おおきに、心の古郷、京都! A heartfelt thanks to you Kyoto, my second home

Alice京都府国際センターのアリスです。7月末に京都府での任期が終わってしまいます。あっという間に5年間が過ぎましたな。昨日来日したような不思議な気持ちがしています。
このブログで最後の記事となります。

Alice from KPIC here! I will be finishing JET at the end of July. 5 years have passed so quickly, and it feels like I arrived just yesterday. This will be my last article on this blog.

中学校から日本好きな私は「いつか日本で働いて長く住みた いな」と思って、日本の自治体の国際化に貢献できるJETプログラムに申請しました。しかし、英語圏出身者の募集は毎年何千人もいるが、フランス人募集は 5名以下のに対して、応募は100人以上もいるという激しい競争率が現実です。ですから、合格した時には本当に夢が叶い、幸せの極みでした。

「国 際交流員の仕事は何?」とよく聞かれますが、今になってやっと答えが分かりました。「国際交流の何でも屋さん!」です。5年間の中で知事と首相レベルの通 訳、訪問団を迎える準備と同行、ミシュランシェフの付き合いなどという制度上のレベルで普段関われない仕事もあれば、住民に向けたワインセミナー、フラン ス伝統舞踊体験など、地域と深く関われる仕事もありました。

I have been in love with Japan since junior high, and it was one of my dreams to work and live in Japan, so applying to the JET Programme was only natural. Every year, thousands of people from English-speaking countries are recruited but only a few spots are available to French people, while hundreds apply each year. So when I got accepted, it was like a dream come true.

Interpreting for oyster farmers in Ine village 伊根町で牡蠣養殖業者同士の通訳も

Interpreting for oyster farmers in Ine village
伊根町で牡蠣養殖業者同士の通訳も

People often ask me “What does a CIR do?”. After all these years, I think I finally have the answer: “A CIR is the jack-of-all-trades of internationalization”! In my 5 years, I did some work that usually fresh graduates don’t get to do such as interpreting for Kyoto Prefecture Governor and Prime Ministers meetings, welcoming delegations and accompanying them, working with Michelin star chiefs, but also work involving the Prefecture’s citizens and connecting with the community with events such as wine seminars and traditional French dance classes.

印 象に残った仕事は山ほどあります。大好きな京都府と南仏の地域を友好協力協定諸の調印で繋げて、アーティスト、高校生をはじめ、色々な当事者が交流できる 環境を作ったり、「フィールドトリップin京都府」で府内の市町村へ外国人住民を連れて、地域ならではの文化体験と住民との深い交流でお互いに豊かにな り、偏見と孤立感を解消し、地方振興に貢献する事業も担当したり、色々しました。全て知りたい!という人はセンターのHPで読んでくださいね。

Signing the friendship agreement 友好協力協定諸の調印

Signing the friendship agreement
友好協力協定諸の調印

Field Trips were awesome! 大好きだったフィールドトリップの仕事

Field Trips were awesome!
大好きだったフィールドトリップの仕事

There is a mountain of things I will remember. I got to do many wonderful things, such as linking Kyoto and my native southern France together through a friendship agreement, creating many ties between the two regions thanks to artists and students exchanges, or creating links between international and local residents through Field Trip programs across the whole of Kyoto Prefecture, breaking down stereotypes and isolation, and contributing to local areas. Look at the Center’s website to check everything I did!

特に「仕事のやりがい」と「地域社会に参加した」を感じた時について記します。

ま ずは、学校訪問。国際交流員として府内の小・中・高校で授業をする機会がありました。日本の学校はよくアニメやドラマに出ているので、実際に行って、学生 と交流して、本当に暖かい思い出が盛り沢山。特に、素直な日本人小学生に何度も感動しました。彼らの声は今でもずっと響きます:「ええええ」(フランスの 文化に対するビックリ声)、「メルシー」(フランス語を一生懸命習ってくれた姿)、「先生!」(発表の途中でも質問をする好奇心)。それから、訪問後の手 紙で涙を何度もこぼした「フランス語を習う!」「世界に出たくなった!」「無意識な偏見を意識する!」。未来を作る次世代の視野を広めて、光栄です。皆さ ん、世界の色々な架け橋になってください。私もみんなの笑顔で頑張れます。

Dancing with the kids 子どもとフランスの鴨踊りを踊る

Dancing with the kids
子どもとフランスの鴨踊りを踊る

There are two times when I felt that my work was truly meaningful and that I really contributed to the community.

