国際理解講座と写真展示会への誘い Invitation to a picture exhibition and seminar

国際理解講座と写真展示会
「心の故郷、京都へ ~5年間を振り返り、京都と日本の国際化を考える~」

Picture exhibition and seminar
“Kyoto, my second home: an insight into 5 years of life and local areas’ internationalization”

cir omoide banner7月末に任務を終えるため、京都府国際センターの国際交流員ボナミ・アリスの最後のイベントと講演会となります。皆さん、ぜひ、ご参加ください!

This is the last event and seminar by the CIR in Kyoto Prefectural International Center, Alice, who will leave at the end of July.
Please come!

講師(京都府国際交流員)の紹介

alice2● 名前: ボナミ アリス
● 出身: フランス、ボルドー市

● ストーリー:  中学生の時、ジブリにはまり、日本に一目惚れ。大学で日本語を勉強し、1年間屋台と豚カツの国(福岡)へ留学。異文化理解を専攻し、大学院を卒業。 2011年に京都府国際交流員として入洛。そこで、京都にさらに一目惚れする。5年の間、異文化理解・国際交流イベント、フランス自治体との交流事業など を担当し、京都府の国際化と多文化共生に幅広く関わる。
オフの時も、着付けの免許習得、百名山への挑戦、京都府と日本の穴場への冒険、よさこいで燃え尽きるなど、充実した日々を過ごす。そして、残念ながら7月末に国際交流員の冒険が終わる。

展示会では京都での仕事と生活の思い出を紹介し、講演会では京都の外国人府民としての5年間の経験、それから地域の国際化と振興について語り、交流会をします。
皆さん、来ておくれやす~

alice3alice4★ 写真パネル展示会
おおきに、心の故郷、京都 ~笑、涙、感動、冒険の混ざった5年間~
6月15日(水)~20日(月) 10:00~18:00
※ 申し込み不要

★ 講演会
そして、京都と出会った ~外国人府民としての想い、地域の国際化を考える~
6月18日(土) 14:30~16:30
※ 要申込、フランスのお菓子付き
※ 本講座は日本語で行われます

★ 場所: 京都府国際センター(京都駅ビル9F)

★ 定員: 45名(先着順) (講演会のみ)

参加は無料です。

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/omoide.html

Advertisements

Kyoto CIRs participated in the Gion Festival! 京都府の国際交流員が祇園祭に参加した!

 

IMG_0363Gion MatsuriOn July 17th, 4 CIRs of Kyoto Prefecture (Mark at Kyoto Prefectural Office, Jake in Seika Town, Brian in Kizugawa and Eric in Kameoka) participated in the Gion Festival and pulled one of the big float, the Houka Hoko.
In spite of the typhoon and heavy rain, all of them had the brighest smiles during the day, and were delighted to have been able to participate in such a major festival, as well as being able to experience first-hand Japanese culture and traditions.

Gion Matsuri7月17日(金)に京都府国際交流員の4名(府国際課のマーク、精華町のジェーク、木津川市のブライアン、亀岡市のエリック)が祇園祭に参加して、放火鉾を引きました。
台風と大雨にもかかわらず、笑顔で引きました。
日本三大の祭りに参加して、日本文化と習慣を身近で経験できて、とても喜んでいました。

 

Mark (CIR in Kyoto Prefectural Office, from Scotland)
マークより (スコットランド出身、京都府国際課CIR)

Gion MatsuriHi everyone, Mark here!
I had the pleasure, and privilege, of taking part in the first of the two parades of the Gion Festival (the saki-matsuri, 前祭) on the 17th July, along with Jake, Brian, and Eric. Although there were worries that the typhoon would scupper the plans, we all got up bright and early anyway to head over and get ready. Ultimately we got the green-light to go ahead, so after getting dressed into our outfits, donning the hats, and taking pictures, we joined the 50-strong team to heave the Houkahoko through the wind and rain.

