Starting 2016: thoughts from the CIR in Kameoka – 2016年を迎える 亀岡市のCIRから

New year greetings from the CIRs have been late this year because we all have been pretty busy! We are going to upload a series of articles from each CIR of Kyoto Prefecture, introducing what they’ve been up to and what they want to achieve for 2016. Look forward to it!

京都府国際交流員からの新年の挨拶が大変遅くなりました!みんなはとても忙しかったですね。
今から、それぞれの国際交流員から去年頑張った事業や2016年の予定について記事を掲載します。お楽しみに!

——————————————————————————————————-

Hello hello everyone! It’s Michelle again from Kameoka.
みなさん、こんにちは~!亀岡市のミシェルです。

It’s been just over half a year since I first assumed my position as a CIR in Kameoka. There have been many ups and downs but it has been a wonderful, fulfilling experience so far!
亀岡市で国際交流員として着任してから、既に半年も経ちました。たくさんの浮き沈みに直面しましたが、これまでの仕事で充実感を得られ、とても貴重な経験をさせていただきました!

Within a short span of half a year, I went on a business trip that took me back to North America, got my feet wet (if not thoroughly drenched) with translation and interpretation at major events like sister city anniversary celebrations and Kameoka’s 60th Anniversary, did write-ups, translated and designed monthly and quarterly newsletters, as well as planned, implemented and facilitated international exchange events.

半年という短期間で、北米へ出張する機会に恵まれたり、姉妹都市盟約締結周年祝いや亀岡市制60周年招聘という大規模な事業で翻訳や通訳の仕事で活躍したり、月刊誌や季刊誌においての翻訳、デザイン、記事の書き上げを行ったり、国際交流イベントの企画、実行、円滑な実施にも携わってきました。

Thoughts michelle (2)The most interesting and nerve-wracking experience for me during the past few months was the business trip to Stillwater, USA in commemoration of the 30th Sister City Anniversary between Stillwater and Kameoka. Not only was it my first business trip but it was also the first time where I had to heavily translate from English to Japanese. The fact that I was only 2 months into the job definitely did not help my nerves either. Despite the million and one anxieties, I was ultimately glad to have gone. The rest of the Kameoka official delegation and the people in Stillwater were considerate of my position which made the interpretation experience smoother than expected. The warm hospitality and welcome from the people of Stillwater left me with fond memories and new additions to my extended “family” network.

この数ヶ月間の中で最も面白く、緊張感のある経験はアメリカのスティルウォーター市と亀岡市との姉妹都市盟約締結30周年を記念するためのスティルウォーター市への出張でした。今回の出張は初めての出張だけではなく、何日間も連続に英語から日本語を中心に通訳することも人生初めてでした。当時、着任してから2ヶ月間しか経っていなかったという事実を心に留めたら、ものすごい緊張感に溢れていました。山ほどの不安を抱えましたが、最終的に本当に行ってよかったと思いました。亀岡市の公式訪問団の方やスティルウォーター市の人は言葉遣いなどに気配りしてくださって、思ったより通訳しやすかったです。スティルウォーター市の方々の温かいおもてなしや歓迎のお陰で、スティルウォーター市で色々な楽しい思い出を作る事が出来て、「家族」が何人も増えました。

Thoughts michelle (1)It has been immensely challenging so far and I constantly thank my lucky stars to be blessed with such a variety of experiences. Not only did I acquire and honed more than a handful of skills, I also gained a deeper understanding of myself.

やりがいのある挑戦の半年を送り、多種多様な経験を積んだ幸運に常に感謝しています。いくつかの自分のスキルを磨き、新たなスキルを身に付けることができた上、自己理解も深まりました。

In fact, I realized that I tend to try and take on too much within too short a time. As such, my overall new year’s resolution, on both work and personal level, is to pace myself and really look before I leap. It is all about making meaningful baby steps!

実は、自分がいつも短時間内で手に負えないほどのことをやろうとしていることに気付きました。そのため、仕事や個人レベルにおいて今年の総合的な新年の抱負はキチンとペース配分を考え、そして行動する前にきちんと考えることです。こつこつと少しずつ前進することがポイントです!

Mantra for the year is to “Prioritize, prioritize, and prioritize!”

今年のマントラは「優先、優先、優先すること!」

Some examples of my work:

仕事の実例:

Kameoka International Times Newsletter 亀岡国際タイムズニュースレター:

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.901238849991797.1073741849.332233510225670&type=3

Kirari Newsletter キラリ広報紙:

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/kokusaikouryuu/foreign/english/foreign/koho.html

Advertisements

Tim Hortons and Canadian words – ティムホートンズとカナダの英語

こんにちは!亀岡市の新しい国際交流員のミシェルです!
Hey everyone! It’s Michelle, the new CIR from Kameoka city!

