Goodbye for now, Kyoto! またね、京都!

Published by Maia Hall・マヤ ホール

Hi everyone! I’m sad to say that my time as a CIR for Kyoto Prefecture is coming to a close. I have made countless wonderful memories and met so many different people here over these two years, and for that I will be forever grateful.

Drinking matcha at Ginkakuji Temple!・銀閣寺での抹茶体験

みなさんこんにちは!いよいよ京都府国際交流員としての時間の終わりが迫ってきて寂しくなってきました。この二年間の間に数え切れないほどの素晴らしい思い出ができ、いろんな人とも出会いました。大変感謝しています。

Elementary school visit・小学校訪問

Some things I got up to during my time in Kyoto will stick with me in particular. With the Kyoto Prefectural International Affairs Division and Kyoto Prefectural International Center, I was involved in many different regional level sister-city events and projects. For example, I helped out with the Kyoto Infused with Tea Expo in 2017, attended by the Deputy Lord Provost of Edinburgh, which was a success! I attended various festivals and events specializing in the wonders of Kyoto, such as the Tomorrow’s Kyoto Festival and also worked with Keihanna Science City and getting involved in the fields of sustainability and smart city, something that really piqued my interest. I met, guided and interpreted for foreign officials and organizations from all over the world; helped residents with disaster preparedness, traffic and extreme weather safety; assisted international students and residents in Kyoto… the list goes on!

Intercultural communication workshop・異文化コミュニケーションワークショップ

京都での活動の中で特に印象に残ることがたくさんあります。京都府国際課と京都府国際センターを通じて、様々な地域レベルの姉妹都市関係事業やイベントに関わることができました。例えば、スコットランドのエディンバラ市の副市長が出席した2017年のお茶の京都の「宇治茶博」もお手伝いをさせていただき、大成功でした!あすの京都フェスタをはじめ、京都の魅力を世界に発信する様々なお祭りやイベントにも参加できました。また、関西文化学術研究都市関連の業務にも関わり、持続的可能性やスマートシティーの分野に触れることができ、それらの分野への自分の興味や知識を高めることができました。世界中から海外の訪問団をお出迎えし、案内や通訳もしました。一方、京都の府民向けの防災、交通安全、気象関係業務の手伝いもしました。京都府の留学生や一般の府民への支援も行ないました。

Getting involved in the community by speaking at Pechakucha Night・Pechakuchaのイベントにスピーカーとして参加

Through KPIC, I am especially glad to have been able to run a number of intercultural understanding lectures, where I had the opportunity to interact and debate with diverse people from all over the prefecture. Some of the topics we covered include introducing the culture, history, and politics of Scotland; Easter festivities where we also did a traditional European activity of dyeing eggs with natural onion skin dyes; talking about the real Grimms’ Fairytales from Germany and how they relate to Japanese folklore and mythology, whilst making glass silhouette candle holders; and most recently, a lively workshop on intercultural communication and the many socio-anthropological theories and reasons behind these differences, and how we as individuals can help cross cultural boundaries to make for a more open society.

International understanding lecture・国際理解講座

京都府国際センターを通して、様々な国際理解講座を実施できたことは特にありがたいです。この理解講座は、京都府の多様な方々と交流を持ち、話し合う機会になりました。例えば、エディンバラ又はスコットランドの文化、歴史、政治について、また、タマネギの皮を使う伝統的なヨーロッパの自然の卵の染め方を試しながら、イースターの習慣などを紹介しました。他にも、「本当は怖いグリム童話」と日本の昔話や神話との共通点の紹介、シルエットのキャンドルグラス作りや、一番最近に行った異文化コミュニケーションとその違いの社会人類学的な説や理由をテーマとした賑やかなワークショップを実施し、私達はどのようにその壁を超え、最もオープンな社会を育てていく目的に向かって、懸け橋になるべきかについて語りました。講座では幅広いトピックを扱いました。

Junior high school visit・中学校訪問

Living in Kyoto City has of course been incredible, but with the CIR role, I was also able to travel further afield, all around the whole of the beautiful prefecture that is Kyoto. I went on school visits where I felt like I was able to directly connect with and learn from the next generation of young people in Japan; helped out on tours; and worked at a kids’ English Camp! It really has been a blessing to see every corner of Kyoto Prefecture and know that it is not just the world-famous city that is so special.