I’m actually very glad for the rain as it kept us cool throughout the day, and although it was a little tough at times, I think I would have struggled more in the blazing heat of a sunny summer’s day!

I had a really great time, especially along Oike-dori and Shinmachi-dori when everyone was cheering us on and shouting words of encouragement, despite the bad weather. Hearing and seeing them cheer us on really gave me the extra energy I needed towards the end to finish the day. I am also happy to have finally experienced first-hand Kyoto’s pre-eminent festival and feel more attached to the city.

I’m very grateful to KPIC for organising it, and perhaps we can take part again next year!

Gion Matsuri皆さん、こんにちは!マークです~

今回、祇園祭の前祭山鉾巡行に参加できる、とても貴重な機会をいただきました。7月17日、ジェイク、ブライアンとエリックと一緒に参加することができました。西日本に上陸した台風のせいで中止になる恐れがあったにも関わらず、皆が早朝に起きて集合場所に移動しました。最終的に行うことになって、皆が衣装を着たり、帽子をかぶったり、写真を撮ったりした後、他の50人ぐらいのチームと一緒に放下鉾を雨と強い風の中で引っ張り始めました。

実は、その雨天がよかったのです。風雨のため、結構涼しくて、少し大変でも頑張れました。しかし、真夏日の猛烈な日差しであれば、もっとしんどかったと思います!

この1日が非常に楽しかったです。特に御池通と新町通を通ってたとき、観客の応援がすごい力になりました!雨の中でも見てくれたり、応援してくれたりしていて、最後まで頑張れるエネルギーになりました。また、やっと京都最大のお祭りに参加できて、京都との関係が深まってきたと思います。

国際センターの主催で、とても感謝したいと思います。また来年も参加できるかもしれません!

Jake (CIR in Seika Town, from America)
ジェークより (精華町CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriGion Masturi was a lot of fun! The Hoko cart was surprisingly heavy though, so I am happy it rained. If I had to pull it when it was sunny out, it would have been really tough. It was also nice to see all the spectators cheering us on. Thanks to them pulling the Hoko didn’t feel so tiring. I think it was a good experience and I would love to be able to do it again if I have the chance.

Gion Matsuri祇園祭りはとても楽しかったです。鉾は思ったより重かったから雨降ってよかったと思います。晴れている日に鉾を引いていたらもっと難しかったかもしれません。また、観察者が応援してくれて、嬉しかったです。おかげ様で鉾を引いてもそんなに疲れなかったです。とてもいい経験だったと思います。機会があればまた参加したいと思います。

 

Brian (CIR in Kizugawa, from America)
ブライアン (木津川市CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriIMG_0427It was an honor to participate in Gion Festival, one of the three representative festivals of Japan. I have been to the Gion Festival while I was studying abroad in Kyoto, but never have I imagined myself actually being a part of the festival and pulling the floats. The volunteers, the locals, the visitors, the community came together for the millennium-old tradition. Although we were all soaked by the downpour, it didn’t take away our passion. It was a great experience.

日本三大祭りの祇園祭に参加する機会を恵まれて大変光栄です。京都で留学している間、祇園祭を見に行ったことありますが、鉾を曳くその一員になるとは想像もしなかった。千年以上の歴史がある祇園祭で、ボランティアと地元の方、観光客、一つになって、コミュニティのつながりと絆を体験することができました。大雨でビショビショになりましたが、みんなの情熱が流されなかったです。非常に良い経験でした。

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float! エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えました!

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float!
エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えられました!

Intercultural Salon: Stereotypes about Brazil – 異文化理解サロン:ブラジルに対するステレオタイプ

RodrigoHi, everyone! My name is Rodrigo Brinca and I’m the Brazilian CIR working at Shiga Prefectural Government Office.
皆さん、はじめまして!滋賀県庁のブラジルの国際交流員ホドリーゴ・ブリンカです。

On May 24th I had the opportunity to give a presentation on Brazil in Kyoto’s Prefectural International Center. Since I had total freedom to choose the topic, I decided to talk about the stereotyped views Japanese people have regarding Brazil. My reasoning behind choosing this theme actually has to do with the fact that Japanese people actually do know a good amount about my country, although their perception is biased, understandably, by what Japan’s mainstream media says about it.

