Goodbye from Jake, CIR in Seika 精華町国際交流員ジェーク氏の退任の挨拶

Hey everyone!  I’m Jake, the CIR in Seika Town and this will be my final post on the Tabunka blog.

Jake last2Over the past two years I have met new people, tried new things and learned stuff about myself that I wouldn’t have if I had worked anywhere else.  I had a great time working in Seika and I am excited for the CIR who will be coming in August to take my place.

Seika is a beautiful town with warm, friendly people.  In the mornings when I walked to work, I would be greeted by all the little old ladies walking their dogs calling out “Good morning!” and in the evenings I would get a “Welcome home!” from the people tending their gardens and rice fields.  Sometimes, the kids from the nearby elementary school and junior high school would walk back with me or if they were feeling really brave try calling out to me in English.  It really made me feel like part of the community these past two years.

Jake last4Working as a CIR was also a wonderful experience and I had the opportunity to make some great friends and do some things that I never would have expected to do.  I remember barely even being there a month and been asked to visit Kameoka to dance in front of kids!  Every day I was doing something new and thanks to all of that I believe that I really grew as a person.

For the next couple of years, I plan to live here in Japan so I am sure I will be back to visit often, but even if I move away from Japan I know that I will always be able to come back to Seika!

Thanks for reading everyone! And make sure to watch for articles from my successor!

皆さん、こんにちは!精華町の国際交流員、ジェイクです。これは私の最後の投稿です。

Jake lastこの2年間、私は新しい人と出会って、やったことないことをいっぱいやってみて、そして他の職場だとわからなかったであろう自分のことについて分かりました。私は精華町で働くのをとても楽しんでいて、次の国際交流員のが精華町がその同じことを経験できるのをとても嬉しく思っています。

精華町はとても綺麗な町で、町民が暖かくて、優しい人です。毎朝、通勤している時に犬と散歩しているおばあちゃんたちに「おはようございます!」と声かけられて、夜に家に帰っている時に庭や田んぼで働いている人が「お帰り!」といつも言ってくれました。たまに近くの小学校と中学校に行っている子どもたちが一緒に歩いてくれて、勇気があれば頑張って英語でしゃべろうとしました。本当にこのコミュニティーの一員だと感じました。

Jake last3国際交流員として働くのもとてもいい経験で、いい友達もたくさんいっぱいできて、いつもやらないと思っていたことをいきなり仕事で体験しました。そうといえば任期の一カ月もたってなかった時に亀岡市に行って子どもの前で踊るイベントに参加したことを思い出します!毎日は新しいことをやっていたからそのおかげで本当に成長したと思います。

これからの数年間は日本で住むつもりからよく遊びにくるつもりですが、将来日本から離れることになってもいつでも精華町に戻ってくるでしょう!

今まで読んでくれてありがとうございます。また次の精華町の国際交流員の投稿を楽しみにしていてください。

Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

A Spring Dance Party – 親子deレッツ・ダンス~春のダンス・パーティ~

Hi guys! It’s Brian, the CIR of Kizugawa.
こんにちは!木津川市国際交流員(CIR)のブライアンです。

To enhance the international exchange of the three municipalities of Kansai Science City in Kyoto, Polly (Kyotanabe CIR), Jake (Seika CIR), and I hold 2 to 3 joint events together every year. And this time, we had a spring dance party.

京都府内の学研都市3市町の国際交流を深めるために、私と京田辺市CIRのポリー、精華町CIRのジェイクが年2~3回の共同イベントを開催しています。今回は「親子deレッツ・ダンス~春のダンスパーティ~」というテーマの交流イベントを行いました。

In recent years only few dance fads have made it to Japan. We wanted to share some of the popular dances in the US with the locals, and we asked our participants to come with their family to dance together at this event.

近年は日本で流行る海外のダンスが少ないため、アメリカでよく知られているダンスを日本のみなさんに紹介し、親子の参加者と一緒に踊りたいと思い、このテーマにしました。

Our Spring Dance Party took place on March 26. First we talked briefly about the dance culture in the US and the UK. There are school dances in both countries, and also people dance at weddings and other ceremonies. Then we started with the simple and old-school. We did the Macarena. It was easy so we played with the speed of the song and had all of us either rushing or in super slow-motion. The kids really liked it.