もちろん、京都市に住むのも最高でしたが、この国際交流員の仕事のお陰で、美しい京都府の様々な地域を見る機会もたくさんありました。学校訪問では、日本の次世代の若い人達と直接交流ができ、地域の色々なことを学びました。ツアーの手伝いや通訳をし、子供のイングリッシュキャンプにも参加しました!世界中で有名な京都市だけが特別ではなく、京都府全体でもの素晴らしい地域を見ることができ、とても感謝しています。

At the top of Daimonji Hill in Kyoto City・京都市の大文字山の頂上
Junior high school visit・中学校訪問

As I prepare to continue my studies in Public Policy in Berlin from August (something I grew interested in through this position), all that remains is to say a huge thank you to all of my wonderful and supportive colleagues, both at the International Affairs Division and at KPIC, and the welcoming and enthusiastic people of Kyoto Prefecture who have made my stint as a CIR something I have learnt so much from, and of course, an absolute and unforgettable dream. ありがとうございます! I’ll be back!

八月からは、ベルリンで公共政策(きっかけはこの国際交流員の仕事です!)の勉強を始める予定で今準備中ですが、感謝の気持ちが心からあふれています。いつも応援してくれたり、一緒に笑ったりしてくれた京都府国際課と京都府国際センターの皆さん、そして熱心に交流してくれた京都府民のみなさん、ほんとうにありがとうございます!この国際交流員としての二年間は大変勉強になり、夢のように素晴らしかったです。一生忘れません。またこんど~!

Advertisements

英語村オリンピック・パラリンピック講座 English Village Olympics・Paralympics Lecture

(Posted by Maia Hall, Kyoto Prefectural Office CIR)

On the 22nd November, 2017, I had the opportunity to go visit the Kyoto Higashigaoka High School to take part in their annual English Village Hello Week. I, and two Kyoto Friendship Ambassadors spoke to a group of about thirty high school students about the Olympic and Paralympic Games.

2017年11月22日に、私は京都市立日吉ヶ丘高等学校の毎年行う英語村ハロー・ウィークに参加する機会がありました。京都友好大使の二人と共に、約30人の高校生たちの前にオリンピック・パラリンピックのお話をしました。2611533.jpg

We were all from past hosts of the Games: I from the United Kindgom, and the other two from China and the United States respectively. Our talks and discussion ranged widely from the breakdown of the Games, the meanings of the symbols and mascots that were used, the Opening Ceremonies, Olympic legacies, what a country can learn from hosting the Olympic Games, and what Tokyo and Japan do in 2020.

私たち3人は皆オリンピック・パラリンピックがあった国から来ていました:私はイギリス、あと二人は中国とアメリカ。各オリンピックでどのようなことがあったか、使われていたシンボルやマスクオッとの意味、開会式、オリンピックの後残ったもの、国々がオリンピックを開催してどの様なことを学べるか、2020年に東京又は日本は何をすべきだかなど、話とディスカッションの内容は幅広かったです。2611534

Understanding that these students were a similar age to mine when the London 2012 Games took place, I wanted them to get a feel of how important a step the Olympic Games can be to internationalisation, and the things they can contribute to these changes in the next few years.

この学生たちは、ロンドン2012が行っていたころの私を同じような年齢だと分かって、オリンピックはどんなに国際化に大切なステップになれるかを感じて欲しかったです。そして、これからどのように貢献できるかどうかを考えてみて欲しかったです。

The students seemed to enjoy themselves, asked many questions and had excellent English. We hung around for almost half an hour after it was over to speak in both Japanese and English to those who were more keen. I hope their brief but intensive encounter with some outside opinions about the Olympics managed to inspire them to action, or at least think about how Japan can become more accepting and open to diversity!2611535.jpg

生徒たちは楽しんでいたようで、とても上手な英語で質問も聞いてくれました。終わった後、30分もいて、特に興味を持っている子たちと英語や日本語でおしゃべりしました。この短くても集中的なオリンピックについての外からの意見とのふれあいが、日本もこれからどのように多様性や国際化などにもっとオープンになれるかを考えるきっかけになれば、私は幸いです!