Alice6First, school visits. I got to visit elementary, junior and high schools and do classes there. Japanese schools often appear in dramas or anime, so actually being a part of them and meeting the students are some of the best memories I made. I still hear the students’ voices: “Whaaaat” (when hearing about French culture), “Merci!” (their remembering of French), “Teacher!” (when interrupting the presentation to ask more out of insatiable curiosity). Their letters often got me tearful too: “I want to learn French!”, “I want to see the world!”, “I will be careful of stereotypes!”. It was an honor to broaden their horizons. I hope they build tomorrow’s peaceful world. I will take your smiles with me from now on.

それから、私は「よさこいで燃え尽きる者」とよく同僚に呼ばれています。来日してすぐに、「颯戯 FUJA」という京都のよさこいチームに入って、全国のお祭りに参加して、ある祭りではチームをまとめる役割もさせていただきました。ここでよさこいが 「超楽しい!」以外に、一番感動したのは「外国人」ではなく、「アリス」として受け入れてくれたことです。「日本では~」と言いながら、「私達日本人とあ なた」の壁を作らずに、同じ地域とチームの一人として見てくれたこと。多彩な国籍と人柄を全て「外国人」としてしか取り扱わない無意識な差別が多い日本 で、外国人住民の私がよく疲れていましたが、毎回チーム活動でリフレッシュして、刺激を貰い、仕事もプライベートも頑張れることができました。

名古屋のにっぽんど真ん中祭りに参加 Participating in the Domannaka Festival in Nagoya

名古屋のにっぽんど真ん中祭りに参加
Participating in the Domannaka Festival in Nagoya

Alice8My colleagues often call me “the Yosakoi girl”. As soon as I arrived in Kyoto, I joined my team, “FUJA”, and participated in lots of festivals around Japan. I even got to be team leader for one of them. Outside than Yosakoi being super fun, the thing that stood out the most is how everyone treated me as a member of the team and as myself, Alice, rather than “the foreigner”. They didn’t build walls between them and me. It’s easy to get tired in Japanese society where the diversity of non-Japanese are clustered into a big “foreigners” label only. Meeting with my team every week was so refreshing and gave me the energy to keep on living and working in Japan.

終わりに、皆さんへ私の最後のレッスンを贈りたいです(先生ですから)。

一つ!「相手を自分の目で見ること」

大原のおばあさんにフランス語を教えるお母さん My mom taught French to a shop owner in Ohara

大原のおばあさんにフランス語を教えるお母さん
My mom taught French to a shop owner in Ohara

メ ディア、テレビ番組、雑誌ではなく、自分自身で違う価値観、文化を感じて、理由を知るようにしてください。「異文化」は「海外」に限りませんよ。隣人、違 う仕事の人、県外の人なども「異文化」を持ちます。自分の文化や価値観と比較して、すぐ判断するのではなく、相手の話を直接聞いて、「外国人」「外の人」 ではなく、「その人」のことを理解しましょう。それから、機会があれば、世界に出て、自分が「マイノリティ」になる経験をしてください。そうすると、異文 化理解の上、自分のアイデンティティ、価値観と自信がしっかりします。豊かな人間になります。

世界で反啓蒙主義、憎悪、テロなどが広がる中、それは一人一人の責任です。相手に手を伸ばして、壁を倒して、橋を作りましょう。

Finally, here is my last lesson for you (because I’m a “teacher” now!)

First! “Make your own opinions yourself”.

大原女の行列に参加した! I became a Ohara girl!

