英語村オリンピック・パラリンピック講座 English Village Olympics・Paralympics Lecture

(Posted by Maia Hall, Kyoto Prefectural Office CIR)

On the 22nd November, 2017, I had the opportunity to go visit the Kyoto Higashigaoka High School to take part in their annual English Village Hello Week. I, and two Kyoto Friendship Ambassadors spoke to a group of about thirty high school students about the Olympic and Paralympic Games.

2017年11月22日に、私は京都市立日吉ヶ丘高等学校の毎年行う英語村ハロー・ウィークに参加する機会がありました。京都友好大使の二人と共に、約30人の高校生たちの前にオリンピック・パラリンピックのお話をしました。2611533.jpg

We were all from past hosts of the Games: I from the United Kindgom, and the other two from China and the United States respectively. Our talks and discussion ranged widely from the breakdown of the Games, the meanings of the symbols and mascots that were used, the Opening Ceremonies, Olympic legacies, what a country can learn from hosting the Olympic Games, and what Tokyo and Japan do in 2020.

私たち3人は皆オリンピック・パラリンピックがあった国から来ていました:私はイギリス、あと二人は中国とアメリカ。各オリンピックでどのようなことがあったか、使われていたシンボルやマスクオッとの意味、開会式、オリンピックの後残ったもの、国々がオリンピックを開催してどの様なことを学べるか、2020年に東京又は日本は何をすべきだかなど、話とディスカッションの内容は幅広かったです。2611534

Understanding that these students were a similar age to mine when the London 2012 Games took place, I wanted them to get a feel of how important a step the Olympic Games can be to internationalisation, and the things they can contribute to these changes in the next few years.

この学生たちは、ロンドン2012が行っていたころの私を同じような年齢だと分かって、オリンピックはどんなに国際化に大切なステップになれるかを感じて欲しかったです。そして、これからどのように貢献できるかどうかを考えてみて欲しかったです。

The students seemed to enjoy themselves, asked many questions and had excellent English. We hung around for almost half an hour after it was over to speak in both Japanese and English to those who were more keen. I hope their brief but intensive encounter with some outside opinions about the Olympics managed to inspire them to action, or at least think about how Japan can become more accepting and open to diversity!2611535.jpg

生徒たちは楽しんでいたようで、とても上手な英語で質問も聞いてくれました。終わった後、30分もいて、特に興味を持っている子たちと英語や日本語でおしゃべりしました。この短くても集中的なオリンピックについての外からの意見とのふれあいが、日本もこれからどのように多様性や国際化などにもっとオープンになれるかを考えるきっかけになれば、私は幸いです!

Advertisements

World Festa in Kameoka - 亀岡ワールドフェスタ

Hi everyone! It’s Eric, the Kameoka CIR! Last month we held Kameoka’s largest international event,  the World Festa at Galleria Kameoka. This year’s theme is traditional fashion from around the world focusing on multiculturalism in everyday life. We had many exciting events including a fashion show, world snack booths and a world games corner. At the end of the event all participants got up to do the zumba.

3月1日にガレリアかめおかで亀岡国際交流協会の最大のイベントであるワールドフェスタが開催されました。今年のワールドフェスタは、日常生活の中の多文化共生~世界の民族衣装を楽しく学ぼう~と題して、ファッションショー、民族衣装体験・おやつブース・遊びコーナー担当などそれぞれ楽しいプログラムがありました。最後はみんなでズンバを踊り、盛り上がりました。

ファッションショー(ラスト)

The world snack booth was the most popular with snacks from 11 different countries including Korea, Indonesia, Vietnam and France. The cookies from France and Austria were very popular and ran out really quickly. The participants had the opportunity to enjoy tasting and seeing something different while speaking to people from different countries in the booths.

世界のおやつブースは大変人気であり、コリア、インドネシア、ベトナム・フランスなど11カ国のおやつと、日本やコリアのお茶を提供しました。フランスやオーストリアのお菓子はクッキーであっという間に無くなるほどの人気がありました。いつもとは味や見た目の違うおやつを食べて、ブースの中の外国出身の人たちとも話し、世界の味を楽しんだようです。IMG_7513 (5)

This year’s World Festa’s main focus is about learning about traditional dresses and costumes from around the world with the purpose of finding a method to live peacefully with people from different cultures. I hope this event created an opportunity to think about diversity in Japan.

