Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

Advertisements

A Spring Dance Party – 親子deレッツ・ダンス~春のダンス・パーティ~

Hi guys! It’s Brian, the CIR of Kizugawa.
こんにちは!木津川市国際交流員(CIR)のブライアンです。

To enhance the international exchange of the three municipalities of Kansai Science City in Kyoto, Polly (Kyotanabe CIR), Jake (Seika CIR), and I hold 2 to 3 joint events together every year. And this time, we had a spring dance party.

京都府内の学研都市3市町の国際交流を深めるために、私と京田辺市CIRのポリー、精華町CIRのジェイクが年2~3回の共同イベントを開催しています。今回は「親子deレッツ・ダンス~春のダンスパーティ~」というテーマの交流イベントを行いました。

In recent years only few dance fads have made it to Japan. We wanted to share some of the popular dances in the US with the locals, and we asked our participants to come with their family to dance together at this event.

近年は日本で流行る海外のダンスが少ないため、アメリカでよく知られているダンスを日本のみなさんに紹介し、親子の参加者と一緒に踊りたいと思い、このテーマにしました。

Our Spring Dance Party took place on March 26. First we talked briefly about the dance culture in the US and the UK. There are school dances in both countries, and also people dance at weddings and other ceremonies. Then we started with the simple and old-school. We did the Macarena. It was easy so we played with the speed of the song and had all of us either rushing or in super slow-motion. The kids really liked it.

Macarena

Macarena

イベントは3月26日に開催しました。まずはアメリカやイギリスのダンス文化について話しました。アメリカやイギリスでは学校のダンスイベントがあることと、結婚式などでも踊ったりする習慣、イギリスの伝統的なダンスを紹介しました。トークの後で本題のダンスに移り、トップバッターとしてシンプルで一昔の「マカレナ」を踊りました。かなり簡単なダンスなので、スピードを上げたり下げたりしながら、子どもの参加者ははしゃいで楽しみました。

Next we introduced the Cha-cha Slide. After we went through the surprise moves like the Charlie Brown and Hands-On-Your-Knees, we had a great time doing the listen-and-move (watch-and-move for us at this event) number.

それから、アメリカでよく知られている「チャチャ・スライド」を紹介しました。「チャーリー・ブラウン」や「手をひざに」などのサプライズの振り付けもありますので、それを一つ一つ説明した後、みなさんは上手にできました。

Body Transformers

Body Transformers ボディ・トランスフォーマー

We then played Body Transformers, which is simply team charades. We challenged the participating families with difficult questions such as conveyor belt sushi and electric fan. We were very impressed with the creativity we saw, and had a good time joining the children in charades.

少し休憩の後に、「ボディ・トランスフォーマー」というチームでパントマイムをするゲームで遊びました。参加者の家族に「回転寿司」や「扇風機」といったグループのパントマイムで表現しにくい質問を出しましたが、参加者のみなさんが一生懸命に考えてくれて、クリエーティブで面白い表現のしかたに感動しました。

We finished the event with Watch Me, the song and accompanying dance that went viral in 2015. The moves were confusing at first. After a couple of rounds, everybody was doing the whip, the nae-nae, and the stanky leg perfectly.

最後に2015年にアメリカで大ブレイクした「ウォッチ・ミー」を踊りました。全部の振りを覚えてもらうまで少し時間がかかりましたが、何回か練習したら、最後全員で「ウィップ」、「ネーネー」、「スタンキー・レッグ」などを完璧にできました。

Brian dance (3)As our last 3-municipality joint event, I had a great time. Dance is a way of expression, and has long been a tool of social exchange. Plus, it is a lot of fun! With the popularity of SNS such as Youtube and Twitter, hopefully more fun dances will emerge around the world. I hope I can see you on the dance floor someday!

ポリーとジェイク、私3人の最後の共同イベントとなりましたが、楽しくてしようがなかったです。ダンスは感情表現の方法の一つであり、人との交流の手段でもあります。そして、ダンスを踊るのは楽しいです。これからもYoutubeやTwitterなどのSNSの力で、世界各地から新しいダンスを期待しています。

それでは、いつかダンスフロアに会えますように!レッツ・ダンス!

Comfortab-LEE Brian 8 – 第8回まったLEE・BRIAN

Hey y’all. It’s Brian from Kizugawa.

こんにちは!木津川市のブライアンです。

Kizu brianOn July 28th, I had my 8th “Comfortab-LEE Brian” lecture. This time I talked about the youth culture in the US. I started by introducing “what’s up?” along with other casual greetings, also the motions done along those greetings including hugs and pound hugs.

