≪From Kyoto to France ~A message of hope for the successful restoration of the Notre-Dame Cathedral~≫ ≪京都からフランスへ、思いよ届け~ノートルダム大聖堂の再建への祈りを込めて~≫

Published by Sandra Arazi, Coordinator for International Relations                                配信:アラジ・サンドラ、国際交流員

Hello everyone!                                                                                                                皆さん、こんにちは!

 I think you have all heard that on April 15, 2019 a large-scale fire broke out in the Notre-Dame Cathedral, a cultural heritage site and symbol of France, resulting in its spire and parts of its roof being destroyed. As Notre-Dame Cathedral is a famous monument symbolizing France’s culture, art and history, it has been a great shock to French people. I was in Kyoto when the tragedy happened and the news was so shocking that I just couldn’t believe it. It must also have been terrible to hear for Japanese people known for their love of France.

     皆さんはご存知かと思いますが、4月15日にフランスを代表する文化遺産であるノートルダム大聖堂において、大規模な火災が発生し、尖塔と屋根の一部が焼失しました。 ノートルダム大聖堂はフランスの文化や、芸術や、歴史を象徴している名所の一つなので、フランス人の皆さんは大衝撃を受けました。 この火災が起きた時にフランス人の私は日本の京都府にいましたが、ニュースを聞いて信じられないほど驚きました。フランスを愛している日本人の皆さんにも大変なニュースだったでしょうね。

    By chance, we received lot of donations and support from all over the world which will help us rebuild Notre-Dame Cathedral. Kyoto residents also gave their support! In light of these circumstances, the people of Kyoto Prefecture pray for the successful restoration of the Cathedral. They have created a video message of encouragement for the people of France. Some famous personalities from Kyoto Prefecture, including the Governor, but also students shared their support in messages and created a “senbazuru” (one thousand origami cranes). I got to participate in the realization of the video. As a French coordinator for international relation, I went to schools to present my country and especially the incident at Cathedral Notre-Dame in front of the students. Besides that, I also helped editing the video by making the French subtitles and creating the design for the CD’s cover.

    幸運なことに、寄付とサポートを世界中から沢山いただき、ノートルダム大聖堂は皆さんの支えのおかげで再建できることになります。京都府民の皆さんの支援もいただきました! 日本の地方自治体である京都府はノートルダム大聖堂の再建への祈りを込めて、京都府からフランスへの応援ビデオメッセージを作成しました。京都府知事をはじめ京都府の様々な偉い方々からの応援メッセージを頂き、京都府の生徒からも応援メッセージと千羽鶴をいただきました。 京都府庁の国際課で働いている私も動画の作成に参加することになりました。フランス人の国際交流員として、学校訪問をしに京都府の学校を回って、生徒の前でフランスの一般な紹介と具体的にノートルダム大聖堂の件についての話をしました。他にも、動画の編集、字幕や、CDのジャケットのデザインなどで手伝うことが出来ました。

 As an incredible fact, this video message of support was handed in the form of a DVD directly from Governor Takatoshi Nishiwaki of Kyoto Prefecture to President Emmanuel Macron of France on his visit to Kyoto on June 27, 2019. And in order to show it to as many persons as possible, the video is now on youtube. Once you’ve watched it, please share it around you. Especially if you have French acquaintances! Help us reach French people’s hearts by sharing widely!

Please click on the link : https://www.youtube.com/watch?v=wT6wyUvU3QA

 それからなんと!この応援ビデオメッセージは、2019年6月27日に入洛されたマクロン大統領に、西脇知事からDVDの形で直接、手渡すことが出来ました。 また、皆さんがご覧になれるように、現在完成された動画はユーチューブに載っています。 一度ご覧になったら、周りにもシェアしていただけたら有難いです。特にフランス人の知り合いがいらっしゃったら、見せてあげて下さい!日本人の思いがフランスまで届くように是非拡散をお願いいたします!

動画のリンクはこちら:https://www.youtube.com/watch?v=wT6wyUvU3QA

Advertisements

初学校訪問・My First School Visit

こんにちは~!京都府国際センターCIRのアラジ・サンドラです!

