふれあいが、日本もこれからどのように多様性や国際化などにもっとオープンになれるかを考えるきっかけになれば、私は幸いです!

Advertisements

Miyazu- Cultural Exchange Events 宮津市の異文化交流イベント

 

14721758_673952982761265_1397571903686709106_n

宮津に着任してから国際交流・支援団体IOHMIYAZUと連携して国際化を推進する事業を展開する補助をさせていただいています。この団体により宮津市において様々な異文化交流・国際交流イベントは展開されています。

Since arriving in Miyazu, I have had the privilege of working in cooperation with the international organization IOHMIYAZU to promote internationalization and foreign exchange activities.

12924348_575637259259505_5999663076414347161_n

異文化交流会は月に一回の頻度で開催されています。この異文化交流会は開催時期に沿った海外のお祭りや祝祭日をテーマにしたり、皆でお菓子作りをしながら交流したり、宮津市の英語指導助手(よその町の英語指導助手にお話しに来てもらう場合もありますが、基本的に宮津在住の外国人にお世話になっています)に自分の特技を披露してもらい在住外国人の趣味を活かしたイベントをやったりと、幅広いです。外国人に外国の文化を紹介してもらう形と逆に日本人に日本の文化を伝えてもらい外国人に体験してもらう形と二つのパータンがあります。前者においては、外国人に中心になってもらって進められます。私が参加させていただくようになってから今まではハローウインパーテイー、イースターのエッグハント、セントパトリックデーのグラスペインティング、キックボール大会、お菓子作り(クッキー、ケーキ数回)などのイベントを開催してきました。後者は日本のお正月遊びイベントや盆踊り大会の飛び入り連への参加や案内付きの節分の市内のお寺・神社巡りなどの在住外国人に日本の文化を肌で感じてもらい体感してもらうイベントも繰り広げられています。

12647006_555030637986834_8086555362698124720_n

 

An international culture-exchange event is held once a month.  The theme is either a seasonal event originating from overseas, baking, or an event designed around the interests/talents of one of the city’s AETs(We sometimes have AETs from surrounding areas cooperate in our events but it is usually the AETs stationed in Miyazu City).  There are two major types of events: events where foreigners introduce their culture to Japanese residents and events where Japanese residents introduce their culture to the foreign residents.  As examples of the first type, since I have started participating, there has been a Halloween party, an Easter egg hunt, a St. Patrick’s Day painting event, A kickball tournament, baking events (cookies, cakes(several)) etc.  As examples of the second type, there has been a Japanese New year’s games event, a traditional Japanese dance experience, and a guided tour of the different shrines and temples during the setsubun festival.

13432374_610649872424910_8817749986918022466_n

また、英語によるボランテイアガイド養成講座・外国人案内という事業も活発です。この活動の趣旨は、英語に関心のある日本人に地元の歴史や文化を語る観光名所や文化に関する文章を発音などの練習をし、その文章を参考にしながら外国人を英語で案内できるように講座を行い、養成していくというのです。地元の方々にあまり注目されず案外知られていない場所や文化を知ってもらい、より深く勉強することを通じて日本の文化・宮津の文化を再認識してもらい、それを日本語と外国語の英語と2言語で伝えられる人材を作るという狙いもあります。初の試みとして、盛林寺というお寺にて、坐禅体験をテーマに、養成講座を座学と実体験と二つの学習形態を用いた指導を参加希望者が受講されました。有難いことに、先週の17日の月曜日に、姉妹都市提携40周年に合わせて、宮津を訪問されていた合唱団のメンバー十数名が参加を希望され、養成講座受講者の待ちかねていたチャンスがついに訪れました。初めての本番でしたが、養成講座を受講されたボランテイアガイドたちはニュージランドやイギリスから来られていた外国人のお客さんを立派に英語で案内しました。ほかに折り紙・クラフトと旧三上家(歴史的に色々と意義のあるかつて酒造場等として使われていた古い建物)の養成講座も行われていますが、まだ実際に外国人を案内してみる機会はありません。13174107_594477094042188_5609463509256874587_n