Macarena

Macarena

イベントは3月26日に開催しました。まずはアメリカやイギリスのダンス文化について話しました。アメリカやイギリスでは学校のダンスイベントがあることと、結婚式などでも踊ったりする習慣、イギリスの伝統的なダンスを紹介しました。トークの後で本題のダンスに移り、トップバッターとしてシンプルで一昔の「マカレナ」を踊りました。かなり簡単なダンスなので、スピードを上げたり下げたりしながら、子どもの参加者ははしゃいで楽しみました。

Next we introduced the Cha-cha Slide. After we went through the surprise moves like the Charlie Brown and Hands-On-Your-Knees, we had a great time doing the listen-and-move (watch-and-move for us at this event) number.

それから、アメリカでよく知られている「チャチャ・スライド」を紹介しました。「チャーリー・ブラウン」や「手をひざに」などのサプライズの振り付けもありますので、それを一つ一つ説明した後、みなさんは上手にできました。

Body Transformers

Body Transformers ボディ・トランスフォーマー

We then played Body Transformers, which is simply team charades. We challenged the participating families with difficult questions such as conveyor belt sushi and electric fan. We were very impressed with the creativity we saw, and had a good time joining the children in charades.

少し休憩の後に、「ボディ・トランスフォーマー」というチームでパントマイムをするゲームで遊びました。参加者の家族に「回転寿司」や「扇風機」といったグループのパントマイムで表現しにくい質問を出しましたが、参加者のみなさんが一生懸命に考えてくれて、クリエーティブで面白い表現のしかたに感動しました。

We finished the event with Watch Me, the song and accompanying dance that went viral in 2015. The moves were confusing at first. After a couple of rounds, everybody was doing the whip, the nae-nae, and the stanky leg perfectly.

最後に2015年にアメリカで大ブレイクした「ウォッチ・ミー」を踊りました。全部の振りを覚えてもらうまで少し時間がかかりましたが、何回か練習したら、最後全員で「ウィップ」、「ネーネー」、「スタンキー・レッグ」などを完璧にできました。

Brian dance (3)As our last 3-municipality joint event, I had a great time. Dance is a way of expression, and has long been a tool of social exchange. Plus, it is a lot of fun! With the popularity of SNS such as Youtube and Twitter, hopefully more fun dances will emerge around the world. I hope I can see you on the dance floor someday!

ポリーとジェイク、私3人の最後の共同イベントとなりましたが、楽しくてしようがなかったです。ダンスは感情表現の方法の一つであり、人との交流の手段でもあります。そして、ダンスを踊るのは楽しいです。これからもYoutubeやTwitterなどのSNSの力で、世界各地から新しいダンスを期待しています。

それでは、いつかダンスフロアに会えますように!レッツ・ダンス!

Kyoto CIRs participated in the Gion Festival! 京都府の国際交流員が祇園祭に参加した!

 

IMG_0363Gion MatsuriOn July 17th, 4 CIRs of Kyoto Prefecture (Mark at Kyoto Prefectural Office, Jake in Seika Town, Brian in Kizugawa and Eric in Kameoka) participated in the Gion Festival and pulled one of the big float, the Houka Hoko.
In spite of the typhoon and heavy rain, all of them had the brighest smiles during the day, and were delighted to have been able to participate in such a major festival, as well as being able to experience first-hand Japanese culture and traditions.

Gion Matsuri7月17日(金)に京都府国際交流員の4名(府国際課のマーク、精華町のジェーク、木津川市のブライアン、亀岡市のエリック)が祇園祭に参加して、放火鉾を引きました。
台風と大雨にもかかわらず、笑顔で引きました。
日本三大の祭りに参加して、日本文化と習慣を身近で経験できて、とても喜んでいました。

 

Mark (CIR in Kyoto Prefectural Office, from Scotland)
マークより (スコットランド出身、京都府国際課CIR)

Gion MatsuriHi everyone, Mark here!
I had the pleasure, and privilege, of taking part in the first of the two parades of the Gion Festival (the saki-matsuri, 前祭) on the 17th July, along with Jake, Brian, and Eric. Although there were worries that the typhoon would scupper the plans, we all got up bright and early anyway to head over and get ready. Ultimately we got the green-light to go ahead, so after getting dressed into our outfits, donning the hats, and taking pictures, we joined the 50-strong team to heave the Houkahoko through the wind and rain.

I’m actually very glad for the rain as it kept us cool throughout the day, and although it was a little tough at times, I think I would have struggled more in the blazing heat of a sunny summer’s day!

I had a really great time, especially along Oike-dori and Shinmachi-dori when everyone was cheering us on and shouting words of encouragement, despite the bad weather. Hearing and seeing them cheer us on really gave me the extra energy I needed towards the end to finish the day. I am also happy to have finally experienced first-hand Kyoto’s pre-eminent festival and feel more attached to the city.

