Easter Party ― イースターパーティー

Hey everyone! Jake from Seika here.

Easter event2On April 5th, Polly, Brian and I planned an Easter Party at the Mukunoki Center in Seika. We started our party with a Team Easter Egg hunt. Each egg had a challenge inside that the children had to complete before moving on to get the next egg. The difficulty of the challenge depended on the color of the egg, and harder challenges received more points than easier challenges. Some eggs had tasks that required a physical challenge, while others asked various questions about Easter. If a team could not complete a challenge they did not get the points from the egg. At the end we handed out candy based on how many points each team got, but all teams got candy so don’t worry.

皆さん、こんにちは。精華町のジェイクです。

Easter event34月5日(日)に私とポリーとブライアンが企画したイースターパーティー(復活祭)をむくのきセンターで行いました。パーティーはのたまご探しゲームで始まりました。各たまごの中に子どもが完成しないといけないチャレンジが入っていました。チャレンジの難しさはたまごの色によって、難しいチャレンジのほうが簡単なチャレンジよりポイントを与えました。体力に関わるものや、イースターについての質問型のものもありました。もしチームがチャレンジを完成できなかったら、ポイントをもらえませんでした。最後に子どもたちが得たポイントに応じキャンディーを配りましたが、全員がキャンディーをもらったので安心してください。

Easter eventAfter the Easter Egg hunt we learned a dance called the Bunny Hop where kids stood in 5 lines and followed set of hopping dance moves to music, competing to see which line could make it across the room faster. When the dancing was done, we played a game where kids passed the egg in a circle and when the music stopped, the last person holding the egg was out. Then we ran a race were the kids had to blow an Easter egg across the floor without using their hands. For each game we passed out candy as well!

たまご探しが終わったら、子どもが5列になって一緒に踊りながら部屋の向こうまで速さを競争する「バニー・ホップ」というダンスを体験しました。その後、音楽が流れている間たまごを人から人に回して、音楽が止まったら持っている人がアウトになるというなゲームで遊びました。そして、手を使わずたまごを吹いて前に進ませる競走もしました。各ゲームでキャンディーを配りました!

I had a great time playing games with all the kids and teaching them a bit about one of the holidays I remember from my childhood. All of the kids seemed to have a lot of fun and it was amazing how much they remembered from our presentation at the beginning. I am excited to invite them all back again in the fall for our next event!

子どもとゲームで遊んだりイースターの伝統について習ったりするのがとても楽しかったです。子供達も喜んでいるみたいでしたが私達が最初に話したイースターの説明を覚えているなんて本当にすごいと思いました。また秋のイベントにも皆さんを誘いたいですね。

 

Easter event4Hey it’s Brian from Kizugawa City. The CIR collaboration event was a lot of fun this time as well! Being one of the most celebrated holidays in the US, Easter is still not that well-known in Japan. I was glad that we had the chance to introduce it to more people, while having a blast celebrating with the kids through dance and games. Join us at our next event! It will be a lot of fun.

木津川市のブライアンです。今回の3市町CIR共同イベントもとても楽しかったです!日本ではイースターを知っている人がまだ少ないかもしれませんが、アメリカでは盛大に祝われる行事の一つで、参加者のみなさんに紹介できてよかったと思います。そして、子どもたちとゲームやダンスなどを通じて楽しくイースターを祝うことができました。今度の3市町CIR共同イベントも楽しみにしておいてくださいね!

Advertisements

World Festa in Kameoka - 亀岡ワールドフェスタ

Hi everyone! It’s Eric, the Kameoka CIR! Last month we held Kameoka’s largest international event,  the World Festa at Galleria Kameoka. This year’s theme is traditional fashion from around the world focusing on multiculturalism in everyday life. We had many exciting events including a fashion show, world snack booths and a world games corner. At the end of the event all participants got up to do the zumba.

3月1日にガレリアかめおかで亀岡国際交流協会の最大のイベントであるワールドフェスタが開催されました。今年のワールドフェスタは、日常生活の中の多文化共生~世界の民族衣装を楽しく学ぼう~と題して、ファッションショー、民族衣装体験・おやつブース・遊びコーナー担当などそれぞれ楽しいプログラムがありました。最後はみんなでズンバを踊り、盛り上がりました。

ファッションショー(ラスト)

The world snack booth was the most popular with snacks from 11 different countries including Korea, Indonesia, Vietnam and France. The cookies from France and Austria were very popular and ran out really quickly. The participants had the opportunity to enjoy tasting and seeing something different while speaking to people from different countries in the booths.