2月1日に私の初学校訪問で、京都文教短期大付属小学校に行きました。小学生3年生にフランスのPRをしてきました!生徒達と、とても楽しく過ごせて、充実した時間でした。45分の間で自由に自分の国の紹介をさせていただき、生徒達から元気よく楽しそうな反応を頂きました。 

Hello! It’s Sandra Arazi from Kyoto Prefectural International Center.

On the first of February I went to my first school visit at Kyoto Bunkyo Jr. College Elementary School. I did a presentation about France to 3rd grade students. I spent an enjoyable time in the company of the students. During 45 minutes, I introduced them to my country , and got a positive response from them.

学校訪問の前に色々準備してPPT (マップ、イメージ、クイズ)とゲームを作成しました。もともと先生ではないので、やはり、私にとって一番難しかったことは、講座の内容を簡単にしすぎず、難しくすぎずに九歳の子どもにフランスのことを知っていただくことでした。ですが、いいバランスがとれたと思います。

Before the school visit, I prepared a lot and created a PPT(map, images, quiz)and games. Since I’m not a teacher from the beginning, what was difficult for me was to measure the difficulty of the contents of my presentation for nine-year-old children. But I think I found a good balance.

講座では、まずフランスの位置や、挨拶のやり方や、名所や、名物などを説明しました。それで、フランスのゲームを二つ、ジャンケン「pierre, papier, ciseaux」とジェスチャーゲーム「Le jeu de mimes」を行いました。さすがにゲームは子ども達を一番盛り上がらせた部分でした。私も楽しませていただきました!

If I explain what I did during my presentation, it started with the localization of France, greetings, famous spots, as well as famous food learning. Then, I introduced two games ; « pierre, papier, ciseaux » and a gesture game called “Le jeu de mimes”. Without surprise the games got the children the most excited. I enjoyed myself too!

自国の紹介とゲームが終わった後、自由な交流時間を設けました。生徒達に様々な質問を聞かれました。好奇心の溢れている子ども達の様子がとても可愛かったです!私の好きな食べ物や、好きなスポーツなどについて聞かれたりしました。そして野球のことも沢山聞かれました!(笑)申し訳ないことですが、フランスでは野球はあまり人気がないと正直に返事しました。フランスでは、一番人気なスポーツはサッカーなのではないかと思いますね。

After my presentation and games ended, a spare time was dedicated to interact with the students. I have been asked a lot of questions. Their eagerness to learn was very cute! I was asked about my favorite food, favorite sports and so on. I was also asked a lot about baseball! Unfortunately, I told them that baseball is not really popular in France. By the way, I think that soccer might be the most prominent sport there.

いい経験でした!また子どもとふれ合える機会があればうれしいです!ちなみに、私がその日に紹介したことをもっと詳しく知りたいという方がいらっしゃったら、京都文教短期大付属小学校のホームページでご覧になれます:https://kyotobunkyo-sho.ed.jp/topics-2/30657/

Altogether it was a great experience! I hope I will have other opportunities to interact with children. By the way, if you want to learn more about my presentation on that day, you can visit the homepage of Kyoto Bunkyo Jr. College Elementary school : https://kyotobunkyo-sho.ed.jp/topics-2/30657/

Happy New Year! 明けましておめでとうございます!

皆様、こんにちは!お元気ですか??

京都府国際センター国際交流員のアラジ・サンドラです。

ちょっと遅い報告なんですが、新年明けましておめでとうございます!!皆様に幸せが訪れますように!!そして、本年もどうぞよろしくお願いいたします!毎年、同じこと言っていますが、2018年は早く終わりましたね(笑)。

そして、なんと!京都府に来てから約半年が過ぎました!ここに来てからいろんな方にお世話になり、とても感謝しております!仕事に関して, 最初はミスいっぱいで迷惑を沢山かけたと思いますがいつも親切にしていただき、ありがたいですよね。自分の新しい仕事と生活に慣れるまで少し時間が掛かりましたが、やっと慣れてきたのではないかと思います。2019年は様々な面でもっと活躍できるように頑張りたいと思います!!

Hello everyone! How are you doing?

It’s Sandra Arazi from Kyoto Prefectural International Center here.

It’s a little late for this announcement, but never mind, Happy New Year everyone! I wish you happiness for this new year! I say the same thing every year, but 2018 went by so fast.