7月28日に第8回まったLEE・BRIANを開催しました。今回はアメリカの若者文化についての講演にしました。始めに「what’s up?」などの口語的なあいさつを紹介し、あいさつのハグとパウンドハグを実演しました。

Then, I introduced some American slang words and SMS language often used by teenagers. I shared some trending words such as “slay” and “yaas,” in the US, as well as some once-trending-but-not-anymore words like “yolo” and “swag.”

次に、アメリカの若者がよく使うスラングとメール用語を通じてアメリカの若者文化を覗きました。アメリカンスラングの例として、「slay」や「yaas」など日本ではなかなか聞かない流行語と、「yolo」や「swag」など一時的にはやっていた言葉を紹介しました。

I briefly touched on the rise of the hipster culture among young adults and ended with the popular internet memes related to Japan, including doge, hadokening, and meanwhile in.

そして、日本でもよく知られているヒッピー文化から始め、近年若者の間にブームになったヒップスター文化を紹介し、インターネットミームを説明し、「doge」「hadokening」「meanwhile in…」など日本と関わりがあるミームを紹介しました。

I had fun sharing the youth culture with my audience. It was a cross-culture, cross-generation experience.

今回の講演も楽しかったです!特に参加者のみなさんにアメリカの若者文化を知ってもらえて嬉しいです。文化と年齢を越えた交流になったと思います。

The next Comfortab-LEE BRIAN is on September 25. I will be talking about love and marriage in the US and China along with the two Chinese interns at the city hall. Hope to see you there!

次回のまったLEE・BRIANは9月25日にあります。市役所の中国人インターンの二人と、アメリカと中国の恋愛と結婚事情について話します。来てくださいね!

Kyoto CIRs participated in the Gion Festival! 京都府の国際交流員が祇園祭に参加した!

 

IMG_0363Gion MatsuriOn July 17th, 4 CIRs of Kyoto Prefecture (Mark at Kyoto Prefectural Office, Jake in Seika Town, Brian in Kizugawa and Eric in Kameoka) participated in the Gion Festival and pulled one of the big float, the Houka Hoko.
In spite of the typhoon and heavy rain, all of them had the brighest smiles during the day, and were delighted to have been able to participate in such a major festival, as well as being able to experience first-hand Japanese culture and traditions.

Gion Matsuri7月17日(金)に京都府国際交流員の4名(府国際課のマーク、精華町のジェーク、木津川市のブライアン、亀岡市のエリック)が祇園祭に参加して、放火鉾を引きました。
台風と大雨にもかかわらず、笑顔で引きました。
日本三大の祭りに参加して、日本文化と習慣を身近で経験できて、とても喜んでいました。

 

Mark (CIR in Kyoto Prefectural Office, from Scotland)
マークより (スコットランド出身、京都府国際課CIR)

Gion MatsuriHi everyone, Mark here!
I had the pleasure, and privilege, of taking part in the first of the two parades of the Gion Festival (the saki-matsuri, 前祭) on the 17th July, along with Jake, Brian, and Eric. Although there were worries that the typhoon would scupper the plans, we all got up bright and early anyway to head over and get ready. Ultimately we got the green-light to go ahead, so after getting dressed into our outfits, donning the hats, and taking pictures, we joined the 50-strong team to heave the Houkahoko through the wind and rain.

I’m actually very glad for the rain as it kept us cool throughout the day, and although it was a little tough at times, I think I would have struggled more in the blazing heat of a sunny summer’s day!

I had a really great time, especially along Oike-dori and Shinmachi-dori when everyone was cheering us on and shouting words of encouragement, despite the bad weather. Hearing and seeing them cheer us on really gave me the extra energy I needed towards the end to finish the day. I am also happy to have finally experienced first-hand Kyoto’s pre-eminent festival and feel more attached to the city.

I’m very grateful to KPIC for organising it, and perhaps we can take part again next year!

Gion Matsuri皆さん、こんにちは!マークです~

今回、祇園祭の前祭山鉾巡行に参加できる、とても貴重な機会をいただきました。7月17日、ジェイク、ブライアンとエリックと一緒に参加することができました。西日本に上陸した台風のせいで中止になる恐れがあったにも関わらず、皆が早朝に起きて集合場所に移動しました。最終的に行うことになって、皆が衣装を着たり、帽子をかぶったり、写真を撮ったりした後、他の50人ぐらいのチームと一緒に放下鉾を雨と強い風の中で引っ張り始めました。

実は、その雨天がよかったのです。風雨のため、結構涼しくて、少し大変でも頑張れました。しかし、真夏日の猛烈な日差しであれば、もっとしんどかったと思います!