世界のおやつブースは大変人気であり、コリア、インドネシア、ベトナム・フランスなど11カ国のおやつと、日本やコリアのお茶を提供しました。フランスやオーストリアのお菓子はクッキーであっという間に無くなるほどの人気がありました。いつもとは味や見た目の違うおやつを食べて、ブースの中の外国出身の人たちとも話し、世界の味を楽しんだようです。IMG_7513 (5)

This year’s World Festa’s main focus is about learning about traditional dresses and costumes from around the world with the purpose of finding a method to live peacefully with people from different cultures. I hope this event created an opportunity to think about diversity in Japan.

今回のワールドフェスタは民族衣装を楽しく学ぶことに焦点をおき、いろいろな文化を持つ人たちと共に生きて行く方法を探ろうという目的で開催しました。これからも多文化共生について考えていく機会になればと思います。

Nantan Kids Carnival 2015 – なんたにあんキッズカーニバル2015年

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

On the 7th of February I participated for the 4th time in the Nantan Kids Carnival, an event held every year. This year’s theme was “children’s games around the world” so I prepared activities based on French school festivals for my booth.

2月7日に毎年開催される「なんたにあんキッズカーニバル」に参加しました。4回目の参加でした。今年のテーマは「世界の遊び」だったので、フランスの学祭をテーマにブースとゲームの準備をしました。

Nanta 2015

Face painting on the New Zealand booth ニュージーランドブースでのフェイスペインティング

This year we had a hundred people participating and booths from 7 countries: England, Jamaica, Philippines, New Zealand, Peru, Germany and France. Children first roamed freely in the room, exploring the different booths and chatting with the people from each nationality holding them.

They could enjoy tea and butter cookies at the English booth, various games at the Filipino and Peruvian booths, reggae dance at the Jamaican booth, face painting at the New Zealand booth and eating potato and jam pancakes at the German booth.

今年は約100人が参加し、7カ国のブースがありました:イギリス、ジャマイカ、フィリピン、ニュージーランド、ペルー、ドイツとフランス。子供はまず会場を自由に回り、それぞれのブースで遊んだり、ブースにいる外国人と話したりしました。

イギリスのブースで紅茶とバタークッキーを楽しんだり、フィリピンとペルーのブースでゲームを遊んだり、ジャマイカブースでレゲーダンスを踊ったり、ニュージーランドブースでフェイスペインティングしてもらったり、ドイツブースでジャガイモとジャムのパンケーキを食べたりしました。

Ball game on the French booth - フランスブースでのボールゲーム

Ball game on the French booth – フランスブースでのボールゲーム

I had prepared 3 activities for the French booth: a paper plate game, a ball game and a craft activity. Every time children won a game, they could eat French candies. No need to say that they tried their best!

For the paper plate game, children needed to throw a tennis ball on to paper plates laid on the floor.

For the second game, I fixed some ropes to the wall and children had to make a ball roll on those up to the appropriate place before letting it drop in a basket. It was a really popular game with children lining up to enjoy it again and again.

The last activity was a small craft, where I taught children how to make a tricolor pompom with the colors of France (blue, white and red). They could then fix it to their bag, clothes etc. Some of them even used them as necklaces!

フランスブースでは3つの活動を用意しました:ペーパー皿のゲーム、ボールゲームと工作。ゲームで勝利をする度、フランスのお菓子を食べることができました。子供が一生懸命遊んだと言う必要がありませんね。

ペーパー皿のゲームでは、地面に置いた皿にテニスボールを投げます。

ボールゲームでは、壁に固定したロープを引っ張って、上に載せたボールを適切なところまで回したら下にあるバケツにボールを落とします。とても人気で子供が何回も遊びたい結果、行列までができました!

最後の活動は工作でした。フランスの3色(青・白・赤)でポンポン作りをしました。できたポンポンを鞄や服に付けることができました。ネックレスとして使う子供もいて、とても可愛かったです。

Fun times !  楽しい時間!

Fun times !
楽しい時間!

It was then time for the general game time. I had prepared a game called “the fishes and the fishermen” where pairs of 2 people (the fishermen) each form a “net” by joining their hands while the other people (the fishes) run around between the nets. The fishermen secretly decide a number between themselves and count aloud, subsequently dropping their hands when they reach their predetermined number, catching anyone who is passing through at the time. Children running around and laughing trying not to get caught was really fun.

