英語村オリンピック・パラリンピック講座 English Village Olympics・Paralympics Lecture

(Posted by Maia Hall, Kyoto Prefectural Office CIR)

On the 22nd November, 2017, I had the opportunity to go visit the Kyoto Higashigaoka High School to take part in their annual English Village Hello Week. I, and two Kyoto Friendship Ambassadors spoke to a group of about thirty high school students about the Olympic and Paralympic Games.

2017年11月22日に、私は京都市立日吉ヶ丘高等学校の毎年行う英語村ハロー・ウィークに参加する機会がありました。京都友好大使の二人と共に、約30人の高校生たちの前にオリンピック・パラリンピックのお話をしました。2611533.jpg

We were all from past hosts of the Games: I from the United Kindgom, and the other two from China and the United States respectively. Our talks and discussion ranged widely from the breakdown of the Games, the meanings of the symbols and mascots that were used, the Opening Ceremonies, Olympic legacies, what a country can learn from hosting the Olympic Games, and what Tokyo and Japan do in 2020.

私たち3人は皆オリンピック・パラリンピックがあった国から来ていました:私はイギリス、あと二人は中国とアメリカ。各オリンピックでどのようなことがあったか、使われていたシンボルやマスクオッとの意味、開会式、オリンピックの後残ったもの、国々がオリンピックを開催してどの様なことを学べるか、2020年に東京又は日本は何をすべきだかなど、話とディスカッションの内容は幅広かったです。2611534

Understanding that these students were a similar age to mine when the London 2012 Games took place, I wanted them to get a feel of how important a step the Olympic Games can be to internationalisation, and the things they can contribute to these changes in the next few years.

この学生たちは、ロンドン2012が行っていたころの私を同じような年齢だと分かって、オリンピックはどんなに国際化に大切なステップになれるかを感じて欲しかったです。そして、これからどのように貢献できるかどうかを考えてみて欲しかったです。

The students seemed to enjoy themselves, asked many questions and had excellent English. We hung around for almost half an hour after it was over to speak in both Japanese and English to those who were more keen. I hope their brief but intensive encounter with some outside opinions about the Olympics managed to inspire them to action, or at least think about how Japan can become more accepting and open to diversity!2611535.jpg

生徒たちは楽しんでいたようで、とても上手な英語で質問も聞いてくれました。終わった後、30分もいて、特に興味を持っている子たちと英語や日本語でおしゃべりしました。この短くても集中的なオリンピックについての外からの意見とのふれあいが、日本もこれからどのように多様性や国際化などにもっとオープンになれるかを考えるきっかけになれば、私は幸いです!

Advertisements

Kyoto CIRs participated in the Gion Festival! 京都府の国際交流員が祇園祭に参加した!

 

IMG_0363Gion MatsuriOn July 17th, 4 CIRs of Kyoto Prefecture (Mark at Kyoto Prefectural Office, Jake in Seika Town, Brian in Kizugawa and Eric in Kameoka) participated in the Gion Festival and pulled one of the big float, the Houka Hoko.
In spite of the typhoon and heavy rain, all of them had the brighest smiles during the day, and were delighted to have been able to participate in such a major festival, as well as being able to experience first-hand Japanese culture and traditions.

Gion Matsuri7月17日(金)に京都府国際交流員の4名(府国際課のマーク、精華町のジェーク、木津川市のブライアン、亀岡市のエリック)が祇園祭に参加して、放火鉾を引きました。
台風と大雨にもかかわらず、笑顔で引きました。
日本三大の祭りに参加して、日本文化と習慣を身近で経験できて、とても喜んでいました。

 

Mark (CIR in Kyoto Prefectural Office, from Scotland)
マークより (スコットランド出身、京都府国際課CIR)

Gion MatsuriHi everyone, Mark here!
I had the pleasure, and privilege, of taking part in the first of the two parades of the Gion Festival (the saki-matsuri, 前祭) on the 17th July, along with Jake, Brian, and Eric. Although there were worries that the typhoon would scupper the plans, we all got up bright and early anyway to head over and get ready. Ultimately we got the green-light to go ahead, so after getting dressed into our outfits, donning the hats, and taking pictures, we joined the 50-strong team to heave the Houkahoko through the wind and rain.

