Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

Posted in Announcement お知らせ, Kizugawa - 木津川市, Kyoto Prefectural Center - 京都府国際センター, Seika - 精華町 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Posted in Announcement お知らせ, International Lecture 国際理解講座, Kyoto Prefectural Center - 京都府国際センター | Tagged , , , , , , , , | 2 Comments

A Spring Dance Party – 親子deレッツ・ダンス~春のダンス・パーティ~

Hi guys! It’s Brian, the CIR of Kizugawa.
こんにちは!木津川市国際交流員(CIR)のブライアンです。

To enhance the international exchange of the three municipalities of Kansai Science City in Kyoto, Polly (Kyotanabe CIR), Jake (Seika CIR), and I hold 2 to 3 joint events together every year. And this time, we had a spring dance party.

京都府内の学研都市3市町の国際交流を深めるために、私と京田辺市CIRのポリー、精華町CIRのジェイクが年2~3回の共同イベントを開催しています。今回は「親子deレッツ・ダンス~春のダンスパーティ~」というテーマの交流イベントを行いました。

In recent years only few dance fads have made it to Japan. We wanted to share some of the popular dances in the US with the locals, and we asked our participants to come with their family to dance together at this event.

近年は日本で流行る海外のダンスが少ないため、アメリカでよく知られているダンスを日本のみなさんに紹介し、親子の参加者と一緒に踊りたいと思い、このテーマにしました。

Our Spring Dance Party took place on March 26. First we talked briefly about the dance culture in the US and the UK. There are school dances in both countries, and also people dance at weddings and other ceremonies. Then we started with the simple and old-school. We did the Macarena. It was easy so we played with the speed of the song and had all of us either rushing or in super slow-motion. The kids really liked it.

Macarena

Macarena

イベントは3月26日に開催しました。まずはアメリカやイギリスのダンス文化について話しました。アメリカやイギリスでは学校のダンスイベントがあることと、結婚式などでも踊ったりする習慣、イギリスの伝統的なダンスを紹介しました。トークの後で本題のダンスに移り、トップバッターとしてシンプルで一昔の「マカレナ」を踊りました。かなり簡単なダンスなので、スピードを上げたり下げたりしながら、子どもの参加者ははしゃいで楽しみました。

Next we introduced the Cha-cha Slide. After we went through the surprise moves like the Charlie Brown and Hands-On-Your-Knees, we had a great time doing the listen-and-move (watch-and-move for us at this event) number.

それから、アメリカでよく知られている「チャチャ・スライド」を紹介しました。「チャーリー・ブラウン」や「手をひざに」などのサプライズの振り付けもありますので、それを一つ一つ説明した後、みなさんは上手にできました。

Body Transformers

Body Transformers ボディ・トランスフォーマー

We then played Body Transformers, which is simply team charades. We challenged the participating families with difficult questions such as conveyor belt sushi and electric fan. We were very impressed with the creativity we saw, and had a good time joining the children in charades.

少し休憩の後に、「ボディ・トランスフォーマー」というチームでパントマイムをするゲームで遊びました。参加者の家族に「回転寿司」や「扇風機」といったグループのパントマイムで表現しにくい質問を出しましたが、参加者のみなさんが一生懸命に考えてくれて、クリエーティブで面白い表現のしかたに感動しました。

We finished the event with Watch Me, the song and accompanying dance that went viral in 2015. The moves were confusing at first. After a couple of rounds, everybody was doing the whip, the nae-nae, and the stanky leg perfectly.

最後に2015年にアメリカで大ブレイクした「ウォッチ・ミー」を踊りました。全部の振りを覚えてもらうまで少し時間がかかりましたが、何回か練習したら、最後全員で「ウィップ」、「ネーネー」、「スタンキー・レッグ」などを完璧にできました。

Brian dance (3)As our last 3-municipality joint event, I had a great time. Dance is a way of expression, and has long been a tool of social exchange. Plus, it is a lot of fun! With the popularity of SNS such as Youtube and Twitter, hopefully more fun dances will emerge around the world. I hope I can see you on the dance floor someday!