We also played a game using colors’ names in English, a dodge ball game and ended the day with a reggae dance from Jamaica.

最後に、参加者全員が参加する全体ゲームをしました。「漁師と魚」というゲームを用意しました。2名ずつのグループをいくつか作り、手で橋を作ります。そのグループは「漁師」です。その下を自由に回るのは残りの参加者であり、つまり「魚」です。しばらくしたら、漁師が秘密に決めた数字に手を落とし、下を通った魚を捕まえます。繰り返しながら最後に残る魚が決まり、勝利です。笑いながら走る子供の姿がとても楽しかったです。

最後に、英語で色の名前を練習できるゲームとドッジボールを楽しんで、全員でジャマイカのレゲーダンスを踊って、1日が終わりました。

It was a really nice day spent playing with children and teaching them games I had played in France as a child. The children seemed to enjoy themselves a lot as well, trying new tastes with the German pancakes and getting to know other cultural backgrounds.

1日子供と遊び、私が子供の頃フランスで遊んだゲームを一緒に体験できて感動しました。ドイツのパンケーキで新しい味を体験し、様々な文化背景と触れながら満喫する子供の姿も素晴らしかったです。

Bunkyo Elementary School Visit – 文教小学校の訪問

Alice from KPIC!

Where is France? フランスはどこですか?

Where is France?
フランスはどこですか?

Today I would like to write about my visit to Bunkyo Elementary School on October 27th.
My audience was composed of 40 3rd graders who entered the room still very energetic from their gym education class.
Taking advantage of that energy I first started by introducing France generally, first talking about basic topics (geography, flag, currency, president etc).

京都府国際センターのアリスです!
10月27日に文教小学校を訪問しました。参加者が40人の3年生でした。教育の授業の後で講座に参加したのでとても元気でした。
そのエネルギーを使い、まずフランスの一般的な紹介をしました(地理、国家、通貨、大統領など)。

What do we wear in school? フランスの小学生は何を着る?

What do we wear in school?
フランスの小学生は何を着る?

The first funny reaction (followed by big “eeeehhh” of surprise) came when I told them people in France kiss on the cheeks to greet in the morning or when meeting. Even between boys and girls (and more cries of surprise there)!
I then showed them pictures of my birthplace, a small countryside town called Cestas, next to Bordeaux in the southwest of France, and pictures of my family as well.

I then talked about school life in France’s elementary schools. They were pretty surprised to know we don’t clean the school (staff do it usually), that we have a 2 hour break for lunch and that we organize a carnival at school instead of “gakusai” school festivals in Japan.

They were so into the topic that they kept asking questions during the presentation, and I was more than happy to answer their eagerness to know!
To end the presentation, I told them about a few cultural habits such as crepe day (chandeleur) on February 2nd, Easter or the little mouse (that comes at night and takes your tooth, leaving you a coin instead).

We use the well in French rock-paper-scissors フランスのジャンケンで井戸を使う

We use the well in French rock-paper-scissors
フランスのジャンケンで井戸を使う

フランス人が挨拶をする時にほっぺたにキスをすると言うと、「えええええ」というビックリな声が多く、反応が面白かったです。男女の間も(さらに「えええ」の声が出ました)!
その後、フランス南西にあるボルドーの近くに位置する「セスタス」という私の田舎の出身地を紹介し、家族の写真を見せました。

それから、フランスの小学校の学校生活について話しました。一番びっくりしたのは学校の掃除をしない(専用スタッフがする)、昼の休憩が2時間、学祭の代わりにカーニバルがあるなどということでした。
話題への関心が高く、発表の途中で質問をたくさんしてくれて、とても喜んで答えました。
発表の終わりに文化の習慣をいくつか紹介しました。フランスのクレープデ―(「シャンドルール」という2月2日に祝う事業)、イースター、子ネズミ(落ちた歯の代わりにお金を残す人物)などを紹介しました。

Head shoulders toes in French フランス語で「頭・肩・足」を習った

Head shoulders toes in French
フランス語で「頭・肩・足」を習った

After the presentation, it was time to dance!
They had previously learned the song “head, shoulders, knees and toes” in English so I taught them the song in French as well.
We also danced to a really famous song called “La danse des canards” (the duck dance). It’s a bit of an old song but it’s still widely used during year-end parties, weddings and other big events to get groups of people to have fun together and break the ice as well. After learning the choreography, children happily danced along with the song and it was hard to stop them at the end.