I’m actually very glad for the rain as it kept us cool throughout the day, and although it was a little tough at times, I think I would have struggled more in the blazing heat of a sunny summer’s day!

I had a really great time, especially along Oike-dori and Shinmachi-dori when everyone was cheering us on and shouting words of encouragement, despite the bad weather. Hearing and seeing them cheer us on really gave me the extra energy I needed towards the end to finish the day. I am also happy to have finally experienced first-hand Kyoto’s pre-eminent festival and feel more attached to the city.

I’m very grateful to KPIC for organising it, and perhaps we can take part again next year!

Gion Matsuri皆さん、こんにちは!マークです~

今回、祇園祭の前祭山鉾巡行に参加できる、とても貴重な機会をいただきました。7月17日、ジェイク、ブライアンとエリックと一緒に参加することができました。西日本に上陸した台風のせいで中止になる恐れがあったにも関わらず、皆が早朝に起きて集合場所に移動しました。最終的に行うことになって、皆が衣装を着たり、帽子をかぶったり、写真を撮ったりした後、他の50人ぐらいのチームと一緒に放下鉾を雨と強い風の中で引っ張り始めました。

実は、その雨天がよかったのです。風雨のため、結構涼しくて、少し大変でも頑張れました。しかし、真夏日の猛烈な日差しであれば、もっとしんどかったと思います!

この1日が非常に楽しかったです。特に御池通と新町通を通ってたとき、観客の応援がすごい力になりました!雨の中でも見てくれたり、応援してくれたりしていて、最後まで頑張れるエネルギーになりました。また、やっと京都最大のお祭りに参加できて、京都との関係が深まってきたと思います。

国際センターの主催で、とても感謝したいと思います。また来年も参加できるかもしれません!

Jake (CIR in Seika Town, from America)
ジェークより (精華町CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriGion Masturi was a lot of fun! The Hoko cart was surprisingly heavy though, so I am happy it rained. If I had to pull it when it was sunny out, it would have been really tough. It was also nice to see all the spectators cheering us on. Thanks to them pulling the Hoko didn’t feel so tiring. I think it was a good experience and I would love to be able to do it again if I have the chance.

Gion Matsuri祇園祭りはとても楽しかったです。鉾は思ったより重かったから雨降ってよかったと思います。晴れている日に鉾を引いていたらもっと難しかったかもしれません。また、観察者が応援してくれて、嬉しかったです。おかげ様で鉾を引いてもそんなに疲れなかったです。とてもいい経験だったと思います。機会があればまた参加したいと思います。

 

Brian (CIR in Kizugawa, from America)
ブライアン (木津川市CIR、アメリカ出身)

Gion MatsuriIMG_0427It was an honor to participate in Gion Festival, one of the three representative festivals of Japan. I have been to the Gion Festival while I was studying abroad in Kyoto, but never have I imagined myself actually being a part of the festival and pulling the floats. The volunteers, the locals, the visitors, the community came together for the millennium-old tradition. Although we were all soaked by the downpour, it didn’t take away our passion. It was a great experience.

日本三大祭りの祇園祭に参加する機会を恵まれて大変光栄です。京都で留学している間、祇園祭を見に行ったことありますが、鉾を曳くその一員になるとは想像もしなかった。千年以上の歴史がある祇園祭で、ボランティアと地元の方、観光客、一つになって、コミュニティのつながりと絆を体験することができました。大雨でビショビショになりましたが、みんなの情熱が流されなかったです。非常に良い経験でした。

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float! エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えました!

Eric (Kameoka CIR) was the flag holder for the float!
エリック(亀岡CIR)が鉾の旗を持つという大事な役割が与えられました!

A very Scottish September! スコットランドらしい9月でした!

Hello everyone, Mark from the International Affairs Division here! Although we’re in October (already!) I want to talk a bit about what was going on during a very busy September for me.

