Greetings from the CIR in Maizuru – 舞鶴市国際交流員の挨拶

July might be the month of farewell for a lot of us, but here is a new CIR introduction!
Meet Sun Yanan, the CIR in Maizuru. She arrived in April and will be staying one year. Go read her self introduction here:

https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

7月は京都府の国際交流員にとって、お別れの時期となりますが、新しい国際交流員もいます!
舞鶴市の孫亜南氏を紹介します。4月から着任して、1年間の滞在となります。
自己紹介を以下のページで読めます:

https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

Maizuru16

Advertisements

New CIR in Maizuru – 舞鶴市の新しい国際交流員の挨拶

We are happy to welcome the new CIR in Maizuru, Zou Yue, and we hope that her work and life in Maizuru will be full of new discoveries and wonderful experiences!

Yue self intro (14)

舞鶴市の新しい国際交流員の邹悦さんが京都府に来ました。舞鶴での仕事と生活を楽しんで、新しい経験をして、素敵な思い出がたくさんできれば良いですね。

You can read her self introduction on the following page.
邹悦さんの自己紹介は下のページで読めます。

https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

海・空・ひろがる舞鶴 ~「海の京都」で暮らした1年~ Through the sea and sky, the charms of Maizuru ~My year living on Kyoto’s seaside

Sai aisatsu平成26年度舞鶴市国際交流員・崔銘哲より
From Cui Mingzhe, CIR for Maizuru (2014)

One year might feel like a short moment in a lifetime but for me, this one year spent in Maizuru was very intense and felt like fireworks, whose colors are now deeply entrenched in the sea of my memories.

与保呂小学校「インターナショナル与保呂フェスティバル」 Yohoro International Festival at Yohoro Elementary School

舞鶴市民綱引き大会に参加したナホトカ少年団 Students from Nakhodka participating in a citizen’s tug of war

Maizuru is an international city with its inhabitants very keen to engage in international exchange. Maizuru’s sister cities are Nakhodka in Russia, Dalian in China and Portsmouth in England. Only Dalian city sends a coordinator for international relations like myself, but various other international exchange programs exist with the other sister cities, such as exchange between wrestling associations from Nakhodka and young students here in Maizuru, or students interested in learning English experiencing home stays in Portsmouth for example. Lessons with international exchange as the theme are often held in elementary schools and junior and high schools are well, inviting a foreign teacher to talk about their culture and their native country’s history.

ポーツマス訪問団と舞鶴市長 Delegation from Portsmouth with Maizuru mayor

ポーツマス訪問団と舞鶴市長
Delegation from Portsmouth with Maizuru mayor

一年間、長い人生においては一瞬の時間ですけれども、私の人生にとって舞鶴での一年間はとても濃密な時間で、花火のように華々しく上がって飄々と舞って終わりました。しかし、色鮮やかに私の記憶の海に拡がりました。

舞鶴は国際的な町で、舞鶴の人々も熱心に国際交流に取り組んでいます。舞鶴の姉妹・友好都市はロシアのナホトカ市、中国の大連市、そしてイギリスのポーツマス市の3つがあります(提携年順)。私のような国際交流員を招いているのは大連市だけですが、ナホトカ市の少年レスリング訪問団が舞鶴の同世代の生徒たちと交流したり、英語に興味を持っている舞鶴の生徒たちがポーツマス市を訪問してホームステイをしたりと、様々な交流活動が展開されています。また、国際交流をテーマとした授業が各小学校、中学校、高校で行われており、外国人講師を招いて、各国の文化や歴史などを学んでいます。

与保呂小学校「インターナショナル与保呂フェスティバル」 Yohoro International Festival at Yohoro Elementary School

与保呂小学校「インターナショナル与保呂フェスティバル」
Yohoro International Festival at Yohoro Elementary School

As you know, Maizuru is surrounded by the sea. 15 cruise boats visited Maizuru in 2014. It was a heartwarming sight to see Maizuru citizens do their best to talk in foreign languages with visitors from various parts of the world. Many boats are scheduled to visit in 2015 as well so please come if you can.

The beaches in Maizuru are also very pretty. When the blistering heat of summer comes, I think many people in Kyoto city long to spend some time in the sea. I hope you can come enjoy our pretty beaches and get soothed by the sound of the waves.

Maizuru is a perfect city to live in, with a pretty sky, pure air and delicious sea food. Walk along the streets, find a fancy shop to enter, enjoy a deep roasted coffee while listening to jazz music, look onto the never-ending sea and sky, and you forget where you are, living in the moment for a while.

In 2015 the new Jukan Expressway will be completed so Maizuru will be closer for people living in Kyoto city. Maizuru, as part of Kyoto’s coastline, still has a wealth of hidden potential so please support it!

I will be going back to China with a heart full of wonderful memories. I hope my fellow CIRs in Kyoto Prefecture will keep doing their best too!