大原女の行列に参加した!
I became a Ohara girl!

Experience different cultures and values first-hand and not through media such as magazines or TV. “Different” doesn’t automatically mean “foreign”. It can be your neighbor, people from different fields of work or regions etc. Don’t judge and compare from your own culture but listen to that person. Don’t treat them as “different” or “foreign” but as “this person in particular”. If you have the chance, live abroad and become a minority yourself. Not only will you understand other cultures and viewpoints better, but you will also get a new insight on your own values and identity. In a world where obscurantism, hatred and terrorism are on the rise, it’s our duty as citizens of the world. Reach out to others and build bridges instead of walls.

二つ!「心からのおおきに!」

おおきに! Thanks Kyoto!

おおきに!
Thanks Kyoto!

京 都それから、日本で出会ったみなさんが、受け入れてくれたことに対して感謝。5年間でできた経験は人生で唯一のことばかりで、私を成長させ、豊かな人間に してくれました。過ぎ去った5年間を、京都府国際センターと京都府国際課、それから皆さんと一緒に過ごせたことはとても光栄なことで、私の次の職場や人生 の様々な場面で、心を温め、支えてくれる大切な思い出と力になると思います。これからも京都で冒険したり、よさこいを踊ったりするので、会ったら声をかけ てください!皆さん、心からおおきに!それから、またね!

Second! “A heartfelt thank you”!

次の冒険へ! On to the next adventure!

次の冒険へ!
On to the next adventure!

All the people I met in Japan and Kyoto have welcomed me into their hearts and local communities, and I am so thankful for that. Everything I experienced in these 5 years has been a once-in-a-lifetime experience and helped me grow so much. It was an honor to work together with the people at the Center, the Prefectural Office and everyone I met, and these memories will be the strength that will support me in the next step and warm my heart on down days.

I will still enjoy Kyoto and dance Yosakoi here and there, so say hi if we meet! A big thank you and see you later!

Advertisements

Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Intercultural Salon: Stereotypes about Brazil – 異文化理解サロン:ブラジルに対するステレオタイプ

RodrigoHi, everyone! My name is Rodrigo Brinca and I’m the Brazilian CIR working at Shiga Prefectural Government Office.
皆さん、はじめまして!滋賀県庁のブラジルの国際交流員ホドリーゴ・ブリンカです。

On May 24th I had the opportunity to give a presentation on Brazil in Kyoto’s Prefectural International Center. Since I had total freedom to choose the topic, I decided to talk about the stereotyped views Japanese people have regarding Brazil. My reasoning behind choosing this theme actually has to do with the fact that Japanese people actually do know a good amount about my country, although their perception is biased, understandably, by what Japan’s mainstream media says about it.

5月24日(日)に京都国際センターの異文化理解サロンというイベントでブラジルについて話す機会がありました。トピックは自由に選べましたので、結局日本人がブラジルに対して持っているステレオタイプについて話すことにしました。このテーマを選んだ理由は、日本のマスメディアの影響でまだ私の国に対する偏見が残っているにもかかわらず日本人はブラジルのことについて意外と詳しいからです。

SambaFirst I selected a few topics I knew beforehand that Japanese people had some knowledge of, like Brazilian music, tourist attractions and so on. Then I explained what are some common misconceptions about these, i.e. “Brazilian women dance naked during carnival”, “all Brazilians can play soccer like Neymar” etc. By doing this, I believe we could reflect on how a minor aspect of someone’s culture can be misinterpreted as something major when no cultural context is given.

最初に一般的に日本人が既に持っている知識に関するトピック、ブラジル音楽だったり観光地だったりなどを選びました。その後日本人が勘違いしていそうなこと、例えば「カーニバルのときブラジルの女性が裸のままで踊る」や「ブラジル人は皆ネイマールと同じぐらいサッカーができる」などを説明してみました。これを通じて自分の文化のマイナーな側面が文化的な文脈がないとメジャーな側面に勘違いされてしまうことについて一緒に考えることができたと思います。

FavelasThe public showed a great deal of interest and we also had time to answer some interesting questions on varied topics by the end of the presentation. Since my usual listeners are elementary school students (which I also love talking to), I was glad to have this chance to talk to a different group of people and present to Japanese adults some aspects of Brazilian Culture that are not well known. I’m also looking forward to holding similar events in my home prefecture, Shiga when I get the chance.

