Starting 2016: thoughts from the Miyazu CIR – 2016年を迎える:宮津市国際交流員から

Hi everyone! It’s Jessica, the CIR in Miyazu.
皆さん、こんにちは!宮津市国際交流員のジェシカです。

Starting in January, we started a new English conversation group called “Miyazu English Corner” in Miyazu. We host it every Wednesday through Friday and Sundays 2-4 pm. Starting in April we are planning to cancel Sundays. People of the community interested in English who are available between the hours of 2-4 come and try their bests to have simple English conversations with a native speaker. Miyazu’s ALTs also participate when their schedules allow.

Since the group is held in the afternoon participants consist mainly of housewives and elderly retired people. Levels range from people who can have somewhat smooth daily conversations to people who have trouble introducing themselves.

My future goals are to start new activities focused on conveying culture rather than teaching English. Starting next month in March I will be giving lectures once a month about American culture. I always want to work to further establish the duties of the CIR position in Miyazu and try to make it separate from those of the ALTs which I have yet been able to do. I also want to be more conscientious in leaving data and records for the next CIR.

Jessica new year2016年の1月をもって「英語交流広場」という英会話イベントを開設しました。毎週の水・木・金・日の14時から16時まで開設しています。4月以降は日曜日をなしにし平日だけとする予定です。英語に関心があり指定された時間帯に参加できる方を対象にしています。町の英語指導助手にも空いているときに参加していただき、なるべく日本語のない環境を作り市民の方々と簡単な英語でコミュニケーションを取り、参加者の英語力の向上を図っています。

時間帯は昼間だから仕事中だったり授業中だったり参加できる人の範囲は限られています。専業主婦と退職した年配の方が大半を占めています。人によって能力にもかなりの差があって自己紹介でも苦労する方と日常会話を割とスムーズにこなせる方と様々なレベルの方から参加をいただいています。

今後の目標は英語教育を中心とするイベントと活動ではなく、文化を伝えたりするイベントを新しく始めたいと思っています。また来月(3月)から月一回のアメリカ文化講座という名で講演会を行うことになりました。ほかに、宮津市の国際交流員の業務や仕事の内容をもっとはっきりさせ、道をつけていきたいです。何よりも、国際交流員は英語指導助手とは職種が違うということを同僚や関係者に納得してもらい、その認識を広めていきたいです。ここは一番難しいところで未だに納得してもらえずに苦戦しています。この間参加させていただいた近畿地方のCIRの研修会で後任者のことを考えてできるだけデータや記録を残そうとしている方の話を沢山聞かせていただき、私もデータや記録を残そうと努力したいと思いました。

Advertisements

Visit to Joyo High School – 京都府立城陽高校への訪問

On October 28th, Mark, the CIR at Kyoto Prefectural Office and Alice, the CIR at Kyoto Prefectural International Center went to Joyo High School for an afternoon of games, cultural exchange and English language practice.

10月28日に京都府国際課のマーク国際交流員と京都府国際センターのアリス国際交流員が城陽高校を訪問し、学生とゲームや文化交流や英語の練習をしました。

A word from Mark – マークからの一言

Mark's kilt was very popular マークのキルトがとても人気でした

Mark’s kilt was very popular
マークのキルトがとても人気でした

Going to the high school in Joyo was really good fun for me. Although my group were a little shy and uncertain of their English abilities, they soon opened up and really made efforts to listen and say as much as they could. I was very strict with speaking only English, and I could tell that they were getting used to listening and understanding things that I was saying. They seemed very interested in the story of my kilt, clan tartans, and how I linked it all with McDonald’s. Ultimately we had a lot of fun playing games and speaking about various things together, and I hope that our talk and the photos we took together of me in my kilt and traditional outfit will be a fond memory for them. Eigo ganbatte kudasai!

Joyo HS城陽市にある高校に行くのはとても楽しかったです。僕のグループが最初に英語能力に自信がなくて恥ずかしかったのに、すぐ明るくなって、頑張って英語で話したり聞いたりすることに力を入れてくれました。僕は結構厳しくて、英語だけにしていたけど、聞けば聞くほどだんだん理解できるようになったようです。着ていたキルト、家門のタータンやマクドナルドとの関係について興味を持ってくれました。一緒にゲームしたり、いろいろなことについて喋ったり、僕とキルトと写真を撮ったりすることは楽しい思い出になったらと思います。英語頑張って下さい!