IOHMIYAZU is also working on another project that involves training volunteer English tour guides.  Volunteers who have interest in English are trained in pronunciation etc of English explanations of famous cultural sites or culture of the area.  The volunteers practice both together at the sessions and at home until they are able to guide foreigners in English while referencing the document.  One purpose of this activity is for the Japanese volunteers to rediscover Japanese culture and the culture of Miyazu by studying the famous historical sites and culture of the area more deeply and of course, to then be able to convey this newfound knowledge in both English and Japanese.  The first trial was held at Seirinji Temple in Miyazu and the theme was Zazen meditation.  Volunteers both experienced Zazen meditation for themselves and did desk work where they studied the significance, methods, etc of Zazen meditation.  On October 17 several members of a gospel choir from New Zealand and the UK agreed to participate in the Zazen meditation during their stay in Miyazu in accordance with the 40th anniversary of the Miyazu-Nelson sister city connection.  It was the chance the members had been waiting for and although it was their first time to actually guide visitors, they did very well.  Sessions have also been held on origami and paper crafts and the Old Mikamike House (a historically significant building once used as a sake brewery)but there haven’t been any chances for the volunteers to actually try guiding visitors yet.14720539_671950302961533_7352727436807063995_n

最後に、アメリカ文化講座という事業もさせていただいており、異文化・外国に対する意識・理解の高まりを図ろうとしています。この講座は、これまで4回に渡り、実施され、アメリカの選挙制度の仕組み・銃社会・タバコやお酒の年齢制限・運転免許の取得・学校制度などの身近な話題・差別などのテーマを取り上げています。この講座の目的は、外国の文化を知ってもらうことにより、市民の国際感覚を育み、海外のいろんな事情に対する意識を高め、視野を広げるというのはもちろんありますが、外国の知識を増やすだけにとどまらず、外国の情勢を知り日本との相違点に気づかされることを通じて自国の文化の特徴をつかみ、再認識してもらうという狙いもあります。そして、相違点を実感するとともに共通点・同じ人間として共有されている点にも気づいていただき、外国人と対等に接するためのコミュニケーション能力・多角的に物事を捉える思考力の向上にもつながればといつも願っています。当市の国際化事業に限らず、多くの町の大半の国際交流活動は、英語学習者を対象とし、英語ができない人にとって参加しづらく、これが問題点だと考えていますので、この講座はより幅広い参加をいただけるように全て日本語で実施されています。

11260703_520910671398831_710984937317641457_n

Lastly, I am doing a monthly lecture on American culture in order to try to improve the citizens’ awareness of foreign culture.  This lecture has been held four times thus far on the topics of the American election system, guns, Easy to identify with topics(drinking age, smoking age, and other age limits; driving; and the school system), and discrimination. The aims of these lectures are to raise citizens’ awareness of foreign affairs and to foster a sense of global awareness and broaden their horizons by learning about foreign cultures as well as to gain a deeper understanding of their own culture by learning the differences that it has with foreign culture.  In addition, I am always hoping that through learning the differences with other cultures that the participants will also be able to grasp the similarities that their culture shares with other cultures and by doing so learn to communicate more effectively with people of different cultures and gain a deeper perspective to be able to think of things from many different angles and perspectives.  Many international activities, not restricted to my town, target people who are interested in studying and learning English and so only a small portion of the community can participate.  I think this is a big problem that needs improvement so I conduct these lectures all in Japanese so that more people can participate easily.

これからも、いろんな事業が展開されていくことを期待しており、少しでも国際化や異文化理解につながればと思います。

I hope that there will be and that I can help plan many more activities in the future and to be able to contribute to internationalization and intercultural understanding in whatever ways possible.

国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Starting 2016: thoughts from the Miyazu CIR – 2016年を迎える:宮津市国際交流員から

Hi everyone! It’s Jessica, the CIR in Miyazu.
皆さん、こんにちは!宮津市国際交流員のジェシカです。

Starting in January, we started a new English conversation group called “Miyazu English Corner” in Miyazu. We host it every Wednesday through Friday and Sundays 2-4 pm. Starting in April we are planning to cancel Sundays. People of the community interested in English who are available between the hours of 2-4 come and try their bests to have simple English conversations with a native speaker. Miyazu’s ALTs also participate when their schedules allow.

Since the group is held in the afternoon participants consist mainly of housewives and elderly retired people. Levels range from people who can have somewhat smooth daily conversations to people who have trouble introducing themselves.

My future goals are to start new activities focused on conveying culture rather than teaching English. Starting next month in March I will be giving lectures once a month about American culture. I always want to work to further establish the duties of the CIR position in Miyazu and try to make it separate from those of the ALTs which I have yet been able to do. I also want to be more conscientious in leaving data and records for the next CIR.