今回のワールドフェスタは民族衣装を楽しく学ぶことに焦点をおき、いろいろな文化を持つ人たちと共に生きて行く方法を探ろうという目的で開催しました。これからも多文化共生について考えていく機会になればと思います。

ワンデートリップ in かめおか – One Day Trip in Kameoka

OLYMPUS DIGITAL CAMERAワンデートリップは、京都府国際センターと共催で毎年実施している泊まりのないホームステイ事業です。今年は、京都府内に在住する外国人に亀岡に来ていただき、日本料理を体験し、まきずし等を作ってみました。作った料理を亀岡のホストファミリーと一緒に食べた後、一緒に篆刻体験しました。篆刻は初めての人が多く、丁寧に自分のたったひとつのはんこを作ってみました。夕方から夜までホストファミリーと自由に過ごしました。

DSC00535今回はアメリカ、中国、ベトナムなどいろいろな国から参加していただきました。篆刻体験を一緒に体験したことで、お互いにゆっくり話をすることができましたし、たくさん交流ができたと思います。京都に在住している外国人にとって良い経験でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAThe one day trip is an event is a day trip home stay event organized by both the Kameoka International Exchange Association and the Kyoto Prefecture International Center. This year we had many international residents from within Kyoto Prefecture participate in making Japanese dishes like Makizushi. They later shared their cooking with their host families and then did Tenkoku – seal craving together with their host families. For many it was their first time to try Tenkoku but they all managed to crave their own original seal. From the afternoon till the evening they spent free time together with their host families.

DSC00548This year we had participants from various countries including America, China and Vietnam. They were able to interact and enjoy talking to each other during their Tenkoku workshop and for the international residents it was a great opportunity to learn about Japanese culture.

Field Trip in Seika 2014 – フィールドトリップin精華町2014年

Hi everyone! It is me, Jake, from Seika Town office!
Today I am going to talk about the field trip that Alice and I did in Seika in November. Seika is the center of the Kansai Science City, so it is home to many research facilities, factories and educational institutions. For this field trip, we invited foreign residents from countries all over the world to come take part in the Information Communication Fair, explore Keihanna Memorial Park and learn to make dried persimmons and onigiri at a potluck party with Seika residents.

皆さん、こんにちは!精華町役場のジェークです!
今日は、11月に京都府国際センターの国際交流員のアリスと一緒に行ったフィールドトリップについて話したいと思います。精華町は、関西文化学術研究都市の中心なのでたくさんの研究所、工場や教育機関などがあります。今回のフィールドトリップには、世界のそれぞれの国から来た外国の住民を誘って情報通信フェアに参加し、けいはんな記念公園を回り、精華町の住民と一緒に夕食交流会をしながら干し柿やおにぎりを作ったりしました。

At the Communication Fair, having fun with robots 情報フェアでロボットと遊ぶ

At the Communication Fair, having fun with robots
情報フェアでロボットと遊ぶ

On the morning of the field trip, the group gathered at Kyoto Station and took a bus to Keihanna Plaza for the first part of the event, the Information Communication Fair. Participants walked around the fair and conversed with the representatives of the various companies learning about the new technology that each company is developing. For difficult topics, volunteers from Seika Global Network, Seika’s volunteer international exchange group assisted with interpretation. Afterwards, the participants had lunch at “La Seine” in the Keihanna Plaza building.

朝、参加者が京都駅に集合して、バスに乗って精華町のけいはんなプラザに向かいました。けいはんなプラザで情報通信フェアを歩き回って様々な企業の代表と、開発している最先端技術について話しました。難しい話の時は、精華町のボランティア国際交流グループ、せいかグローバルネットからの通訳者が手伝ってくれました。その後、けいはんなプラザのレストラン、「ラ・セーヌ」で昼御飯を食べました。

Autumn leaves in Keihanna Park 記念公園の紅葉

Autumn leaves in Keihanna Park
記念公園の紅葉

After finishing lunch and spending a bit more time walking around the booths, the field trip moved to the Keihanna Memorial Park where participants enjoyed a bit of nature, fed the koi fish and took pictures of the park. Fall had just started, so only a few trees had turned red, but walking around the park helped everyone get to know each other better so it was still very fun.

ご飯を食べてからもう少しフェアのブースを歩き回って、その後けいはんな記念公園に移動しました。そこでは参加者が自然を楽しんで、鯉に餌をあげたり、公園の写真をたくさん撮ったりしました。秋が始まったばかりなので赤くなった木が少なかったですが、公園を回りながら皆さんが仲良くなる機会になったのでとても楽しかったです。

Finally, in the evening we met up with residents of Seika to learn about making Onigiri and dried persimmons. There was also a small potluck party where participants had the opportunity to try daikon radish and curry rice, as well as cakes made with Japanese sweet potatoes. Many of the participants said it was their favorite part because they had a chance to actually talk to the people living in Seika.