A word from Alice - アリスからの一言

Joyo HSThe students in my group welcomed me with a sign in French saying “Welcome to Joyo High School” and they were really cheerful about everything.
We played a game to break the ice at first, and then I introduced various things about France and my hometown in a casual way. Even though they were anxious about speaking English, we were able to discuss various topics including life in France, customs but also life in Japanese high school.
None of them had been to France, but they looked so happy to learn many things about my country. I hope it sparked an interest and that they will be interested in foreign languages and French in the future!

Joyo HS私のグループにいた学生がフランス語で「城陽高校へようそこ」と書いた看板で歓迎され、とても嬉しかったです。何でも笑って、とても元気でした。
最初はゲームをしてから、カジュアルな会話をしながらフランスや出身地についてたくさん紹介しました。学生は英語で話すことが不安でしたが、フランスの日常、文化習慣、日本の高校生活など、たくさんの話題について話せました。
皆さんはフランスにいたことがありませんでしたが、フランスについて色々知って嬉しそうでした。興味を持ってもらい、将来は外国語とフランス語を勉強したら嬉しいです!

亀岡市でのサマーキッズプログラム – Summer Kids in Kameoka

亀岡市のエリックです。
8月18日(月)に、ガレリアかめおかで子どもたちが外国人と遊びを楽しむイベント「サマー・キッズ・プログラム」を開催しました。京都府の国際交流員に招かれて、ヒップホップダンス、フレンチ・コーヒー・ショップ、マカレナなどいろいろな外国のゲームやダンスを子どもたちに紹介しました。私はビンゴゲームを担当しましたが、外国語に親しんでもらうために、英語で動物の名前を並べるビンゴを体験していただきました。異なる文化を持つ人と自然に交流することによって少しでも外国のことを知っていただければ嬉しいです。

みんなで踊った Dancing together

みんなで踊った
Dancing together

Eric from Kameoka here.
Summer Kids Program, an event for kids to experience foreign games, dance and activities was held on 18th August. The kids had fun learning hip hop dance, a French relay game, the Macarena and much more! The bingo game I organised allowed the kids to become familiar with foreign languages by having them line up animals which were called out in English. I hope the children had a great time with us CIRs.

木津川市のブライアン氏からの声 – Brian (Kizugawa)  voice

亀岡で楽しい時間を過ごしました。子どもとヒップホップダンスをしたり、懐かしいマカレナを踊ったりして大変楽しかったです。最近、自分がすこし運動不足気味なので、みんなと一緒に一汗かいてよかったです。また次回のイベントで会いましょう!!

I had a lot of fun in Kameoka. We got down with the kids and parents with cool hip-hop moves and had a nostalgic time doing the Macarena. I have been slacking off on exercising lately, so I was especially happy to work up a sweat at the event. Keep your body moving! I hope to see you at the next event!

精華町のジェーク氏からの声 – Jake (Seikacho) voice

みんなで踊った Dancing together

みんなで踊った
Dancing together

私は国際交流員として働き始めたばかりので子どもと一緒に遊んだり取り組んだことがあまりありませんでした。そして、子供達の前に踊ったり遊んだりするこ とも、もちろん初めてでした。しかし、なれてきて一緒に動物ビンゴで遊んだりマカレナという踊りを学ぶのが本当に楽しかったです!子供達も嬉しそうだった から安心しました。またサマーキャンプみたいなイベントに参加できるのを楽しみにしています!

I just started working as a Coordinator for International Relations so I had never done a kids even before. It was my first time to stand in front of a crowd of kids and dance around so I was really nervous. After I got used to it though, I really enjoyed dancing around with everyone and playing animal bingo! The kids all seemed really happy to be there and that made helping out that much easier. I can’t wait to do an event like that again!

京都府国際センターのアリス氏からの声 – Alice (Kyoto Prefectural International Center) voice

「フレンチ・コーヒー・ショップ」のリレーレース "French Coffee Shop" relay race

「フレンチ・コーヒー・ショップ」のリレーレース
“French Coffee Shop” relay race

I’m really glad I got to have fun with the children in Kameoka for one day thanks to this event.
We had children from all ages, ranging from very young to the last year of elementary school, so I decided to do a fun game in which anybody could participate. I called it “the French Coffee Shop” and had participants put an apron on, hold a plate with paper cups full of ping pong balls in one hand and rush accross the room as fast as they could.
Lots of laugher and good memories were made on this day!

このイベントのおかげで、亀岡市の子供達と楽しい一日を過ごすことができました。
児童から小学校6年生まで、様々な年齢の子供が来ましたので、誰でも気軽に参加できるゲームを用意しました。ゲームが「フレンチ・コーヒー・ショップ」と呼ばれて、ボールが一杯入ったペーパーのカップを皿に載せて、その皿を片手で持ちながら部屋を走って渡ると言うリレーレースをみんなでしました。笑いと良い思い出がたくさん溢れた一日でした!