ポリーとジェイク、私3人の最後の共同イベントとなりましたが、楽しくてしようがなかったです。ダンスは感情表現の方法の一つであり、人との交流の手段でもあります。そして、ダンスを踊るのは楽しいです。これからもYoutubeやTwitterなどのSNSの力で、世界各地から新しいダンスを期待しています。

それでは、いつかダンスフロアに会えますように!レッツ・ダンス!

Posted in International Exchange 国際交流, Kizugawa - 木津川市, Seika - 精華町 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , | 1 Comment

Starting 2016: thoughts from the Miyazu CIR – 2016年を迎える:宮津市国際交流員から

Hi everyone! It’s Jessica, the CIR in Miyazu.
皆さん、こんにちは!宮津市国際交流員のジェシカです。

Starting in January, we started a new English conversation group called “Miyazu English Corner” in Miyazu. We host it every Wednesday through Friday and Sundays 2-4 pm. Starting in April we are planning to cancel Sundays. People of the community interested in English who are available between the hours of 2-4 come and try their bests to have simple English conversations with a native speaker. Miyazu’s ALTs also participate when their schedules allow.

Since the group is held in the afternoon participants consist mainly of housewives and elderly retired people. Levels range from people who can have somewhat smooth daily conversations to people who have trouble introducing themselves.

My future goals are to start new activities focused on conveying culture rather than teaching English. Starting next month in March I will be giving lectures once a month about American culture. I always want to work to further establish the duties of the CIR position in Miyazu and try to make it separate from those of the ALTs which I have yet been able to do. I also want to be more conscientious in leaving data and records for the next CIR.

Jessica new year2016年の1月をもって「英語交流広場」という英会話イベントを開設しました。毎週の水・木・金・日の14時から16時まで開設しています。4月以降は日曜日をなしにし平日だけとする予定です。英語に関心があり指定された時間帯に参加できる方を対象にしています。町の英語指導助手にも空いているときに参加していただき、なるべく日本語のない環境を作り市民の方々と簡単な英語でコミュニケーションを取り、参加者の英語力の向上を図っています。

時間帯は昼間だから仕事中だったり授業中だったり参加できる人の範囲は限られています。専業主婦と退職した年配の方が大半を占めています。人によって能力にもかなりの差があって自己紹介でも苦労する方と日常会話を割とスムーズにこなせる方と様々なレベルの方から参加をいただいています。

今後の目標は英語教育を中心とするイベントと活動ではなく、文化を伝えたりするイベントを新しく始めたいと思っています。また来月(3月)から月一回のアメリカ文化講座という名で講演会を行うことになりました。ほかに、宮津市の国際交流員の業務や仕事の内容をもっとはっきりさせ、道をつけていきたいです。何よりも、国際交流員は英語指導助手とは職種が違うということを同僚や関係者に納得してもらい、その認識を広めていきたいです。ここは一番難しいところで未だに納得してもらえずに苦戦しています。この間参加させていただいた近畿地方のCIRの研修会で後任者のことを考えてできるだけデータや記録を残そうとしている方の話を沢山聞かせていただき、私もデータや記録を残そうと努力したいと思いました。

Posted in International Lecture 国際理解講座, Miyazu - 宮津市 | Tagged , , , , , | Leave a comment

Starting 2016: thoughts from the CIR in Kameoka – 2016年を迎える 亀岡市のCIRから

New year greetings from the CIRs have been late this year because we all have been pretty busy! We are going to upload a series of articles from each CIR of Kyoto Prefecture, introducing what they’ve been up to and what they want to achieve for 2016. Look forward to it!

京都府国際交流員からの新年の挨拶が大変遅くなりました!みんなはとても忙しかったですね。
今から、それぞれの国際交流員から去年頑張った事業や2016年の予定について記事を掲載します。お楽しみに!