皆さん、こんにちは。国際課のマークです~
(もう!)10月になったけれど、多忙だった9月の出来事について話したいと思います。

I mentioned in my last post about an event that I was going to hold at KPIC at the station on the 6th September. The event itself was called 「英国におけるスコットランド – Scotland in the UK and its future」and was split into two main parts: the first part being a 45 minute or so presentation that I made, introducing Scotland, the UK, and the main ideas and concepts behind the Scottish Independence Referendum held on the 18th September; the second part being a discussion-style Q&A session where participants could ask questions freely. The whole event was held in English, and I was very impressed by the participants’ ability to not only understand the content, but to also field their own questions about a difficult topic.

Scot2 

前回のポストで、国際センターにて9月6日開催のイベントについて書きました。このイベントのタイトルは「英国におけるスコットランド – Scotland in the UK and its future」と言いまして、大きく2つのプログラムに分けられていました。前半では、約45分にわたって、スコットランド、イギリスの紹介と、9月18日に行われるスコットランド独立に関する住民投票について、投票に至った経緯や現地での主な意見の解説をしました。後半では、参加者の皆さんとフリーディスカッションの形で、繰り出される様々な質問に回答しました。全て英語だったのですが、参加者の聞き取りの力だけでなく、難しいテーマも理解して自分の考えなどを英語で質問されるのには大変感じ入りました。

More than that though, I was so happy by the interest that everyone had in Scotland and the UK – I was kind of expecting to answer more general questions, but once I started getting questions about currency unions, the UK’s role in protecting world peace, and cultural awareness in education, I really was taken aback by everyone’s enthusiasm to learn more about my home country.

Scot3

何より、想像していた以上に皆さんが スコットランドに興味を持っていただいていた事がすごく嬉しかったです。一般的な内容の質問を受けると予想していましたが、実際には 通貨連合、世界平和を守るためのイギリスの役割や、教育における自国文化に対する理解などについての質問が出て、僕の母国であるスコットランドについてもっと学びたいという情熱に触れて驚きました。

Doing all the research for this event Scot4really helped me to understand my own situation and opinions, and although there was a time when I thought that maybe voting Yes would be a good idea, it was only fleeting, and eventually voted No by postal vote, as I had always expected myself to do.Scot6

このイベントのために いろいろ調べていくうちに、僕は、より深く自分の立場や意見を理解することができました。今回投票するにあたって「Yes/賛成」に投票するのが良いのかもしれないと迷ったこともありましたが それはほんの一瞬だけで、もともと考えていた通り「No/反対」で投票用紙を郵送しました。

Ultimately, as I think most people know, the people of Scotland voted to remain as part of the UK, and I am very happy and relieved. The results of the referendum were coming in all through the morning and early afternoon of the 19th September, so I was glued to the BBC website checking for updates and results all day. That is, in between interviews with various newspapers and even NHK! Friday was a very high-octane day, with a few of Japan’s national newspapers calling or coming to visit to ask questions and take photos, and NHK coming to film a short segment. With only 5.3 million people in Scotland, I can’t imagine that there are that many living and working here in Japan, so many people called me throughout the day to ask my opinion, although I think they were secretly hoping for someone who wanted Scottish independence…sorry!

結局、皆さんがご存じのように、投票の結果、スコットランドは英国の一部として残留することに決まり、とても嬉しく思うと同時に安心しました。19日の朝から少しずつ投票結果が発表されていたので、一日中BBCのHPにクギづけになっていましたが、見ていなかったのは、僕が新聞やNHKのインタービューを受けている間だけでした!開票日だった金曜日には、僕のところに次から次へと、いろいろな全国紙の新聞社が、電話してきたり、質問や写真を撮るためにやってきました。そしてNHKも短い時間ながら取材しに来ました。スコットランドには530万人しかいないし、その中でも遠い日本に暮らして仕事をしているスコットランド人の数はとても少ないせいか、一日中 何回も感想を訊かれました。質問者の多くは、スコットランド独立賛成派としての感想を聞きたかったようですが、残念ながら僕は反対派でした・・・。

Article included in September 20th's Sankei Shimbun newspaper. 9月20日に産経新聞に掲載された記事。

Article included in September 20th’s Sankei Shimbun newspaper.
9月20日に産経新聞に掲載された記事。

It was a very Scottish September with Scotland and the UK receiving much more coverage than I had expected. I hope that Japanese people will use this opportunity, as well as NHK’s new Massan drama, to learn more about Scotland and its unique culture.