Dancing! ダンスタイム!

Dancing! ダンスタイム!

発表の後は踊りのタイムでした!
英語で「頭・肩・ひざ・足」という歌を習ったので、フランス語で教えました。
また、「ラ・ダンス・デ・カナール」(鴨踊り)を踊りました。少し古い曲ですが、今でも忘年会や結婚式、パーティーなどの時によく踊る曲です。大勢のグループを親しませ、楽しくさせるための良い曲です。振りを覚えたら子どもが楽しく踊り、なかなか止めることができませんでした。

We took a group picture before leaving, and many children wanted to shake hands as if I was a super star. Some even said they would not wash their hands anymore! It was so cute.
The children were so eager to learn about France and foreign countries that I spent the best time ever as well teaching them as much as I could. I hope to be back again!

帰る前に集合写真を撮り、私がスターみたいに握手をしたかった子どもが多かったです。何人かが「もう手を洗わない」と言い、とても可愛かったです。
子ども達がフランスや外国に関する関心が高くて、色々知りたがっていました。私も大変喜んで色々教えて、最高に楽しい時間を過ごしてもらいました。また皆さんと会いたいです!

亀岡市でのサマーキッズプログラム – Summer Kids in Kameoka

亀岡市のエリックです。
8月18日(月)に、ガレリアかめおかで子どもたちが外国人と遊びを楽しむイベント「サマー・キッズ・プログラム」を開催しました。京都府の国際交流員に招かれて、ヒップホップダンス、フレンチ・コーヒー・ショップ、マカレナなどいろいろな外国のゲームやダンスを子どもたちに紹介しました。私はビンゴゲームを担当しましたが、外国語に親しんでもらうために、英語で動物の名前を並べるビンゴを体験していただきました。異なる文化を持つ人と自然に交流することによって少しでも外国のことを知っていただければ嬉しいです。

みんなで踊った Dancing together

みんなで踊った
Dancing together

Eric from Kameoka here.
Summer Kids Program, an event for kids to experience foreign games, dance and activities was held on 18th August. The kids had fun learning hip hop dance, a French relay game, the Macarena and much more! The bingo game I organised allowed the kids to become familiar with foreign languages by having them line up animals which were called out in English. I hope the children had a great time with us CIRs.

木津川市のブライアン氏からの声 – Brian (Kizugawa)  voice

亀岡で楽しい時間を過ごしました。子どもとヒップホップダンスをしたり、懐かしいマカレナを踊ったりして大変楽しかったです。最近、自分がすこし運動不足気味なので、みんなと一緒に一汗かいてよかったです。また次回のイベントで会いましょう!!

I had a lot of fun in Kameoka. We got down with the kids and parents with cool hip-hop moves and had a nostalgic time doing the Macarena. I have been slacking off on exercising lately, so I was especially happy to work up a sweat at the event. Keep your body moving! I hope to see you at the next event!

精華町のジェーク氏からの声 – Jake (Seikacho) voice

みんなで踊った Dancing together

みんなで踊った
Dancing together

私は国際交流員として働き始めたばかりので子どもと一緒に遊んだり取り組んだことがあまりありませんでした。そして、子供達の前に踊ったり遊んだりするこ とも、もちろん初めてでした。しかし、なれてきて一緒に動物ビンゴで遊んだりマカレナという踊りを学ぶのが本当に楽しかったです!子供達も嬉しそうだった から安心しました。またサマーキャンプみたいなイベントに参加できるのを楽しみにしています!

I just started working as a Coordinator for International Relations so I had never done a kids even before. It was my first time to stand in front of a crowd of kids and dance around so I was really nervous. After I got used to it though, I really enjoyed dancing around with everyone and playing animal bingo! The kids all seemed really happy to be there and that made helping out that much easier. I can’t wait to do an event like that again!

京都府国際センターのアリス氏からの声 – Alice (Kyoto Prefectural International Center) voice

「フレンチ・コーヒー・ショップ」のリレーレース "French Coffee Shop" relay race

「フレンチ・コーヒー・ショップ」のリレーレース
“French Coffee Shop” relay race

I’m really glad I got to have fun with the children in Kameoka for one day thanks to this event.
We had children from all ages, ranging from very young to the last year of elementary school, so I decided to do a fun game in which anybody could participate. I called it “the French Coffee Shop” and had participants put an apron on, hold a plate with paper cups full of ping pong balls in one hand and rush accross the room as fast as they could.
Lots of laugher and good memories were made on this day!