亀岡に来てからもう4か月間が経ちました。今回を始め、まずカナダの独特な言葉(はい。一応ありますよ)ととても大切で惜しまれるティムホートンズを紹介したいと思います。

It’s been 4 months since I’ve arrived in Kameoka. To start off, I would like to introduce some unique Canadian words (yes we do have them) and the very important and sorely missed Tim Hortons!

「ティムホートンズ」というドーナツチェーンは国内で大変人気があるため、カナダの文化的な顔になっていて、特に人気メニューには独特な呼び方や注文方法があります。

Tim Hortons, a donut shop chain in Canada, is so popular domestically that not only is it a Canadian cultural icon, it also has a special naming and ordering system for their popular menu items.

例えば:
For example:

Tim Hortons (1)①「後でティミーズに寄りましょう。」=「後でティムホートンズに寄りましょう。」

“Let’s stop by Timmies later.” = “Let’s stop by Tim Hortons later.”

②「10パックのティムビッツとミディアムダブルダブルでお願いします」

“I’d like a 10 pack of timbits & a medium double-double please.”

=10個の小さいボールドーナツ

10 pieces of small, unique ball-shaped doughnuts

Tim Hortons (2)+中サイズのコーヒーにクリーム2つと砂糖2つ

A medium-sized cup of coffee with 2 creams & 2 sugars

Tim Hortons (3)Uniquely Canadian words – カナダの独特な言葉

Loonie = 1 dollar coin(1ドル硬貨)

Tim Hortons (2)Toonie = 2 dollar coin(2ドル硬貨)

Tim Hortons (1)Parkade = a multi-storey parking garage ( 立体駐車場 )

Welcome to our new CIRs! – 新しい国際交流員を歓迎!

We are glad to welcome 2 new CIRs in Kyoto Prefecture this year: Michelle in Kameoka and Jessica in Miyazu!

今年は新しい国際交流員2名を亀岡市と宮津市で迎えました!

Michelle intro (1)Michelle, from Canada, is the new CIR in Kameoka after Eric, who finished his 5 years on the JET Program.
You can read more about her here:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/kameoka-cir/

カナダ出身のミシェルが任期を終えたエリックの後任者であり、これから亀岡市の国際交流員になります。
自己紹介はここで読めます:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/kameoka-cir/

JessicaJessica, from the US, is the first CIR in Miyazu.
You can read more about her here:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/miyazu-cir/

アメリカ出身のジェシカは宮津市の初めての国際交流員です。
自己紹介はここで読めます:
https://tabunkakyoto.wordpress.com/miyazu-cir/

 

We hope they will enjoy their time in Kyoto and contribute to the internationalization of our beautiful area!
京都府で楽しく過ごし、地域の国際化に貢献できたらと思います。

Kyoto CIRs participated in the Gion Festival! 京都府の国際交流員が祇園祭に参加した!

 

IMG_0363Gion MatsuriOn July 17th, 4 CIRs of Kyoto Prefecture (Mark at Kyoto Prefectural Office, Jake in Seika Town, Brian in Kizugawa and Eric in Kameoka) participated in the Gion Festival and pulled one of the big float, the Houka Hoko.
In spite of the typhoon and heavy rain, all of them had the brighest smiles during the day, and were delighted to have been able to participate in such a major festival, as well as being able to experience first-hand Japanese culture and traditions.

Gion Matsuri7月17日(金)に京都府国際交流員の4名(府国際課のマーク、精華町のジェーク、木津川市のブライアン、亀岡市のエリック)が祇園祭に参加して、放火鉾を引きました。
台風と大雨にもかかわらず、笑顔で引きました。
日本三大の祭りに参加して、日本文化と習慣を身近で経験できて、とても喜んでいました。

 

Mark (CIR in Kyoto Prefectural Office, from Scotland)
マークより (スコットランド出身、京都府国際課CIR)

Gion MatsuriHi everyone, Mark here!
I had the pleasure, and privilege, of taking part in the first of the two parades of the Gion Festival (the saki-matsuri, 前祭) on the 17th July, along with Jake, Brian, and Eric. Although there were worries that the typhoon would scupper the plans, we all got up bright and early anyway to head over and get ready. Ultimately we got the green-light to go ahead, so after getting dressed into our outfits, donning the hats, and taking pictures, we joined the 50-strong team to heave the Houkahoko through the wind and rain.

I’m actually very glad for the rain as it kept us cool throughout the day, and although it was a little tough at times, I think I would have struggled more in the blazing heat of a sunny summer’s day!

I had a really great time, especially along Oike-dori and Shinmachi-dori when everyone was cheering us on and shouting words of encouragement, despite the bad weather. Hearing and seeing them cheer us on really gave me the extra energy I needed towards the end to finish the day. I am also happy to have finally experienced first-hand Kyoto’s pre-eminent festival and feel more attached to the city.

I’m very grateful to KPIC for organising it, and perhaps we can take part again next year!

Gion Matsuri皆さん、こんにちは!マークです~

今回、祇園祭の前祭山鉾巡行に参加できる、とても貴重な機会をいただきました。7月17日、ジェイク、ブライアンとエリックと一緒に参加することができました。西日本に上陸した台風のせいで中止になる恐れがあったにも関わらず、皆が早朝に起きて集合場所に移動しました。最終的に行うことになって、皆が衣装を着たり、帽子をかぶったり、写真を撮ったりした後、他の50人ぐらいのチームと一緒に放下鉾を雨と強い風の中で引っ張り始めました。

実は、その雨天がよかったのです。風雨のため、結構涼しくて、少し大変でも頑張れました。しかし、真夏日の猛烈な日差しであれば、もっとしんどかったと思います!

この1日が非常に楽しかったです。特に御池通と新町通を通ってたとき、観客の応援がすごい力になりました!雨の中でも見てくれたり、応援してくれたりしていて、最後まで頑張れるエネルギーになりました。また、やっと京都最大のお祭りに参加できて、京都との関係が深まってきたと思います。

国際センターの主催で、とても感謝したいと思います。また来年も参加できるかもしれません!

Jake (CIR in Seika Town, from America)
ジェークより (精華町CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriGion Masturi was a lot of fun! The Hoko cart was surprisingly heavy though, so I am happy it rained. If I had to pull it when it was sunny out, it would have been really tough. It was also nice to see all the spectators cheering us on. Thanks to them pulling the Hoko didn’t feel so tiring. I think it was a good experience and I would love to be able to do it again if I have the chance.

Gion Matsuri祇園祭りはとても楽しかったです。鉾は思ったより重かったから雨降ってよかったと思います。晴れている日に鉾を引いていたらもっと難しかったかもしれません。また、観察者が応援してくれて、嬉しかったです。おかげ様で鉾を引いてもそんなに疲れなかったです。とてもいい経験だったと思います。機会があればまた参加したいと思います。

 

Brian (CIR in Kizugawa, from America)
ブライアン (木津川市CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriIMG_0427It was an honor to participate in Gion Festival, one of the three representative festivals of Japan. I have been to the Gion Festival while I was studying abroad in Kyoto, but never have I imagined myself actually being a part of the festival and pulling the floats. The volunteers, the locals, the visitors, the community came together for the millennium-old tradition. Although we were all soaked by the downpour, it didn’t take away our passion. It was a great experience.

日本三大祭りの祇園祭に参加する機会を恵まれて大変光栄です。京都で留学している間、祇園祭を見に行ったことありますが、鉾を曳くその一員になるとは想像もしなかった。千年以上の歴史がある祇園祭で、ボランティアと地元の方、観光客、一つになって、コミュニティのつながりと絆を体験することができました。大雨でビショビショになりましたが、みんなの情熱が流されなかったです。非常に良い経験でした。

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float! エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えました!

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float!
エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えられました!

亀岡を伝えようシリーズ①城下町歩き研修

DSC_0401亀岡市のエリックです。
5月10日(日)、ガイドの松尾さんとともに参加者12名で城下町を歩いて、亀岡の歴史や今も残っている風景を見学し、亀岡について楽しく会話をしながら学びました。

IMG_4607ガイドの松尾さんからいろいろな問題を出して、国際交流員のエリックさんや参加者全員に答える機会があり、日本人と外国人の認識の違いがたくさんありました。「しゃちほこってどんな魚ですか?」などエリックさんからの質問をみんなで考えながら、日本人独特の感性で作られたものや日本にしかないものを学びました。

当日の内容を踏まえて、5月26日に具体的に外国の方に伝えるためにどのような工夫がいるかディスカッションを行いたいと思います。

 

IMG_4613
Eric from Kameoka.
On May 5th, 12 members of the International Exchange Association guided by Matsuo-san walked around the old castle town to learn and discuss about Kameoka’s history and obverse the remaining historical sites.

Guide Matsuo-san quizzed the group about various things about the city. Both the CIR and all participants had a chance to answer and there many interesting differences in IMG_4630perceptions. The group discussed questions from Eric such as “What kind of fish is the Shachihoko?” and learnt that there are many things unique to Japan.

We will have a discussion on the 26th based on this event to discuss what we can do when showcasing Kameoka to international guests.

World Festa in Kameoka - 亀岡ワールドフェスタ

Hi everyone! It’s Eric, the Kameoka CIR! Last month we held Kameoka’s largest international event,  the World Festa at Galleria Kameoka. This year’s theme is traditional fashion from around the world focusing on multiculturalism in everyday life. We had many exciting events including a fashion show, world snack booths and a world games corner. At the end of the event all participants got up to do the zumba.

3月1日にガレリアかめおかで亀岡国際交流協会の最大のイベントであるワールドフェスタが開催されました。今年のワールドフェスタは、日常生活の中の多文化共生~世界の民族衣装を楽しく学ぼう~と題して、ファッションショー、民族衣装体験・おやつブース・遊びコーナー担当などそれぞれ楽しいプログラムがありました。最後はみんなでズンバを踊り、盛り上がりました。

ファッションショー(ラスト)

The world snack booth was the most popular with snacks from 11 different countries including Korea, Indonesia, Vietnam and France. The cookies from France and Austria were very popular and ran out really quickly. The participants had the opportunity to enjoy tasting and seeing something different while speaking to people from different countries in the booths.

世界のおやつブースは大変人気であり、コリア、インドネシア、ベトナム・フランスなど11カ国のおやつと、日本やコリアのお茶を提供しました。フランスやオーストリアのお菓子はクッキーであっという間に無くなるほどの人気がありました。いつもとは味や見た目の違うおやつを食べて、ブースの中の外国出身の人たちとも話し、世界の味を楽しんだようです。IMG_7513 (5)

This year’s World Festa’s main focus is about learning about traditional dresses and costumes from around the world with the purpose of finding a method to live peacefully with people from different cultures. I hope this event created an opportunity to think about diversity in Japan.

今回のワールドフェスタは民族衣装を楽しく学ぶことに焦点をおき、いろいろな文化を持つ人たちと共に生きて行く方法を探ろうという目的で開催しました。これからも多文化共生について考えていく機会になればと思います。

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014年

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014
Intercultural Communication Workshop by the CIRs of Kyoto Prefecture
京都府国際交流員による異文化コミュニケーションのワークショップを実施

Alice from KPIC here.
On September 13th and 14th, the International Cooperation Station was held on the 2nd and 9th floor of Kyoto Station.

Goods on sale グッズの販売

Goods on sale
グッズの販売

The 14th edition of this event was held during a beautiful autumn weekend in September at Kyoto station. Shedding light on social contribution activities at an international level with a focus on international cooperation, we choose to broaden the event to multiculturalism this year, with one organization representing Japanese language classes’ network in Kyoto Prefecture, and another one active in the field of supporting non-Japanese mothers in Japan among others. In total we had 19 organizations participating in this event.

On the 2nd floor, booths with picture and panel exhibitions were set up and local craft goods were on sale in an open space.

On the 9th floor at the Center, we had various activities going on: café corner with fair trade drinks, craft workshops where one could make foreign accessories and toys, an international cooperation consultation corner with specialists, as well as lectures on a broad range of topics.

国際センターのアリスです。
Station 149月の秋晴れの中、京都駅ビルで、国際的な分野の社会貢献活動のイベントを開催しました。
14回目の開催となる今回のイベントでは、国際協力に加え、初めて多文化共生にテーマを広げ、日本語教室のネットワークグループや、日本国内で子育て中の外国人女性支援を行う団体等、19の団体が参加し、活動の魅力を伝えました。

2階では、駅を利用する多くの人が行きかうオープンスペースで団体がブースを出展し、写真パネル展示や、民芸品の販売などを行いました。9階の京都府国際センター内では、京都市を一望できる会場でフェアトレードの飲み物を楽しんでいただけるカフェコーナーのほか、海外のアクセサリーやおもちゃ等の小物作り体験、活動について専門家に相談できるコーナー、様々なテーマの講演会などを行いました。

On the 14th, I organized an intercultural communication workshop called “Barnga” with 3 other Kyoto CIRs: Brian (Kizugawa), Jake (Seika) and Eric (Kameoka).

Station 14In this workshop, participants experience the shock of realizing that despite many similarities, people of differing cultures perceive things differently or play by different rules. They learn that they must understand and reconcile these differences if they want to function effectively in a cross-cultural group.

2日目の14日に「バーンガ」という異文化コミュニケーションのワークショップを京都府国際交流員の3人(木津川市のブライアン、精華町のジェイク、亀岡市のエリック)と実施しました。
このワークショップでは人々が同じようにみえるものの、異文化のそれぞれの感覚や原則に従い、行動が違うことを体験できます。参加者はこの違いを理解し、和解しない限り、多文化的なグループや社会の中でうまく行動できないことを勉強します。

After the workshop we had a debriefing with everyone, and then had participants discuss into groups what they learned from the workshop and the talk afterwards. They then presented what they will be paying attention to and working for when dealing with different cultures (be it foreign cultures or different values shared by people of the same Japanese culture).

ワークショップの後、参加者と振り返りをしてからグループでゲームや振り返りの中で気づいたこと、勉強したことについて話合いました。その後、異文化と触れ合う時に意識すべき点や目指すことについてグループで発表して貰いました。
「異文化」というのはただ外国の文化だけではなく、同じ日本文化を持つ人々のそれぞれの価値観の違いも指しています。

Station 14I love this workshop because anybody can participate and gain something from it.
For people who have usually no interaction with foreign cultures, they can gain their first insight into multicultural society and communication, and use that knowledge when interacting with other people sharing the same culture and nationality but with different values.

For people having lived abroad or used to deal with foreign cultures, it allows them to become aware of their unconscious feelings and natural reactions when confronted to cultural clashes, because of the casual nature of the workshop (game) removing cultural and moral barriers and enabling people to be their real self.

誰でも参加することができ、誰でも何かを得ることができるのでこのワークショップが大好きです。

Station 14異文化と触れ合う機会の少ない人の場合、異文化社会とそこにおけるコミュニケーションを初めて体験でき、同じ文化と国籍なのに違う価値観を持つ日本人と触れ合う時にもこの知識を活かすことができます。

海外に住んだ経験のある、あるいは異文化と触れ合う機会が多い人の場合、文化衝突に対する自分の無意識な気持ちや反応を知ることができます。ワークショップがゲームの形なので社会的や文化的なバリアもなく、気軽に参加し、本音が出ることもとても勉強になると思います。

People were thrilled at the end and some even wanted to hold this workshop at their workplace. I will try to hold it again!

ワークショップ終了後、参加者から満足の声が多く、職場でもこのワークショップを実施したいと言う人もいました。また色々な場所で行うことができれば嬉しいです!

From Brian, the CIR in Kizugawa – ブライアン(木津川市の国際交流員)から:

With Barnga, we had our participants experience the many emotions that come with language and cultural barrier. Being the first time for me to participant in a game type event, I was worried at first whether it would resonate with the participants. However, I was more than happy to see participants actively sharing their feelings throughout the game and hear the rules of intercultural communication they came up with after experiencing Barnga. It was a great success!

バーンガに通じて、参加者のみなさんに文化・言葉の壁を体験していただいました。このようなゲーム型のイベントは初めてでしたので、参加者の反応はどうか正直心配しました。しかし、ディスカッションの時間に、参加者のみなさんは積極的に自分の思いを話し合って、各チームが考案した「自分の異文化交流のルール」をシェアしていただいて、すごく感動しました。大変有意義なイベントになったと思います。

From Jake, the CIR in Seika - ジェーク(精華町の国際交流員)から:

Station 14Barnga was a lot of fun! I was a bit surprised, but every table seemed to have their own way of solving problems, almost like a real country. For example, one table followed the rules of the eldest person, no matter what. Another table mixed the rules of the remaining players and the new players in order to continue playing. There were a lot of different reactions so it turned out really well. I got to talk with some of the participants afterwards and it seemed like everyone really got a good grasp of what multiculturalism. Even though I was staff, it was a valuable lesson for me as well.

バルンガは楽しかったですね。驚きましたが、各グループはまるで本物の国のように自分の解決方法がありました。例えば、一つのグループは何があっても一番年上の方のルールに従いました。他のグループは、残っている人と新しい人のルールを混ざってゲームを続けました。様々な反応があってとても良かったです。私は最後に少しだけ参加者と話せましたが、皆さんは本当に多文化共生を理解してくださったようです。スタッフとして参加しながら私にも勉強になりました。