5月24日(日)に京都国際センターの異文化理解サロンというイベントでブラジルについて話す機会がありました。トピックは自由に選べましたので、結局日本人がブラジルに対して持っているステレオタイプについて話すことにしました。このテーマを選んだ理由は、日本のマスメディアの影響でまだ私の国に対する偏見が残っているにもかかわらず日本人はブラジルのことについて意外と詳しいからです。

SambaFirst I selected a few topics I knew beforehand that Japanese people had some knowledge of, like Brazilian music, tourist attractions and so on. Then I explained what are some common misconceptions about these, i.e. “Brazilian women dance naked during carnival”, “all Brazilians can play soccer like Neymar” etc. By doing this, I believe we could reflect on how a minor aspect of someone’s culture can be misinterpreted as something major when no cultural context is given.

最初に一般的に日本人が既に持っている知識に関するトピック、ブラジル音楽だったり観光地だったりなどを選びました。その後日本人が勘違いしていそうなこと、例えば「カーニバルのときブラジルの女性が裸のままで踊る」や「ブラジル人は皆ネイマールと同じぐらいサッカーができる」などを説明してみました。これを通じて自分の文化のマイナーな側面が文化的な文脈がないとメジャーな側面に勘違いされてしまうことについて一緒に考えることができたと思います。

FavelasThe public showed a great deal of interest and we also had time to answer some interesting questions on varied topics by the end of the presentation. Since my usual listeners are elementary school students (which I also love talking to), I was glad to have this chance to talk to a different group of people and present to Japanese adults some aspects of Brazilian Culture that are not well known. I’m also looking forward to holding similar events in my home prefecture, Shiga when I get the chance.

Discussion with the participants 参加者とのディスカッション

Discussion with the participants
参加者とのディスカッション

参加者は興味をもち、プレゼンテーションの後、様々なテーマについての面白い質問に答える時間もありました。いつものプレゼンの対象者は(私が大好きな)小学生なので、この度いつもと違う対象のプレゼンテーションを行う機会もあり、一般の日本の方が知らないブラジルの側面を紹介することもできて楽しかったです。今度、私の住んでいる滋賀県でもこのようなイベントを開く機会がありましたら是非してみたいと思っています。

Also, lastly, from this year the CIRs from Shiga also started a blog. Be sure to check it out if you are interested in Shiga’s culture, tourist attractions or Multiculturalism.
また、最後になりましたが今年から滋賀の国際交流員がブログ及びフェイスブックページを始めましたので、滋賀の文化や観光地、そして多文化共生に興味を持っている方はご覧ください。

https://yobiwako.wordpress.com/

https://www.facebook.com/yobiwako

異文化理解サロン「セネガルにおけるイスラム文化及びその国政への影響 – Intercultural Understanding Seminar “Islamic culture in Senegal and its influence on national politics”

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

SenegalOn March 28th, I organized an intercultural understanding salon about Senegal.
Papa Saliou Sarr, originally from Senegal and currently a researcher at Kyoto University, told us about Islamic culture and its influence on national politics.
The topic seems daunting at first but Papa’s explanations made it quite easy to understand. We got to learn about the different ethnic tribes in Senegal, and the difference in their practice of Islam. The main tribes are the Wolof, Al-pular, Serers, Jola and Soninke. The Wolof people represent 45% of the population and are found in almost all regions. Wolof language is spoken by most people, making it the national language, the official language being French.