クルーズ客船のお客さんたちと市民ガイド Local guides with cruise boat passengers

クルーズ客船のお客さんたちと市民ガイド
Local guides with cruise boat passengers

また、舞鶴は海に恵まれている町です。平成26年度には15隻のクルーズ客船が舞鶴に寄港しました。大勢の外国人観光客が舞鶴の町に溢れ、市民の皆さんが一所懸命、外国語で交流している様子に感動させられました。今年も数多くのクルーズ客船が寄港する予定ですので、その時、皆さんもお時間があれば、ぜひ遊びに来て下さい。また、京都の海辺として、舞鶴の海水浴場もとても綺麗です。夏になると、酷暑の中で暮らす京都の人にとっては、週末に海に入って過ごしたい気持ちでいっぱいになるんじゃないかなと思いますが、そんな時はぜひ、舞鶴の美しい浜辺と潮騒を味わっていただきたいと思います。

このように、舞鶴は空が綺麗で、空気が甘く、海産物が美味しく、とても住みやすいまちです。通りを歩きながら、お洒落なお店が目に入れば立ち寄り、深く焙煎したコーヒーを飲んで、ジャズを聞いて、永遠に続く海と空の彼方を眺めたら、自分が一瞬どこにいるのか、忘れてしまうほどゆっくり過ごすことができます。

今年(2015年)はいよいよ京都縦貫自動車道も開通し、京都府内の皆さんと舞鶴の距離もぐっと近づきます。「海の京都」として発展し続ける舞鶴は計り知れない可能性を秘めたまちですので、皆さん、これからもぜひ応援してください!

私はたくさんの思い出を抱いて帰国します。京都府内のCIRの皆さんの今後のご活躍を期待しております。

All the best for you! これからも頑張ってね、崔さん!

All the best for you!
これからも頑張ってね、崔さん!

New CIR in Maizuru – 舞鶴市の新しい国際交流員

We are happy to welcome the new CIR of Maizuru to this blog and Kyoto Prefecture!
You can read more about her and her love for Maizuru here:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

舞鶴市の新しい国際交流員をこのブログと京都府に歓迎します!
自己紹介は以下のページをご覧ください:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/maizuru-cir/

舞鶴市の国際交流員、崔銘哲(さい・めいてつ) Cui Mingzhe, CIR in Maizuru

舞鶴市の国際交流員、崔銘哲(さい・めいてつ)
Cui Mingzhe, CIR in Maizuru

Chinese New Year Is Almost Here!!!

Hey, it’s Brian from KizugawaCity here.
This time I want to tell you about an important festival to many people in the world – Chinese New Year.

こんにちは、木津川市のリー・ブライアンです。今回は旧正月について紹介します。

 ?????????????????????????????????????????????????????? chinese-new-year-2013-snake-year

Chinese New Year is the start of the year in the lunar calendar. The date changes every year, but it usually is around the end of January to the middle of February.

旧正月は旧暦の新年のことを指します。旧正月の日にちは毎年違いますが、一月の下旬から二月の中旬に行います。

Taiwan foodThere are many traditions for celebrating Chinese New Year. Families prepare delicacies and gather together for a big meal on the eve of Chinese New Year. The meal typically includes a hot pot, a fish dish, dumplings, Chinese rice cake (similar to mochi), and daikon. There are many local variations of the content of the meal. In Taiwan, people eat chicken, leek, lima beans and spinach, including the root, for prosperity and longevity.

旧正月の伝統はたくさんあります。旧暦の大晦日に、家族のみなは集まって食事をするという習慣があります。定番料理はお鍋と魚、ぎょうざ、年糕(ニェンガオ、お餅に似たもの)、と大根などがあります。地域によって、料理の内容は違いますが、台湾では、鶏肉とニラ、ライマメ、ほうれん草(根っこも)などの縁起がいい食材を使った料理を食べます。

Guangdong_Nian_cake[1]With the common name “Chinese New Year,” some may think that it is only celebrated in China. Chinese New Year is also celebrated in Taiwan, Singapore, Malaysia, Thailand, UK, US, and other countries with a significant Chinese community. In the US, there are big celebrations in many cities such as New York, San Francisco, and Los Angeles. A big parade is held with many performances. Chinese New Year celebration has grown into a pan-Asian fusion celebration. Korean, Japanese, Vietnamese, and even Hispanic floats appear in the parade. The most iconic performance is the dragon dance. Firecrackers are lit to start the year with a bang.

