French Christmas cake “Bûche de Noël” cooking in Oyamazaki – 大山崎町でフランスのクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」の料理教室

Alice from KPIC!

Tonight is Christmas Eve! How are you going to spend your evening?
I went back to France for the holidays this year, so tonight I will be eating the French traditional Christmas cake called “Bûche de Noël”. It’s shaped like a log and uses either chocolate or chestnut cream traditionally, even if recently you can find strawberry or white chocolate “bûches” as well.

In ancient times when there was no electricity, people needed to find a way to have light and warmth during the long Christmas Eve until Christmas day on the 25th. Therefore, people needed to find a big enough log to put in the fireplace that could last for many hours; and nowadays this tradition remains in the shape of the traditional Christmas cake.

京都府国際センターのアリスです!
今晩はクリスマスイブですね。皆さんはどのように過ごしますか?

今年のクリスマスをフランスで過ごすので、今晩はフランスの伝統的なケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」を食べます。「ブッシュ」は薪の形をしていて、元々はマロンクリームやチョコレート味ですが、最近は苺やホワイトチョコのブッシュがあります。

昔は電気がなかったので、24日の夜からクリスマス(25日)の朝まで光と暖かさを提供してくれる手段が必要でした。そこで、暖炉に夜通しできる大きい薪を入れるものでした。その伝統は現在の「ブッシュ・ド・ノエル」の形で残っています。

Oyamazaki 14

Cooking the bûche ブッシュを作る

As the season was right, I decided to bake a bûche de noel with chestnut cream and sugar-coated chestnuts together with the participants in this month’s cooking class in Oyamazaki.
Christmas cakes seem to be popular because we had 20 people join this time. We first started by cooking the bûche because it needs to cool down as much as possible before eating it. Usually you should leave it in the fridge all night and eat it the next day but we only cooled it down for a few hours.

Participants were really eager to make a beautiful cake so they successfully completed the different steps and put the cake to cool down.

時期が合ったので、今年の大山崎町の料理教室にマロンクリームとマロングラッセのブッシュを作ることにしました。クリスマスケーキというテーマは人気があったようで、参加者は20名もいました。ブッシュはできるだけ冷やしてから食べるので、ブッシュから教室が始まりました。普段は前の夜に作り、一晩を冷やしてから次の日に食べますが、時間の制限の関係で数時間だけ冷やして食べました。
参加者は綺麗なケーキを作りたくて、レシピ通り丁寧に作りました。

Oyamazaki 2014

Introducing Christmas habits in Europe ヨーロッパにおけるクリスマスの習慣について説明

In the meantime, I held a small presentation about Christmas habits in France and in Europe. In France, Christmas Eve’s meal always ends with the bûche. Everyone usually also has an advent calendar in their homes to enjoy chocolate or sweets every day until Cristmas. Recently, other brands have started making their own calendars, so you can find advent calendars with makeup, toys, tea or alcohol for example.

ブッシュが冷える間、フランスとヨーロッパ諸国におけるクリスマスについてミニ講演会をしました。フランスでは、クリスマスの食事は必ずブッシュで終わります。また、殆どの人が家にイブカレンダーがあり、12月1日からクリスマスまで毎日チョコやお菓子を食べます。最近、他のブランドもイブカレンダーを作るようになったので、化粧品、おもちゃ、お茶やお酒のカレンダーも売られるようになりました。

Eve calendar イブカレンダー

Eve calendar
イブカレンダー

Other European countries also have very interesting habits, such as Finland where people usually drop by the cemetery on Christmas Eve to light their dead ones’ tombs with candles, or Bulgaria where women use the occasion to give bread to the man they like. In the North of Europe, it’s often San Nicolas and not Santa who brings presents on December 6th, whereas it’s a witch called La Befana who makes children happy in January in the South of Italy for example.

ヨーロッパの中で面白い習慣がたくさんあります。例えば、フィンランドではイブの午後に親戚のお墓にろうそくを置きに行く習慣があります。ブルガリアでは女性が好きな男性にパンをあげたりします。北欧では12月5日にサンタの代わりにサン・ニコラという人物がプレゼントを持って行きます。イタリアの南部の場合は1月6日に「ラ・ベファナ」という魔女が子どもにプレゼントを持って行きます。

Preparing the bûches ブッシュを飾る

Preparing the bûches
ブッシュを飾る

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

We were then pretty hungry so we cooked the lunch menu, a meunière fish (cooked in butter) and some mashed potatoes.
It was then time to decorate the bûches. I had brought some cake decorations in sugar from France which were really popular among the participants. Everybody was so dedicated to decorate their cakes that time flew by and it was time to eat our artworks before ending the day.

Bûche made by the participants 参加者が作ったブッシュ

Bûche made by the participants
参加者が作ったブッシュ

講演会の後は結構お腹が空きましたので、白身魚のムニエル(バター焼き)とマッシュポテトを作りました。
食事の後にブッシュを飾る時間になりました。フランスから砂糖のケーキ飾りを持って来て参加者に大人気でした。みんなはケーキを飾るのに夢中であり、時間がアッと言う間に経ちました。最後にブッシュを食べて、1日が終わりました。

It was my first time to try and bake my own Bûche de Noël but it was a lot of fun to do it with everyone and see what kind of cake they would come up with in the end.
See you next year for more fun French cuisine!

