Goodbye from Jake, CIR in Seika 精華町国際交流員ジェーク氏の退任の挨拶

Hey everyone!  I’m Jake, the CIR in Seika Town and this will be my final post on the Tabunka blog.

Jake last2Over the past two years I have met new people, tried new things and learned stuff about myself that I wouldn’t have if I had worked anywhere else.  I had a great time working in Seika and I am excited for the CIR who will be coming in August to take my place.

Seika is a beautiful town with warm, friendly people.  In the mornings when I walked to work, I would be greeted by all the little old ladies walking their dogs calling out “Good morning!” and in the evenings I would get a “Welcome home!” from the people tending their gardens and rice fields.  Sometimes, the kids from the nearby elementary school and junior high school would walk back with me or if they were feeling really brave try calling out to me in English.  It really made me feel like part of the community these past two years.

Jake last4Working as a CIR was also a wonderful experience and I had the opportunity to make some great friends and do some things that I never would have expected to do.  I remember barely even being there a month and been asked to visit Kameoka to dance in front of kids!  Every day I was doing something new and thanks to all of that I believe that I really grew as a person.

For the next couple of years, I plan to live here in Japan so I am sure I will be back to visit often, but even if I move away from Japan I know that I will always be able to come back to Seika!

Thanks for reading everyone! And make sure to watch for articles from my successor!

皆さん、こんにちは!精華町の国際交流員、ジェイクです。これは私の最後の投稿です。

Jake lastこの2年間、私は新しい人と出会って、やったことないことをいっぱいやってみて、そして他の職場だとわからなかったであろう自分のことについて分かりました。私は精華町で働くのをとても楽しんでいて、次の国際交流員のが精華町がその同じことを経験できるのをとても嬉しく思っています。

精華町はとても綺麗な町で、町民が暖かくて、優しい人です。毎朝、通勤している時に犬と散歩しているおばあちゃんたちに「おはようございます!」と声かけられて、夜に家に帰っている時に庭や田んぼで働いている人が「お帰り!」といつも言ってくれました。たまに近くの小学校と中学校に行っている子どもたちが一緒に歩いてくれて、勇気があれば頑張って英語でしゃべろうとしました。本当にこのコミュニティーの一員だと感じました。

Jake last3国際交流員として働くのもとてもいい経験で、いい友達もたくさんいっぱいできて、いつもやらないと思っていたことをいきなり仕事で体験しました。そうといえば任期の一カ月もたってなかった時に亀岡市に行って子どもの前で踊るイベントに参加したことを思い出します!毎日は新しいことをやっていたからそのおかげで本当に成長したと思います。

これからの数年間は日本で住むつもりからよく遊びにくるつもりですが、将来日本から離れることになってもいつでも精華町に戻ってくるでしょう!

今まで読んでくれてありがとうございます。また次の精華町の国際交流員の投稿を楽しみにしていてください。

Advertisements

Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!