——————————————————————————————————-

Hello hello everyone! It’s Michelle again from Kameoka.
みなさん、こんにちは~!亀岡市のミシェルです。

It’s been just over half a year since I first assumed my position as a CIR in Kameoka. There have been many ups and downs but it has been a wonderful, fulfilling experience so far!
亀岡市で国際交流員として着任してから、既に半年も経ちました。たくさんの浮き沈みに直面しましたが、これまでの仕事で充実感を得られ、とても貴重な経験をさせていただきました!

Within a short span of half a year, I went on a business trip that took me back to North America, got my feet wet (if not thoroughly drenched) with translation and interpretation at major events like sister city anniversary celebrations and Kameoka’s 60th Anniversary, did write-ups, translated and designed monthly and quarterly newsletters, as well as planned, implemented and facilitated international exchange events.

半年という短期間で、北米へ出張する機会に恵まれたり、姉妹都市盟約締結周年祝いや亀岡市制60周年招聘という大規模な事業で翻訳や通訳の仕事で活躍したり、月刊誌や季刊誌においての翻訳、デザイン、記事の書き上げを行ったり、国際交流イベントの企画、実行、円滑な実施にも携わってきました。

Thoughts michelle (2)The most interesting and nerve-wracking experience for me during the past few months was the business trip to Stillwater, USA in commemoration of the 30th Sister City Anniversary between Stillwater and Kameoka. Not only was it my first business trip but it was also the first time where I had to heavily translate from English to Japanese. The fact that I was only 2 months into the job definitely did not help my nerves either. Despite the million and one anxieties, I was ultimately glad to have gone. The rest of the Kameoka official delegation and the people in Stillwater were considerate of my position which made the interpretation experience smoother than expected. The warm hospitality and welcome from the people of Stillwater left me with fond memories and new additions to my extended “family” network.

この数ヶ月間の中で最も面白く、緊張感のある経験はアメリカのスティルウォーター市と亀岡市との姉妹都市盟約締結30周年を記念するためのスティルウォーター市への出張でした。今回の出張は初めての出張だけではなく、何日間も連続に英語から日本語を中心に通訳することも人生初めてでした。当時、着任してから2ヶ月間しか経っていなかったという事実を心に留めたら、ものすごい緊張感に溢れていました。山ほどの不安を抱えましたが、最終的に本当に行ってよかったと思いました。亀岡市の公式訪問団の方やスティルウォーター市の人は言葉遣いなどに気配りしてくださって、思ったより通訳しやすかったです。スティルウォーター市の方々の温かいおもてなしや歓迎のお陰で、スティルウォーター市で色々な楽しい思い出を作る事が出来て、「家族」が何人も増えました。

Thoughts michelle (1)It has been immensely challenging so far and I constantly thank my lucky stars to be blessed with such a variety of experiences. Not only did I acquire and honed more than a handful of skills, I also gained a deeper understanding of myself.

やりがいのある挑戦の半年を送り、多種多様な経験を積んだ幸運に常に感謝しています。いくつかの自分のスキルを磨き、新たなスキルを身に付けることができた上、自己理解も深まりました。

In fact, I realized that I tend to try and take on too much within too short a time. As such, my overall new year’s resolution, on both work and personal level, is to pace myself and really look before I leap. It is all about making meaningful baby steps!

実は、自分がいつも短時間内で手に負えないほどのことをやろうとしていることに気付きました。そのため、仕事や個人レベルにおいて今年の総合的な新年の抱負はキチンとペース配分を考え、そして行動する前にきちんと考えることです。こつこつと少しずつ前進することがポイントです!

Mantra for the year is to “Prioritize, prioritize, and prioritize!”

今年のマントラは「優先、優先、優先すること!」

Some examples of my work:

仕事の実例:

Kameoka International Times Newsletter 亀岡国際タイムズニュースレター:

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.901238849991797.1073741849.332233510225670&type=3

Kirari Newsletter キラリ広報紙:

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/kokusaikouryuu/foreign/english/foreign/koho.html

Posted in International Exchange 国際交流, Kameoka - 亀岡市 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

Tim Hortons and Canadian words – ティムホートンズとカナダの英語

こんにちは!亀岡市の新しい国際交流員のミシェルです!
Hey everyone! It’s Michelle, the new CIR from Kameoka city!