この9月は スコットランド一色でした。僕の期待以上に、スコットランドやイギリスのことが報道されました。これを機会に、新しく始まったNHKの連続小説ドラマ「マッサン」などで、スコットランドやスコットランド独特の文化に親しんでいただければ嬉しいです。

Mark visits Kyoto St. Catalina High School

Hello everyone, it’s Mark from the International Affairs Division. Although late, I would like to write a quick post about a school visit I made to Kyoto St. Catalina High School in Nantan City on the 16th July.

皆さん、こんにちは。京都府国際課のマークです。遅くなりましたが、7月16日に南丹市にある京都聖カタリナ高校を訪問したことについてちょっと書きたいです。

I was asked by the school to come and speak to the students about myself and my home country of Scotland, introducing to them a country and region that they may not have heard of before. Indeed, many people seem to think only of London and Fish & Chips when asked about their image of the UK, so I am always happy to tell people about Scotland!

出身地であるスコットランドや自分の事などの紹介を依頼されて、生徒達があまり聞いたことのない国について説明するために行ってきました。確かに、「イギリスのイメージは何?」と聞かれたら、多くの人がロンドンやフィッシュ&チップスしか思いつかないわけですから、スコットランドを紹介するのが楽しいです!

After a very brief introduction of myself and my work here in Kyoto, we started up a game-show style quiz with questions about Scotland, ranging from the flags of the UK to famous Scottish inventions. With a chance to lose and gain lots of points depending on whether each team was correct or incorrect, there was a lot of excitement, especially towards the tie-breaker end question. With two sessions, we had a team come back from behind both times to clinch the victory at the end, and everyone seemed to really enjoy the game and learning about Scotland. The presentation and quiz was in English, so all the students were listening hard to understand and answer in English as well.photo1

簡単な自己紹介や国際交流員の仕事の紹介の後、クイズ番組のようなゲームを実施しました。例えばUKの国旗やスコットランドが生み出した有名な発明など、様々な質問をしました。各チームが正解か不正解によって多くの点数を取ったり、なくしたりするチャンスがあって、特に最後のタイブレークの質問では、皆とても盛り上がりました。2回とも大逆転でチームが勝利し、勝てなかった生徒達も楽しんでスコットランドのことを学んでくれました。発表とクイズを英語にしたので、皆は頑張って聞いてくれて、答えてくれていました。photo2

We finished with a sing-along of Let It Go from the movie Frozen, which the students had practiced in English to sing for me on the day. They had obviously practiced well and we all had a great time acting along with the video.

最後に、生徒達がDisneyの「Frozen」の大名曲「Let It Go」の英語版を事前に練習しておいて、当日に歌ってくれました。皆が頑張って練習したようで、一緒にビデオを見ながら楽しめました。

At the end I received thank you cards and notes from everyone saying how much they had enjoyed learning about a different country that they hadn’t really heard of, and it made me happy to think that I had broadened the horizons of at least some of the next generation of students, even if it’s just a wee bit! I also had a chance to eat lunch with some of the students and talk about various things, such as English study, in a more relaxed setting. Overall, it was a really fun day for me, and I think the students enjoyed themselves as well.