I’m very grateful to KPIC for organising it, and perhaps we can take part again next year!

Gion Matsuri皆さん、こんにちは!マークです~

今回、祇園祭の前祭山鉾巡行に参加できる、とても貴重な機会をいただきました。7月17日、ジェイク、ブライアンとエリックと一緒に参加することができました。西日本に上陸した台風のせいで中止になる恐れがあったにも関わらず、皆が早朝に起きて集合場所に移動しました。最終的に行うことになって、皆が衣装を着たり、帽子をかぶったり、写真を撮ったりした後、他の50人ぐらいのチームと一緒に放下鉾を雨と強い風の中で引っ張り始めました。

実は、その雨天がよかったのです。風雨のため、結構涼しくて、少し大変でも頑張れました。しかし、真夏日の猛烈な日差しであれば、もっとしんどかったと思います!

この1日が非常に楽しかったです。特に御池通と新町通を通ってたとき、観客の応援がすごい力になりました!雨の中でも見てくれたり、応援してくれたりしていて、最後まで頑張れるエネルギーになりました。また、やっと京都最大のお祭りに参加できて、京都との関係が深まってきたと思います。

国際センターの主催で、とても感謝したいと思います。また来年も参加できるかもしれません!

Jake (CIR in Seika Town, from America)
ジェークより (精華町CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriGion Masturi was a lot of fun! The Hoko cart was surprisingly heavy though, so I am happy it rained. If I had to pull it when it was sunny out, it would have been really tough. It was also nice to see all the spectators cheering us on. Thanks to them pulling the Hoko didn’t feel so tiring. I think it was a good experience and I would love to be able to do it again if I have the chance.

Gion Matsuri祇園祭りはとても楽しかったです。鉾は思ったより重かったから雨降ってよかったと思います。晴れている日に鉾を引いていたらもっと難しかったかもしれません。また、観察者が応援してくれて、嬉しかったです。おかげ様で鉾を引いてもそんなに疲れなかったです。とてもいい経験だったと思います。機会があればまた参加したいと思います。

 

Brian (CIR in Kizugawa, from America)
ブライアン (木津川市CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriIMG_0427It was an honor to participate in Gion Festival, one of the three representative festivals of Japan. I have been to the Gion Festival while I was studying abroad in Kyoto, but never have I imagined myself actually being a part of the festival and pulling the floats. The volunteers, the locals, the visitors, the community came together for the millennium-old tradition. Although we were all soaked by the downpour, it didn’t take away our passion. It was a great experience.

日本三大祭りの祇園祭に参加する機会を恵まれて大変光栄です。京都で留学している間、祇園祭を見に行ったことありますが、鉾を曳くその一員になるとは想像もしなかった。千年以上の歴史がある祇園祭で、ボランティアと地元の方、観光客、一つになって、コミュニティのつながりと絆を体験することができました。大雨でビショビショになりましたが、みんなの情熱が流されなかったです。非常に良い経験でした。

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float! エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えました!

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float!
エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えられました!

4th of July – 7月4日 アメリカ独立記念日

Hey everyone! Jake here from Seika.
It is July now and in the United States, everyone looks forward to celebrating the Independence Day on the 4th of July. Most people know that the 4th of July is a huge celebration, but I wanted to share with you all a little bit about how we celebrate the 4th of July.

皆さん、こんにちは。精華町の国際交流員、ジェイクです。
7月になりましたね。この時期になるとアメリカではみんなは7月4日の独立記念日を楽しみにしています。皆さんはこの日にお祭りが行われることぐらいはご存じかもしれませんが、祝い方を詳しく紹介したいと思います。

Many books and calendars use the words “Independence Day”, but most Americans just say “4th of July” when talking about the holiday. Everyone has their own unique ways of celebrating the 4th of July, but there are a few activities and customs that most Americans have in common.

本やカレンダーなどには「独立記念日」という書き方が多いですが、アメリカ人は、休日の名前について話す時に「7月4日」と呼びます。アメリカ人の皆さんはそれぞれの独特な祝い方がありますが、全員に共通する習慣や活動はいくつかあります。

4th JulyThe first thing is to watch fireworks. Americans always look forward to seeing fireworks on the 4th of July. Of course there are other opportunities to watch fireworks, but the best fireworks presentations are always thought to be on the 4th of July. Every year, cities try and add more and more fireworks to impress their citizens. There are many different shapes, sizes and colors, but the best ones are always red, white and blue.