このイベントのおかげで、亀岡市の子供達と楽しい一日を過ごすことができました。
児童から小学校6年生まで、様々な年齢の子供が来ましたので、誰でも気軽に参加できるゲームを用意しました。ゲームが「フレンチ・コーヒー・ショップ」と呼ばれて、ボールが一杯入ったペーパーのカップを皿に載せて、その皿を片手で持ちながら部屋を走って渡ると言うリレーレースをみんなでしました。笑いと良い思い出がたくさん溢れた一日でした!

Citizens of the World Workshop/Summer Camp Experience 地球っこ講座・サマーキャンプ一日体験

Hello everyone, this is Steven from Seika. I would like to tell you about two events I attended with Brian from Kizugawa. The first was the Citizens of the World Workshop on Sunday, June 15th. The second was a one-day summer camp experience event on Saturday, July 12th.

みなさん、こんにちは。精華町のスティーブンです。木津川市のブライアンさんと一緒に参加したイベントを2件紹介したいと思います。一つは6月15日(日)に行った「地球っこ講座」、もう一つは、7月12日(土)に行った「サマーキャンプ一日体験」です。

The Citizens of the World Workshop featured me, Brian, and several other people from Brazil, Thailand, and China as guests. All of the other participants were Japanese. Here’s what Brian had to say about it: “I joined the ‘Chikyukko Koza’ event in Seika and had the chance to interact with some high school students from Horikawa SHS and middle school students of Seika. We played a card game about the food culture of many countries and we listened to the students present on world cuisines. I started missing Mexican food a lot during the presentation. Coming from California, where Mexican food is very common and popular, I hope Japan will have a ‘Mexican food boom’ sometime soon!

地球っこ講座では、私、ブライアンさん、そして中国、タイ、ブラジル出身の方がゲストでした。ほかの参加者は全員日本人でした。このイベントについて、ブライアンさんがこう言っていました。「せいかグローバルネット『地球っこ講座』に参加させていただきました。そこで堀川高校と精華町の中学生と交流ができて嬉しかったです。食文化についてのカードゲームを楽しんで、世界の食べ物についての発表を聞き、なんだかカリフォルニアにたくさんあるメキシコ料理が恋しくなりました。カリフォルニアの食文化はメキシコの料理からの影響が大きく、自分もメキシコ料理が大好きです。メキシコ料理ブームは早く日本に来てほしいです!」

The summer camp experience event was run by me, Brian, and the CIR from Kyotanabe named Polly. We introduced games, songs, and dances from America and the United Kingdom to elementary school students from Kizugawa, Seika, and Kyotanabe.

サマーキャンプのイベントは私、ブライアンさん、京田辺市のポリーさんという国際交流員が担当していました。米国や英国のゲーム、歌、ダンスを木津川市・精華町・京田辺市の小学生に紹介しました。

Here’s what Brian had to say: “I became a camp leader with Steven and Polly for our 3-municipality event. It was a whole lot of fun. We enjoyed American and British camp games and dances together. Kids in every country have their own memories of summer. With the popularization of smartphones and the Internet, sticking to the screens may be a relaxing and easy way to spend the summer. However, I hope kids can stay active and have a meaningful break.”

ブライアンさんがこう言っていました。「今回の3市町イベントで精華町のスティーブンと京田辺市のポリーと一緒に一日のキャンプリーダーになりました。アメリカとイギリスのキャンプゲームとダンスをして、すごく楽しい一日でした。世界中の子どもにはそれぞれの夏の思い出があると思います。近年、スマホとインターネットが普及しているため、それに夢中になって夏を過ごしがちですが、アクティブな生活を送り、有意義な夏休みを過ごしてください。」

That wraps it up for now. Stay cool this summer, everyone!

こんな感じです。みなさん、熱中症に気を付けてくださいね。

Nantan Kids Carnival – なんたにあんキッズカーニバル

Alice from KPIC!
On January 26th I participated for the second time in the Nantan Kids Carnival as a representative of France. This year’s theme was “world games” so I prepared two games and one craft activity.