3月28日(土)にセネガルについて、異文化理解サロンを実施しました。
セネガル出身、京都大学で研究員しているパパ・サリオウ・サール氏がセネガルにおけるイスラム文化とその国政への影響について講演をしました。
難しそうなテーマですが、パパ氏の説明で分かりやすかったです。
まずは、セネガルの民族について聞きました。主な民族は「ウォロフ族」、「アル・プラル族」、「セレール族」、「ジョラ族」と「ソニンケ族」です。「ウォロフ族」は人口の45%を占め、セネガル全域に住んでいるので、「ウォロフ語」は国民全員に話され、国語になっています。しかし、公用語はフランス語です。

Religion in Senegal is dominated by Islam with 94% of the total population practicing it. Only 5% of Senegalese people are Christians and 1% are considered as animists.
Islam basically evolved into two branches after the Prophet Mohamed: Sunni and Shia. Sunni is the biggest group within Muslims, which is itself split into other groups, one of them being the Maliki School. Islamic Sufi, which is the main form of Islam in Senegal, is deemed part of the Maliki School and focuses on direct inner experience of God.

セネガルの宗教は主にイスラム教です。人口の94%はイスラム教、5%はキリスト教、1%は精霊信仰者(アニミズム)です。ムハンマド(イスラム教の開祖)の後に、2つの大きいグループが誕生しました:「スンニ派」(ムハンマドの義父アブー・バクル氏がムハンマドの継承者だと信じる派)と「シーア派」(ムハンマドの従兄アリー氏がムハンマドの継承者だと信じる派)です。イスラム教信者の80%は「スンニ派」であり、20%は「シーア派」です。
「スンニ派」の中で、いくつかのサブグループがあり、一つは「マーリク学派」です。セネガルのイスラム教は「スーフィズム」です。そのイスラム教の種類は「マーリク学派」に属しています。神秘主義的なイスラム教であり(絶対者を、その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場のこと)、セネガルのイスラム教信者に大いに影響を与えています。

SenegalIslam in Senegal is mostly Sufi due to historical figures that had contributed to spread it in the country. In Senegal, during elections, Sufi group leaders often play the role of facilitators and are involved in solving any political tension that may exist between opponent groups; including political party leaders. This specificity has contributed to the development of a very peaceful environment during elections in Senegal since its independence, making Senegal one of the most democratic countries in Africa.

セネガルにおける「スーフィズム」は歴史的な人物によって発展しました。
選挙の時期にスーフィズムグループのリーダー達には政治派や政治家同士にある緊張や問題を解決し、それらの間の関係を良くする役割があります。そのお蔭で、セネガルが独立して以来、平和な選挙環境を保つことができ、セネガルはアフリカの中で最も優れた民主主義国の一つです。

It was a very interesting talk, especially hearing an insider’s viewpoint into topics we don’t usually get to be familiar with.
Participants had many questions and took advantage of this opportunity to learn more about Africa, Islam, and about Papa’s experience in Japan.
I will be planning more intercultural salons so look forward to them!

とても面白い講演で、普段関わらない話題について知ることができました。特に、現地出身の方の意見や感想を聞けて有意義でした。
参加者はこの機会を生かして、アフリカ、イスラム教、日本でのパパ氏の経験などについて質問をたくさんしました。
また近い内に異文化理解サロンを企画する予定なので、ご参加を待っています!

World Festa in Kameoka - 亀岡ワールドフェスタ

Hi everyone! It’s Eric, the Kameoka CIR! Last month we held Kameoka’s largest international event,  the World Festa at Galleria Kameoka. This year’s theme is traditional fashion from around the world focusing on multiculturalism in everyday life. We had many exciting events including a fashion show, world snack booths and a world games corner. At the end of the event all participants got up to do the zumba.

3月1日にガレリアかめおかで亀岡国際交流協会の最大のイベントであるワールドフェスタが開催されました。今年のワールドフェスタは、日常生活の中の多文化共生~世界の民族衣装を楽しく学ぼう~と題して、ファッションショー、民族衣装体験・おやつブース・遊びコーナー担当などそれぞれ楽しいプログラムがありました。最後はみんなでズンバを踊り、盛り上がりました。

ファッションショー(ラスト)

The world snack booth was the most popular with snacks from 11 different countries including Korea, Indonesia, Vietnam and France. The cookies from France and Austria were very popular and ran out really quickly. The participants had the opportunity to enjoy tasting and seeing something different while speaking to people from different countries in the booths.