亀岡に来てからもう4か月間が経ちました。今回を始め、まずカナダの独特な言葉(はい。一応ありますよ)ととても大切で惜しまれるティムホートンズを紹介したいと思います。

It’s been 4 months since I’ve arrived in Kameoka. To start off, I would like to introduce some unique Canadian words (yes we do have them) and the very important and sorely missed Tim Hortons!

「ティムホートンズ」というドーナツチェーンは国内で大変人気があるため、カナダの文化的な顔になっていて、特に人気メニューには独特な呼び方や注文方法があります。

Tim Hortons, a donut shop chain in Canada, is so popular domestically that not only is it a Canadian cultural icon, it also has a special naming and ordering system for their popular menu items.

例えば:
For example:

Tim Hortons (1)①「後でティミーズに寄りましょう。」=「後でティムホートンズに寄りましょう。」

“Let’s stop by Timmies later.” = “Let’s stop by Tim Hortons later.”

②「10パックのティムビッツとミディアムダブルダブルでお願いします」

“I’d like a 10 pack of timbits & a medium double-double please.”

=10個の小さいボールドーナツ

10 pieces of small, unique ball-shaped doughnuts

Tim Hortons (2)+中サイズのコーヒーにクリーム2つと砂糖2つ

A medium-sized cup of coffee with 2 creams & 2 sugars

Tim Hortons (3)Uniquely Canadian words – カナダの独特な言葉

Loonie = 1 dollar coin(1ドル硬貨)

Tim Hortons (2)Toonie = 2 dollar coin(2ドル硬貨)

Tim Hortons (1)Parkade = a multi-storey parking garage ( 立体駐車場 )

Posted in Culture and Traditions - 外国の文化・習慣, Kameoka - 亀岡市 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

Comfortab-LEE Brian 8 – 第8回まったLEE・BRIAN

Hey y’all. It’s Brian from Kizugawa.

こんにちは!木津川市のブライアンです。

Kizu brianOn July 28th, I had my 8th “Comfortab-LEE Brian” lecture. This time I talked about the youth culture in the US. I started by introducing “what’s up?” along with other casual greetings, also the motions done along those greetings including hugs and pound hugs.

7月28日に第8回まったLEE・BRIANを開催しました。今回はアメリカの若者文化についての講演にしました。始めに「what’s up?」などの口語的なあいさつを紹介し、あいさつのハグとパウンドハグを実演しました。

Then, I introduced some American slang words and SMS language often used by teenagers. I shared some trending words such as “slay” and “yaas,” in the US, as well as some once-trending-but-not-anymore words like “yolo” and “swag.”

次に、アメリカの若者がよく使うスラングとメール用語を通じてアメリカの若者文化を覗きました。アメリカンスラングの例として、「slay」や「yaas」など日本ではなかなか聞かない流行語と、「yolo」や「swag」など一時的にはやっていた言葉を紹介しました。

I briefly touched on the rise of the hipster culture among young adults and ended with the popular internet memes related to Japan, including doge, hadokening, and meanwhile in.

そして、日本でもよく知られているヒッピー文化から始め、近年若者の間にブームになったヒップスター文化を紹介し、インターネットミームを説明し、「doge」「hadokening」「meanwhile in…」など日本と関わりがあるミームを紹介しました。

I had fun sharing the youth culture with my audience. It was a cross-culture, cross-generation experience.

今回の講演も楽しかったです!特に参加者のみなさんにアメリカの若者文化を知ってもらえて嬉しいです。文化と年齢を越えた交流になったと思います。

The next Comfortab-LEE BRIAN is on September 25. I will be talking about love and marriage in the US and China along with the two Chinese interns at the city hall. Hope to see you there!

次回のまったLEE・BRIANは9月25日にあります。市役所の中国人インターンの二人と、アメリカと中国の恋愛と結婚事情について話します。来てくださいね!

Posted in International Lecture 国際理解講座, Kizugawa - 木津川市 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment