国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Advertisements

A Spring Dance Party – 親子deレッツ・ダンス~春のダンス・パーティ~

Hi guys! It’s Brian, the CIR of Kizugawa.
こんにちは!木津川市国際交流員(CIR)のブライアンです。

To enhance the international exchange of the three municipalities of Kansai Science City in Kyoto, Polly (Kyotanabe CIR), Jake (Seika CIR), and I hold 2 to 3 joint events together every year. And this time, we had a spring dance party.

京都府内の学研都市3市町の国際交流を深めるために、私と京田辺市CIRのポリー、精華町CIRのジェイクが年2~3回の共同イベントを開催しています。今回は「親子deレッツ・ダンス~春のダンスパーティ~」というテーマの交流イベントを行いました。

In recent years only few dance fads have made it to Japan. We wanted to share some of the popular dances in the US with the locals, and we asked our participants to come with their family to dance together at this event.

近年は日本で流行る海外のダンスが少ないため、アメリカでよく知られているダンスを日本のみなさんに紹介し、親子の参加者と一緒に踊りたいと思い、このテーマにしました。

Our Spring Dance Party took place on March 26. First we talked briefly about the dance culture in the US and the UK. There are school dances in both countries, and also people dance at weddings and other ceremonies. Then we started with the simple and old-school. We did the Macarena. It was easy so we played with the speed of the song and had all of us either rushing or in super slow-motion. The kids really liked it.

Macarena

Macarena

イベントは3月26日に開催しました。まずはアメリカやイギリスのダンス文化について話しました。アメリカやイギリスでは学校のダンスイベントがあることと、結婚式などでも踊ったりする習慣、イギリスの伝統的なダンスを紹介しました。トークの後で本題のダンスに移り、トップバッターとしてシンプルで一昔の「マカレナ」を踊りました。かなり簡単なダンスなので、スピードを上げたり下げたりしながら、子どもの参加者ははしゃいで楽しみました。

Next we introduced the Cha-cha Slide. After we went through the surprise moves like the Charlie Brown and Hands-On-Your-Knees, we had a great time doing the listen-and-move (watch-and-move for us at this event) number.

それから、アメリカでよく知られている「チャチャ・スライド」を紹介しました。「チャーリー・ブラウン」や「手をひざに」などのサプライズの振り付けもありますので、それを一つ一つ説明した後、みなさんは上手にできました。

Body Transformers

Body Transformers ボディ・トランスフォーマー

We then played Body Transformers, which is simply team charades. We challenged the participating families with difficult questions such as conveyor belt sushi and electric fan. We were very impressed with the creativity we saw, and had a good time joining the children in charades.

少し休憩の後に、「ボディ・トランスフォーマー」というチームでパントマイムをするゲームで遊びました。参加者の家族に「回転寿司」や「扇風機」といったグループのパントマイムで表現しにくい質問を出しましたが、参加者のみなさんが一生懸命に考えてくれて、クリエーティブで面白い表現のしかたに感動しました。

We finished the event with Watch Me, the song and accompanying dance that went viral in 2015. The moves were confusing at first. After a couple of rounds, everybody was doing the whip, the nae-nae, and the stanky leg perfectly.

最後に2015年にアメリカで大ブレイクした「ウォッチ・ミー」を踊りました。全部の振りを覚えてもらうまで少し時間がかかりましたが、何回か練習したら、最後全員で「ウィップ」、「ネーネー」、「スタンキー・レッグ」などを完璧にできました。

Brian dance (3)As our last 3-municipality joint event, I had a great time. Dance is a way of expression, and has long been a tool of social exchange. Plus, it is a lot of fun! With the popularity of SNS such as Youtube and Twitter, hopefully more fun dances will emerge around the world. I hope I can see you on the dance floor someday!

ポリーとジェイク、私3人の最後の共同イベントとなりましたが、楽しくてしようがなかったです。ダンスは感情表現の方法の一つであり、人との交流の手段でもあります。そして、ダンスを踊るのは楽しいです。これからもYoutubeやTwitterなどのSNSの力で、世界各地から新しいダンスを期待しています。

それでは、いつかダンスフロアに会えますように!レッツ・ダンス!

Starting 2016: thoughts from the Miyazu CIR – 2016年を迎える:宮津市国際交流員から

Hi everyone! It’s Jessica, the CIR in Miyazu.
皆さん、こんにちは!宮津市国際交流員のジェシカです。

Starting in January, we started a new English conversation group called “Miyazu English Corner” in Miyazu. We host it every Wednesday through Friday and Sundays 2-4 pm. Starting in April we are planning to cancel Sundays. People of the community interested in English who are available between the hours of 2-4 come and try their bests to have simple English conversations with a native speaker. Miyazu’s ALTs also participate when their schedules allow.

Since the group is held in the afternoon participants consist mainly of housewives and elderly retired people. Levels range from people who can have somewhat smooth daily conversations to people who have trouble introducing themselves.

My future goals are to start new activities focused on conveying culture rather than teaching English. Starting next month in March I will be giving lectures once a month about American culture. I always want to work to further establish the duties of the CIR position in Miyazu and try to make it separate from those of the ALTs which I have yet been able to do. I also want to be more conscientious in leaving data and records for the next CIR.

Jessica new year2016年の1月をもって「英語交流広場」という英会話イベントを開設しました。毎週の水・木・金・日の14時から16時まで開設しています。4月以降は日曜日をなしにし平日だけとする予定です。英語に関心があり指定された時間帯に参加できる方を対象にしています。町の英語指導助手にも空いているときに参加していただき、なるべく日本語のない環境を作り市民の方々と簡単な英語でコミュニケーションを取り、参加者の英語力の向上を図っています。

時間帯は昼間だから仕事中だったり授業中だったり参加できる人の範囲は限られています。専業主婦と退職した年配の方が大半を占めています。人によって能力にもかなりの差があって自己紹介でも苦労する方と日常会話を割とスムーズにこなせる方と様々なレベルの方から参加をいただいています。

今後の目標は英語教育を中心とするイベントと活動ではなく、文化を伝えたりするイベントを新しく始めたいと思っています。また来月(3月)から月一回のアメリカ文化講座という名で講演会を行うことになりました。ほかに、宮津市の国際交流員の業務や仕事の内容をもっとはっきりさせ、道をつけていきたいです。何よりも、国際交流員は英語指導助手とは職種が違うということを同僚や関係者に納得してもらい、その認識を広めていきたいです。ここは一番難しいところで未だに納得してもらえずに苦戦しています。この間参加させていただいた近畿地方のCIRの研修会で後任者のことを考えてできるだけデータや記録を残そうとしている方の話を沢山聞かせていただき、私もデータや記録を残そうと努力したいと思いました。

Starting 2016: thoughts from the CIR in Kameoka – 2016年を迎える 亀岡市のCIRから

New year greetings from the CIRs have been late this year because we all have been pretty busy! We are going to upload a series of articles from each CIR of Kyoto Prefecture, introducing what they’ve been up to and what they want to achieve for 2016. Look forward to it!

京都府国際交流員からの新年の挨拶が大変遅くなりました!みんなはとても忙しかったですね。
今から、それぞれの国際交流員から去年頑張った事業や2016年の予定について記事を掲載します。お楽しみに!

——————————————————————————————————-

Hello hello everyone! It’s Michelle again from Kameoka.
みなさん、こんにちは~!亀岡市のミシェルです。

It’s been just over half a year since I first assumed my position as a CIR in Kameoka. There have been many ups and downs but it has been a wonderful, fulfilling experience so far!
亀岡市で国際交流員として着任してから、既に半年も経ちました。たくさんの浮き沈みに直面しましたが、これまでの仕事で充実感を得られ、とても貴重な経験をさせていただきました!

Within a short span of half a year, I went on a business trip that took me back to North America, got my feet wet (if not thoroughly drenched) with translation and interpretation at major events like sister city anniversary celebrations and Kameoka’s 60th Anniversary, did write-ups, translated and designed monthly and quarterly newsletters, as well as planned, implemented and facilitated international exchange events.

半年という短期間で、北米へ出張する機会に恵まれたり、姉妹都市盟約締結周年祝いや亀岡市制60周年招聘という大規模な事業で翻訳や通訳の仕事で活躍したり、月刊誌や季刊誌においての翻訳、デザイン、記事の書き上げを行ったり、国際交流イベントの企画、実行、円滑な実施にも携わってきました。

Thoughts michelle (2)The most interesting and nerve-wracking experience for me during the past few months was the business trip to Stillwater, USA in commemoration of the 30th Sister City Anniversary between Stillwater and Kameoka. Not only was it my first business trip but it was also the first time where I had to heavily translate from English to Japanese. The fact that I was only 2 months into the job definitely did not help my nerves either. Despite the million and one anxieties, I was ultimately glad to have gone. The rest of the Kameoka official delegation and the people in Stillwater were considerate of my position which made the interpretation experience smoother than expected. The warm hospitality and welcome from the people of Stillwater left me with fond memories and new additions to my extended “family” network.

この数ヶ月間の中で最も面白く、緊張感のある経験はアメリカのスティルウォーター市と亀岡市との姉妹都市盟約締結30周年を記念するためのスティルウォーター市への出張でした。今回の出張は初めての出張だけではなく、何日間も連続に英語から日本語を中心に通訳することも人生初めてでした。当時、着任してから2ヶ月間しか経っていなかったという事実を心に留めたら、ものすごい緊張感に溢れていました。山ほどの不安を抱えましたが、最終的に本当に行ってよかったと思いました。亀岡市の公式訪問団の方やスティルウォーター市の人は言葉遣いなどに気配りしてくださって、思ったより通訳しやすかったです。スティルウォーター市の方々の温かいおもてなしや歓迎のお陰で、スティルウォーター市で色々な楽しい思い出を作る事が出来て、「家族」が何人も増えました。

Thoughts michelle (1)It has been immensely challenging so far and I constantly thank my lucky stars to be blessed with such a variety of experiences. Not only did I acquire and honed more than a handful of skills, I also gained a deeper understanding of myself.

やりがいのある挑戦の半年を送り、多種多様な経験を積んだ幸運に常に感謝しています。いくつかの自分のスキルを磨き、新たなスキルを身に付けることができた上、自己理解も深まりました。

In fact, I realized that I tend to try and take on too much within too short a time. As such, my overall new year’s resolution, on both work and personal level, is to pace myself and really look before I leap. It is all about making meaningful baby steps!

実は、自分がいつも短時間内で手に負えないほどのことをやろうとしていることに気付きました。そのため、仕事や個人レベルにおいて今年の総合的な新年の抱負はキチンとペース配分を考え、そして行動する前にきちんと考えることです。こつこつと少しずつ前進することがポイントです!

Mantra for the year is to “Prioritize, prioritize, and prioritize!”

今年のマントラは「優先、優先、優先すること!」

Some examples of my work:

仕事の実例:

Kameoka International Times Newsletter 亀岡国際タイムズニュースレター:

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.901238849991797.1073741849.332233510225670&type=3

Kirari Newsletter キラリ広報紙:

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/kokusaikouryuu/foreign/english/foreign/koho.html

Easter Party ― イースターパーティー

Hey everyone! Jake from Seika here.

Easter event2On April 5th, Polly, Brian and I planned an Easter Party at the Mukunoki Center in Seika. We started our party with a Team Easter Egg hunt. Each egg had a challenge inside that the children had to complete before moving on to get the next egg. The difficulty of the challenge depended on the color of the egg, and harder challenges received more points than easier challenges. Some eggs had tasks that required a physical challenge, while others asked various questions about Easter. If a team could not complete a challenge they did not get the points from the egg. At the end we handed out candy based on how many points each team got, but all teams got candy so don’t worry.

皆さん、こんにちは。精華町のジェイクです。

Easter event34月5日(日)に私とポリーとブライアンが企画したイースターパーティー(復活祭)をむくのきセンターで行いました。パーティーはのたまご探しゲームで始まりました。各たまごの中に子どもが完成しないといけないチャレンジが入っていました。チャレンジの難しさはたまごの色によって、難しいチャレンジのほうが簡単なチャレンジよりポイントを与えました。体力に関わるものや、イースターについての質問型のものもありました。もしチームがチャレンジを完成できなかったら、ポイントをもらえませんでした。最後に子どもたちが得たポイントに応じキャンディーを配りましたが、全員がキャンディーをもらったので安心してください。

Easter eventAfter the Easter Egg hunt we learned a dance called the Bunny Hop where kids stood in 5 lines and followed set of hopping dance moves to music, competing to see which line could make it across the room faster. When the dancing was done, we played a game where kids passed the egg in a circle and when the music stopped, the last person holding the egg was out. Then we ran a race were the kids had to blow an Easter egg across the floor without using their hands. For each game we passed out candy as well!

たまご探しが終わったら、子どもが5列になって一緒に踊りながら部屋の向こうまで速さを競争する「バニー・ホップ」というダンスを体験しました。その後、音楽が流れている間たまごを人から人に回して、音楽が止まったら持っている人がアウトになるというなゲームで遊びました。そして、手を使わずたまごを吹いて前に進ませる競走もしました。各ゲームでキャンディーを配りました!

I had a great time playing games with all the kids and teaching them a bit about one of the holidays I remember from my childhood. All of the kids seemed to have a lot of fun and it was amazing how much they remembered from our presentation at the beginning. I am excited to invite them all back again in the fall for our next event!

子どもとゲームで遊んだりイースターの伝統について習ったりするのがとても楽しかったです。子供達も喜んでいるみたいでしたが私達が最初に話したイースターの説明を覚えているなんて本当にすごいと思いました。また秋のイベントにも皆さんを誘いたいですね。

 

Easter event4Hey it’s Brian from Kizugawa City. The CIR collaboration event was a lot of fun this time as well! Being one of the most celebrated holidays in the US, Easter is still not that well-known in Japan. I was glad that we had the chance to introduce it to more people, while having a blast celebrating with the kids through dance and games. Join us at our next event! It will be a lot of fun.

木津川市のブライアンです。今回の3市町CIR共同イベントもとても楽しかったです!日本ではイースターを知っている人がまだ少ないかもしれませんが、アメリカでは盛大に祝われる行事の一つで、参加者のみなさんに紹介できてよかったと思います。そして、子どもたちとゲームやダンスなどを通じて楽しくイースターを祝うことができました。今度の3市町CIR共同イベントも楽しみにしておいてくださいね!

World Festa in Kameoka - 亀岡ワールドフェスタ

Hi everyone! It’s Eric, the Kameoka CIR! Last month we held Kameoka’s largest international event,  the World Festa at Galleria Kameoka. This year’s theme is traditional fashion from around the world focusing on multiculturalism in everyday life. We had many exciting events including a fashion show, world snack booths and a world games corner. At the end of the event all participants got up to do the zumba.

3月1日にガレリアかめおかで亀岡国際交流協会の最大のイベントであるワールドフェスタが開催されました。今年のワールドフェスタは、日常生活の中の多文化共生~世界の民族衣装を楽しく学ぼう~と題して、ファッションショー、民族衣装体験・おやつブース・遊びコーナー担当などそれぞれ楽しいプログラムがありました。最後はみんなでズンバを踊り、盛り上がりました。

ファッションショー(ラスト)

The world snack booth was the most popular with snacks from 11 different countries including Korea, Indonesia, Vietnam and France. The cookies from France and Austria were very popular and ran out really quickly. The participants had the opportunity to enjoy tasting and seeing something different while speaking to people from different countries in the booths.

世界のおやつブースは大変人気であり、コリア、インドネシア、ベトナム・フランスなど11カ国のおやつと、日本やコリアのお茶を提供しました。フランスやオーストリアのお菓子はクッキーであっという間に無くなるほどの人気がありました。いつもとは味や見た目の違うおやつを食べて、ブースの中の外国出身の人たちとも話し、世界の味を楽しんだようです。IMG_7513 (5)

This year’s World Festa’s main focus is about learning about traditional dresses and costumes from around the world with the purpose of finding a method to live peacefully with people from different cultures. I hope this event created an opportunity to think about diversity in Japan.

今回のワールドフェスタは民族衣装を楽しく学ぶことに焦点をおき、いろいろな文化を持つ人たちと共に生きて行く方法を探ろうという目的で開催しました。これからも多文化共生について考えていく機会になればと思います。

School visit and Panel Discussion about Love and Marriage in Kyotango – 京丹後市での高校訪問と恋愛・結婚観のパネルディスカッション

Mineyama High School Visit – 峰山高校訪問

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

In February I had the opportunity to visit Kyotango in the North of Kyoto Prefecture twice for events linked to international exchange and multiculturalism.

2月に国際交流と多文化共生の事業に参加するために、京都府北部にある京丹後市を2回も訪問しました。

I first went to Mineyama High School as part of an international exchange event held every year. It was my first time visiting this school and after a few email exchanges with the students beforehand I was really eager to meet them all.
4 Kyoto Prefecture Friendship Ambassadors went with me, originally from Hungary, Indonesia, Ukraine and Thailand so we were representing 5 countries in total.