世界のおやつブースは大変人気であり、コリア、インドネシア、ベトナム・フランスなど11カ国のおやつと、日本やコリアのお茶を提供しました。フランスやオーストリアのお菓子はクッキーであっという間に無くなるほどの人気がありました。いつもとは味や見た目の違うおやつを食べて、ブースの中の外国出身の人たちとも話し、世界の味を楽しんだようです。IMG_7513 (5)

This year’s World Festa’s main focus is about learning about traditional dresses and costumes from around the world with the purpose of finding a method to live peacefully with people from different cultures. I hope this event created an opportunity to think about diversity in Japan.

今回のワールドフェスタは民族衣装を楽しく学ぶことに焦点をおき、いろいろな文化を持つ人たちと共に生きて行く方法を探ろうという目的で開催しました。これからも多文化共生について考えていく機会になればと思います。

School visit and Panel Discussion about Love and Marriage in Kyotango – 京丹後市での高校訪問と恋愛・結婚観のパネルディスカッション

Mineyama High School Visit – 峰山高校訪問

Alice from KPIC!
京都府国際センターのアリスです!

In February I had the opportunity to visit Kyotango in the North of Kyoto Prefecture twice for events linked to international exchange and multiculturalism.

2月に国際交流と多文化共生の事業に参加するために、京都府北部にある京丹後市を2回も訪問しました。

I first went to Mineyama High School as part of an international exchange event held every year. It was my first time visiting this school and after a few email exchanges with the students beforehand I was really eager to meet them all.
4 Kyoto Prefecture Friendship Ambassadors went with me, originally from Hungary, Indonesia, Ukraine and Thailand so we were representing 5 countries in total.

まずは峰山高校が毎年行う国際交流会に参加しました。その高校を訪問するのは初めてで、事前に学生とメールを交換しましたので、いよいよ会えるのを楽しみにしていました。
私以外に、京都府名誉友好大使の4人も高校を訪問し、彼らはハンガリー、インドネシア、ウクライナとタイ出身でしたので、私を含めて5カ国を代表しました。

We first met with all the 1st year students (more than 200!) in the school gymnasium for a brief introduction of our native countries.
We had only 5 minutes for this introduction, so I introduced basic facts about France and spoke about French overseas departments and French-speaking countries. I also showed various pictures about French tourist places, natural landscapes, cuisine and cultural events.

まずは1年生全員(200名以上!)と学校の体育館で交流会を開きました。そこでそれぞれの出身国を紹介しました。5分での紹介だったので、フランスの簡単な紹介とフランスの海外県やフランス語圏について話しました。フランスの主な観光地、自然風景、食文化や文化的なイベントの写真を見せながら説明をしました。

Mineyama HSWe then split into classes for further exchange. When I entered the class, all the students welcomed me with perfect French, which almost brought tears to my eyes. I really felt welcomed.

Students first introduced the Tango area to me, with its legends, food and local speech. They put a lot of humor into their speeches and it was really a lot of fun.

I then spoke in more details about France, such as immigrants, high school life, culture and a bit of French language. Exchange afterwards was really meaningful as well, with students asking questions such as “what cultural aspect of France are you proud of?”, “what do you think Japan needs in this globalized world?” and “what is your motto in life?” for example.

その後、クラスごとに分けて、もう少し深い交流をしました。教室に入ったら、学生が完璧なフランス語で歓迎してくれて、涙が出るほど嬉しかったです。
学生は丹後地域を紹介し、丹後の伝説、名所、食文化と方言を説明してくれました。ユーモア溢れた発表だったので、とても楽しかったです。

それから、私がフランスについてもう少し詳しく発表し、移民、高校生活、文化とフランス語について説明しました。
発表後、学生と有意義な話し合いもできました。例えば、「誇りだと思っているフランスの価値観は何?」や「グローバル化のために日本に必要とするものは何?」や「人生のモットーは何?」などという深い質問を聞き、面白いディスカッションができました。

I love exchanging with students because they are the ones building tomorrow’s society and having such discussions about different cultural backgrounds and habits is really important for both sides.
I hope I can visit again!