Seika 14

最後に精華町の住民と一緒におにぎりや干し柿の作り方を学びました。そして、夕食交流会を開き、参加者が大根、カレーライスやサツマイモのケーキなどを食べました。これが一番楽しかったという参加者の声が多かったです。なぜかというと精華町の住民と一緒に会話することがとても良かったからです。

Cooking sweet potato cakes サツマイモのケーキを作る

Cooking sweet potato cakes
サツマイモのケーキを作る

At the end of the event, the participants loaded up on a bus and headed back to Kyoto station. Everyone got to bring the dried persimmons they made home with them as well. It was a long day, but I think that everyone enjoyed themselves and had the opportunity to learn a little bit about Seika.

イベントが終わってから参加者はまたバスに乗って京都駅に帰りました。そして干し柿を作った人は自分の家に持って帰りました。長い1日でしたが、皆さんが少し精華町のことについて学んで、楽しめたと思います。

If you have a chance, stop by and visit Seika!

機会があったらぜひ精華町にきてみてください!

Field Trips in Kyoto Prefecture: Nantan City and Kyotamba Town – 京都府へのフィールドトリップ:南丹市と京丹波町

Alice from KPIC here!

It’s been a while! I have been pretty busy this autumn organizing many field trips in Kyoto Prefecture for international residents and students.
Every year we organize field trip programs in various parts of Kyoto Prefecture in a bid to introduce the charms of areas other than Kyoto City to international residents and students.
Some field trips are only one-day excursions, while some include a homestay and last 2 days. There is always a cultural experience activity and other programs that enable participants to interact with the local residents during their stay.

国際センターのアリスです!

久し振りです!秋は留学生と外国人住民を対象に、京都府の市町村へのフィールドトリップの企画と実施で忙しかったです。
毎年、京都府の様々な場所でフィールドトリップを企画し、京都市以外の京都府の魅力を留学生と外国人住民に紹介します。日帰りと1泊2日間のホームステイという形が二つあり、毎回文化体験や地元の人との交流を推進するアクティビティを企画しています。

Today I would like to talk about 2 field trips we did in October: one in Nantan City, and another one in Kyotamba Town, both located north of Kyoto City but with very different sceneries and features.

今回の10月に南丹市と京丹波町で実施した二つのフィールドトリップについて書きたいです。両方は京都市より北にありますが、それぞれの景色と特徴が違います。

Making uchiwa (paper fan) うちわ作りワークショップ

Making uchiwa (paper fan)
うちわ作りワークショップ

The Field Trip to Nantan took place on October 11th. We had 39 participants from 18 countries and regions join in. Participants were able to try making their own “uchiwa”, a paper fan used in summer to cool one down together with the “yukata”, the summer kimono. They could choose from various patterns and designs and customize their fans with colored papers, paint or stamps.

For lunch, we had “temaki sushi”, hand-rolled sushi. It was the first time for most of the participants to try it and they seemed to have a lot of fun while Japanese people at each table explained and showed them how to do it.

Delicious food 美味しい料理がたくさん!

Delicious food
美味しい料理がたくさん!

Taiko performance 太鼓の演奏

Taiko performance
太鼓の演奏

As the weather was great we had also outdoor activities, with one group enjoying a walking tour of natural and historical sites, and another doing some ground golf.
To close the day we had a local taiko drum band, Asyura, play a little concert for us and then letting the participants try to play the drums in rhythm all together as well. Some participants even wanted to join the team afterwards!

Making sushi 手巻き寿司

Making sushi
手巻き寿司

南丹市へのフィールドトリップは10月11日に行いました。18カ国と地域の39名の参加者が参加しました。まずは文化体験としてオリジナルなうちわを作ってみました。色々なデザインから選び、色の紙やペンチやスタンプで飾ることができました。

お昼は手巻き寿司を作って、食べました。初めて作った参加者が多かったが、各テーブルにいた日本人参加者が説明してくれたので楽しい食事会になりました。
天気が良かったので野外の活動も準備しました。1つのグループが自然や歴史的な場所を回るウォーキングツアーに参加し、もう1つのグループはグランドゴルフを楽しみました。
トリップの終わりに現地の和太鼓バンド「あしゅら」が太鼓の演奏をし、参加者に太鼓を体験させていただきました。バンドに入りたいと言う参加者がいるほど、とても楽しい1日でした!