一つの習慣は花火を見ることです。アメリカ人はいつも7月4日の花火を見るのを楽しみにします。もちろん、他の花火を見る機会はあるけど一番いい花火のプレゼンテーションは7月4日だと思われています。 市町村は、住民に印象を残すため、毎年前の年よりもっといい花火を作ろうとします。 たくさん形、サイズと色はありますが一番いいのは赤・白・青色の花火です。

We also wear red, white and blue clothing on the 4th of July. Most people wear T-shirts with the American flag on them or a red, white and blue shirt, but some people make their entire outfit red, white and blue. Other people make special costumes in red, white and blue. The reason we dress like that is to show pride for our country.

そして、アメリカ人は7月4日に必ず赤・白・青の服を着ます。アメリカの旗が付けられているTシャツや赤・白・青色のTシャツを着る人が一番多いけど、服を全部赤・白・青にする人もいます。そして、特別な赤・白・青の仮装を着る人もいます。 このような服を着る理由は、アメリカに対しての誇りを表すためです。

7529111136_bf70304906_zSince we usually spend time outside on the 4th of July, most Americans either have a picnic or barbeque to enjoy the nice summer weather. We usually eat hotdogs, hamburgers and other types of grilled food as the main dish. On the side, we might have green beans, potato salad or some kind of casserole. We also enjoy eating watermelon on the 4th of July because it is cool and refreshing after playing out in the sun all day.

普通では、アメリカ人は7月4日に外で過ごしており、大勢の人はピクニックかバベキューをします。主菜は基本的にホットドグやハンバーガーなどグリルで焼ける食べ物です。そして副菜はグリーンビーンズやポテトサラダ、キャセロールなどのものです。スイカも7月4日によく食べます。太陽の下でたくさん遊んだ後にスイカを食べると涼しいです。

There are many more ways that I could talk about how we celebrate the 4th of July in the United States, but I couldn’t possibly share them all in one blog post. Did you all learn anything new about how we celebrate the 4th of July in the United States? Thanks for reading!

これ以外にも7月4日を祝う方法はたくさんあってここで全部を紹介することは残念だけどできません。 アメリカの7月4日の祝い方について新しい発見がありましたか。 読んでくれてありがとうございました!

Easter Party ― イースターパーティー

Hey everyone! Jake from Seika here.

Easter event2On April 5th, Polly, Brian and I planned an Easter Party at the Mukunoki Center in Seika. We started our party with a Team Easter Egg hunt. Each egg had a challenge inside that the children had to complete before moving on to get the next egg. The difficulty of the challenge depended on the color of the egg, and harder challenges received more points than easier challenges. Some eggs had tasks that required a physical challenge, while others asked various questions about Easter. If a team could not complete a challenge they did not get the points from the egg. At the end we handed out candy based on how many points each team got, but all teams got candy so don’t worry.

皆さん、こんにちは。精華町のジェイクです。

Easter event34月5日(日)に私とポリーとブライアンが企画したイースターパーティー(復活祭)をむくのきセンターで行いました。パーティーはのたまご探しゲームで始まりました。各たまごの中に子どもが完成しないといけないチャレンジが入っていました。チャレンジの難しさはたまごの色によって、難しいチャレンジのほうが簡単なチャレンジよりポイントを与えました。体力に関わるものや、イースターについての質問型のものもありました。もしチームがチャレンジを完成できなかったら、ポイントをもらえませんでした。最後に子どもたちが得たポイントに応じキャンディーを配りましたが、全員がキャンディーをもらったので安心してください。

Easter eventAfter the Easter Egg hunt we learned a dance called the Bunny Hop where kids stood in 5 lines and followed set of hopping dance moves to music, competing to see which line could make it across the room faster. When the dancing was done, we played a game where kids passed the egg in a circle and when the music stopped, the last person holding the egg was out. Then we ran a race were the kids had to blow an Easter egg across the floor without using their hands. For each game we passed out candy as well!

たまご探しが終わったら、子どもが5列になって一緒に踊りながら部屋の向こうまで速さを競争する「バニー・ホップ」というダンスを体験しました。その後、音楽が流れている間たまごを人から人に回して、音楽が止まったら持っている人がアウトになるというなゲームで遊びました。そして、手を使わずたまごを吹いて前に進ませる競走もしました。各ゲームでキャンディーを配りました!