まずは峰山高校が毎年行う国際交流会に参加しました。その高校を訪問するのは初めてで、事前に学生とメールを交換しましたので、いよいよ会えるのを楽しみにしていました。
私以外に、京都府名誉友好大使の4人も高校を訪問し、彼らはハンガリー、インドネシア、ウクライナとタイ出身でしたので、私を含めて5カ国を代表しました。

We first met with all the 1st year students (more than 200!) in the school gymnasium for a brief introduction of our native countries.
We had only 5 minutes for this introduction, so I introduced basic facts about France and spoke about French overseas departments and French-speaking countries. I also showed various pictures about French tourist places, natural landscapes, cuisine and cultural events.

まずは1年生全員(200名以上!)と学校の体育館で交流会を開きました。そこでそれぞれの出身国を紹介しました。5分での紹介だったので、フランスの簡単な紹介とフランスの海外県やフランス語圏について話しました。フランスの主な観光地、自然風景、食文化や文化的なイベントの写真を見せながら説明をしました。

Mineyama HSWe then split into classes for further exchange. When I entered the class, all the students welcomed me with perfect French, which almost brought tears to my eyes. I really felt welcomed.

Students first introduced the Tango area to me, with its legends, food and local speech. They put a lot of humor into their speeches and it was really a lot of fun.

I then spoke in more details about France, such as immigrants, high school life, culture and a bit of French language. Exchange afterwards was really meaningful as well, with students asking questions such as “what cultural aspect of France are you proud of?”, “what do you think Japan needs in this globalized world?” and “what is your motto in life?” for example.

その後、クラスごとに分けて、もう少し深い交流をしました。教室に入ったら、学生が完璧なフランス語で歓迎してくれて、涙が出るほど嬉しかったです。
学生は丹後地域を紹介し、丹後の伝説、名所、食文化と方言を説明してくれました。ユーモア溢れた発表だったので、とても楽しかったです。

それから、私がフランスについてもう少し詳しく発表し、移民、高校生活、文化とフランス語について説明しました。
発表後、学生と有意義な話し合いもできました。例えば、「誇りだと思っているフランスの価値観は何?」や「グローバル化のために日本に必要とするものは何?」や「人生のモットーは何?」などという深い質問を聞き、面白いディスカッションができました。

I love exchanging with students because they are the ones building tomorrow’s society and having such discussions about different cultural backgrounds and habits is really important for both sides.
I hope I can visit again!

将来の社会を作る学生と交流することがとても有意義です。違う文化背景や習慣のある人と触れ合ったり、話合ったりするのはお互いにとても大事だと思います。
また訪問できれば嬉しいです!

Panel discussion about love and marriage –
恋愛と結婚観についてのパネルディスカッション

2 weeks later I took part in a panel discussion about love and marriage in Kyotango, together with two Japanese, a Colombian lady and a Polish man.

Panel tangoWe were first asked to talk about marriage and love values in our respective countries.
I spoke about the various kinds of unions existing in France first. Indeed, on top of traditional marriage, we also have “PACS”, which is a simpler form of marriage that can easily be concluded and dissolved. Originally created for same-sex couples, it is nowadays very popular with young couples looking for stability but still wishing to keep a certain degree of independence through marriage.
Same-sex marriage was also legalized in France in May 2013 so I talked about the background before the law was passed and the different viewpoints about this topic in France.

2週間後は京丹後市で恋愛と結婚観についてのパネルディスカッションに参加しました。他にも日本人2名とコロンビア人女性1名とポーランド人男性1名も参加しました。
最初は出身国における恋愛と結婚観について発表しました。
まずはフランスにおける結婚契約の種類について説明しました。フランスでは一般的な結婚もあれば、「パックス」という「民事連帯契約」もあります。一般的な結婚契約より、簡単に結べ、解消できます。元々同性カップルのためにできた結婚契約ですが、最近は安定と自立を求める若手カップルの方で人気があり、一般の結婚より数が多くなってきました。
また、同性結婚は2013年5月からフランスで可決されたので、その事情と現状について説明しました。

I then briefly introduced common views about love and marriage in France. Preserving one’s independence within the couple is really important. Therefore, both people tend to work and housewives are quite rare. Keeping love going on and still being lovers after years have passed and children get into the equation is equally important.
For French couples, preserving a good balance between work, love and parenthood is at the center of a happy relationship.