「ブッシュ・ド・ノエル」を作るのは初めてでしたが、皆さんと一緒に作ることができてとても楽しかったです。皆さんは作るブッシュが段々出来上がるのを見るのも楽しかったです!
来年のフランス料理教室を楽しみに!

Oyamazaki 2014

Merry Christmas! メリークリスマス!

 

Advertisements

French cooking class and seminar in Oyamazaki – 大山崎町でのフランス料理教室と理解講座

On December 18th, I did a French cooking class and seminar in Oyamazaki Town. Given it was my 3rd time going there I knew some of the participants and the atmosphere was really relaxed.

12月18日に大山崎町でフランス料理教室と講座を開きました。このイベントを開催するのは3回目であり、参加者の数人に会ったことがあったので、カジュアルな雰囲気で行いました。

Preparing the vegetables 野菜を準備する

Preparing the vegetables
野菜を準備する

We first started with the cooking. This time I chose to do some “petits farçis niçois” or meat stuffed vegetables. It’s a typical meal in the south of France, especially around Nice or in the Provence area. It’s also really healthy given that you have meat, vegetables and rice all in the same dish.
We used tomatoes, zucchinis and red and yellow peppers that we stuffed with meat seasoned with garlic and Provence herbs. At the bottom of the dish you put some rice so it cooks together with the vegetables in the oven and develops a particular flavor as it absorbs the juices released by the vegetables when they cook.

まずは料理から始めました。今回は「Petits farçis niçois」という「ニースの野菜の肉詰め」を作りました。南フランス、特にニース市やプロバンス地域でとても人気な名物です。また、一つのおかずで野菜、肉、米が全て摂れるので健康的な料理となります。
ニンニクとプロバンスハーブで味付けをした肉をトマト、ズッキーニ、赤と黄色パプリカに詰めました。オーブン型の下に米をひいて、野菜と一緒に焼いたら、野菜から出るジュースを吸ってとても美味しくなります。

Presenting the Gironde area - ジロンド県を紹介する

Presenting the Gironde area – ジロンド県を紹介する

While the food was cooking I did a short presentation about the Gironde area, the department where Bordeaux, my hometown, is located.
I started by presenting the different sceneries. Indeed, Gironde’s Atlantic coastline is more than 100km long and boasts many beautiful beaches that are famous for surfing. We even have a world surfing competition that takes place every summer.
The Gironde area is also famous for its wine, but also for its numerous medieval villages and historical ruins: while sipping wine in the various wineries along the way, you can visit many churches, abbeys and fortified towns as well to polish your knowledge of history.

料理を焼いていた間、出身地のボルドー市が位置するジロンド県について説明しました。まずは様々な風景を紹介しました。ジロンド県は大西洋に面し、海岸線が100キロ以上もあり、サーフィンが有名なビーチをたくさん有します。毎年夏に国際的なサーフィン大会がジロンド県で行われています。
ワインも有名ですが、中世時代の村や遺跡を見る価値もあります。ジロンド県の全域にあるワイナリーを見学し、ワインを楽しみながら中世時代の教会、修道院、要塞都市などもたくさん見学でき、歴史の知識を深めることができます。

Many events also take place throughout the year in the Gironde region too. Some events will take you back to the medieval ages (the Saint Macaire festival), others to the 20th century (Soulac 1900), others focus on culture with concerts, poetry, theater, dance or circus performances (Les scenes d’ete en Gironde), one gives you the opportunity to run among the vineyards in strange costumes (The Medoc Marathon) etc. Everybody can find something to enjoy!
The Gironde area also boasts many delicious treats. It is the homeland of duck cuisine (magret, confit and foie gras), caneles and almond macarons (you will never find those in Paris!).

また、ジロンド県では一年中色々なイベントが開催されます。例えば中世時代の祭り(サン・マケール市の祭り)もあれば20世紀にタイムスリップできるお祭り(Soulac 1900)もあります。コンサート、詩の朗読会、演劇、サーカス、ダンスなど文化を中心としたイベント(Les scenes d’ete en Gironde)があり、仮装して葡萄畑を走るイベント(メドック・マラソン)もあります。必ず好みに合うイベントを見つけることができます!
最後に、美味しい名物がたくさんあります。ジロンド県はマグレ、コンフィ、フォアグラなどの鴨料理の発祥地であり、カヌレとアーモンドマカロン(パリで絶対買えません!)の生産地でもあります。

The food was then cooked so it was time to fry some French toast for dessert and enjoy our hard work! Everybody loved it, especially the lovely presentation of the vegetables – perfect when receiving friends for lunch or dinner at home.
Looking forward to meet everyone again next year!

講座が終わったら料理ができたのでデザートのためにフレンチトーストを焼いて、全員で楽しく食事をしました。肉詰めの野菜が人気でした。盛り付けがとても綺麗なので、家に友達が食事をしに来たら自慢して出せる料理にもなりますね!
来年に皆さんとまた会えるのを楽しみにしています!

Bon appetit! - いただきます!

Bon appetit! - いただきます!