I had a great time playing games with all the kids and teaching them a bit about one of the holidays I remember from my childhood. All of the kids seemed to have a lot of fun and it was amazing how much they remembered from our presentation at the beginning. I am excited to invite them all back again in the fall for our next event!

子どもとゲームで遊んだりイースターの伝統について習ったりするのがとても楽しかったです。子供達も喜んでいるみたいでしたが私達が最初に話したイースターの説明を覚えているなんて本当にすごいと思いました。また秋のイベントにも皆さんを誘いたいですね。

 

Easter event4Hey it’s Brian from Kizugawa City. The CIR collaboration event was a lot of fun this time as well! Being one of the most celebrated holidays in the US, Easter is still not that well-known in Japan. I was glad that we had the chance to introduce it to more people, while having a blast celebrating with the kids through dance and games. Join us at our next event! It will be a lot of fun.

木津川市のブライアンです。今回の3市町CIR共同イベントもとても楽しかったです!日本ではイースターを知っている人がまだ少ないかもしれませんが、アメリカでは盛大に祝われる行事の一つで、参加者のみなさんに紹介できてよかったと思います。そして、子どもたちとゲームやダンスなどを通じて楽しくイースターを祝うことができました。今度の3市町CIR共同イベントも楽しみにしておいてくださいね!

精華町で国際交流サロン① – International Exchange Salon in Seika

Hi everyone! It’s me, Jake from Seika Town Office. Today, I would like to share my experience hosting my first International Exchange Salon, which took place last December.

皆さん、こんにちは!精華町役場の国際交流員、ジェークです。今日は、私が12月に行った国際交流サロンについてご紹介したいと思います。

International Exchange Salon 1 (Jake)My background is in Mechanical Engineering, so when I decided to host my first salon, it made sense to do it on a topic related to technology. This time, my salon was about American vehicles like cars, trains, buses and airplanes. A total of 7 people came, which was perfect because we were able to discuss the information rather than just lecture.

私の大学での専攻は機械工学でしたので初めてのサロンを行うと決めた時に「技術」をテーマにするのは自然なことでした。今回のテーマは、電車、バス、飛行機など、乗り物にしました。講座より会話や意見交換を大事にしたいとおもっていましたので7人の参加者はちょうどいい人数でした。

I started off with a brief introduction to vehicles in the United States, mostly talking about famous ones that many people know such as the Wright Brothers airplanes and the Ford Mustang. After that I covered a variety of new technologies being produced in the United States such as electric cars, bullet trains and airplanes. I even got to talk about rockets and drones for a bit.

初めはアメリカの乗り物を簡単に紹介し、主にライト兄弟の飛行機とかフォードマスタングとかの有名な乗り物の話をしました。その後、アメリカの様々な最先端技術について発表して電気自動車、新幹線、飛行機などについて話しました。ロケットやドローンの技術や使用の話も触れました。

Many of the participants were somewhat familiar with the technology that I introduced and some of them were even more knowledgeable than I was! We discussed the technology behind the Shinkansen thoroughly and I learned a few things as well. There were also many good questions about the information and it seemed that everyone enjoyed the topic.

多くの参加者は、私が紹介した技術について聞いたことがあるようで、私より詳しい人もいました!新幹線の技術のことを特に深く話して、私も色々勉強になりました。参加者がテーマにとても興味あったようで、質問もたくさんいただきました。

My next International Exchange Salon will be in February on the 26th. February’s topic will be about the production of energy in the United States. I will post again after that to let you know how it went!

次回の国際交流サロンは、2月26日に行います。テーマは、「アメリカでのエネルギー業界」についてです。また皆さんにご報告します!

Field Trip in Seika 2014 – フィールドトリップin精華町2014年

Hi everyone! It is me, Jake, from Seika Town office!
Today I am going to talk about the field trip that Alice and I did in Seika in November. Seika is the center of the Kansai Science City, so it is home to many research facilities, factories and educational institutions. For this field trip, we invited foreign residents from countries all over the world to come take part in the Information Communication Fair, explore Keihanna Memorial Park and learn to make dried persimmons and onigiri at a potluck party with Seika residents.