将来の社会を作る学生と交流することがとても有意義です。違う文化背景や習慣のある人と触れ合ったり、話合ったりするのはお互いにとても大事だと思います。
また訪問できれば嬉しいです!

Panel discussion about love and marriage –
恋愛と結婚観についてのパネルディスカッション

2 weeks later I took part in a panel discussion about love and marriage in Kyotango, together with two Japanese, a Colombian lady and a Polish man.

Panel tangoWe were first asked to talk about marriage and love values in our respective countries.
I spoke about the various kinds of unions existing in France first. Indeed, on top of traditional marriage, we also have “PACS”, which is a simpler form of marriage that can easily be concluded and dissolved. Originally created for same-sex couples, it is nowadays very popular with young couples looking for stability but still wishing to keep a certain degree of independence through marriage.
Same-sex marriage was also legalized in France in May 2013 so I talked about the background before the law was passed and the different viewpoints about this topic in France.

2週間後は京丹後市で恋愛と結婚観についてのパネルディスカッションに参加しました。他にも日本人2名とコロンビア人女性1名とポーランド人男性1名も参加しました。
最初は出身国における恋愛と結婚観について発表しました。
まずはフランスにおける結婚契約の種類について説明しました。フランスでは一般的な結婚もあれば、「パックス」という「民事連帯契約」もあります。一般的な結婚契約より、簡単に結べ、解消できます。元々同性カップルのためにできた結婚契約ですが、最近は安定と自立を求める若手カップルの方で人気があり、一般の結婚より数が多くなってきました。
また、同性結婚は2013年5月からフランスで可決されたので、その事情と現状について説明しました。

I then briefly introduced common views about love and marriage in France. Preserving one’s independence within the couple is really important. Therefore, both people tend to work and housewives are quite rare. Keeping love going on and still being lovers after years have passed and children get into the equation is equally important.
For French couples, preserving a good balance between work, love and parenthood is at the center of a happy relationship.

それから、フランスにおける恋愛と結婚観の一般的な考え方と個人の感想を述べました。
カップルの中での自立を保つことがとても大事です。従って、フランスでは共働きが普通であり、専業主婦が少ないです。また、長年が経っても、子供ができても恋人同士の関係を保つことが同様に重要です。フランス人のカップルにとって、仕事・恋愛・親でいることのバランスを保つことは幸せな関係に欠かせない素材です。

Panel TangoThe other panelists then introduced how love is viewed in their native countries.
I discovered together with the other participants that divorce is almost unheard of in Colombia because of the very strong Catholic values, and that family is all important and usually placed above private couple matters in Poland.

他のパネリストも出身国での恋愛・結婚観について説明しました。
コロンビアではキリスト教の影響が強くて、離婚がほとんどないようです。
ポーランドでは家族が一番であり、個人やカップルより優先されるようです。

We then had a discussion with all the panelists, with Japanese people talking about their thoughts on love in Colombia, Poland and France, and answering questions about what Japanese men and women look for in a relationship, as well as the changes currently occurring in Japanese society on this level.

The Colombian and Polish panelists then talked about how they met their spouses, both of them being married to a Japanese person and living in Japan.

各国の紹介の後、パネルディスカッションを行いました。日本人の2名がコロンビア、ポーランド、フランスにおける恋愛・結婚観について感想を述べ、日本人男性と女性が恋愛関係に対して求めること、現在日本社会における変更ついて話しました。

また、コロンビアとポーランドのパネリストは日本人と結婚し、日本で暮らしているので、相手との出会いを語りました。

The Polish person talked about how he tries to spend as much time as possible with his family and stressed the importance of creating quality time together. To him, it was hard to understand how most Japanese fathers are still mostly absent from their homes.