旧正月は英語でチャイニーズ・ニュー・イヤと言い、中国でしか祝わないと思う人がいるかもしれませんが、旧正月は中華圏のお祝いであり、日本はもちろん、シンガポール、マレーシア、タイ、イギリス、アメリカなどの国でも祝われます。アメリカでは、ニューヨークとサンフランシスコ、ロサンゼルスなどの中華系の住民が多いまちに、旧正月の祭りがあり、お祝いのパレードとパフォーマンスが行います。アメリカでの旧正月はチャイニーズだけじゃなく、韓国系、日系、ベトナム系、ラテン系などのコミュニティの人々も参加し、みんなのお祝いになります。一番代表的なパフォーマンスは龍踊(じゃおどり)です。爆竹に火をつけて、よいお年のスタートを祈ります。

LA_ChineseNewYear[1]firecracker2[1]This year, it falls on January 31st. To prepare for Chinese New Year, people clean and decorate the house with oranges and calligraphy on walls and doors. You can research online for ways to celebrate Chinese New Year. If you are looking a reason for another cleaning day, Chinese New Year is right around the corner!

今年の旧正月は一月三十一日にあります。日本の大晦日のように、旧正月を迎えに大掃除をし、オレンジと春聯(書道)を飾ります。旧正月の祝い方についてインターネットで調べてみてください。最近お掃除をしていないなら、ぜひ旧正月の大みそかに。

shunren

帰国前の挨拶 Greetings from the Maizuru CIR

Maizuru character舞鶴のキャラクター

Maizuru character
舞鶴のキャラクター

こんにちは。舞鶴市国際交流員のソン・リッティです。

Hi! This is Sun Li Di, the CIR in Maizuru.

大家好,我是舞鹤市的国际交流员孙立娣。

「光陰矢の如し」、舞鶴に来てあっという間に一年が過ぎ、二度目の桜の季節を迎えることとなり、帰国の日が近づいてきました。五老ヶ岳から見たまぶしい初日の出、日本の歴史文化を感じる神社・仏閣や近代化のシンボルである赤れんが倉庫群、紅葉が燃える金剛院などなど、舞鶴着任当時に感じた「新鮮な感動」は今や懐かしい「思い出」として胸にしっかり刻まれました。また、私にとって大きな試練となった夏の猛暑も今では懐かしく感じられます。

Li Di last article (4)As the saying goes, “time flies like an arrow”. One year has already passed, the cherry blossoms came back to Maizuru and time to go home is getting closer. The dazzling sunrise from Mount Gorogatake, temples and shrines full of Japanese culture and history, Maizuru’s modern red brick warehouses or the gorgeous maple trees in autumn at the Kongo-in temple, all these fresh experiences I made when I arrived are now engraved as nostalgic memories into my heart. Even the hot summer that was so hard to bear is now part of these memories.

“光阴似箭”,转眼间来到舞鹤已将近一年,同样是樱花盛开的季节,却即将面对离别。五老岳山顶耀眼的新年日出、洋溢着日本历史文化气息的神社、寺院以及作为日本近代化象征的红砖仓库群、红叶映衬下的金刚院等等,初到舞鹤时“耳目一新的感动”如今都化作难忘的“记忆”深深地记录在脑海里。甚至对于原本十分不适应的夏日酷暑竟也有几分怀念了。

Maizuru Red Brick Warehouses舞鶴赤れんが倉庫群

Maizuru Red Brick Warehouses
舞鶴赤れんが倉庫群

帰国するにあたり、初めて経験する日本式のワンフロアーの職場で熱心に指導していただいた諸先輩の皆さん、異国の地・舞鶴で家族同様に生活のサポートをしてくださった市民の皆さん、親切に日本の文化を体験させていただいた先生方、その他とても多くの方々からいただいたご厚情に、心からお礼を申し上げたいと思います。

Autumn in Kongo-in temple金剛院の紅葉

Autumn in Kongo-in temple
金剛院の紅葉

Before going back, I am very grateful to my coworkers for accepting me and helping me at work, the first time I experienced a Japanese office, the Maizuru citizens for welcoming me as family, my teachers for letting me experience Japanese culture and all those people that supported me. Thank you so much.

即将回国之际,我谨向在工作上给予我热心指导与帮助的各位领导与前辈、如同家人一般照顾于支持我的舞鹤市民、亲切地带我领略日本文化的老师、以及众多给予我关心与爱护的各界人士表示衷心的感谢!

大連に戻ってからも、舞鶴で過ごした一年間の思い出を胸に、両市そして両国の友好交流促進に少しでも役に立ちたいと思っています。また機会があればここ舞鶴に戻ってきて、友人である皆さんに再会したいと思っています。

I am going back to Dalian with the memories I made in Maizuru for one year, and I hope I can contribute to the friendship and cooperation between our two cities. I hope to come back to Maizuru one day and meet everybody again!

回到大连后,我将继续为了促进两市及两国的友好交流事业贡献自己的微薄力量。同时,也希望有机会能与各位朋友再聚舞鹤!

本当にお世話になりました。再見(ツァイ・チェン)!

Thank you so much!