Moreover, it has already been half a year since I came to work and live in Kyoto City! Since arriving here, I have been indebted to so many people who have taken care of me, and I’m really grateful to them. Concerning work, at first although I must have caused so many mistakes and bothered so many people, I have always been treated kindly, so I’m really thankful. Before getting used to my new work and life, some time was needed but I get the feeling that I finally managed it. For 2019, I will try my best to be more active and successful!

さて、皆様はどのように新年を迎えましたか?

私は、フランスに帰って、家族と一緒にお祝いして過ごしました!やはり、そういう時は自分にとって大切な人のそばにいたくなりますよね!ところで、フランスの一般的な新年のディナーは何だか分かりますか??サーモンや、フォアグラや、牡蠣など高級な料理ばかりです!もちろん、飲み物としてワインかシャンパン!やはりこの時期、気を付けないと太りますよね、、!(笑)

Well everyone, how did you spend the New Year?

As for me, I went back to France, and I spent it celebrating with my family. During this period, it’s best to be close to the people important to you, right? By the way. do you know the specialties served during the French New Year dinner? For example, you have salmon, foie gras, oysters, and other luxurious food! And for the drinks, of course, you have either wine or champagne. It’s a period where you can easily gain weight if you are not careful…!

では皆様、今年も応援よろしくお願いいたします!!

Well everyone, I will be in your care again this year!


京都府国際センターに着任した国際交流員!NEW CIR IN KYOTO PREFECTURAL INTERNATIONAL CENTER !

Sandra Arazi サンドラ・アラジ
2018~
photo sandra 2017

皆さん、はじめまして!2018年8月に京都府国際センター国際交流員として着任しましたアラジ・サンドラと申します。自己紹介させていただきます。生まれと育ちはフランスのパリで、24歳のパリジャン女性です。
皆さんはご存知だと思いますが、パリ市はフランスの首都で、様々な分野の中心でもあります。さらに!なんと、パリ市と京都市は姉妹都市ですよ!これから、お互いの国や、都市の交流を深めることに関われることを大変光栄に思っております。

Nice to meet you everyone ! My name is Sandra Arazi and since august 2018 I joined the Kyoto Prefectural International Center as the new Coordinator for International Relations. Let me introduce myself. I am a 24 years old French girl born in Paris.
As everyone already knows, Paris is the capital of France and the center of many important fields. However did you know that Paris is the sister city of Kyoto ? I feel very honoured being able to help deepening the relationships between our countries and cities from now on.

depositphotos_53676281-stock-photo-flags-france-and-japan

皆さん、フランスのこと、どのぐらい知っていますか??

数年間連続でフランスは世界旅行の中で1位のデスティネーションとなっています。毎年世界中の方々がパリに訪れています。もちろん日本人にも大人気です!それには理由がたくさんあります。パリの歴史や、文化や、ガストロノミー(美食)など、最大なレベルの分野が揃ってて憧れの街でしょう。フランスとパリのこともっと知りたくなりましたか?であれば、これからの私の講座に参加して下さいね!

How much do you know about France everyone ?

For several consecutive years now, France has been the first touristic destination in the whole world. Every year, people from all over the planet visit it’s capital Paris. It goes without saying that the city is really popular among Japanese people !There is a reason to this. History, culture, gastronomy, many strong fields are gathered in the same city and that’s what make it so special. If you would like to learn more about France and Paris, feel free to participate to my seminars !

Various types of cheeseParis-11

自分の街も国も心から大好きですが、おさないころにどうしようもなく日本のことに恋をしてしまった (笑)。それでも、日本が好きになったきっかけはなんですか?と聞かれるとよく説明できなくて困ります、、好きなところはないからというわけではないですけどね!ただ、返事は一つではないと感じています。やはり日本の特別な雰囲気や、深い文化と歴史や、素敵な言語や、日本人のおもてなしなどの影響が私の魂の中に響いたのでしょうかね。

Even though I really like my own country and city, when I was a child I fell in love with Japan. If you ask me why, I would’nt be able to give you a proper answer. It’s not because I don’t like anything、It’s just the feeling that there is not one single answer as to why I got to like Japan. Maybe it’s the particular atmosphere of Japan, the long history, the beautiful language, or the Japanese people’s kindness which got to resonate into my soul.