終わったら、各生徒から手書きの礼状をもらって、皆があまり聞いたことなかったスコットランドのことをとても楽しく学んでくれたようです。この次世代の若者に日本以外について感想やイメージを少しでも広げられただろうと思って幸せに感じますね!昼ご飯を生徒達と一緒に食べさせてもらって、英語の勉強などについてもっとリラックスしている雰囲気で話すこともできました。全体的に僕にも楽しい日になって、皆も一緒に楽しんでくれたと思います。photo3

Speaking of Scotland and events, I would also like to take this opportunity to plug an event on the 6th September, when I will be making a short presentation in English about Scotland and the idea of Scottish independence before the referendum on the 18th, then leading a discussion and answering questions. Applications are already full and is now on a cancellation basis, so hopefully it will lead to interesting discussion!
See the event page on the Kyoto Prefectural International Centre’s website for more details:
http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/ibunka.html

スコットランドについてのイベントと言うと、9月6日に行うイベントもPRしたいと思います。スコットランドや9月18日に行われる独立にするかどうかを決定する住民投票などの話題について英語で発表して、ディスカッションを進めることになりました。もうキャンセル待ち状況になっているので、興味深い話し合いができそうですね!
詳しくは京都府国際センターの載っているイベントページをご覧下さい:
http://www.kpic.or.jp/fumin/rikaikouza/ibunka.html

Study Abroad in Europe Fair - 欧州留学フェア

On May 18th, I participated in the Study and Research in Europe Fair, and I got to help at the booth of Campus France, a French government agency which encourages those in higher education to study abroad in France. The fair was organized both in Tokyo and Kyoto and I helped with the Kyoto event.

A lot of universities from all over Europe participated in the event. We had representatives from Austria, Belgium, France, Germany, Ireland, Italy, Lithuania, the Netherlands, Poland, Sweden, Switzerland and the UK.

Europe fair5月18日(日)に欧州留学フェア2014年に参加し、キャンパスフランスのブースで仕事をしました。キャンパスフランスと言うのはフランス政府留学局であり、フランスへの留学を推進する公式機関です。
欧州フェアは東京と京都で開催され、京都会場の方に参加しました。
当日はオーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、リトアニア、オランダ、ポーランド、スウェーデン、スイスとイギリスから、つまりヨーロッパの各地からの教育機関もイベントに参加しました。

Booth of Toulouse University トゥールーズ大学のブース

Booth of Toulouse University
トゥールーズ大学のブース

French universities and business schools were there too, catering to a broad range of students and specialties. Famous schools such as HEC or ESSEC for business and Sciences Po for political studies were present, and we got two universities coming from Lyon and Toulouse.

The French higher education system is very different to the Japanese one, with the ranking of private business schools and universities being reversed, and with universities fees being very cheap compared to those in Japan for example.

The Campus France booth was in charge of providing general information about scholarships, procedures before leaving, and French language schools and programs etc.
A lot of people seemed to be interested in studying in France because we sometimes had a queue of people waiting for counseling with the staff.

フランスの大学とビジネススクールもブースを出し、学生の様々なプロジェクトとそれぞれの専攻に対応しました。ビジネススクールで有名なHECやESSEC学校及び政治学で有名なSciences Po学院がいれば、リヨン市とトゥールーズ市の大学も出席しました。

フランスの高等教育制度は日本のと大分違います。大学とプライベート学校(専門やビジネススクール)の評価は日本と逆であり、大学の学費は日本より大分安いです。
キャンパスフランスのブースはフランス留学に関する一般情報を提供しました。例えば奨学金、留学までの手続き、フランス語学校及び言語プログラムなどについて案内しました。
ブースの前で時々行列までできたのでフランスへ留学したい人が多いなと思い、嬉しかったです。

Mayumaro at the French Institute's booth まゆまろがアンスティチュ・フランセのブースで相談

Mayumaro at the French Institute’s booth
まゆまろがアンスティチュ・フランセで相談

In the afternoon we even got a visit from Mayumaro, Kyoto Prefecture’s official mascot, and he was immediately surrounded by rows of fan wanting a picture with him (me included).
I’m sure he wants to go to France as well because I spotted him asking for information at the French Institute booth!

午後は京都府の代表キャラクターまゆまろが会場を訪問しました。あっと言う間に、一緒に写真を撮りたい人(私も含めて)に囲まれていました。
アンスティチュ・フランセのブースで相談する姿を見たので、彼もフランスに留学したいでしょう!