異文化理解サロン「京都府のALTが語る日本の英語教育」 – Japan’s English Education told by Kyoto Prefecture ALTs

Alice from KPIC here!
Summer has finally come. What are your plans?

ALT kouzaToday I would like to tell you about an event I did on June 15th.
I invited 3 Assistant Language Teachers (ALT) working in Kyoto Prefecture high schools to come and talk about English language education in Japan.
With the Olympics in 2020, English education is becoming more and more important in Japan and in Japanese schools.

京都府国際センターのアリスです!
夏がいよいよ来ましたね。皆さん楽しい計画を立てていますか?

6月15日に開催したイベントを紹介したいです。
京都府立高校で仕事をしている3人のALTを招き、日本における英語教育について講演を開きました。2020年のオリンピックに向けて、英語教育は日本及び日本の学校で段々大事になっていくでしょう。

This trend could be seen in the number of applications we got and the popularity of the event.

その傾向がイベントの人気と申込みの数ですぐ分かりました。

ALT kouzaOur first speaker was Erin Noxon. Originally from the US, she is now teaching at Sagano High School. She told us about educational technology, a new concept emerging with all the new technologies available nowadays and how they can be used to help improve language learning and the experience in the classroom. She told us how students can be considered “digital natives” which means they were used to new technologies (IPads, smartphones, networks, computers etc.) ever since they were kids, and that teachers are mainly “digital immigrants” which means they have to adapt and learn how to use these technologies. Based on the use of these technologies and categories of people, she talked about the differences in the learning process and how teachers can use them to their advantage when teaching.

最初のスピーカーはエリン・ノックソン氏でした。アメリカ出身であり、現在嵯峨野高校で仕事しています。エリンは「教育工学」について説明して、新技術を通してどうやって言語学を良くできるか、又は技術を使って教室での勉強をどのように改良できるかについて話しました。
また、生徒を「デジタル出身」、先生を「デジタル移民」として定義しました。現在の生徒は生まれてから最新技術(Ipad,スマホ、ネットワーク、パソコンなど)に慣れていますが、先生は使い方を習わなければならなくて、慣れるのに時間がかかるということです。
そこから、それぞれのグループの学習方法を説明して、先生はどのように最新技術を教育で生かせるかについて話しました。

ALT kouzaOur second speaker was Pablo Lozada. Born in Mexico and raised in the US, he is currently teaching at Ayabe High School. He talked about psychology in the classroom, and how he established rules for team teaching to get the students to be more involved and so they clearly see the goals of each class. He gave us indications about the do’s and don’ts to have an effective team teaching and responsive classroom.

次のスピーカーはパブロ・ロザダ氏でした。メキシコ出身、アメリカ育ちの彼が現在綾部高校で教えています。教室における心理について話し、生徒を熱心にさせ、各授業の目標を明らかにするために、彼が作った英語先生とのチームティーチングルールをどのようにクラスに取り入れたかを説明しました。効果的なチームティーチング、反応の良いクラスを作るための良い点と悪い点を伝えました。

ALT kouzaThe last speaker was Kelly Caballero, from the US as well and teaching at Kyoto Subaru High School. She spoke about what she does and her duties in her school so people know what ALTs are and what they do in their everyday work.
Her high school being a business school, her students have special projects such as learning about Kyoto culture and introducing it to foreigners (the Gion festival for example), or creating their own department store for a few days and selling original products using local ingredients and culture.

最後のスピーカーはケリー・カバイェーロ氏でした。彼女はアメリカ出身で、京都すばる高校で教えています。学校での勤務、活動について話し、ALTの仕事内容や役割を説明しました。
すばる高校はビジネスを中心にする高校なので、彼女の生徒は事業を企画して、実施しています。例えば、外国人観光客に祇園祭や京都の文化を紹介したり、1日のデパートを設定し、地域の材料を使った商品を販売したりしています。

Thanks to the 3 of them, participants were able to have a deep insight into the diversity of an ALT’s job and the various aspects of English education. The talk was also entirely in English, so I hope it helped the participants with their practice of the language!

3人の発表者のおかげでALTと言う仕事の内容、日本における英語教育について様々な視点、分野や側面を知ることができて、とても良かったです。講演は全て英語で行ったので、参加者の英語能力にも少し貢献できたなら嬉しいです。