この1日が非常に楽しかったです。特に御池通と新町通を通ってたとき、観客の応援がすごい力になりました!雨の中でも見てくれたり、応援してくれたりしていて、最後まで頑張れるエネルギーになりました。また、やっと京都最大のお祭りに参加できて、京都との関係が深まってきたと思います。

国際センターの主催で、とても感謝したいと思います。また来年も参加できるかもしれません!

Jake (CIR in Seika Town, from America)
ジェークより (精華町CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriGion Masturi was a lot of fun! The Hoko cart was surprisingly heavy though, so I am happy it rained. If I had to pull it when it was sunny out, it would have been really tough. It was also nice to see all the spectators cheering us on. Thanks to them pulling the Hoko didn’t feel so tiring. I think it was a good experience and I would love to be able to do it again if I have the chance.

Gion Matsuri祇園祭りはとても楽しかったです。鉾は思ったより重かったから雨降ってよかったと思います。晴れている日に鉾を引いていたらもっと難しかったかもしれません。また、観察者が応援してくれて、嬉しかったです。おかげ様で鉾を引いてもそんなに疲れなかったです。とてもいい経験だったと思います。機会があればまた参加したいと思います。

 

Brian (CIR in Kizugawa, from America)
ブライアン (木津川市CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriIMG_0427It was an honor to participate in Gion Festival, one of the three representative festivals of Japan. I have been to the Gion Festival while I was studying abroad in Kyoto, but never have I imagined myself actually being a part of the festival and pulling the floats. The volunteers, the locals, the visitors, the community came together for the millennium-old tradition. Although we were all soaked by the downpour, it didn’t take away our passion. It was a great experience.

日本三大祭りの祇園祭に参加する機会を恵まれて大変光栄です。京都で留学している間、祇園祭を見に行ったことありますが、鉾を曳くその一員になるとは想像もしなかった。千年以上の歴史がある祇園祭で、ボランティアと地元の方、観光客、一つになって、コミュニティのつながりと絆を体験することができました。大雨でビショビショになりましたが、みんなの情熱が流されなかったです。非常に良い経験でした。

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float! エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えました!

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float!
エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えられました!

Easter Party ― イースターパーティー

Hey everyone! Jake from Seika here.

Easter event2On April 5th, Polly, Brian and I planned an Easter Party at the Mukunoki Center in Seika. We started our party with a Team Easter Egg hunt. Each egg had a challenge inside that the children had to complete before moving on to get the next egg. The difficulty of the challenge depended on the color of the egg, and harder challenges received more points than easier challenges. Some eggs had tasks that required a physical challenge, while others asked various questions about Easter. If a team could not complete a challenge they did not get the points from the egg. At the end we handed out candy based on how many points each team got, but all teams got candy so don’t worry.

皆さん、こんにちは。精華町のジェイクです。

Easter event34月5日(日)に私とポリーとブライアンが企画したイースターパーティー(復活祭)をむくのきセンターで行いました。パーティーはのたまご探しゲームで始まりました。各たまごの中に子どもが完成しないといけないチャレンジが入っていました。チャレンジの難しさはたまごの色によって、難しいチャレンジのほうが簡単なチャレンジよりポイントを与えました。体力に関わるものや、イースターについての質問型のものもありました。もしチームがチャレンジを完成できなかったら、ポイントをもらえませんでした。最後に子どもたちが得たポイントに応じキャンディーを配りましたが、全員がキャンディーをもらったので安心してください。

Easter eventAfter the Easter Egg hunt we learned a dance called the Bunny Hop where kids stood in 5 lines and followed set of hopping dance moves to music, competing to see which line could make it across the room faster. When the dancing was done, we played a game where kids passed the egg in a circle and when the music stopped, the last person holding the egg was out. Then we ran a race were the kids had to blow an Easter egg across the floor without using their hands. For each game we passed out candy as well!

たまご探しが終わったら、子どもが5列になって一緒に踊りながら部屋の向こうまで速さを競争する「バニー・ホップ」というダンスを体験しました。その後、音楽が流れている間たまごを人から人に回して、音楽が止まったら持っている人がアウトになるというなゲームで遊びました。そして、手を使わずたまごを吹いて前に進ませる競走もしました。各ゲームでキャンディーを配りました!

I had a great time playing games with all the kids and teaching them a bit about one of the holidays I remember from my childhood. All of the kids seemed to have a lot of fun and it was amazing how much they remembered from our presentation at the beginning. I am excited to invite them all back again in the fall for our next event!