Together with Mayumaro in front of the Campus France booth キャンパスフランスのブースとまゆまろと写真を撮る

Together with Mayumaro in front of the Campus France booth
キャンパスフランスのブースとまゆまろと写真を撮る

On that day, we had more than 600 people visit the fair and I got to interact with a wide range of Japanese students, all with different kind of projects and backgrounds but all with the same interest in France and its culture. I was really glad to give an insight into French university life, and I hope they will be able to carry on their projects in France and become bridges between Japan and my home country too.

その日は約600人が会場を訪問しました。
様々な背景やプロジェクトを持ってもフランスやフランス文化に関心を持つ日本人の学生とたくさん話すことができて、楽しかったです。フランスの大学生活について伝えることができて良かったです。彼らはプロジェクトを実現し、日本とフランスのかけ橋になってくれたら嬉しいですね!

Smart City Expo in Kyoto

Hello everyone, Mark from the International Affairs Division here.
I’d like to write a very quick post about an interesting event that was held here in Kyoto Prefecture on 26th and 27th March. Over the two days, the Kyoto Smart City Expo 2014 was held in Keihanna Plaza (26th) and at Kyoto International Conference Centre (27th), bringing together specialists and people from all over the world to discuss projects and technology surrounding “Smart Cities.”

皆さん、こんにちは。京都府国際課のマークです!
今回、3月26・27日に行われた興味深いイベント、“京都スマートシティーエキスポ”についてご報告したいと思います。このイベントは26日にけいはんなプラザで、27日に京都国際会館にて行われ、主に「スマートシティー」について話し合うために世界各地から専門家などが集まりました。

For those of you who don’t know what a “smart city” is, it is a movement for cities to become more technologically “smart” by implementing new technology and introducing new ways of thinking to urban planning and development issues. The Keihanna Science City, in the south of Kyoto Prefecture and on the border with Osaka and Nara prefectures, is one of Japan’s 4 smart city model areas, and there are many projects and trials ongoing in this area. (http://jscp.nepc.or.jp/en/)

さて「スマートシティー」とは一体何でしょうか? これは、都市計画や都市開発問題を解決するために、最新テクノロジーを使ったり新しい考え方を取り入れたりして、都市を科学的にもっと「スマート」にしようという動きの名称です。京都府の南部に位置し、大阪府と奈良県の境に隣接するけいはんな学研都市は、日本では4ヶ所ある、スマートシティーの実証モデル地域の1つであり、ここでは日々多くの実験や試みが行われています。(http://jscp.nepc.or.jp/en/)

 

The Smart City Expo World Congress has been held in Barcelona since November 2011, and this event in Kyoto was the first Asian edition. Kyoto was chosen for its significance in the Kyoto Protocol, and its ongoing efforts and trials, particularly in the Keihanna Science City area, towards creating an environmentally “smart” city for the future.

「スマートシティーエキスポ世界会議」は2011年11月から毎年スペインのバルセロナ市にて開催されているのですが、今回、初めてアジア版での開催場所として京都が選ばれました。この決定がなされた背景には、地球環境に関して重要な「京都議定書」が取り決められた場所であり、特にけいはんな学研都市において行われている、将来にわたって環境に優しい「スマート」なモデル都市になるための実験等の取り組みが、当エキスポ開催にふさわしい街として認められたことがあげられます。

 

With Kyoto Prefecture as joint organisers of this Kyoto expo, I was involved heavily in the translation of many of the documents that were on show during the event, and I was there on the 26th to help with interpreting for all the guests that had come from abroad to participate in the discussions and lectures.

僕は、このエキスポの共催者である京都府の職員として、イベントで使われる資料などの翻訳を手がけました。また、26日のプログラムに出席して、ディスカッションや講演のために来日された海外の方々の通訳対応もさせてもらいました。

Overall, I felt that this was a very interesting event for Kyoto, and there are plans to hopefully hold it here in Kyoto again in the future! I look forward to seeing people come from all over the world sharing ideas again.