それから、フランスにおける恋愛と結婚観の一般的な考え方と個人の感想を述べました。
カップルの中での自立を保つことがとても大事です。従って、フランスでは共働きが普通であり、専業主婦が少ないです。また、長年が経っても、子供ができても恋人同士の関係を保つことが同様に重要です。フランス人のカップルにとって、仕事・恋愛・親でいることのバランスを保つことは幸せな関係に欠かせない素材です。

Panel TangoThe other panelists then introduced how love is viewed in their native countries.
I discovered together with the other participants that divorce is almost unheard of in Colombia because of the very strong Catholic values, and that family is all important and usually placed above private couple matters in Poland.

他のパネリストも出身国での恋愛・結婚観について説明しました。
コロンビアではキリスト教の影響が強くて、離婚がほとんどないようです。
ポーランドでは家族が一番であり、個人やカップルより優先されるようです。

We then had a discussion with all the panelists, with Japanese people talking about their thoughts on love in Colombia, Poland and France, and answering questions about what Japanese men and women look for in a relationship, as well as the changes currently occurring in Japanese society on this level.

The Colombian and Polish panelists then talked about how they met their spouses, both of them being married to a Japanese person and living in Japan.

各国の紹介の後、パネルディスカッションを行いました。日本人の2名がコロンビア、ポーランド、フランスにおける恋愛・結婚観について感想を述べ、日本人男性と女性が恋愛関係に対して求めること、現在日本社会における変更ついて話しました。

また、コロンビアとポーランドのパネリストは日本人と結婚し、日本で暮らしているので、相手との出会いを語りました。

The Polish person talked about how he tries to spend as much time as possible with his family and stressed the importance of creating quality time together. To him, it was hard to understand how most Japanese fathers are still mostly absent from their homes.

The Colombian lady told us how she wished that Japanese people spoke more openly about their feelings, especially to their partner. Indeed, and especially in the case of international marriage, no understanding can be reached without proper communication.

ポーランドの方はできるだけ家族と時間を過ごそうとし、有意義な時間を作るように心掛けると言いました。彼にとって、ほとんど家にいない日本人のお父さん達に対して違和感を感じると言いました。

コロンビアの方は日本人がもっと気持ちを表し、特にパートナーにもっと心を開いて欲しいと述べました。特に、国際結婚の場合はそういったコミュニケーションが不可欠です。

The panelists and organizers パネリストと主催者

The panelists and organizers
パネリストと主催者

In spite of the differences in marriage and values surrounding love in our respective countries, the three of us agreed on one point: we do not understand “konkatsu”, the Japanese practice of going to special meetings or events with the aim of marrying somebody met there. For us, thoughts of marriage occur after meeting someone one loves and after spending a few years dating him / her. But the purpose of “konkatsu” turns this whole logical concept around: one meets someone because they want to get married. It sounds like getting married for the sake of getting married and not because you want to spend your life with that particular person.

しかし、それぞれの出身国の違いにもかかわらず、3人とも賛成した点があります。それは日本の「婚活」です。3人にとって、好きな人と出会い、何年間付き合ってから結婚を考え始めるのは普通ですが、「婚活」になるとそんな考えが完全に逆転されます。結婚したいから人を出会おうとします。好きな人とずっと過ごしたいことより、結婚するために結婚するというふうに感じます。

I realized that no matter how long you have lived in a country and how well integrated you are, some fundamental values do not change. However, this should not be the cause for cultural clashes but rather raise interesting discussions enriching one’s view on the world. For successful cultural integration in a foreign country, holding onto one’s fundamental values while understanding different ones and adapting, up to a certain extent, is necessary. Achieving such a balance can be challenging but very rewarding.

外国で長く住んで、社会にうまく統合しても根本的な価値観が変わらないと思います。しかし、それは文化衝突の原因になるよりも、有意義なディスカッションを生み、視野を広げてくれるきっかけになれば嬉しいと思います。外国の社会にうまく統合できるように、根本的だと思う自分の価値観を保ちながら、違う価値観を理解して、ある程度受け入れる態度が重要です。そのようなバランスを取るのは難しいですが、自分が豊かになります。

No matter how different our values are, we are all human and all want to experience beautiful love. Fear of cultural differences should not prevent us to build relationships with somebody we like. In the end, we regret the things we didn’t do and not the ones we did, so go on and open your heart next time you meet that special someone!

価値観が違っても、人間はみんな素敵な恋愛関係を作りたいと思います。文化の違いのせいで好きな人との関係を作らないことにするのは残念です。実は、人生の終わりに後悔することは「したこと」より「できなかったこと」でしょう。ですから、次に好きな人と会えば、心を開きましょう!