The whole group 全員

The whole group
全員

The Field Trip to Kyotamba Town took place on October 25th and 26th, for a two-day one night homestay program.

Black beans harvesting experience 黒豆収穫体験

Black beans harvesting experience
黒豆収穫体験

This time, 40 people from 16 countries and regions joined. Local farmers welcomed us and showed us how to harvest black beans first.
The Tamba area is indeed famous for its black beans, especially used over New Year for the traditional Japanese meal eaten on January 1st called “osechi ryori”.
The ones we harvested hadn’t turned black yet as you need to leave them to mature a little bit more, but they were nonetheless delicious!

Mochi (rice cake) making お餅つき

Mochi (rice cake) making
お餅つき

For lunch, local residents had prepared a wonderful party with rice cake pounding, a barbecue of deer meat, curry croquettes and of course black beans! A local band even held a little concert while we ate to complete the joyful mood.
We then danced together the local summer dance “Bon Odori”, listened to a taiko drum concert by children and tried playing the drums as well. Farmers then taught us the local dialect. For example, instead of saying “Sayonara” for “goodbye”, you say “Sainara”. Or you say “Yayako” instead of “Akachan” to say baby.

It was then time for the participants to leave with their host families to create unforgettable memories together.

Black beans harvesting experience 黒豆収穫体験

Black beans harvesting experience
黒豆収穫体験

京丹波町へのホームステイ&フィールドトリップは10月25日と26日に行われました。
16カ国と地域からの参加者が40名参加しました。まず、現地の農家に歓迎され、黒豆の収穫を体験させていただきました。
丹波の地域は黒豆で有名です。黒豆は日本のお正月(1月1日)に食べる「おせち料理」のためにたくさん使われています。
収穫した豆は時期が少し早かったので黒くなかったですが、大きかったです!
お昼に地元の人が素敵な昼食交流会を用意してくれました。お餅つき、鹿の焼肉、カレーのクロケと黒豆(もちろん!)など、ご馳走な料理がたくさん並んでいました。
ミニコンサートもあり、とても楽しい雰囲気でした。

 

Trying taiko drums 太鼓の体験

Trying taiko drums
太鼓の体験

ご飯の後、盆踊りを踊ったり、子どもによる太鼓の演奏を聞いたり、体験したりしました。
農家が現地の表現も教えてくれました。例えば「さようなら」を「さいなら」と言います。
「赤ちゃん」は「ややこ」と言います。
その後、参加者がホストファミリーと一緒に家まで行き、次の日まで大切な思い出をたくさん作ったでしょう。

We met again on Sunday to enjoy a local food festival called “Shoku no Saiten” where you could try various original recipes made with Tamba’s specialties such as fried deer meat, ramen with deer and wild boar meat, wild boar hotdogs, coffee latte made from a chestnut paste etc.
One of the venues was an agricultural high school where you could enjoy charcoal-baked pizza by the students, tea ceremony, butter-making workshop and a vegetables harvest experience among other interesting activities.
It was then time to leave but I’m sure people will be back to visit their host families and enjoy the other hidden gems the area has to offer!

Wild boar hotdogs anyone? 猪のホットドッグはいかが?

Wild boar hotdogs anyone?
猪のホットドッグはいかが?

Butter making experience バター作り体験

Butter making experience
バター作り体験

次の日に再集合して、「食の祭典」と言う地元のグルメイベントを見学しました。イベントではB級グルメの屋台がたくさんあり、京丹波町の名物を使ったオリジナルレシピをたくさん食べることができました。例えば、鹿肉の唐揚げ、猪と鹿肉のラーメン、猪のホットドッグ、栗クリームのコーヒーラッテ等がありました。
一つの会場が農業高校であり、そこで炭焼きのピザを食べたり、茶道を体験したり、バッター作り体験や野菜収穫体験ができました。
午後に京都に帰らなければなりませんでしたが、ホストファミリーにまた会いに行って、京丹波町の魅力を更に体験したい参加者が多いでしょう!

Through these events I hope international and Japanese residents can create bonds and get to know each other better. It’s always a lot of fun too!

このようなイベントを通して、外国人と日本人の住民の間につながりを作り、お互いに知り合うことができれば嬉しいです。とても楽しいイベントです!