準備段階から開催まで関わった僕にとっても、大変興味深いイベントでした。 このエキスポを、これからも京都で開催しようという話も出ていますので、ぜひ僕も再び、今回のように全世界の人々が京都で意見交換するというワクワクする場面を見てみたいと思っています!

http://www.smartcityexpo.com/en/

2013 Horikawa High School Visit – 堀川高校訪問2013年

Alice from KPIC!      京都府国際センターのアリスです!

On December 16th and 20th the CIRs of Kyoto Prefecture went to Horikawa high school in Kyoto City to participate in an interview about our respective countries and culture, and give a presentation about multiculturalism.

2013年12月16日と20日に京都府の国際交流員が京都市にある堀川高校を訪問し、それぞれの国や文化についてインタビューを受けて、多文化共生について講演を開きました。

Interview with the students 学生によるインタビュー

Interview with the students
学生によるインタビュー

On the 16th, all the CIRs writing for this blog ( Mark (Scotland) from the Kyoto Prefectural Office, Eric(Australia) from Kameoka, Brian(America) from Kizugawa, Steven(America) from Seika and me, Alice(France) from the Kyoto Prefectural International Center) participated in an interview by the students about the culture of our respective home countries and how we viewed Japan and its culture, as well as the current state of foreigners living here. Students had prepared really precise questions such as “how much would you say you know of the Japanese language” or the cultural faux pas to avoid when going abroad and it was sometimes hard to answer, even though it made me think a lot about my own culture and identity. It was fun to ask back the question to the students and see them think really hard too.

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

Alice from France, CIR at the Kyoto Prefectural International Center
フランス出身のアリス、京都府国際センターの国際交流員

16日にこのブログに参加する全ての国際交流員(スコットランド出身京都府国際課勤務のマーク氏、オーストラリア出身亀岡市勤務のエリック氏、アメリカ出身木津川市勤務のブライアン氏、アメリカ出身精華町勤務のスティーブン氏とフランス出身の私)が生徒から自国の文化、外国から見た日本と日本文化及び日本在住の外国人住民の現状についてインタビューを受けました。また、「日本語をどれぐらい知っているか」や「外国に行く際にしてはいけないこと」など、具体的な質問をたくさん受けたので時々答えにくかったです。自分の文化やアイデンティティについて改めて考えさせられると共に、逆に質問を生徒さんに返しながら、彼らも自分達の文化について考えることができて、お互いに楽しい交流でした。

Presentation 講演会

Presentation
講演会

On the 20th, Brian and I went back to give a short presentation about multicultural societies in France and the US, to speak about the problem of multiracial identity and the current state of multiculturalism in Japan. Students were really reactive to our talk, laughing or nodding as we spoke, and after a brief moment of shyness, they asked a lot of questions at the end, mainly about how to interact with foreigners and how to behave when faced with different cultural codes and attitudes. I wished we had more time for discussion in a more casual atmosphere after the presentation but it was a really rewarding experience!

Presentation 講演会

Presentation
講演会

20日にブライアン氏と私が再び高校を訪問し、フランスとアメリカにおける多文化社会、多文化アイデンティティ、日本における多文化共生の現状について講演会を開きました。生徒さんはうなずきながら熱心に話しを聞いて、質疑対応の時にたくさん質問もされました。外国人住民との接し方や異文化に対する態度についての質問が多かったです。講演会の後にカジュアルな雰囲気で交流をする時間があればより良かったですが、とても有意義な2日間でした!

Brian (Kizugawa) – 木津川市のブライアン

Brian from America, CIR at Kizugawa  アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

Brian from America, CIR in Kizugawa
アメリカ出身のブライアン、木津川市の国際交流員

It was great to have the opportunity to have an international understanding lecture at Horikawa High School. It was my first time presenting to a big crowd so I was quite nervous. However, I think we had an interesting and informative talk with the students. Bombarded with information today, sometimes we may have wrong ideas or impressions of others, may it be a foreigner or a member of a culture. With this lecture, I hope the students understood the increasing trend of multicultural countries and diversity, as well as its problems in the globalizing world.