イナルコ大学で日本語と日本文化の専攻を選んで、三年間後卒業しました。直後、様々な試験に合格し、奨学金を二ついただくことになり、慶應義塾大学と西南学院大学に留学することができました。今でも留学の機会を与えてくださった文部科学省とFondation de Franceにはとても感謝しております。フランスに帰国した後、修士を目指し、ソルボンヌヌーベルパリIII大学で文化学と観光学を学ぶことにしました。

I chose to study Japanese culture, civilization and language at Inalco University. I graduated of it three years later. Right after, I passed some examinations and got rewarded with two scholarships to study in Keio University and also Seinan Gakuin University. Even now I am really grateful to the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) and the Fondation of France for giving me those opportunities to study abroad. After going back to France, I decided to go after a master, and studied culture and tourism at Sorbonne Nouvelle Paris III University.

観光に興味が深く、大学の時にパリにある日本政府観光局(JNTO)と旅行会社のHISにインターンシップをしました。日本の文化と芸術の世界にも憧れ、2018年の夏にジャパンプロモーションというイベント会社にお勤めすることにしました。例えば、この仕事のおかげで、毎年フランスで行われているジャパン・エキスポという大きい日本関係のイベントで通訳者や、司会などを務めたことがあります。京都は日本の芸術と文化の中心だという印象が強いので、ここに住むことができてとても良かったと思います。

Since I have a real interest for tourism, I realized internships at the Japan National Tourism Organization (JNTO) in Paris and the Japanese travel agency HIS also located in Paris. During summer 2018, I have also worked for a Japanese event company called Japan Promotion as I felt a strong attachment to the Japanese cultural and art world. As an example of the kind of work I accomplished : I became an interpreter and presentator for a major Japanese event called Japan Expo going on every year in France. I feel that Kyoto is the center of the Japanese artistic and cultural world so it‘s really a privilege to be able to live here from now on.

これからは京都府国際センターで勤務することになり、様々な仕事に触れることができるでしょう。学校訪問や、セミナー、交流イベントなどの機会を通して皆さんにお会いできることがとても楽しみです!これから、どうぞよろしくお願いします!!

From now on working at the Kyoto Prefectural International Center will certainly give me the chance to experience many works. I’m really looking forward meeting people during the time spent visiting schools, while giving seminars and participating in international event. Thank you ! !

サンドラ・アラジ

Sandra Arazi

For further information : https://www.kpic.or.jp/shichoson/koryuinhaken.html

詳しくは:https://www.kpic.or.jp/shichoson/koryuinhaken.html

おおきに、心の古郷、京都! A heartfelt thanks to you Kyoto, my second home

Alice京都府国際センターのアリスです。7月末に京都府での任期が終わってしまいます。あっという間に5年間が過ぎましたな。昨日来日したような不思議な気持ちがしています。
このブログで最後の記事となります。

Alice from KPIC here! I will be finishing JET at the end of July. 5 years have passed so quickly, and it feels like I arrived just yesterday. This will be my last article on this blog.

中学校から日本好きな私は「いつか日本で働いて長く住みた いな」と思って、日本の自治体の国際化に貢献できるJETプログラムに申請しました。しかし、英語圏出身者の募集は毎年何千人もいるが、フランス人募集は 5名以下のに対して、応募は100人以上もいるという激しい競争率が現実です。ですから、合格した時には本当に夢が叶い、幸せの極みでした。

「国 際交流員の仕事は何?」とよく聞かれますが、今になってやっと答えが分かりました。「国際交流の何でも屋さん!」です。5年間の中で知事と首相レベルの通 訳、訪問団を迎える準備と同行、ミシュランシェフの付き合いなどという制度上のレベルで普段関われない仕事もあれば、住民に向けたワインセミナー、フラン ス伝統舞踊体験など、地域と深く関われる仕事もありました。

I have been in love with Japan since junior high, and it was one of my dreams to work and live in Japan, so applying to the JET Programme was only natural. Every year, thousands of people from English-speaking countries are recruited but only a few spots are available to French people, while hundreds apply each year. So when I got accepted, it was like a dream come true.