朋友们,谢谢!再见!

World Festa 2013 in Kameoka

Hello everyone! This is Margaret, CIR from Kameoka. Today I’d like to tell you about the World Festa 2013 held at the Galleria Kameoka on Sunday, March 10th.

こんにちは!亀岡市の国際交流員のマーガレットです。今日は、3月10日(日曜日)にガレリアかめおかで開催しました「ワールドフェスタ2013」を紹介したいと思います。

The World Festa is an annual event sponsored by the Kameoka International Exchange Association. However, the event was expanded this year in commemoration of the 30th anniversary of the Kameoka International Exchange Association. More than 300 people participated in this event, which featured taste testing booths with snacks and simple dishes from 12 different countries, as well as games and other cultural experience booths.

ワールドフェスタというのは、亀岡国市際交流協会が毎年行うイベントです。また、今年は亀岡市国際交流協会の設立30周年であり、記念事業とともにフェスタの規模も拡大して開催しました。約300人が世界12ヵ国の料理や世界の遊びで異文化交流を楽しみました。

全体風景   Event Hall

全体風景 Event Hall

We started off the event with an opening ceremony including an introduction of Kameoka’s sister cities and friendship city (Knittelfeld, Austria; Jandira, Brazil; Stillwater, Oklahoma, USA; and Suzhou, China). Each of these cities sent us a congratulatory video letter and photographs that we shared with the members of the audience. This was an exciting new way for us to use technology to bridge the distance between us and our friends in our sister cities and friendship city.

初めに、開会式で亀岡市の姉妹・友好交流都市(オーストリアのクニッテルフェルト市、ブラジルのジャンヂーラ市、アメリカオクラホマ州のスティルウォータ市と中国の蘇州市)を紹介し、その姉妹・友好交流都市からいただいた祝いのビデオメッセージを上映しました。写真の展示もありました。テクノロジーを利用して新たな形で遠い国にいる友達との絆を強化することができて、大変うれしいです。

姉妹都市の展示  Sister Cities Exhibit

姉妹都市の展示 Sister Cities Exhibit

Next we introduced the theme of this year’s event—“What is multiculturalism?”—through an original play of the same title written and produced by members of the International Exchange Association planning committee. “Multiculturalism” occurs when people of different ethnicity and nationalities accept one another’s cultural differences and live together on equal terms so that all people can contribute their own personal skills to society.

国際交流協会の事業部会メンバーにより「多文化共生とはどんなこと?」というタイトルの劇で、今年のテーマであった多文化共生のことを紹介しました。「多文化共生」というのは聞いたことありますか?多文化共生は「国籍や民族の異なる人々が互いの文化的違いを認め合い、対等な関係でそれぞれの能力を発揮しながら共に生きることです。」

オリジナル劇  Original Play

オリジナル劇 Original Play

Then we opened the food booths. International residents from 12 different countries, including Kyoto Prefecture CIRS Alice Bonamy and Mark Garratt, shared food from their home countries with the participants. Participants were able to try snacks and simple food from Japan, Korea (Unified Korea), France, Scotland, South Africa, the USA, Mexico, Brazil, China, Taiwan, Indonesia, and Vietnam.

そして、試食タイムに入りました。京都府のCIRのアリス・ボナミさんとマーク・ガラッとさんを含む12ヵ国からの関西在住の方に協力いただき、自分の国のおやつや軽食を用意していただきました。参加者は、日本、コリア、フランス、スコットランド、南アフリカ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、中国、台湾、インドネシアとベトナムの家庭料理を試食することができました。

飲食ブース  Food Booths

飲食ブース Food Booths

飲食ブース  Food Booths

飲食ブース Food Booths

After that we had free exchange time, where participants could learn to play games from all over the world, try on traditional clothing from other countries, join an English discussion group, and much more.

その後、参加者は世界の遊びを体験したり、世界の民族衣装を試着したり、英語のディスカッショングループに参加したりすることなどで交流タイムを楽しみました。

As a closing, one of our staff members from Brazil took the stage and taught us all how to Samba.

最後には、ブラジル人スタッフの一人が舞台に立ってサンバの踊りを教えてくれました。

サンバ  Samba

サンバ Samba

 At the World Festa, people can not only try foods from all over the world, but also meet people from different countries, and experience other cultures through food, games, and dancing. I believe it is a meaningful event that will help raise awareness about the necessity of creating a multicultural society. I hope that in the future Kameoka will continue this and other events and work to become a society where all people can live together as equal participants in the community.

ワールドフェスタは、他の国々の食べ物を実際に味わいながら、その国の人と話し、遊びを通して、その国の文化に触れられたことは、「多文化共生」に関心を持つきっかけとなる、意義のあるイベントであったと思います。亀岡市がこれからも、こういった国際交流を大切にし、多文化共生社会を目指していきたいと思います。