Discussion with the participants 参加者とのディスカッション

Discussion with the participants
参加者とのディスカッション

参加者は興味をもち、プレゼンテーションの後、様々なテーマについての面白い質問に答える時間もありました。いつものプレゼンの対象者は(私が大好きな)小学生なので、この度いつもと違う対象のプレゼンテーションを行う機会もあり、一般の日本の方が知らないブラジルの側面を紹介することもできて楽しかったです。今度、私の住んでいる滋賀県でもこのようなイベントを開く機会がありましたら是非してみたいと思っています。

Also, lastly, from this year the CIRs from Shiga also started a blog. Be sure to check it out if you are interested in Shiga’s culture, tourist attractions or Multiculturalism.
また、最後になりましたが今年から滋賀の国際交流員がブログ及びフェイスブックページを始めましたので、滋賀の文化や観光地、そして多文化共生に興味を持っている方はご覧ください。

https://yobiwako.wordpress.com/

https://www.facebook.com/yobiwako

異文化理解サロン「セネガルにおけるイスラム文化及びその国政への影響 – Intercultural Understanding Seminar “Islamic culture in Senegal and its influence on national politics”

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

SenegalOn March 28th, I organized an intercultural understanding salon about Senegal.
Papa Saliou Sarr, originally from Senegal and currently a researcher at Kyoto University, told us about Islamic culture and its influence on national politics.
The topic seems daunting at first but Papa’s explanations made it quite easy to understand. We got to learn about the different ethnic tribes in Senegal, and the difference in their practice of Islam. The main tribes are the Wolof, Al-pular, Serers, Jola and Soninke. The Wolof people represent 45% of the population and are found in almost all regions. Wolof language is spoken by most people, making it the national language, the official language being French.

3月28日(土)にセネガルについて、異文化理解サロンを実施しました。
セネガル出身、京都大学で研究員しているパパ・サリオウ・サール氏がセネガルにおけるイスラム文化とその国政への影響について講演をしました。
難しそうなテーマですが、パパ氏の説明で分かりやすかったです。
まずは、セネガルの民族について聞きました。主な民族は「ウォロフ族」、「アル・プラル族」、「セレール族」、「ジョラ族」と「ソニンケ族」です。「ウォロフ族」は人口の45%を占め、セネガル全域に住んでいるので、「ウォロフ語」は国民全員に話され、国語になっています。しかし、公用語はフランス語です。

Religion in Senegal is dominated by Islam with 94% of the total population practicing it. Only 5% of Senegalese people are Christians and 1% are considered as animists.
Islam basically evolved into two branches after the Prophet Mohamed: Sunni and Shia. Sunni is the biggest group within Muslims, which is itself split into other groups, one of them being the Maliki School. Islamic Sufi, which is the main form of Islam in Senegal, is deemed part of the Maliki School and focuses on direct inner experience of God.

セネガルの宗教は主にイスラム教です。人口の94%はイスラム教、5%はキリスト教、1%は精霊信仰者(アニミズム)です。ムハンマド(イスラム教の開祖)の後に、2つの大きいグループが誕生しました:「スンニ派」(ムハンマドの義父アブー・バクル氏がムハンマドの継承者だと信じる派)と「シーア派」(ムハンマドの従兄アリー氏がムハンマドの継承者だと信じる派)です。イスラム教信者の80%は「スンニ派」であり、20%は「シーア派」です。
「スンニ派」の中で、いくつかのサブグループがあり、一つは「マーリク学派」です。セネガルのイスラム教は「スーフィズム」です。そのイスラム教の種類は「マーリク学派」に属しています。神秘主義的なイスラム教であり(絶対者を、その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場のこと)、セネガルのイスラム教信者に大いに影響を与えています。

SenegalIslam in Senegal is mostly Sufi due to historical figures that had contributed to spread it in the country. In Senegal, during elections, Sufi group leaders often play the role of facilitators and are involved in solving any political tension that may exist between opponent groups; including political party leaders. This specificity has contributed to the development of a very peaceful environment during elections in Senegal since its independence, making Senegal one of the most democratic countries in Africa.