皆さん、こんにちは!精華町役場のジェークです!
今日は、11月に京都府国際センターの国際交流員のアリスと一緒に行ったフィールドトリップについて話したいと思います。精華町は、関西文化学術研究都市の中心なのでたくさんの研究所、工場や教育機関などがあります。今回のフィールドトリップには、世界のそれぞれの国から来た外国の住民を誘って情報通信フェアに参加し、けいはんな記念公園を回り、精華町の住民と一緒に夕食交流会をしながら干し柿やおにぎりを作ったりしました。

At the Communication Fair, having fun with robots 情報フェアでロボットと遊ぶ

At the Communication Fair, having fun with robots
情報フェアでロボットと遊ぶ

On the morning of the field trip, the group gathered at Kyoto Station and took a bus to Keihanna Plaza for the first part of the event, the Information Communication Fair. Participants walked around the fair and conversed with the representatives of the various companies learning about the new technology that each company is developing. For difficult topics, volunteers from Seika Global Network, Seika’s volunteer international exchange group assisted with interpretation. Afterwards, the participants had lunch at “La Seine” in the Keihanna Plaza building.

朝、参加者が京都駅に集合して、バスに乗って精華町のけいはんなプラザに向かいました。けいはんなプラザで情報通信フェアを歩き回って様々な企業の代表と、開発している最先端技術について話しました。難しい話の時は、精華町のボランティア国際交流グループ、せいかグローバルネットからの通訳者が手伝ってくれました。その後、けいはんなプラザのレストラン、「ラ・セーヌ」で昼御飯を食べました。

Autumn leaves in Keihanna Park 記念公園の紅葉

Autumn leaves in Keihanna Park
記念公園の紅葉

After finishing lunch and spending a bit more time walking around the booths, the field trip moved to the Keihanna Memorial Park where participants enjoyed a bit of nature, fed the koi fish and took pictures of the park. Fall had just started, so only a few trees had turned red, but walking around the park helped everyone get to know each other better so it was still very fun.

ご飯を食べてからもう少しフェアのブースを歩き回って、その後けいはんな記念公園に移動しました。そこでは参加者が自然を楽しんで、鯉に餌をあげたり、公園の写真をたくさん撮ったりしました。秋が始まったばかりなので赤くなった木が少なかったですが、公園を回りながら皆さんが仲良くなる機会になったのでとても楽しかったです。

Finally, in the evening we met up with residents of Seika to learn about making Onigiri and dried persimmons. There was also a small potluck party where participants had the opportunity to try daikon radish and curry rice, as well as cakes made with Japanese sweet potatoes. Many of the participants said it was their favorite part because they had a chance to actually talk to the people living in Seika.

Seika 14

最後に精華町の住民と一緒におにぎりや干し柿の作り方を学びました。そして、夕食交流会を開き、参加者が大根、カレーライスやサツマイモのケーキなどを食べました。これが一番楽しかったという参加者の声が多かったです。なぜかというと精華町の住民と一緒に会話することがとても良かったからです。

Cooking sweet potato cakes サツマイモのケーキを作る

Cooking sweet potato cakes
サツマイモのケーキを作る

At the end of the event, the participants loaded up on a bus and headed back to Kyoto station. Everyone got to bring the dried persimmons they made home with them as well. It was a long day, but I think that everyone enjoyed themselves and had the opportunity to learn a little bit about Seika.

イベントが終わってから参加者はまたバスに乗って京都駅に帰りました。そして干し柿を作った人は自分の家に持って帰りました。長い1日でしたが、皆さんが少し精華町のことについて学んで、楽しめたと思います。

If you have a chance, stop by and visit Seika!

機会があったらぜひ精華町にきてみてください!

Homecoming – ホームカミング

Hey everyone! It’s me, Jake, from Seika Town Hall. I just wanted to share with you a small part of American culture. Every year around this time, many universities and high schools host an event called “Homecoming” which is a way of welcoming back alumni to visit the campus and enjoy some events.

皆さん、こんにちは!精華町役場のジェークです。今日は、アメリカの文化を一つ紹介したいと思います。毎年、この頃に「ホームカミング」というイベントが大学と高校に行われています。目的は、卒業生が学校を見に来たりイベントを楽しんだりするためのことです。

Homecoming usually lasts about one week. During the week, students and alumni wear T shirts bearing their school color every day. Between Monday and Thursday, there are various games and contests, and Friday is like a festival where people eat food from food carts and walk around campus. Finally, on Saturday morning there is a parade and in the evening a football game. It would be sad if your team lost on homecoming, so many schools choose a weak team for the game.