Interpreting for oyster farmers in Ine village 伊根町で牡蠣養殖業者同士の通訳も

Interpreting for oyster farmers in Ine village
伊根町で牡蠣養殖業者同士の通訳も

People often ask me “What does a CIR do?”. After all these years, I think I finally have the answer: “A CIR is the jack-of-all-trades of internationalization”! In my 5 years, I did some work that usually fresh graduates don’t get to do such as interpreting for Kyoto Prefecture Governor and Prime Ministers meetings, welcoming delegations and accompanying them, working with Michelin star chiefs, but also work involving the Prefecture’s citizens and connecting with the community with events such as wine seminars and traditional French dance classes.

印 象に残った仕事は山ほどあります。大好きな京都府と南仏の地域を友好協力協定諸の調印で繋げて、アーティスト、高校生をはじめ、色々な当事者が交流できる 環境を作ったり、「フィールドトリップin京都府」で府内の市町村へ外国人住民を連れて、地域ならではの文化体験と住民との深い交流でお互いに豊かにな り、偏見と孤立感を解消し、地方振興に貢献する事業も担当したり、色々しました。全て知りたい!という人はセンターのHPで読んでくださいね。

Signing the friendship agreement 友好協力協定諸の調印

Signing the friendship agreement
友好協力協定諸の調印

Field Trips were awesome! 大好きだったフィールドトリップの仕事

Field Trips were awesome!
大好きだったフィールドトリップの仕事

There is a mountain of things I will remember. I got to do many wonderful things, such as linking Kyoto and my native southern France together through a friendship agreement, creating many ties between the two regions thanks to artists and students exchanges, or creating links between international and local residents through Field Trip programs across the whole of Kyoto Prefecture, breaking down stereotypes and isolation, and contributing to local areas. Look at the Center’s website to check everything I did!

特に「仕事のやりがい」と「地域社会に参加した」を感じた時について記します。

ま ずは、学校訪問。国際交流員として府内の小・中・高校で授業をする機会がありました。日本の学校はよくアニメやドラマに出ているので、実際に行って、学生 と交流して、本当に暖かい思い出が盛り沢山。特に、素直な日本人小学生に何度も感動しました。彼らの声は今でもずっと響きます:「ええええ」(フランスの 文化に対するビックリ声)、「メルシー」(フランス語を一生懸命習ってくれた姿)、「先生!」(発表の途中でも質問をする好奇心)。それから、訪問後の手 紙で涙を何度もこぼした「フランス語を習う!」「世界に出たくなった!」「無意識な偏見を意識する!」。未来を作る次世代の視野を広めて、光栄です。皆さ ん、世界の色々な架け橋になってください。私もみんなの笑顔で頑張れます。

Dancing with the kids 子どもとフランスの鴨踊りを踊る

Dancing with the kids
子どもとフランスの鴨踊りを踊る

There are two times when I felt that my work was truly meaningful and that I really contributed to the community.

Alice6First, school visits. I got to visit elementary, junior and high schools and do classes there. Japanese schools often appear in dramas or anime, so actually being a part of them and meeting the students are some of the best memories I made. I still hear the students’ voices: “Whaaaat” (when hearing about French culture), “Merci!” (their remembering of French), “Teacher!” (when interrupting the presentation to ask more out of insatiable curiosity). Their letters often got me tearful too: “I want to learn French!”, “I want to see the world!”, “I will be careful of stereotypes!”. It was an honor to broaden their horizons. I hope they build tomorrow’s peaceful world. I will take your smiles with me from now on.