セネガルにおける「スーフィズム」は歴史的な人物によって発展しました。
選挙の時期にスーフィズムグループのリーダー達には政治派や政治家同士にある緊張や問題を解決し、それらの間の関係を良くする役割があります。そのお蔭で、セネガルが独立して以来、平和な選挙環境を保つことができ、セネガルはアフリカの中で最も優れた民主主義国の一つです。

It was a very interesting talk, especially hearing an insider’s viewpoint into topics we don’t usually get to be familiar with.
Participants had many questions and took advantage of this opportunity to learn more about Africa, Islam, and about Papa’s experience in Japan.
I will be planning more intercultural salons so look forward to them!

とても面白い講演で、普段関わらない話題について知ることができました。特に、現地出身の方の意見や感想を聞けて有意義でした。
参加者はこの機会を生かして、アフリカ、イスラム教、日本でのパパ氏の経験などについて質問をたくさんしました。
また近い内に異文化理解サロンを企画する予定なので、ご参加を待っています!

School visit and Panel Discussion about Love and Marriage in Kyotango – 京丹後市での高校訪問と恋愛・結婚観のパネルディスカッション

Mineyama High School Visit – 峰山高校訪問

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

In February I had the opportunity to visit Kyotango in the North of Kyoto Prefecture twice for events linked to international exchange and multiculturalism.

2月に国際交流と多文化共生の事業に参加するために、京都府北部にある京丹後市を2回も訪問しました。

I first went to Mineyama High School as part of an international exchange event held every year. It was my first time visiting this school and after a few email exchanges with the students beforehand I was really eager to meet them all.
4 Kyoto Prefecture Friendship Ambassadors went with me, originally from Hungary, Indonesia, Ukraine and Thailand so we were representing 5 countries in total.

まずは峰山高校が毎年行う国際交流会に参加しました。その高校を訪問するのは初めてで、事前に学生とメールを交換しましたので、いよいよ会えるのを楽しみにしていました。
私以外に、京都府名誉友好大使の4人も高校を訪問し、彼らはハンガリー、インドネシア、ウクライナとタイ出身でしたので、私を含めて5カ国を代表しました。

We first met with all the 1st year students (more than 200!) in the school gymnasium for a brief introduction of our native countries.
We had only 5 minutes for this introduction, so I introduced basic facts about France and spoke about French overseas departments and French-speaking countries. I also showed various pictures about French tourist places, natural landscapes, cuisine and cultural events.

まずは1年生全員(200名以上!)と学校の体育館で交流会を開きました。そこでそれぞれの出身国を紹介しました。5分での紹介だったので、フランスの簡単な紹介とフランスの海外県やフランス語圏について話しました。フランスの主な観光地、自然風景、食文化や文化的なイベントの写真を見せながら説明をしました。

Mineyama HSWe then split into classes for further exchange. When I entered the class, all the students welcomed me with perfect French, which almost brought tears to my eyes. I really felt welcomed.

Students first introduced the Tango area to me, with its legends, food and local speech. They put a lot of humor into their speeches and it was really a lot of fun.

I then spoke in more details about France, such as immigrants, high school life, culture and a bit of French language. Exchange afterwards was really meaningful as well, with students asking questions such as “what cultural aspect of France are you proud of?”, “what do you think Japan needs in this globalized world?” and “what is your motto in life?” for example.

