Goodbye from Brian, the CIR in Kizugawa 木津川市国際交流員ブライアン氏からの退任の挨拶

July marks the season where a lot of JET Programme participants are leaving and new ones coming. 3 CIRs participating in this blog will be leaving at the end of this month: the CIRs in Kizugawa (Brian), in Seika (Jake) and at the Kyoto Prefectural International Center (Alice).

Here are a few words from Brian.

夏はJETプログラムの多くの参加者が7月末に退任したり、8月に新しい参加者も来日したりして、入れ替わりの時期です。
今年は京都府の国際交流員4名も退任し、このブログに記事を投稿する3名も退任をすることになります。木津川市のブライアン氏、精華町のジェーク氏と京都府国際センターのアリス氏が次の旅に出て、お別れになります。

ここで、ブライアン氏からの退任の挨拶を掲載します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Wow how time flies. Three years have passed since I made my debut on this blog. Through the summer heat and winter chills, I have had a wonderful time living in such a pretty place like Kizugawa in Kyoto.

光陰矢のごとく。私は国際交流員になって、このブログにデビューしてからもうすぐ3年経ちます。夏の猛暑と冬の酷寒が繰り返している中、木津川市のような綺麗なまちに住めるのは幸せです。

Through the Kyoto CIRs’ efforts, I hope more international residents can call Kyoto their comfortable home. And also I hope more natives all over Kyoto will be interested in traveling and experiencing different cultures, and become global citizens of the world. From understanding and interacting, make the world a better place. Thank you, Kyoto. See you around!

これからも国際交流員の活躍で、外国人住民に更に住みやすい京都府を期待しています。また、講演などの事業によって、世界に関心を持つ「グローバル・シチズン」が増え、異文化の理解と交流でより平和な世界を願っています。

ありがとう、京都。またどこかで会いましょう!

Advertisements

木津川市の国際交流・異文化講座「まったLEE・BRIAN」2 – Kizugawa City International Exchange Series “Comfortab-LEE BRIAN” 2

木津川市の国際交流・異文化講座「まったLEE・BRIAN」第2回を開きました。第2回では、アメリカと台湾のあいさつや生活習慣について話しました。市の英語指導助手のコンスタス・デービッドさんと一緒に、様々なあいさつの手本を見せ、日常生活によく使うジェスチャーを紹介しました。そして、インターネットで見た外国人から見たアメリカらしさと台湾らしさを紹介し、それぞれの文化的な背景や事情を説明し、参加者と討論しました。

次回は、アメリカと台湾の食べ物とそれぞれの和食事情を紹介する予定です。頑張ります!

木津川講座

Hey, y’all.

I had my second lecture of “Comfortab-LEE BRIAN” International Exchange Series. This time I introduced the greetings and lifestyles of the US and Taiwan. I demonstrated how we greet each other in the US with David Constas, the city’s ALT, and we explained some frequently used gestures. Then, I introduced some things that are thought as “typically American” and “typically Taiwan” by people on the Internet. We debunked, explained, and discussed those myths with the participants.

In my next lecture, I would like to discuss the food culture of the US and Taiwan, as well as the localization of Japanese food. I’ll try my best to make another fun presentation!