京都府国際センターのアリスです!
1月26日にフランスの代表として南丹のキッズカーニバルに参加しました。2回目の参加でした。今年のテーマは「世界の遊び」だったので、フランスのブースでゲームを二つと工作を一つ準備しました。

Chamboule tout ボールを投げる子供達

Chamboule tout
ボールを投げる子供達

Both games are usually found in French school festivals, called “kermesse” in French. One is called “Chamboule tout”. You first use some old boxes or cans that you let the kids decorate beforehand (or you decorate them yourself if you want to revive childhood memories!). You then pile them up on a table, and kids have to throw balls at them from a distance and make fall as many boxes as they can within the limited number of throws they are allowed. The Nantan staff had prepared some amazing ghost baskets and the kids went crazy for them.
The other game is called “la queue de l’ane”. Children are blindfolded and have to pin a tail back on the drawing of a donkey.
Lastly, in the craft activity, children could try making a “cocarde”, the flower of the French revolution. Using blue, white and red crepe paper, they would first make the flower and then the three-colored stripes hanging at the bottom. They then put their work on their shirts and hats and I was very happy to see them walk around the event hall wearing the colors of France!

Craft activity  工作

Craft activity
工作

二つのゲームは「ケルメース」と言うフランスの学祭で必ず出るゲームです。
一つ目のゲームは「シャブル・トゥー」と言います。古い箱や缶詰を予め子どもに飾ってもらいます。または子供の頃を思い出したいなら自分で飾っても良いです!それから、テーブルの上に重ねて、決まっている回数で子供がボールで箱を落とさなければなりません。南丹市の国際交流協会のスタッフは可愛くて素敵な幽霊の箱を準備していただいて、子供に大人気でした。
二つ目のゲームは「ロバのしっぽ」と言います。子供の目を隠して、ロバの絵にしっぽを貼らなければなりません。
最後に、「コカールド」と言うフランスの革命の花を作る工作を準備しました。青い、白いと赤いクレープペーパーを使って、花と三色のストライプを作ります。子供は作品を完成したら、帽子や服に付けたので、フランスの色を自慢に身につけて会場を歩いた姿を見ると嬉しかったです。

New Zealand booth ニュージーランドのブース

New Zealand booth
ニュージーランドのブース

Other booths introduced games from China, the Philippines and Vietnam. You could also get your face painted at the New Zealand booth, bake some animal shaped cookies at the Germany booth, and try on ethnic costumes at the JICA booth.

他のブースでは中国、フィリピンとベトナムのゲームを体験できました。また、ニュージーランドのブースでフェイスペインティング、ドイツのブースでクッキー作りを体験したり、JICAのブースで民族衣装を着てみたりすることができました。

Costume race 衣装レース

Costume race
衣装レース

To close the event, we did 2 giant games with everyone.
The first one was a school festival game from France called “relais deguise” (costume race). Divided in teams, children had to put on a costume with an afro wig, a giant skirt and rain boots that were too big, and rush to the other side of the room. They then had to give the costume to the next person and so on. It was a lot of fun to see everybody in such strange outfits running all over the place!

イベントの終わりにみんなで大きいゲームを二つしました。
一つ目はフランス学祭の「衣装リレー」でした。参加者はチームで、アフロのかつら、でかいスカートと長靴を着用して、部屋の反対側まで走りました。そこでチームの人に衣装を渡して、最後の人に番が戻るまで繰り返します。変な衣装を着て、一生懸命走る参加者の姿が本当に面白かったです!

The last game was a Filipino game called “stop dance”. You had to dance in groups around a newspaper page and when the music stopped everybody had to stand on the paper. Every round you fold the paper in half, so there is almost no space in the end to stand and everybody was lifting or giving a piggyback to the kids, holding on each other etc. It was a really fun way to get closer and know each other!

最後のゲームはフィリピンの「ストップ・ダンス」でした。真ん中に新聞を1枚置いて、グループで回りを踊ります。音楽が止まると、みんなが紙の上に立たなければなりません。毎回紙を半分に折らなければならないので最後に立つ場所がほとんどありません。みんなは子供を運んだり、おんぶしたり、お互いに抱き締めたりしてとても楽しかったです。仲良くなるための良い方法ですね!

We had more than 100 participants this year, and it was a lot of fun. Kids seemed to really enjoy knocking off the ghost baskets at the French booth as well as getting to know a lot of games and culture from various parts of the world.
See you next year!

今年は100人以上の参加者が来場し、とても楽しいイベントでした。子供はフランスのブースで可愛い幽霊の箱を落としたり、世界の数カ所のゲームや文化を体験したりして、楽しそうでした。
また来年に会いましょう!

Everybody! 集合写真!

Everybody!
集合写真!