その後、クラスごとに分けて、もう少し深い交流をしました。教室に入ったら、学生が完璧なフランス語で歓迎してくれて、涙が出るほど嬉しかったです。
学生は丹後地域を紹介し、丹後の伝説、名所、食文化と方言を説明してくれました。ユーモア溢れた発表だったので、とても楽しかったです。

それから、私がフランスについてもう少し詳しく発表し、移民、高校生活、文化とフランス語について説明しました。
発表後、学生と有意義な話し合いもできました。例えば、「誇りだと思っているフランスの価値観は何?」や「グローバル化のために日本に必要とするものは何?」や「人生のモットーは何?」などという深い質問を聞き、面白いディスカッションができました。

I love exchanging with students because they are the ones building tomorrow’s society and having such discussions about different cultural backgrounds and habits is really important for both sides.
I hope I can visit again!

将来の社会を作る学生と交流することがとても有意義です。違う文化背景や習慣のある人と触れ合ったり、話合ったりするのはお互いにとても大事だと思います。
また訪問できれば嬉しいです!

Panel discussion about love and marriage –
恋愛と結婚観についてのパネルディスカッション

2 weeks later I took part in a panel discussion about love and marriage in Kyotango, together with two Japanese, a Colombian lady and a Polish man.

Panel tangoWe were first asked to talk about marriage and love values in our respective countries.
I spoke about the various kinds of unions existing in France first. Indeed, on top of traditional marriage, we also have “PACS”, which is a simpler form of marriage that can easily be concluded and dissolved. Originally created for same-sex couples, it is nowadays very popular with young couples looking for stability but still wishing to keep a certain degree of independence through marriage.
Same-sex marriage was also legalized in France in May 2013 so I talked about the background before the law was passed and the different viewpoints about this topic in France.

2週間後は京丹後市で恋愛と結婚観についてのパネルディスカッションに参加しました。他にも日本人2名とコロンビア人女性1名とポーランド人男性1名も参加しました。
最初は出身国における恋愛と結婚観について発表しました。
まずはフランスにおける結婚契約の種類について説明しました。フランスでは一般的な結婚もあれば、「パックス」という「民事連帯契約」もあります。一般的な結婚契約より、簡単に結べ、解消できます。元々同性カップルのためにできた結婚契約ですが、最近は安定と自立を求める若手カップルの方で人気があり、一般の結婚より数が多くなってきました。
また、同性結婚は2013年5月からフランスで可決されたので、その事情と現状について説明しました。

I then briefly introduced common views about love and marriage in France. Preserving one’s independence within the couple is really important. Therefore, both people tend to work and housewives are quite rare. Keeping love going on and still being lovers after years have passed and children get into the equation is equally important.
For French couples, preserving a good balance between work, love and parenthood is at the center of a happy relationship.

それから、フランスにおける恋愛と結婚観の一般的な考え方と個人の感想を述べました。
カップルの中での自立を保つことがとても大事です。従って、フランスでは共働きが普通であり、専業主婦が少ないです。また、長年が経っても、子供ができても恋人同士の関係を保つことが同様に重要です。フランス人のカップルにとって、仕事・恋愛・親でいることのバランスを保つことは幸せな関係に欠かせない素材です。

Panel TangoThe other panelists then introduced how love is viewed in their native countries.
I discovered together with the other participants that divorce is almost unheard of in Colombia because of the very strong Catholic values, and that family is all important and usually placed above private couple matters in Poland.

他のパネリストも出身国での恋愛・結婚観について説明しました。
コロンビアではキリスト教の影響が強くて、離婚がほとんどないようです。
ポーランドでは家族が一番であり、個人やカップルより優先されるようです。

We then had a discussion with all the panelists, with Japanese people talking about their thoughts on love in Colombia, Poland and France, and answering questions about what Japanese men and women look for in a relationship, as well as the changes currently occurring in Japanese society on this level.

The Colombian and Polish panelists then talked about how they met their spouses, both of them being married to a Japanese person and living in Japan.