「ホームカミング」はだいたい一週間の程度で行われます。その間、卒業生と在学生は毎日学校の色のTシャツを着ます。月曜日から木曜日はキャンパスでゲームをやコンテストをすることが多く、金曜日は祭りのように参加者は屋台で買った食べ物を食べながらキャンパスを歩き回ります。最後に土曜日の朝はパレードで、よるはアメフトの試合です。「ホームカミング」の試合で自分のチームが負けたら残念だからあまり強くないチームを相手として選ぶのが多いです。

Homecoming (2)Every school has their own customs. My school dyes the fountain in front of the library orange every year to match our school colors. Also, clubs and circles build big signs called “Decks” out of paper and compete with each other to see who has the most interesting deck. Every day is lively and fun.

「ホームカミング」は学校によって様々な習慣があります。私の学校の色はオレンジなので図書館の前にある噴水の水は食紅でオレンジに染められました。後はクラブやサークルが大きな「デック」という看板を紙で作って一番面白い「デック」を競い合います。毎日が賑やかでとても楽しい一週間です。

Homecoming (1)Before the football game, fans of both teams set up tents and sit in the back of trucks eating hamburgers and drinking beer while waiting for the game to start. In general bringing alcohol on campus is not allowed, but game days are a special exception. This event is called “Tailgating.”

アメフトの試合の前、同チームのファンがスタジアムの前にテントを建ててトラックの後ろに座って待ちながらビールを飲んだりハンバーガを食べたりします。基本的にキャンパスにはお酒を持ってはいけませんが試合の日だけが特別な例外です。このようなことは「テールゲーティング」と呼ばれています。

Homecoming (2)Once the game has started, all fans enter the stadium. At Oklahoma State University, there are a lot of fans and they all wear orange so it looks like the inside of the stadium is dyed orange. This is called the “Sea of Orange.” All the fans stand together singing and shouting to support their team. It’s gives off a very exciting atmosphere.

アメフトの試合が始まってから全ファンがスタジアムに入ります。オクラホマ州立大学のファンが多くて全員がオレンジシャツを着ているのでスタジアムの中がオレンジに染まっているように見えます。これは「オレンジの海」と呼ばれています。一緒に立ちながらファンが歌ったり叫んだりしてチームを応援します。とてもハイテンションの雰囲気です。

Homecoming (1)In the future, if you have an opportunity to go to the United States, Homecoming is not limited to just alumni and students, anyone can go, so please check it out! It will definitely be fun!

将来、アメリカに行く機会があれば「ホームカーミング」は出身者や生徒に限らなくて誰でも参加できますのでぜひ行ってみてください!きっと楽しいですよ!

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014年

International Cooperation Station 2014 – 国際協力ステーション2014
Intercultural Communication Workshop by the CIRs of Kyoto Prefecture
京都府国際交流員による異文化コミュニケーションのワークショップを実施

Alice from KPIC here.
On September 13th and 14th, the International Cooperation Station was held on the 2nd and 9th floor of Kyoto Station.

Goods on sale グッズの販売

Goods on sale
グッズの販売

The 14th edition of this event was held during a beautiful autumn weekend in September at Kyoto station. Shedding light on social contribution activities at an international level with a focus on international cooperation, we choose to broaden the event to multiculturalism this year, with one organization representing Japanese language classes’ network in Kyoto Prefecture, and another one active in the field of supporting non-Japanese mothers in Japan among others. In total we had 19 organizations participating in this event.

On the 2nd floor, booths with picture and panel exhibitions were set up and local craft goods were on sale in an open space.

On the 9th floor at the Center, we had various activities going on: café corner with fair trade drinks, craft workshops where one could make foreign accessories and toys, an international cooperation consultation corner with specialists, as well as lectures on a broad range of topics.

国際センターのアリスです。
Station 149月の秋晴れの中、京都駅ビルで、国際的な分野の社会貢献活動のイベントを開催しました。
14回目の開催となる今回のイベントでは、国際協力に加え、初めて多文化共生にテーマを広げ、日本語教室のネットワークグループや、日本国内で子育て中の外国人女性支援を行う団体等、19の団体が参加し、活動の魅力を伝えました。

2階では、駅を利用する多くの人が行きかうオープンスペースで団体がブースを出展し、写真パネル展示や、民芸品の販売などを行いました。9階の京都府国際センター内では、京都市を一望できる会場でフェアトレードの飲み物を楽しんでいただけるカフェコーナーのほか、海外のアクセサリーやおもちゃ等の小物作り体験、活動について専門家に相談できるコーナー、様々なテーマの講演会などを行いました。

On the 14th, I organized an intercultural communication workshop called “Barnga” with 3 other Kyoto CIRs: Brian (Kizugawa), Jake (Seika) and Eric (Kameoka).