子どもとゲームで遊んだりイースターの伝統について習ったりするのがとても楽しかったです。子供達も喜んでいるみたいでしたが私達が最初に話したイースターの説明を覚えているなんて本当にすごいと思いました。また秋のイベントにも皆さんを誘いたいですね。

 

Easter event4Hey it’s Brian from Kizugawa City. The CIR collaboration event was a lot of fun this time as well! Being one of the most celebrated holidays in the US, Easter is still not that well-known in Japan. I was glad that we had the chance to introduce it to more people, while having a blast celebrating with the kids through dance and games. Join us at our next event! It will be a lot of fun.

木津川市のブライアンです。今回の3市町CIR共同イベントもとても楽しかったです!日本ではイースターを知っている人がまだ少ないかもしれませんが、アメリカでは盛大に祝われる行事の一つで、参加者のみなさんに紹介できてよかったと思います。そして、子どもたちとゲームやダンスなどを通じて楽しくイースターを祝うことができました。今度の3市町CIR共同イベントも楽しみにしておいてくださいね!

Comfortab-LEE Brian 6 – 第6回まったLEE・BRIAN

Hey it’s Brian from Kizugawa. I had my 6th Comfortab-LEE Brian lecture on March 26th.

木津川市のブライアンです!3月26日に第6回まったLEE・BRIANを開催しました。

To wrap up the fiscal year, I had a lecture on the major holidays in the US and Taiwan. In the spirit of April Fools’ Day, I pretended to end my lecture after my self-introduction, giving them a preview of the next lecture. The audience had a good laugh out of it.

年度の終わりに、アメリカと台湾の年中行事について講演をしました。エープリルフールを祝うために、始めの自己紹介の後で「ご清聴ありがとうございました」と講演が終わったふりをして、参加者を騙そうとして、みなさんは喜んでくれました。

To decide which holidays to cover, I prepared a holiday bingo sheet for the audience to play. From the well-celebrated Christmas to the less-known Easter, I covered the representing holidays of each season. I had the most fun introducing Saint Patrick’s Day, which none of the participants were familiar with.

今回の発表はビンゴの形で進みながら、よく祝われるクリスマスから、みなさんがあまり馴染みのないイースターまで、各季節の代表的な年中行事を紹介しました。その中で、みなさんが一番興味津々だったのは、日本でまだよく知られていない聖パトリックの日でした。

We had too much fun talking about the different holidays so there were still many left at the end of the lecture. I think I will have a part two for this subject as well!

楽しいひと時を過ごしましたが、時間が限られているので、今回のイベントで紹介できない年中行事がいっぱいありました。またこのトピックの続編を企画しようと思っています。

Join us at the next Comfortab-LEE Brian, which is on May 28th. I will be talking about movies and TV shows in the US and Taiwan. Hope to see you there!

次回のまったLEEは5月28日(木)にあります。アメリカと台湾のエンターテインメントについて話す予定です。どうぞご参加よろしくお願いします!

Comfortab-LEE Brian 5 – 第5回まったLEE・BRIAN

Hey it’s Brian from Kizugawa. I had my 5th Comfortab-LEE Brian lecture on January 29th.

木津川市のBrianです!1月29日に第5回まったLEE・BRIANを開催しました。

This time I name my lecture, “The Basics of International and Cross-cultural Exchange: Talking to People.” From small talks in English to the tips of talking to people from abroad, I covered various topics such as Japanese compliments, frequently asked (rude) questions as a foreigner, and assumptions tied to appearance. Also I talked about the tips on asking about other person’s countries and cultures, and problems with the often-used Japanese word “gaikoku” (foreign countries).

第5回まったLEE今回は「異文化・国際交流への入門~トークのコツ~」というテーマにして、英語のスモールトークと日本在住の外国人に接する時の注意点について話しました。その中で、お世辞や外国人がよくされる失礼な質問、外見への思い込みなどの問題点を挙げて、外国人の気持ちを説明して、参加者と討論しました。そして、相手の国や文化について聞く時に注意すべき点を紹介し、「外国」という言い方の問題点を説明しました。

Compare to my other lectures, in which I talked about my culture and country, this lecture felt refreshing and more personal to me because I talked about how I feel as a foreigner in Japan. I am planning to have a part two for the subject.

今までの講演では私の文化や国の話をしてきましたが、今回のテーマは自分の外国人としての経験話もできて、私には個人的で新鮮な講演でした。このテーマの続編をしようと考えています。

The next Comfortab-LEE Brian will be on May 28th. Hope to see you there!

次回のまったLEEは5月28日(木)にあります。ご参加よろしくお願いします!