各国の紹介の後、パネルディスカッションを行いました。日本人の2名がコロンビア、ポーランド、フランスにおける恋愛・結婚観について感想を述べ、日本人男性と女性が恋愛関係に対して求めること、現在日本社会における変更ついて話しました。

また、コロンビアとポーランドのパネリストは日本人と結婚し、日本で暮らしているので、相手との出会いを語りました。

The Polish person talked about how he tries to spend as much time as possible with his family and stressed the importance of creating quality time together. To him, it was hard to understand how most Japanese fathers are still mostly absent from their homes.

The Colombian lady told us how she wished that Japanese people spoke more openly about their feelings, especially to their partner. Indeed, and especially in the case of international marriage, no understanding can be reached without proper communication.

ポーランドの方はできるだけ家族と時間を過ごそうとし、有意義な時間を作るように心掛けると言いました。彼にとって、ほとんど家にいない日本人のお父さん達に対して違和感を感じると言いました。

コロンビアの方は日本人がもっと気持ちを表し、特にパートナーにもっと心を開いて欲しいと述べました。特に、国際結婚の場合はそういったコミュニケーションが不可欠です。

The panelists and organizers パネリストと主催者

The panelists and organizers
パネリストと主催者

In spite of the differences in marriage and values surrounding love in our respective countries, the three of us agreed on one point: we do not understand “konkatsu”, the Japanese practice of going to special meetings or events with the aim of marrying somebody met there. For us, thoughts of marriage occur after meeting someone one loves and after spending a few years dating him / her. But the purpose of “konkatsu” turns this whole logical concept around: one meets someone because they want to get married. It sounds like getting married for the sake of getting married and not because you want to spend your life with that particular person.

しかし、それぞれの出身国の違いにもかかわらず、3人とも賛成した点があります。それは日本の「婚活」です。3人にとって、好きな人と出会い、何年間付き合ってから結婚を考え始めるのは普通ですが、「婚活」になるとそんな考えが完全に逆転されます。結婚したいから人を出会おうとします。好きな人とずっと過ごしたいことより、結婚するために結婚するというふうに感じます。

I realized that no matter how long you have lived in a country and how well integrated you are, some fundamental values do not change. However, this should not be the cause for cultural clashes but rather raise interesting discussions enriching one’s view on the world. For successful cultural integration in a foreign country, holding onto one’s fundamental values while understanding different ones and adapting, up to a certain extent, is necessary. Achieving such a balance can be challenging but very rewarding.

外国で長く住んで、社会にうまく統合しても根本的な価値観が変わらないと思います。しかし、それは文化衝突の原因になるよりも、有意義なディスカッションを生み、視野を広げてくれるきっかけになれば嬉しいと思います。外国の社会にうまく統合できるように、根本的だと思う自分の価値観を保ちながら、違う価値観を理解して、ある程度受け入れる態度が重要です。そのようなバランスを取るのは難しいですが、自分が豊かになります。

No matter how different our values are, we are all human and all want to experience beautiful love. Fear of cultural differences should not prevent us to build relationships with somebody we like. In the end, we regret the things we didn’t do and not the ones we did, so go on and open your heart next time you meet that special someone!

価値観が違っても、人間はみんな素敵な恋愛関係を作りたいと思います。文化の違いのせいで好きな人との関係を作らないことにするのは残念です。実は、人生の終わりに後悔することは「したこと」より「できなかったこと」でしょう。ですから、次に好きな人と会えば、心を開きましょう!

Nantan Kids Carnival 2015 – なんたにあんキッズカーニバル2015年

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

On the 7th of February I participated for the 4th time in the Nantan Kids Carnival, an event held every year. This year’s theme was “children’s games around the world” so I prepared activities based on French school festivals for my booth.

2月7日に毎年開催される「なんたにあんキッズカーニバル」に参加しました。4回目の参加でした。今年のテーマは「世界の遊び」だったので、フランスの学祭をテーマにブースとゲームの準備をしました。

Nanta 2015

Face painting on the New Zealand booth ニュージーランドブースでのフェイスペインティング

This year we had a hundred people participating and booths from 7 countries: England, Jamaica, Philippines, New Zealand, Peru, Germany and France. Children first roamed freely in the room, exploring the different booths and chatting with the people from each nationality holding them.