The Colombian lady told us how she wished that Japanese people spoke more openly about their feelings, especially to their partner. Indeed, and especially in the case of international marriage, no understanding can be reached without proper communication.

ポーランドの方はできるだけ家族と時間を過ごそうとし、有意義な時間を作るように心掛けると言いました。彼にとって、ほとんど家にいない日本人のお父さん達に対して違和感を感じると言いました。

コロンビアの方は日本人がもっと気持ちを表し、特にパートナーにもっと心を開いて欲しいと述べました。特に、国際結婚の場合はそういったコミュニケーションが不可欠です。

The panelists and organizers パネリストと主催者

The panelists and organizers
パネリストと主催者

In spite of the differences in marriage and values surrounding love in our respective countries, the three of us agreed on one point: we do not understand “konkatsu”, the Japanese practice of going to special meetings or events with the aim of marrying somebody met there. For us, thoughts of marriage occur after meeting someone one loves and after spending a few years dating him / her. But the purpose of “konkatsu” turns this whole logical concept around: one meets someone because they want to get married. It sounds like getting married for the sake of getting married and not because you want to spend your life with that particular person.

しかし、それぞれの出身国の違いにもかかわらず、3人とも賛成した点があります。それは日本の「婚活」です。3人にとって、好きな人と出会い、何年間付き合ってから結婚を考え始めるのは普通ですが、「婚活」になるとそんな考えが完全に逆転されます。結婚したいから人を出会おうとします。好きな人とずっと過ごしたいことより、結婚するために結婚するというふうに感じます。

I realized that no matter how long you have lived in a country and how well integrated you are, some fundamental values do not change. However, this should not be the cause for cultural clashes but rather raise interesting discussions enriching one’s view on the world. For successful cultural integration in a foreign country, holding onto one’s fundamental values while understanding different ones and adapting, up to a certain extent, is necessary. Achieving such a balance can be challenging but very rewarding.

外国で長く住んで、社会にうまく統合しても根本的な価値観が変わらないと思います。しかし、それは文化衝突の原因になるよりも、有意義なディスカッションを生み、視野を広げてくれるきっかけになれば嬉しいと思います。外国の社会にうまく統合できるように、根本的だと思う自分の価値観を保ちながら、違う価値観を理解して、ある程度受け入れる態度が重要です。そのようなバランスを取るのは難しいですが、自分が豊かになります。

No matter how different our values are, we are all human and all want to experience beautiful love. Fear of cultural differences should not prevent us to build relationships with somebody we like. In the end, we regret the things we didn’t do and not the ones we did, so go on and open your heart next time you meet that special someone!

価値観が違っても、人間はみんな素敵な恋愛関係を作りたいと思います。文化の違いのせいで好きな人との関係を作らないことにするのは残念です。実は、人生の終わりに後悔することは「したこと」より「できなかったこと」でしょう。ですから、次に好きな人と会えば、心を開きましょう!

フランスサロン:参加者募集 – Looking for participants for the next France Salon

京都府国際センターのアリスです!
2月22日(日)にフランスサロンを開催します。今回のテーマは「フランスにおける日本文化 ~フランスから見た日本」です。日仏間の文化交流の歴史を踏まえ、フランスでどんな日本文化が人気であるのか、フランス人に日本文化を紹介する時に参考すれば良いものは何か、パリの日本街の紹介など。。。たくさん考えましょう!

参加をお待ちしています!

Alice from Kyoto Prefectural International Center!

I will be holding the next France Salon on February 22nd (Sun).  The theme is “Japanese culture in France: how is Japan viewed in France”. We will talk about various topics such as the history of cultural relationships between the two countries, what part of Japanese culture is popular in France, what to keep in mind when introducing it to French people, introduce the Japanese town of Paris etc…

This event will be held in Japanese. I am waiting for you!

http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/france.html

画像をクリックしたら大きくなります。 Click on the picture to enlarge.

画像をクリックしたら大きくなります。
Click on the picture to enlarge.