Happy group! 元気な皆さん

Happy group!
元気な皆さん

Homestay & Field Trip in Kyotango 2014: Countryside Experience – ホームステイ&フィールドトリップ in 京丹後2014年:田舎体験

Alice from KPIC! At the beginning of July, I went to Kyotango with international students for a Field Trip and Homestay program.

京都府国際センターのアリスです!7月上旬に留学生と一緒にフィールドトリップ&ホームステイのプログラムのために京丹後へ行きました。

Buddhist cuisine at Sanyouji temple 三要寺での精進料理

Buddhist cuisine at Sanyouji temple
三要寺での精進料理

On July 5th, we escaped the city’s heat together with 33 international students to enjoy Kyotango’s countryside and rich nature. It was a really diverse group with people from 19 countries and regions, and everybody got along really well with new friendships being born from the very start. We had people from America, Australia, Switzerland, the Netherlands, Germany, Portugal, France, Egypt, Argentina, China, Hong Kong, Taiwan, Korea, Vietnam, Thailand, Indonesia, Malaysia, the Philippines and India. The world came to Kyotango that weekend!

7月5日(土)に33名の留学生と都会の蒸し暑さから逃げて京丹後市の大自然と田舎を楽しみに行きました。参加者は19の国と地域から来て、初めから新しい友情がすぐ生まれました。みんなの出身はアメリカ、オーストラリア、スイス、オランダ、ドイツ、ポルトガル、フランス、エジプト、アルゼンチン、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンとインドです。この週末は世界が京丹後市に来ましたね!

Buddhist cuisine at Sanyouji temple 三要寺での精進料理

Buddhist cuisine at Sanyouji temple
三要寺での精進料理

We first arrived at Sanyouji temple, where we had Buddhist cuisine (shojin ryori in Japanese). The creativity of every plate, the freshness and variety of flavors on top of the discovery of new ones quickly make you forget it’s vegetarian-only cuisine. Usually you are not supposed to talk when eating or make noise with the plates or chopsticks, but we had a special exemption and were able to happily and noisily enjoy our meals.
The monk then explained the life at the temple, and showed us how they use a wooden board with a hammer to mark the hours and call for prayer.
Participants then met their host families and enjoyed the rest of the day and the next morning with them. We heard they went to many places with them and some had barbecue parties with their neighbors so I guess everyone had a good time!

Wooden board used to mark the hours 木の板で時間を知らせる

Wooden board used to mark the hours
木の板で時間を知らせる

まずは三要寺と言うお寺に到着して、精進料理を食べました。各料理に対するクリエイティビティ、味の新鮮さと豊富さ、新しい味などに感動して、ベジタリアン料理であることをすぐ忘れました。普段は食事の時に話したり、お箸と食器で音を出したりしてはいけませんが、特別に免除され、楽しくご飯を楽しめました。
お寺の方は日々の生活を説明し、時間とお祈りの時間を知らせる木の板と太鼓を見せていただきました。
その後、参加者はホストファミリーと会って、次の日まで一緒に過ごしました。丹後の色々な場所を観光したり、近所でBBQパーティしたりしたそうで、楽しい時間を過ごしたでしょう。

Nagashi somen with handmade bamboo chopsticks and bowls 竹細工で作った竹のお箸と茶碗で流しそうめん

Nagashi somen with handmade bamboo chopsticks and bowls
竹細工で作った竹のお箸と茶碗で流しそうめん

The next day, we gathered at Minka-en, a place with three traditional thatched houses in the middle of green fields, to have an exchange party with everybody (more than 100 people!). We visited the houses with an expert who explained how they are made and how age makes such houses better. We then made our own bamboo chopsticks that we used to eat flowing somen noodles. In the end we also had a watermelon splitting contest that everybody enjoyed a lot. A lot of new experiences!
When it was time to leave, many participants and host families were crying while saying goodbye. I hope the bonds created on this trip will last for a lifetime and that the participants will be back to enjoy Kyoto Prefecture’s countryside charms again! I will certainly be!

Watermelon splitting スイカ割り

Watermelon splitting
スイカ割り

次の日に民家苑と言う田圃の真中に位置して、古民家が3軒ある場所で集合して約100人で交流会をしました。古民家を見学して、専門家の説明を聞きました。古民家の建築や時間と共に改良していく家であることなどを勉強しました。その後、竹細工で自分のお箸を作り、流しそうめんを食べました。最後に、スイカ割りを楽しんで、にぎやかになりました。体験が盛りだくさんでした!
帰る時間になってしまった時に泣いている参加者とホストファミリーが何人かいました。トリップでできた関係と友情が永遠に続き、参加者がまた丹後の魅力を味わいに行けば嬉しいです。私は必ず丹後に戻ります!