Jessica new year2016年の1月をもって「英語交流広場」という英会話イベントを開設しました。毎週の水・木・金・日の14時から16時まで開設しています。4月以降は日曜日をなしにし平日だけとする予定です。英語に関心があり指定された時間帯に参加できる方を対象にしています。町の英語指導助手にも空いているときに参加していただき、なるべく日本語のない環境を作り市民の方々と簡単な英語でコミュニケーションを取り、参加者の英語力の向上を図っています。

時間帯は昼間だから仕事中だったり授業中だったり参加できる人の範囲は限られています。専業主婦と退職した年配の方が大半を占めています。人によって能力にもかなりの差があって自己紹介でも苦労する方と日常会話を割とスムーズにこなせる方と様々なレベルの方から参加をいただいています。

今後の目標は英語教育を中心とするイベントと活動ではなく、文化を伝えたりするイベントを新しく始めたいと思っています。また来月(3月)から月一回のアメリカ文化講座という名で講演会を行うことになりました。ほかに、宮津市の国際交流員の業務や仕事の内容をもっとはっきりさせ、道をつけていきたいです。何よりも、国際交流員は英語指導助手とは職種が違うということを同僚や関係者に納得してもらい、その認識を広めていきたいです。ここは一番難しいところで未だに納得してもらえずに苦戦しています。この間参加させていただいた近畿地方のCIRの研修会で後任者のことを考えてできるだけデータや記録を残そうとしている方の話を沢山聞かせていただき、私もデータや記録を残そうと努力したいと思いました。

Comfortab-LEE Brian 8 – 第8回まったLEE・BRIAN

Hey y’all. It’s Brian from Kizugawa.

こんにちは!木津川市のブライアンです。

Kizu brianOn July 28th, I had my 8th “Comfortab-LEE Brian” lecture. This time I talked about the youth culture in the US. I started by introducing “what’s up?” along with other casual greetings, also the motions done along those greetings including hugs and pound hugs.

7月28日に第8回まったLEE・BRIANを開催しました。今回はアメリカの若者文化についての講演にしました。始めに「what’s up?」などの口語的なあいさつを紹介し、あいさつのハグとパウンドハグを実演しました。

Then, I introduced some American slang words and SMS language often used by teenagers. I shared some trending words such as “slay” and “yaas,” in the US, as well as some once-trending-but-not-anymore words like “yolo” and “swag.”

次に、アメリカの若者がよく使うスラングとメール用語を通じてアメリカの若者文化を覗きました。アメリカンスラングの例として、「slay」や「yaas」など日本ではなかなか聞かない流行語と、「yolo」や「swag」など一時的にはやっていた言葉を紹介しました。

I briefly touched on the rise of the hipster culture among young adults and ended with the popular internet memes related to Japan, including doge, hadokening, and meanwhile in.

そして、日本でもよく知られているヒッピー文化から始め、近年若者の間にブームになったヒップスター文化を紹介し、インターネットミームを説明し、「doge」「hadokening」「meanwhile in…」など日本と関わりがあるミームを紹介しました。

I had fun sharing the youth culture with my audience. It was a cross-culture, cross-generation experience.

今回の講演も楽しかったです!特に参加者のみなさんにアメリカの若者文化を知ってもらえて嬉しいです。文化と年齢を越えた交流になったと思います。

The next Comfortab-LEE BRIAN is on September 25. I will be talking about love and marriage in the US and China along with the two Chinese interns at the city hall. Hope to see you there!

次回のまったLEE・BRIANは9月25日にあります。市役所の中国人インターンの二人と、アメリカと中国の恋愛と結婚事情について話します。来てくださいね!

Intercultural Salon: Stereotypes about Brazil – 異文化理解サロン:ブラジルに対するステレオタイプ

RodrigoHi, everyone! My name is Rodrigo Brinca and I’m the Brazilian CIR working at Shiga Prefectural Government Office.
皆さん、はじめまして!滋賀県庁のブラジルの国際交流員ホドリーゴ・ブリンカです。

On May 24th I had the opportunity to give a presentation on Brazil in Kyoto’s Prefectural International Center. Since I had total freedom to choose the topic, I decided to talk about the stereotyped views Japanese people have regarding Brazil. My reasoning behind choosing this theme actually has to do with the fact that Japanese people actually do know a good amount about my country, although their perception is biased, understandably, by what Japan’s mainstream media says about it.