それから、私は「よさこいで燃え尽きる者」とよく同僚に呼ばれています。来日してすぐに、「颯戯 FUJA」という京都のよさこいチームに入って、全国のお祭りに参加して、ある祭りではチームをまとめる役割もさせていただきました。ここでよさこいが 「超楽しい!」以外に、一番感動したのは「外国人」ではなく、「アリス」として受け入れてくれたことです。「日本では~」と言いながら、「私達日本人とあ なた」の壁を作らずに、同じ地域とチームの一人として見てくれたこと。多彩な国籍と人柄を全て「外国人」としてしか取り扱わない無意識な差別が多い日本 で、外国人住民の私がよく疲れていましたが、毎回チーム活動でリフレッシュして、刺激を貰い、仕事もプライベートも頑張れることができました。

名古屋のにっぽんど真ん中祭りに参加 Participating in the Domannaka Festival in Nagoya

名古屋のにっぽんど真ん中祭りに参加
Participating in the Domannaka Festival in Nagoya

Alice8My colleagues often call me “the Yosakoi girl”. As soon as I arrived in Kyoto, I joined my team, “FUJA”, and participated in lots of festivals around Japan. I even got to be team leader for one of them. Outside than Yosakoi being super fun, the thing that stood out the most is how everyone treated me as a member of the team and as myself, Alice, rather than “the foreigner”. They didn’t build walls between them and me. It’s easy to get tired in Japanese society where the diversity of non-Japanese are clustered into a big “foreigners” label only. Meeting with my team every week was so refreshing and gave me the energy to keep on living and working in Japan.

終わりに、皆さんへ私の最後のレッスンを贈りたいです(先生ですから)。

一つ!「相手を自分の目で見ること」

大原のおばあさんにフランス語を教えるお母さん My mom taught French to a shop owner in Ohara

大原のおばあさんにフランス語を教えるお母さん
My mom taught French to a shop owner in Ohara

メ ディア、テレビ番組、雑誌ではなく、自分自身で違う価値観、文化を感じて、理由を知るようにしてください。「異文化」は「海外」に限りませんよ。隣人、違 う仕事の人、県外の人なども「異文化」を持ちます。自分の文化や価値観と比較して、すぐ判断するのではなく、相手の話を直接聞いて、「外国人」「外の人」 ではなく、「その人」のことを理解しましょう。それから、機会があれば、世界に出て、自分が「マイノリティ」になる経験をしてください。そうすると、異文 化理解の上、自分のアイデンティティ、価値観と自信がしっかりします。豊かな人間になります。

世界で反啓蒙主義、憎悪、テロなどが広がる中、それは一人一人の責任です。相手に手を伸ばして、壁を倒して、橋を作りましょう。

Finally, here is my last lesson for you (because I’m a “teacher” now!)

First! “Make your own opinions yourself”.

大原女の行列に参加した! I became a Ohara girl!

大原女の行列に参加した!
I became a Ohara girl!

Experience different cultures and values first-hand and not through media such as magazines or TV. “Different” doesn’t automatically mean “foreign”. It can be your neighbor, people from different fields of work or regions etc. Don’t judge and compare from your own culture but listen to that person. Don’t treat them as “different” or “foreign” but as “this person in particular”. If you have the chance, live abroad and become a minority yourself. Not only will you understand other cultures and viewpoints better, but you will also get a new insight on your own values and identity. In a world where obscurantism, hatred and terrorism are on the rise, it’s our duty as citizens of the world. Reach out to others and build bridges instead of walls.

二つ!「心からのおおきに!」

おおきに! Thanks Kyoto!

おおきに!
Thanks Kyoto!

京 都それから、日本で出会ったみなさんが、受け入れてくれたことに対して感謝。5年間でできた経験は人生で唯一のことばかりで、私を成長させ、豊かな人間に してくれました。過ぎ去った5年間を、京都府国際センターと京都府国際課、それから皆さんと一緒に過ごせたことはとても光栄なことで、私の次の職場や人生 の様々な場面で、心を温め、支えてくれる大切な思い出と力になると思います。これからも京都で冒険したり、よさこいを踊ったりするので、会ったら声をかけ てください!皆さん、心からおおきに!それから、またね!

Second! “A heartfelt thank you”!

次の冒険へ! On to the next adventure!

次の冒険へ!
On to the next adventure!

All the people I met in Japan and Kyoto have welcomed me into their hearts and local communities, and I am so thankful for that. Everything I experienced in these 5 years has been a once-in-a-lifetime experience and helped me grow so much. It was an honor to work together with the people at the Center, the Prefectural Office and everyone I met, and these memories will be the strength that will support me in the next step and warm my heart on down days.

I will still enjoy Kyoto and dance Yosakoi here and there, so say hi if we meet! A big thank you and see you later!

Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html