Station 14In this workshop, participants experience the shock of realizing that despite many similarities, people of differing cultures perceive things differently or play by different rules. They learn that they must understand and reconcile these differences if they want to function effectively in a cross-cultural group.

2日目の14日に「バーンガ」という異文化コミュニケーションのワークショップを京都府国際交流員の3人(木津川市のブライアン、精華町のジェイク、亀岡市のエリック)と実施しました。
このワークショップでは人々が同じようにみえるものの、異文化のそれぞれの感覚や原則に従い、行動が違うことを体験できます。参加者はこの違いを理解し、和解しない限り、多文化的なグループや社会の中でうまく行動できないことを勉強します。

After the workshop we had a debriefing with everyone, and then had participants discuss into groups what they learned from the workshop and the talk afterwards. They then presented what they will be paying attention to and working for when dealing with different cultures (be it foreign cultures or different values shared by people of the same Japanese culture).

ワークショップの後、参加者と振り返りをしてからグループでゲームや振り返りの中で気づいたこと、勉強したことについて話合いました。その後、異文化と触れ合う時に意識すべき点や目指すことについてグループで発表して貰いました。
「異文化」というのはただ外国の文化だけではなく、同じ日本文化を持つ人々のそれぞれの価値観の違いも指しています。

Station 14I love this workshop because anybody can participate and gain something from it.
For people who have usually no interaction with foreign cultures, they can gain their first insight into multicultural society and communication, and use that knowledge when interacting with other people sharing the same culture and nationality but with different values.

For people having lived abroad or used to deal with foreign cultures, it allows them to become aware of their unconscious feelings and natural reactions when confronted to cultural clashes, because of the casual nature of the workshop (game) removing cultural and moral barriers and enabling people to be their real self.

誰でも参加することができ、誰でも何かを得ることができるのでこのワークショップが大好きです。

Station 14異文化と触れ合う機会の少ない人の場合、異文化社会とそこにおけるコミュニケーションを初めて体験でき、同じ文化と国籍なのに違う価値観を持つ日本人と触れ合う時にもこの知識を活かすことができます。

海外に住んだ経験のある、あるいは異文化と触れ合う機会が多い人の場合、文化衝突に対する自分の無意識な気持ちや反応を知ることができます。ワークショップがゲームの形なので社会的や文化的なバリアもなく、気軽に参加し、本音が出ることもとても勉強になると思います。

People were thrilled at the end and some even wanted to hold this workshop at their workplace. I will try to hold it again!

ワークショップ終了後、参加者から満足の声が多く、職場でもこのワークショップを実施したいと言う人もいました。また色々な場所で行うことができれば嬉しいです!

From Brian, the CIR in Kizugawa – ブライアン(木津川市の国際交流員)から:

With Barnga, we had our participants experience the many emotions that come with language and cultural barrier. Being the first time for me to participant in a game type event, I was worried at first whether it would resonate with the participants. However, I was more than happy to see participants actively sharing their feelings throughout the game and hear the rules of intercultural communication they came up with after experiencing Barnga. It was a great success!

バーンガに通じて、参加者のみなさんに文化・言葉の壁を体験していただいました。このようなゲーム型のイベントは初めてでしたので、参加者の反応はどうか正直心配しました。しかし、ディスカッションの時間に、参加者のみなさんは積極的に自分の思いを話し合って、各チームが考案した「自分の異文化交流のルール」をシェアしていただいて、すごく感動しました。大変有意義なイベントになったと思います。

From Jake, the CIR in Seika - ジェーク(精華町の国際交流員)から:

Station 14Barnga was a lot of fun! I was a bit surprised, but every table seemed to have their own way of solving problems, almost like a real country. For example, one table followed the rules of the eldest person, no matter what. Another table mixed the rules of the remaining players and the new players in order to continue playing. There were a lot of different reactions so it turned out really well. I got to talk with some of the participants afterwards and it seemed like everyone really got a good grasp of what multiculturalism. Even though I was staff, it was a valuable lesson for me as well.

バルンガは楽しかったですね。驚きましたが、各グループはまるで本物の国のように自分の解決方法がありました。例えば、一つのグループは何があっても一番年上の方のルールに従いました。他のグループは、残っている人と新しい人のルールを混ざってゲームを続けました。様々な反応があってとても良かったです。私は最後に少しだけ参加者と話せましたが、皆さんは本当に多文化共生を理解してくださったようです。スタッフとして参加しながら私にも勉強になりました。