They could enjoy tea and butter cookies at the English booth, various games at the Filipino and Peruvian booths, reggae dance at the Jamaican booth, face painting at the New Zealand booth and eating potato and jam pancakes at the German booth.

今年は約100人が参加し、7カ国のブースがありました:イギリス、ジャマイカ、フィリピン、ニュージーランド、ペルー、ドイツとフランス。子供はまず会場を自由に回り、それぞれのブースで遊んだり、ブースにいる外国人と話したりしました。

イギリスのブースで紅茶とバタークッキーを楽しんだり、フィリピンとペルーのブースでゲームを遊んだり、ジャマイカブースでレゲーダンスを踊ったり、ニュージーランドブースでフェイスペインティングしてもらったり、ドイツブースでジャガイモとジャムのパンケーキを食べたりしました。

Ball game on the French booth - フランスブースでのボールゲーム

Ball game on the French booth – フランスブースでのボールゲーム

I had prepared 3 activities for the French booth: a paper plate game, a ball game and a craft activity. Every time children won a game, they could eat French candies. No need to say that they tried their best!

For the paper plate game, children needed to throw a tennis ball on to paper plates laid on the floor.

For the second game, I fixed some ropes to the wall and children had to make a ball roll on those up to the appropriate place before letting it drop in a basket. It was a really popular game with children lining up to enjoy it again and again.

The last activity was a small craft, where I taught children how to make a tricolor pompom with the colors of France (blue, white and red). They could then fix it to their bag, clothes etc. Some of them even used them as necklaces!

フランスブースでは3つの活動を用意しました:ペーパー皿のゲーム、ボールゲームと工作。ゲームで勝利をする度、フランスのお菓子を食べることができました。子供が一生懸命遊んだと言う必要がありませんね。

ペーパー皿のゲームでは、地面に置いた皿にテニスボールを投げます。

ボールゲームでは、壁に固定したロープを引っ張って、上に載せたボールを適切なところまで回したら下にあるバケツにボールを落とします。とても人気で子供が何回も遊びたい結果、行列までができました!

最後の活動は工作でした。フランスの3色(青・白・赤)でポンポン作りをしました。できたポンポンを鞄や服に付けることができました。ネックレスとして使う子供もいて、とても可愛かったです。

Fun times !  楽しい時間!

Fun times !
楽しい時間!

It was then time for the general game time. I had prepared a game called “the fishes and the fishermen” where pairs of 2 people (the fishermen) each form a “net” by joining their hands while the other people (the fishes) run around between the nets. The fishermen secretly decide a number between themselves and count aloud, subsequently dropping their hands when they reach their predetermined number, catching anyone who is passing through at the time. Children running around and laughing trying not to get caught was really fun.

We also played a game using colors’ names in English, a dodge ball game and ended the day with a reggae dance from Jamaica.

最後に、参加者全員が参加する全体ゲームをしました。「漁師と魚」というゲームを用意しました。2名ずつのグループをいくつか作り、手で橋を作ります。そのグループは「漁師」です。その下を自由に回るのは残りの参加者であり、つまり「魚」です。しばらくしたら、漁師が秘密に決めた数字に手を落とし、下を通った魚を捕まえます。繰り返しながら最後に残る魚が決まり、勝利です。笑いながら走る子供の姿がとても楽しかったです。

最後に、英語で色の名前を練習できるゲームとドッジボールを楽しんで、全員でジャマイカのレゲーダンスを踊って、1日が終わりました。

It was a really nice day spent playing with children and teaching them games I had played in France as a child. The children seemed to enjoy themselves a lot as well, trying new tastes with the German pancakes and getting to know other cultural backgrounds.

1日子供と遊び、私が子供の頃フランスで遊んだゲームを一緒に体験できて感動しました。ドイツのパンケーキで新しい味を体験し、様々な文化背景と触れながら満喫する子供の姿も素晴らしかったです。