5月24日(日)に京都国際センターの異文化理解サロンというイベントでブラジルについて話す機会がありました。トピックは自由に選べましたので、結局日本人がブラジルに対して持っているステレオタイプについて話すことにしました。このテーマを選んだ理由は、日本のマスメディアの影響でまだ私の国に対する偏見が残っているにもかかわらず日本人はブラジルのことについて意外と詳しいからです。

SambaFirst I selected a few topics I knew beforehand that Japanese people had some knowledge of, like Brazilian music, tourist attractions and so on. Then I explained what are some common misconceptions about these, i.e. “Brazilian women dance naked during carnival”, “all Brazilians can play soccer like Neymar” etc. By doing this, I believe we could reflect on how a minor aspect of someone’s culture can be misinterpreted as something major when no cultural context is given.

最初に一般的に日本人が既に持っている知識に関するトピック、ブラジル音楽だったり観光地だったりなどを選びました。その後日本人が勘違いしていそうなこと、例えば「カーニバルのときブラジルの女性が裸のままで踊る」や「ブラジル人は皆ネイマールと同じぐらいサッカーができる」などを説明してみました。これを通じて自分の文化のマイナーな側面が文化的な文脈がないとメジャーな側面に勘違いされてしまうことについて一緒に考えることができたと思います。

FavelasThe public showed a great deal of interest and we also had time to answer some interesting questions on varied topics by the end of the presentation. Since my usual listeners are elementary school students (which I also love talking to), I was glad to have this chance to talk to a different group of people and present to Japanese adults some aspects of Brazilian Culture that are not well known. I’m also looking forward to holding similar events in my home prefecture, Shiga when I get the chance.

Discussion with the participants 参加者とのディスカッション

Discussion with the participants
参加者とのディスカッション

参加者は興味をもち、プレゼンテーションの後、様々なテーマについての面白い質問に答える時間もありました。いつものプレゼンの対象者は(私が大好きな)小学生なので、この度いつもと違う対象のプレゼンテーションを行う機会もあり、一般の日本の方が知らないブラジルの側面を紹介することもできて楽しかったです。今度、私の住んでいる滋賀県でもこのようなイベントを開く機会がありましたら是非してみたいと思っています。

Also, lastly, from this year the CIRs from Shiga also started a blog. Be sure to check it out if you are interested in Shiga’s culture, tourist attractions or Multiculturalism.
また、最後になりましたが今年から滋賀の国際交流員がブログ及びフェイスブックページを始めましたので、滋賀の文化や観光地、そして多文化共生に興味を持っている方はご覧ください。

https://yobiwako.wordpress.com/

https://www.facebook.com/yobiwako

Comfortab-LEE Brian 6 – 第6回まったLEE・BRIAN

Hey it’s Brian from Kizugawa. I had my 6th Comfortab-LEE Brian lecture on March 26th.

木津川市のブライアンです!3月26日に第6回まったLEE・BRIANを開催しました。

To wrap up the fiscal year, I had a lecture on the major holidays in the US and Taiwan. In the spirit of April Fools’ Day, I pretended to end my lecture after my self-introduction, giving them a preview of the next lecture. The audience had a good laugh out of it.

年度の終わりに、アメリカと台湾の年中行事について講演をしました。エープリルフールを祝うために、始めの自己紹介の後で「ご清聴ありがとうございました」と講演が終わったふりをして、参加者を騙そうとして、みなさんは喜んでくれました。

To decide which holidays to cover, I prepared a holiday bingo sheet for the audience to play. From the well-celebrated Christmas to the less-known Easter, I covered the representing holidays of each season. I had the most fun introducing Saint Patrick’s Day, which none of the participants were familiar with.

今回の発表はビンゴの形で進みながら、よく祝われるクリスマスから、みなさんがあまり馴染みのないイースターまで、各季節の代表的な年中行事を紹介しました。その中で、みなさんが一番興味津々だったのは、日本でまだよく知られていない聖パトリックの日でした。

We had too much fun talking about the different holidays so there were still many left at the end of the lecture. I think I will have a part two for this subject as well!

楽しいひと時を過ごしましたが、時間が限られているので、今回のイベントで紹介できない年中行事がいっぱいありました。またこのトピックの続編を企画しようと思っています。

Join us at the next Comfortab-LEE Brian, which is on May 28th. I will be talking about movies and TV shows in the US and Taiwan. Hope to see you there!

次回のまったLEEは5月28日(木)にあります。アメリカと台湾のエンターテインメントについて話す予定です。どうぞご参加よろしくお願いします!