Kyotango is the best! 京丹後が最高!

Kyotango is the best!
京丹後が最高!

Homestay & Field Trip in Seika ー ホームステイ&フィールドトリップin精華町

Alice from KPIC! The weather is finally getting warmer and the cherry trees are in full bloom! Today I would like to talk about the homestay and field trip program in Seika Town.

京都府国際センターのアリスです!やっと温かくなって、桜も満開ですね。
今日は精華町でのホームステイとフィールドトリップについて書きます。

Strawberry picking イチゴ狩り

Strawberry picking
イチゴ狩り

On March 15th and 16th, I went together with 19 participants to Seika to enjoy strawberry picking, world cooking and homestay with a Japanese family.

This time we had people from the USA, Mexico, Finland, the Philippines, Thailand, Sri Lanka, Korea, Vietnam and China. A world trip without leaving Japan!

Seika’s strawberries are famous all over the prefecture for their size and wonderful taste. We had 30min to pick and eat as many as we could so everybody’s bowls were soon full of tasty strawberries! The local farmers were really sweet, explaining how to pick the strawberries without damaging the plants, how they produced them etc.

イチゴ狩り、ワールドクッキングとホームステイを楽しむために、3月15日と16日に19名の参加者と一緒に精華町に行きました。
今回の参加者の出身国はアメリカ、メキシコ、フィンランド、フィリピン、タイ、スリランカ、韓国、ベトナムと中国でした。まさに日本国内からのワールドツアーでしたね!

精華町のイチゴはサイズや甘さが府内でとても有名です。今回のイチゴ狩りは30分の食べ放題でしたので、みんなはボウルの中にイチゴをたくさん入れて、ずっと食べ続けました。
地域の生産者もとても優しくて、イチゴ狩りや栽培の方法を丁寧に説明していただきました。

Then it was back to the community center for a world cooking session!

Guacamole from Mexico メキシコよりのグアカモレ

Guacamole from Mexico
メキシコよりのグアカモレ

The interesting part of that program is that some participants teach the other participants how to cook famous dishes from their country. Everybody got together to create various flavors to enjoy for lunch. And varied it was! We enjoyed spicy soup and fried chicken, coca cola chicken and fried tomato and eggs from China, Guacamole from Mexico, chicken curry from Sri Lanka, Tinola from the Philippines and Pad Thai from Thailand.

それから、市内に戻って、ワールドクッキングの時間でした。

Pad Thai  パッタイ

Pad Thai
パッタイ

何人かの参加者が他の参加者に出身国の有名な料理を教えるのは今回のこのプログラムの特徴でした。外国人と日本人の参加者は全員集まって、みんなで世界の料理を体験しながら昼食を作りました。様々な料理ができました!中国の辛いスープ、コーラもも肉、トマトと卵の炒め物、メキシコのグアカモレ、スリランカのチキンカレー、フィリピンのチキンチノラ、タイのパッタイを作って、楽しむことができました。盛りだくさんでした!

After lunch, we had a short talk about disaster preparedness and participants could take home some disaster goods.
All the host families then arrived and participants left for their homes to spend the evening and the next day.
It was a lot of fun to be able to enjoy a world tour from Seika Town on that day!

昼食後、防災の話しを少し聞いて、参加者は防災グッズをもらうことができました。
その後、ホストファミリーとの対面式を行い、参加者はホストファミリーと一緒に夕方と次の日を過ごしました。
精華町から世界一周旅行ができてとても楽しかったです!

A word from Steven (CIR in Seika)
スティーブンからの一言 (精華町の国際交流員)

It was a great time getting to make friends (and eat food!) from all over the world. Seika is a small, humble town, but it has a lot of charm, and I am glad that many people got to see that. Also, it was nice having a detailed talk about what to do in case of a natural disaster, since experts say that a large earthquake could strike at any time. I personally feel underprepared for such a disaster, and I am sure I am not alone. I look forward to studying more about disaster preparedness.

世界各国の友達や料理を作ることができて、とても楽しかったです。精華町は、小さい町でありながら、とても魅力があると思うので、それを紹介でき、うれしかったです。また、巨大地震がいつでも来る可能性があるといわれているのですが、私は個人的に、あまり備えができていないと感じていて、ほかにこう感じる人がかなりいるのではないかとも思うので、自然災害の話があってよかったです。今後も防災についていろいろ勉強していきたいと思います。

Seika 2014