今回の国際理解講座に参加させていただき、とても嬉しいです。大人数での講座は初めてなので、緊張感のなか、有意義で面白い発表ができたと思います。情報化が進むこの社会で、外国人や異文化は時々誤解されてしまうことがあります。この講座を通じて、生徒に多文化国家、文化の多様性、そして、その問題点を少しでも理解してもらえたら、嬉しいです。

With limited time, we couldn’t have enough time to answer many questions from students. I hope there will be more opportunities to interact with students not only to share interesting cultural differences of our countries, but also lead them to see our similarities as humans.

時間が限られ、生徒の質疑応答の時間が少なかったですが、また生徒と触れ合う機会があれば、ぜひ参加したいです。文化の違いを楽しみ、また同じ人間としての共通点を認識してもらいたいと思っています。

Eric (Kameoka) – 亀岡のエリックより

Eric from Australia, CIR at Kameoka オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

Eric from Australia, CIR in Kameoka
オーストラリア出身のエリック、亀岡市の国際交流員

I was interviewed by two students and they asked me some very interesting questions about Australia. Such questions included country and cultural differences between Australia and Japan, differences in greetings, manners etc.
私は、二人の生徒さんとお話して、オーストラリアのことについていろいろ話しました。
たとえば、オーストラリアと日本とその文化の違いや、挨拶、マナーについて多くの面白い質問を聞いてくれました。

They were surprised at facts such as that public transports don’t run as conveniently like Japan and that the vending machines do not work properly at times.
オーストラリアの交通機関は日本のように便利じゃないことと、自動販売機はちゃんと動かないときもあることにびっくりしていました。

The questions were fun and interesting but became more difficult when we moved onto the human rights issue topic, which included questions about bullying and racism in Australia.
面白い質問がたくさんありましたが、いじめとか差別のような人権的な質問になると、質問がだんだん難しくなってきました。

The students listened with interest and it was a lot of fun answering some unexpected questions. I hope they will find the information that I gave useful for their overseas study trip.
生徒さんは話をちゃんと聞いてくれて、予想外の質問がたくさんありましたが、交流ができて楽しかったです。この事前学習を通じて、生徒の皆さんの海外研修に役に立てればと思います。

Mark (Kyoto Prefectural Office) – 京都府国際課のマークより

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

Mark from Scotland, CIR at the Kyoto Prefectural Office
スコットランド出身のマーク、京都府国際課の国際交流員

I had a really great time with the students interviewing me. Not only did they seem keen and enthusiastic to know more about the UK and Scotland, but they came up with good questions that made me really think about the answers, so I think even I learnt a little more about my own country too!
生徒達にインタビューされるのはとても楽しかったです!熱心に英国とスコットランドについて質問したりするだけでなく、本当にいい質問を考えてくれまして、答えるためにちゃんと考えないといけなかったので、僕自身も自国の理解が深まったのではないかと思います!

Steven (Seika) – 精華町のスティーブンより

Steven from America, CIR in Seika アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

Steven from America, CIR in Seika
アメリカ出身のスティーブン、精華町の国際交流員

The interview at Horikawa was my first time visiting a high school since becoming a CIR, so I was not totally sure what to expect. However, I found the students to be open-minded and inquisitive. At the same time, I could infer from the questions that they asked that they had an image of America as a dangerous place full of guns. I hope that their upcoming trip allows them to discover the positive aspects of travelling abroad and gain a more accurate image of the world outside of Japan.

堀川高校でのインタビューは、国際交流員として初めての高校訪問だったので、最初はどうなるか分かりませんでしたが、高校生は考えが柔軟で、好奇心があふれているように感じました。とはいえ、聞かれた質問から高校生には米国が銃がどこでもある危険な国だという先入見を持っていることが察知できました。今回の学習旅行で高校生が海外旅行の長所を発見し、日本以外の世界についてより正確なイメージを持つようになったらいいのではないかと思います。